小さな巨人5話ネタバレ感想!小野田一課長は本当に味方?6話あらすじも

  • この記事を書いた人:しいろ

2017年春ドラマ、長谷川博己さん主演の『小さな巨人』の5話が、2017年5月14日(日)に放送されました。

多少のネタバレありで、感想を紹介していきます!

スポンサーリンク

『小さな巨人』5話の感想(ネタバレあり)

『芝署編』の最終話だけあって、かなり熱い展開でしたね!

4話の最終話で、内通者が香坂(長谷川博己さん)の恩師である芝署署長・三笠(春風亭昇太さん)であることが発覚。

しかし、証拠がないため逮捕には至りませんでした…。

そんな中、自首をしたアリサ(佐々木希さん)の所持品である欠けたUSBが事件の鍵を握ると確信した香坂は、証拠となる破片を三笠が持っていると推測。

三笠署長が署を出る隙に署長室を探しますが、三笠がその動きに気づき、その時には証拠を見つけられず、挙句の果てには別の場所に証拠を移動させられてしまいます。

その場所がなんと5000もの証拠が集まる証拠保管室!芝署編の黒幕だけあって、三笠は本当に悪知恵が働きますね〜(笑)

普通だったらめげそうな展開ですが、熱い刑事ドラマらしく、徹底的にリストに載っていない証拠品を徹底的に探す芝署の面々。

しかも、捜査一課長・小野田(香川照之さん)の指示で、捜査一課も手伝いに駆けつけることに。

この展開はかなり胸が熱くなり、ついつい見入ってしまいました。

香坂の懸命さに所轄もまとまり、捜査一課も動く…。本当に凄い男です、香坂!

結果、タイムリミットギリギリで、山田(岡田将生さん)が証拠となるUSBの破片を見つけ、中田隆一(加藤晴彦さん)が逮捕されることとなりました。

1話からかなり伏線が張られ、所轄の面々の絆が深まる様子や、最初は香坂と対立していた山田の変化なども併せて、細かい部分までかなり丁寧に作られていたドラマという印象でした。

しかし、記者に情報をリークした香坂は左遷されてしまったものの、肝心の三笠は他の署へ署長の地位を保ったまま異動…。少しモヤモヤが残ってしまいましたね。

このモヤモヤが、今後の香坂の活躍で解消されることを信じています。

そして、5話では香坂をサポートした小野田一課長が本当に味方なのか…

香川照之さんのなんとも言えない表情が何かを企んでいるようにも見えますし、「敵は味方のフリをする」という作品を通したキーワードが、引き続きポイントになってきそうです。

これからもしっかりと『小さな巨人』をチェックしていきたいと思います!

スポンサーリンク

ドラマ『小さな巨人』5話のネットの感想や評価は?

やはり、三笠署長の処遇にモヤッとした人も多かったようですね。実は三笠は警察内部の天下り先の斡旋もしており、内部組織にかなり顔が広かったんですね…。そこで重くのしかかる、小野田の「警察の本当の敵は警察組織」というセリフ…。

しかし香坂は、「自分の正義を貫く」と宣言していました。

今後の活躍でその「正義」がどう警察組織を動かすかが描かれ、その結末はスカッとしたものになるはず。

そう考えると、今後の展開が楽しみですね!

実は『小さな巨人』5話で、1番ツッコミが入っていたのがこの小ネタでした(笑)。

『小さな巨人』には、実はこういった小ネタがちょこちょこ仕込まれているんですよね。

重厚なストーリーとこの小ネタのバランスがたまりません。

今後はストーリーを追いつつ、小ネタもしっかりチェックしていこうと思います!

スポンサーリンク

ドラマ『小さな巨人』6話あらすじ

2017年5月21日(日)21時より放送のドラマ『小さな巨人』第6話のあらすじをご紹介します。

捜査情報を新聞社にリークした処分として豊洲署に異動となった香坂(長谷川博己)は、「早明学園の事務局で経理課長を務めている夫の裕一(井上芳雄)が失踪したから探して欲しい」と横沢亜美(中村アン)に相談される。

その学園の専務・富永(梅沢富美男)は、元警視庁捜査一課長であり刑事部参事官にまでなった男で、退任後に天下りでこの職に就いていた。

また、小野田(香川照之)を一課長の座に引き上げた人間であると同時に、捜査一課で勤務していた香坂の父・敦史(木場勝己)を所轄へと異動させた過去を持つ。

香坂は、山田(岡田将生)や祐里(芳根京子)と早明学園に出向き、新人警察官時代に世話になった富永と久々の再会を果たすと、そこで理事長の金崎玲子(和田アキ子)を紹介される。

金崎と富永から失踪事件の聴取をすると「横沢は横領していたが、長年学園の成長を支えてくれた。一大プロジェクトが始まった大事な時期に公にしたくないから示談にする」と言われるのだった。

しかし、この横沢の失踪騒ぎは、のちに日本警察を大きく揺るがす大事件へと発展する——。

公式サイトより引用

まとめ

『小さな巨人』5話のネタバレあり感想と、6話のあらすじをご紹介しました。

豊洲署に異動になった香坂が次に挑むのは「学校の闇」、そして「警察組織の闇」のようです。

予告を見る限り、かなりの濃いキャストで繰り広げられることになりそうな「豊洲署編」。

香坂は今後どのように事件、そして警察と立ち向かうのか…。

新章に突入する『小さな巨人』、絶対に見逃せません!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA