小さな巨人6話ネタバレ感想!森友問題を彷彿!山田逮捕の真犯人は?

  • この記事を書いた人:しいろ

2017年春ドラマ、長谷川博己さん主演の『小さな巨人』の6話が、2017年5月21日(日)に放送されました。

多少のネタバレありで、感想を紹介していきます!

スポンサーリンク

『小さな巨人』6話の感想(ネタバレあり)

芝署での情報漏洩の一件から、豊洲署に異動となった香坂(長谷川博己さん)。そこにはかつて警視庁の人事課にいた三島(芳根京子さん)と、捜査一課にいた山田(岡田将生さん)の姿もありました。

ある日、元捜査一課長で香坂の父親と因縁がある富永(梅沢富美男さん)が天下り先として専務についた早明学園で起きた失踪事件の相談が豊洲署に持ちかけられます。

捜査しているうちに、失踪した横沢裕一(井上芳雄さん)が横領をしていたという情報を嗅ぎつけますが、香坂は学園長の金崎(和田アキ子さん)から、「横領の件は示談にして公にしない」と言われ、捜査を打ち切るよう暗に示されます。

それでも何かが引っかかる香坂は、横沢裕一に関する捜査を続けます。

しかし、小野田(香川照之さん)をはじめ、元捜査一課長である富永や山田までもが、香坂から横沢裕一を遠ざけようと暗躍。

香坂はなかなか失踪事件の真相にたどり着けないでいました。

そんな中、国と早明学園の癒着問題が浮上して…というのが、6話のおおまかな流れでした。

最初は不審な様子が描かれていた山田でしたが、独自で捜査を進めていたのはこの早明学園と国の癒着についての極秘捜査に関することでしたね。

このことは、香坂に気付かれるまで一切報告していなかった山田。

芝署編で少し距離が縮まったかと思えた香坂と山田ですが、まだまだ溝が深そうです…。

「自分を守れるのは自分だけ」という山田の言葉にも、深い闇が隠されていそうな予感がします。

しかも、ラストでは山田に早明学園に潜入していた捜査官・江口(ユースケ・サンタマリアさん)の殺害容疑がかけられてしまいました。

「もっと早く香坂さんに報告していればよかった」と後悔している山田の様子から、明らかに何者かに嵌められたような気がしますが…。

個人的には元捜査一課長である富永が関係しているのかな?とも思いますが、芝署編のように、想像もできない人物という可能性もありますし…。

正直、全く読めませんね。

いきなり怒涛の展開となった『小さな巨人』豊洲署編、早くも次回が気になります!

ドラマ『小さな巨人』6話のネットの感想や評価は?

芝署編の時からも度々、山田が過去に何か背負ってそうな雰囲気が出ていましたよね。

今回の豊洲署編は山田がかなり鍵を握りそうですし、過去のことも明らかになるんじゃないかな?と期待しています。

一体山田にどんな過去があるのか…気になりますね!

かなり重要な人物になると予想されていたユースケ・サンタマリアさんがいきなり殺害されてしまったことに、驚きの声もあがっていました。

おそらく回想シーンなどで今後も出演されるかと思いますが、潜入捜査官ということで今後の捜査にも関わってくるのでは?と匂わせていただけに、衝撃の展開でしたよね。

江口が潜入捜査で何を掴んでいたかが今後のポイントになりそうな感じがします。

実は今回の豊洲署編でかなり多く上がっていたのが、『山田がヒロイン疑惑』でした!

本編では殺害容疑をかけられていた山田ですが、ネット視聴者からは別の疑惑!?がかけられていた様子です…。

確かに言われてみれば、巻き込まれ方がヒロインみたいでしたね(笑)

スポンサーリンク

ドラマ『小さな巨人』7話あらすじ

2017年5月28日(日)21時より放送のドラマ『小さな巨人』第6話のあらすじをご紹介します。

金崎理事長(和田アキ子)と富永専務(梅沢富美男)が経営する早明学園の不正を暴くため、内偵捜査をしていた元捜査二課の刑事・江口(ユースケ・サンタマリア)が殺害された。そして、その現場から走り去った山田(岡田将生)が、容疑者として捜査一課の藤倉(駿河太郎)らに拘束されてしまう。

一方、山田から詳細を報告されていた香坂(長谷川博己)は、祐里(芳根京子)らと独自に捜査を始め、ある有力な情報を手に入れる。
しかし、小野田一課長(香川照之)から忠告された渡部(安田顕)に妨害されてしまい…。

公式サイトより引用

スポンサーリンク

まとめ

『小さな巨人』6話のネタバレあり感想と、7話のあらすじをご紹介しました。

江口の殺害容疑で逮捕されてしまった山田。

次回は山田を奪還するために、豊洲署の面々が立ち上がるようです!

しかし予告を見る限り、一筋縄ではいかなそうですね…。

しかも芝署編で香坂と信頼関係を築き上げた渡部が妨害をするようですし。

誰が敵で、誰が味方になるのか全く予想がつかないのが『小さな巨人』の面白さでもあり、ハラハラする部分でもあり。

本当に全く展開が読めません!

新章に突入し、ますます盛り上がりを見せる『小さな巨人』、今後も絶対に見逃せません!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA