小さな巨人8話ネタバレ感想!山田は敵か味方か…9話あらすじも

  • この記事を書いた人:しいろ

2017年春ドラマ、長谷川博己さん主演の『小さな巨人』の8話が、2017年6月4日(日)に放送されました。

多少のネタバレありで、感想を紹介していきます!

スポンサーリンク

『小さな巨人』8話の感想(ネタバレあり)

8話はまさに『敵は味方のフリをする』のオンパレード!といった感じでしたね!

江口(ユースケ・サンタマリアさん)の殺害容疑をかけられている夫・横沢裕一(井上芳雄さん)を警察の手から逃がそうとした横沢亜美(中村アンさん)に利用されるフリをして、実はその情報全てを香坂(長谷川博己さん)に流していた三島(芳根京子さん)。

捜査一課長に命じられるままに香坂をはじめとする所轄を振り回す藤倉(駿河太郎さん)。

そして密かに横沢裕一と内通し、警察内部の情報を漏らしていた山田(岡田将生さん)…。

それぞれがそれぞれの思惑の元に欺き欺かれ、観ているこちらもハラハラする展開でした!

しかし、最終的には「同期の絆だ」と、自分の思う『正義』を押し通して、一課長である小野田(香川照之さん)を裏切り香坂側についてくれた藤倉の男気にはシビれましたね。

藤倉は小野田一課長の『味方のフリをして敵に回った』とわけですが、香坂に感情移入して観ていると、なかなか粋な『敵は味方のフリをする』行動だったなと思いました。

しかしそれに対して、山田は何度目の『敵は味方のフリをする』でしょうか(笑)

芝署編から考えると、何度も『敵』になったり『味方』になったりしていますね…。

これもまた彼なりの『正義』に基づいてのことなんでしょうが…。

その山田の『正義』について、「もっと知りたいなあ」と思わせられる8話でした。

また、少しだけ触れられていた香坂の父親の過去も気になります!

冒頭で横沢に関する証拠映像が見つかったことであっさりと釈放された富永(梅沢富美男さん)ですが、どうやら今でも香坂の父親となんらかの関係を持っていそうですし。

富永も香坂の父親に対して『敵は味方のフリをする』行動をとってそうですが…一体どんな思惑があって今も繋がりを保っているんでしょう?

回を重ねるごとに熱くなり、謎も増えていく『小さな巨人』、9話以降も引き続きチェックしていきます!

『小さな巨人』8話見逃し動画を無料で見る方法は?

『小さな巨人』は放送終了後、1週間はTverで限定無料配信されますが、その後は削除されてしまいます。

1週間以上経過した回を安全かつ無料で見る方法はU-NEXTがオススメです

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『小さな巨人』はポイントレンタル配信されているので、登録時にもらえる600ポイントを使えば無料で『小さな巨人』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

ドラマ『小さな巨人』8話のネットの感想や評価は?

やっぱり「またか!」という感じですよね(笑)

ほんと何度裏切って何度味方になるつもりなんでしょう、山田は(笑)

しかし、一方でこんな感想も。

個人的にも、山田は自分なりの『正義』に基づいて行動しているんだと思っているので、最終的には『敵になって味方になってまた敵になって再度味方になって、またもや敵になったらと思ったら最終的にやっぱり味方』くらいの展開になると思うんですが(笑)、彼のその『正義』の源がどこにあるのかが今のところイマイチよくわからないんですよね。

そこの部分をもっと掘り下げて欲しいのですが、今後そのような展開になるんでしょうか…。

明かされると期待したいです!

今回の『豊洲署編』ではキーパーソンとして活躍している三島役の芳根京子さん、8話では大活躍していただけあってかなり注目されている様子でした!

香坂に憧れて豊洲署にやってきた三島ですが、慣れない捜査に四苦八苦しつつも、段々と刑事らしい顔つきになってきましたよね。

芳根京子さんの演技力も非常に光っていました!

今後が楽しみな女優さんとして注目していきたいと思います。

スポンサーリンク

ドラマ『小さな巨人』9話あらすじ

2017年6月11日(日)21時より放送のドラマ『小さな巨人』第9話のあらすじをご紹介します。

香坂(長谷川博己)ら豊洲署員たちは苦労の末に、元捜査二課の刑事・江口(ユースケ・サンタマリア)を殺害したとして、容疑者・横沢裕一(井上芳雄)の身柄を確保。

だが、山田(岡田将生)が横沢とともに姿を消してしまった。

香坂は山田と共犯の疑いがあると自宅謹慎を言い渡されてしまう。

一方、山田は父親であり内閣官房副長官の勲(高橋英樹)の家に乗り込むが…。
公式サイトより引用

まとめ

『小さな巨人』8話のネタバレあり感想と、9話のあらすじをご紹介しました。

8話ラストで、何度目かの裏切りを披露してくれた山田ですが、予告を見る限り意外にあっさり釈放されるようですね。

父親の家に乗り込むようですし、山田の思惑も徐々に分かっていきそうな感じです。

しかし、自宅謹慎を言い渡される香坂は完全にとばっちりですね(笑)

山田の思惑だけでなく、香坂の父親と富永の関係も気になりますし、そもそも江口殺しの犯人は本当に横沢裕一なのか?という疑問もありますし…。

そもそも、早明学園と政治家の癒着問題もまだ解決してませんしね。

9話はセミファイナルということで、かなり怒涛の展開が待ち受けていそうです!

毎週ハラハラとさせてくれる『小さな巨人』、9話も絶対に見逃せません!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA