ボク運命の人です1話ネタバレと感想!木村文乃がカツラの理由は?

  • この記事を書いた人:YUKIKO

2017年4月15日、放送開始の『ボク、運命の人です。』、開始前から亀梨和也さんと山下智久さんの共演が話題となっていました。

2005年に放送されたドラマ『野ブタ。をプロデュース』以来12年ぶりの共演となる二人に人気女優の木村文乃さんも加わり一体どんな展開をくりひろげてくれるのでしょうか?

エンディングではボク運ダンスも披露されるということもあり『修二と彰』としてユニット組んでいた以来の亀梨和也さんと山下智久さんの2人の息の合ったダンスにも注目し、最終回まで更新していきたいと思います。

スポンサーリンク

『ボク、運命の人です。』1話ネタバレ、感想

ベートーヴェンの曲からいよいよスタートしました。

この4月、都内の会社に異動してくることとなった正木誠(亀梨和也)。

彼は女運がなく、元彼女は1か月に25キロ太ってしまう人や、お風呂中に金を盗むような人だったりとさんざんだったにもかかわらず振られてしまう運のなさ。

そんな誠を会社の同僚たちはからかうも現在交際中の女性がいると素知らぬ顔。

彼女と会う約束の日、誠はワインを買いに出かけ家に戻るとそこには見知らぬ男の姿が…

誠の目の前に自らを“神”と名乗る謎の男(山下智久)が現れ、 彼は突然、誠が“運命の人”と信じる現在交際中の女性について「残念ながら君は騙されている」と言いテレビをつける。

そこには美人局の容疑者として今正に逮捕されている彼女の姿があり、愕然とする誠。

なぜ自分はこんなにも不運なのかと嘆く誠に、神と名乗る男は言う「それは君に『本当の運命の人』がいるからだよ」と、そして差し出す1枚の写真そこに写っていたのは湖月晴子(木村文乃)の写真だった。

神と名乗る男は、誠に地球が滅亡する、地球を救うのは君だと告げ、そしてすぐ後ろに彼女はいると彼女こそが運命の人だと告げ、去っていく。

一方男に厳しい湖月晴子(木村文乃)は今年30という年齢を迎えながら、男運に恵まれず、「次こそが最後の恋愛にしよう」と堅実で地に足の着いた人と恋愛することを願っていた。

冷めた恋愛観を持つ晴子に同僚の四谷三恵(菜々緒)があれこれアドバイスするもまったくきょうみのない様子、家族からも何気に結婚を期待されていることから同僚の四谷三恵(菜々緒)に誘われていた飲み会に参加することに…

ここまでなんの接点もない二人ですが実は、何度も「運命」のすれ違いを重ねていた。

5歳の頃の海水浴場で、大学受験の時の試験会場で、今年の初詣の神社で、何度も「運命」のすれ違いを重ねていた女性だという。そして今、彼女は誠が異動してきた会社の壁を挟んで向こう側、背中合わせで仕事する「運命」の距離にいることをまだ二人は知る由もない!

そんな中社のビルで晴子と同じエレベーターに乗り合わせ焦る誠は勇気を出し、晴子に声をかけ「あの…ボク、運命の人です。…」と告げると、晴子は気持ち悪がり「付きまとわれています」と警備員を呼んでしまう。

そして二人は仕事途中、またもや偶然に出くわし、誠は大学受験の時や、過去に偶然に出会っていたことを晴子に話し運命の相手だと再度告げるもまたもや、気持ち悪いので話しかけないで下さいと拒絶されてしまう。

酔っぱらいながらも神に運命なんてなかったという誠に神はあっさり引き下がってしまう。

そして偶然手にしたクラッシックコンサートでは偶然にも最後に立ち上がり拍手したのが自分と晴子だったことから再び運命に引き寄せられた気分になる。

家に帰宅すると神がいて、実はライバルがいるので頑張るようにと後押し、誠もやる気が出るところで1話終了。

お待ちかねのエンディングは何とも可愛らしく覚えやすい愛嬌のあるダンスでした、これはキュンキュンしてしまった女性も多かったのではないでしょうか!

脇を固める方々の笑いあふれるやり取りに1時間結構楽しみながら見れましたね!!

スポンサーリンク

『ボク、運命の人です。』1話ネットでの感想や評価

確かにいきなり運命とか言われたら気持ち悪いですよね…

でも、亀梨さんだったら…(笑)

女性の現実を見る部分と、男性の理想を追いかける感じが面白く演じられてますよね。

ドラマのエンディングでダンス=『逃げ恥』というイメージと被ってしまうのは少しもったいないですが…

亀梨和也さん、山下智久さん、木村文乃さんのダンス可愛かったですね!

ドラマ『ボク運』1話の内容とは関係ないのですが、湖月晴子を演じる木村文乃さんの髪型が不自然、カツラ?というつぶやきをしている方がかなりいましたね。

固めすぎてそのように見えている気もしましたが、カツラ(ウィッグ)っぽかったですよね。

木村文乃さんがカツラで晴子を演じているハッキリとした理由は分かりませんでしたが、ドラマ・映画に引っ張りだこなので、別の作品の髪型との兼ね合いなのかな?と思いましたがいかがでしょう?

スポンサーリンク

『ボク、運命の人です。』2話のあらすじ

2017年4月22日(土)放送の『ボク、運命の人です。』第2話のあらすじをご紹介します。

誠は晴子との運命を心の中で感じつつあった。

そんな中謎の男が誠に言っていた通り晴子は、高校時代の同級生・定岡(真島真之介)と数年ぶりの再会をとげる。

親しげな晴子と定岡の様子を見てしまった誠は気が気でない。誠はどうしたら定岡に勝てるのか謎の男に相談。

すると謎の男はこの恋を勝ち取るにはまず「お金」が必要だといいきる。誠はその助言に従って、会社が行うボーナスキャンペーンの10万円を手に入れるために営業に奔走。

ある会社を訪ねた誠は、対応してくれた男性と長話をするハメに。

その男性が運命に絡む人物だとは知らずに…。

そのころ、定岡は晴子をのみに連れ出していた。

誠の知らない間に晴子と定岡の距離は縮まっていき…。手ごわいライバルの出現に誠はどうするのか!?

公式サイトより引用

恋愛ものにはライバルは必須ですよね!!

今後どのように二人を翻弄してくれるのかとっても楽しみです。

まとめ

亀梨和也さんの出演ドラマは「東京バンドワゴン」「妖怪人間ベム」そして「野ブタ。をプロデュース」など土曜ドラマ枠が多い気がしますが、このドラマはコメディー要素がたっぷりで笑えるシーンも多いことから人気のドラマとなりそうな気がします。

登場人物すべてに個性があり、1話にして「運命」という言葉に振り回される誠になんとなく同情しすらしてしまいました。

来週はライバル出現に誠と神はどんな行動に出るのか待ち遠しいです!

なお、ドラマ『ボク、運命の人です。』は地上波放送直後から、Huluで見ることが出来ますので、見逃してしまった方は是非チェックを!

Hulu無料お試しはこちら

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA