ボク運9話ネタバレ感想!神の正体は息子一郎!永久あばーよが切ない…

  • この記事を書いた人:YUKIKO

いよいよラストスパートに向けて動き出す『ボク、運命の人です。』短期間で結婚まで一体どんな展開をむかえるのでしょうか。

誠と晴子の恋の行方もそうですが、自称・神の正体とは一体??

気になる行方をじっくりとネタバレあり、感想ありでお届けしていきたいと思います。

では、早速見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

『ボク、運命の人です。』9話ネタバレと感想

晴子(木村文乃)から、温泉一泊旅行に誘われた誠(亀梨和也)は謎の男自称神(山下智久)から、この旅行が結婚への最終試験になると告げられます。

温泉旅行のために会社の同僚からも美味しいランチのお店を聞いたりと旅行を楽しみに待つ誠に自称神は、一晩一緒に過ごし心地よく翌朝を迎えられるかが、長い結婚生活を送るために大切なことだといいます。

そんな話の中、自称神がふいに、自らの正体を「正木一郎」と名乗り「誠の息子だよ」「30年後の未来からタイムスリップしてきた」と言ったのです。

戸惑う誠でしたが、そんなことはどうでもいいとばかりに一郎は最後の課題として「温泉に行ったらお湯を抜け」といつものようなバカバカしい指令を出しました。

色んなことが整理つかないながらも、晴子との温泉旅行当日、晴子が両親から教えてもらったランチの美味しいお店は、誠が同僚に聞いていたお店と同じでいい感じでスタートしました。

そんな中、自称神はいつもとは違う様子で誠の家の掃除をしたり、お風呂を磨きをしたりしながら部屋を見回しこれまでにない表情をうかべます。

そして誠はというとなんとか温泉のお湯を抜くことに成功するも一郎が言っていたメッセージは見つからず…

誠と晴子は初めての二人きりの旅行の夜をいろんな話をして楽しんでいると、少しお腹が空いたと旅行の途中でした射的の景品でもらったカップ焼そばを食べることに。

二人で食べていると何やらカップのそこにメッセージが…

「ずっとソバにいてね」「ソースっね」。

そしてこの言葉に後押しされるように二人は結ばれました。

二人で話をしている時、今まで敬語だったのが敬語も取れて自然体になっていたのがなんとも微笑ましかったですね。

ようやくようやく本当に結ばれて良かったと心から喜んでしまいました。

旅行から帰って来ると一郎はのんきにお風呂に入っており、旅行は楽しかったかと誠に問いかけます。

そして「これで最終試験は合格だね」と言い「俺と会ったこの記憶は誠から消えるから」と誠に別れを告げ消えてしまいます。

いつものことだと思いながらも誠は一郎がそのままにしていたお風呂の栓を抜くとそこにはメッセージが残されていました。

それは一郎が誠に向けて書かれた最後のメッセージだったのです。

きちんと別れも言えず去ってしまった一郎に誠は泣きながら「もう一回出てこいよ」と叫びますが一郎は再び姿を表すことはありませんでした。

そして誠はお風呂でこのまま朝まで寝てしまいました。

翌朝…

誠は「あれ?俺何してたんだろ?」と言ってあわてて会社に出勤しました。

そうです、 誠の頭から一郎の一切の記憶が消えてしまっていたところで今回は終わってしまいました。

こんなに悲しいラストになるなんて思っていなかったので誠の涙につられ泣いてしまいました…

本当にこれで会えないまま次回、最終回(第10話)を迎えてしまうのでしょうか?本当に記憶は消されたままなのでしょうか?

ドラマ『ボク、運命の人です。』9話見逃し動画はどこで見るべき?

なお、ドラマ『ボク、運命の人です。』は放送終了直後からHuluで見逃し動画配信がスタートします。

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 過保護のカホコ
  • 脳にスマホが埋められた!
  • ウチの夫は仕事ができない
  • 愛してたって、秘密はある。
  • 孤食ロボット
  • わにとかげぎす

などが見放題となっています。

また、2017年夏ドラマで最も視聴者を釘付けにした作品『愛してたって、秘密はある。』の完結編『僕は誰だ?』も、もちろん無料で見られます!

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、ドラマが後半戦に入ったこのタイミングは無料お試しでこれまでの流れをおさらいするのに、ちょうど良い時期ですね!

Hulu無料お試しはこちら

スポンサーリンク

『ボク、運命の人です。』9話ネットでの感想や評価

木村文乃さんいいですね~、さりげない色っぽさがたまりません!!

射的している姿まで美しい…さすが!!としか言いようがありません。

最期に残されていたメッセージ、本当にいなくなってしまったのでしょうか?誠と自称神のやり取りがなくなるなんて悲しすぎます!!

30年後の未来にも自称神がちゃんといることを願いたいです!!

スポンサーリンク

『ボク、運命の人です。』10話のあらすじ

「永久あばよ」という言葉を残し、謎の男(山下智久)が消えてしまった。そして誠(亀梨和也)の記憶からもその存在は失われてしまう。そんな中、何も知らぬ誠は、晴子(木村文乃)へのプロポーズを決意し、婚約指輪を用意する。しかし、謎の男がいなくなったことからか、ひょんなことから誠と晴子の「運命」がすれ違い始める。背中合わせだった仕事場の座席が配置転換され、受け取りにいった婚約指輪の店は臨時休業。そして晴子は大阪へと納期の決まらぬ出張に行ってしまう。だが、いつも助けてくれるはずの謎の男はもう居ない。……そんな時、定岡(満島真之介)の前に謎の男が現れ――。

自らの力で運命の人:晴子へプロポーズに向かう誠。全ての奇跡と運命が交差する最終話。

どこで、どうやって、どんな言葉で想いを伝えるのか。皆さん、ご一緒に二人の最後を見届けてください!

いよいよ次回で最終回です。

誠と晴子は運命で結ばれるときまっているので何があっても大丈夫な気がしますが、一郎の行く末は一体どうなってしまうのでしょうか?

気になることだらけですが最後まで気を抜かずに見ていきたいと思います。

まとめ

今回はなんだか少し悲しい回でしたね。

これまでの誠と謎の男(自称神)との楽しいやり取りすら今回は切なく感じてしまいました。

誠の泣きながら謎の男(自称神)に叫び続ける姿には涙失くしては見られませんでしたが、次回の最終回にはまた二人のやり取りが楽しく見れることを願いたいと思います。

毎週楽しく、おかしく見ていただけに最終回はとっても名残惜しいですが最後までお届けしていきたいと思います。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA