あなそれ9話小田原BL展開と怖いしょこたんに衝撃…ネタバレ感想!

  • glass
  • この記事を書いた人:ぐらす

2017年春ドラマ『あなたのことはそれほど』の第9話が放送されましたが、今回サッカーワールドカップ予選の試合があったにも関わらず、視聴率は2ケタをキープしていたとのことで、いかに人気ドラマなのか分かります。

関連記事:あなたのことはそれほど視聴率一覧まとめ!1話から最終回まで更新中

視聴者が気になっていた小田原は美都が好きなのか?涼太が好きなのか?という本当の想いが明らかになる回を、試合と当たる時に持ってきたのは視聴率を落とさない計画だったのか?!というほど、重要で視聴者が盛り上がったシーンもあり、怒涛の展開となりました。

こちらでは、そんな話題の2017年春ドラマ『あなたのことはそれほど』第9話のネタバレありの感想と、第10話のあらすじをご紹介いたします。

スポンサーリンク

『あなたのことはそれほど』第9話のネタバレありの感想は?

中傷ビラの犯人は誰?

本当に家を出ようと決めた、と荷造りをする美都。有島と出会った時に来ていた花柄のワンピースを少しだけ見つめてからダンボールに入れていましたね。

衣装に力が入っているこのドラマですが、有島とラブラブ状態だったときはピンクなど暖色系が多かったですが、最近は緑、青、黄色などが多いですね、心の移ろいも表現されている気がします。

美都の不倫への誹謗中傷のビラが入れられ、マンション中の人達から白い目で見られますが、涼太は美都の手を握りのマンションの住人に元気に挨拶をして仲良しをアピール。

「今出ていったら認めることになってしまう、それは僕もキツイ」という涼太ですが、誹謗中傷のビラ、これも口実で側にいようとする涼太の仕業なのか?とも思ったシーンです。

「私は人を傷つけ、人に憎まれている」と美都は自分がしたことの報いだと感じているようですが、麗華のことを想像していたのかもしれませんね。

マンションだけでなく、美都の職場やネットなどにも中傷のビラは届き、「結婚式にも来なくていいよ」と暗に同僚にも参列を断られる美都、不倫の代償はある日突然始まりましたね。

涼太、麗華へ会いに行く

涼太は麗華の元へ行き、ビラのことを知っているかを聞きますが、「卑怯ですね。こんなことしてもなにもならないのに。」と知らなかった様子。

正直に言うと有島も美都のことも許せないけれど別れることはしない、そちらは?と聞く涼太に「わかりません」と麗華は答えます。

「こども、欲しかったんですけどね」と亜胡ちゃんを見て過去形でつぶやいた涼太ですが、美都が有島との子供を妊娠したかもしれないことの恨みが込められているような怖くて哀しいセリフでした。

小田原は美都のアパートの保障人になるためにカフェで会い、ビラのことも打ち明けると「何でも言ってくださいね」と答えます。

ビラを見たときにちょっと魔があったのが気になりますね、犯人へのミスリードをいろいろな形で演出しているので、それがまたおもしろいです。

不動産屋で賃貸契約書を記入する美都、一人で暮らすことになると身を持って実感してきた美都は、おなかをおさえて「こんな母親、嫌だよね。どの選択を間違えたんだろう?何を選んで何を選ばなければ良かったんだろう?」と心でつぶやきます。

妊娠検査薬を使ったのかどうか?モヤモヤするところですが!人生の沢山ある選択肢、あとでタラレバは言いたくなるものですよね。

以前小田原が言っていた『足るを知る』という言葉が一番美都には必要な考えなのかもしれません。

すっかり氷河期となっている有島家ですが、麗華は涼太が会いに来て、美都への誹謗中傷ビラのことを疑われたようだとを告げます。

ビラのことを初めて知りおどろく有島ですが、「麗華はそんなことするわけない」と言いますが「ずいぶん信用されているのね」「光軌は心配よね、優しいから。」と麗華。

「いや、もう会う気がないから」という有島に「うん、(会うのは)いや。でもあの人のことも心配しない光軌もいや。優しいって、何なのかしらね。」とここで麗華の目がバッと開いてチクリと刺します。

夫のみんなに優しいところは好きだけど、どんな女性にも優しくし過ぎて特別な関係になってしまうのは嫌、という妻の本音ですよね。

小田原のせつない想い

朝、指輪がゆるくなっていることに気づく涼太、すっかり痩せてしまったようですが、高身長なのにソファーで寝る生活はかなり体も休まらずストレスになるのではないでしょうか?!

二人は仮面夫婦として手をつなぎ歩きますが、コンビニによるフリをして涼太から離れて、こっそり家に戻る美都。

そこへ小田原がきて、涼太に黙って家を出るのを手伝ってくれます。「なんでそんなに親切にするんですか?」と聞くと、「別に俺は美都さんの見方をしてるわけじゃないですよ」と言いながら、お互いガムテープを取ろうとして手が触れたままの小田原にじっと見つめられます。

ここでは完全に小田原が美都のことを好きなのか―!ときっと美都も視聴者も勘違いしてしまいましたね。

美都は、有島の子を妊娠しているかもしれないことを伝えると、急に表情が変わる小田原。

「うぬぼれないでください。おれは二人が幸せならそれでよかった、だけどあなたが裏切ったから。俺が考えているのは涼太の幸せだけ」と話し出します。

「美都さんみたいに強欲で女のダメな部分が煮詰まったような女には興味がないから」とバッサリ、そしてついに…「俺は…涼太が好きなんです。あなたよりもずっと、ずっと前から。」

二つの意味が込められていた「ずっと」。美都が涼太とほどほどの気持ちで結婚し、しかも真面目な涼太を裏切ったことが本当に憎いのでしょうね。

この気持ちは涼太には言うつもりもない、という小田原は、真面目な涼太がどうしてこんな女と結婚したんだとさげすむような目をして美都に告げます。

そこでドアの外から物音が…美都の怪しい態度を心配した涼太が帰ってきて、すべて聞いてしまっていたのでした。

涼太に聞かれていたと分かった小田原、涼太の動揺した表情を見て「そうなるよな、でもなんかスッキリした。」

「おてんとうさまが出てても出てなくても、どれだけ正しく生きてても報われない。結婚なんて贅沢で望みもしない。人の気持ちを一生欲しがるなんてどんだけよくばりなんだ。二人とも欲張り過ぎて腹が立つんだよ!」と小田原。

ずっと愛している涼太と自分が一緒になることは不可能なことが分かっているだけに、自分の気持ちはひた隠しにし涼太の幸せを一番に願ってきた小田原。

結婚しているのに有島の気持ちも手に入れようとした美都と、美都の心が離れているのに無理につなぎとめようとする涼太、相手の幸せより自分の欲を優先させている二人が許せないのかもしれません。

「美都さんはもう家を出る、もういいだろう。」と涼太に言うと、スーツケースを持って家を出る美都、悲しそうにする涼太に「ごめんな」と謝る小田原でした。

アパートに荷物を運んでくれた小田原に美都はお礼を言います。お礼を言う美都におてんとうさまが見えなくていいかもね、俺は悪い女と別れさせたいだけ。体を大切に、と去っていきました。

小田原のシーンはネットの実況はかなり盛り上がりましたね、この展開待っていました!!という声が多かったですが、同時に小田原の気持ちがせつなくて泣けた、という声も大きかったです。

ビラの犯人が明らかに!

横山皆美の家に強引に呼ばれる麗華でしたが「浮気をされてるんでしょ、かわいそうに」と浮気の現場を見てしまったことなどをつぎつぎに話し始めます。

「困ったことがあったら何でも言って!」という皆美…小田原も何度も美都に言ってましたが、このセリフを言う人には要注意?!

そしてさらりと悪びれもなく、美都の中傷ビラをマンションと職場に配ってネットにも書きこんだこと告げる皆美。

「有島さんはお友達だから。」「有島さんのためにやったの。」「私は有島さんのミカタだから!」「天罰よ、天罰。」

皆美が犯人ということが分かりましたが、美都のあとをつけたり、子どもを連れてこんなことをしていたという事実がとてもショックです。

顔がこわばる麗華は「あの人への天罰を横山さんが下すんですか?気づいてますか、あなたずっと笑っているの。人を罰するのは爽快ですよね、私のためじゃない。」と皆美へ忠告します。

痛いところを突かれてしまった皆美は、ストレス解消だけどあの女が痛い目に合うならいいじゃないか、と逆ギレをし、いつも正論を言って学級委員のような麗華といると苦しくなること、自分とイヤイヤ結婚した夫と話し合うのが怖いこと、有島さんにこんな気持ちはわからないだろうと泣きだします。

帰ってきたモラハラ旦那はそのことを立ち聞きしていたようですが、このあと夫婦でどんな話になったのか気になりますが、ここでは皆美の夫→皆美が「あなたのことはそれほど」という関係だったこともわかりました。

皆美の家には漫画が沢山ありましたが、『あなそれ』の原作漫画があったように見えましたがきのせいでしょうか??

麗華は「学級委員みたいに偉そうに」という言葉がひっかかっていました。

ネットの中傷を知った美都の友人の香子は美都の職場へ行き、院長と話をします。

説教できるなんていい友達だね、と言われると、実は不倫の道へ走ったりと、思いっきり人間してる美都がうらやましくもあること、だから絶対的な正義の立場で説教できることが気持ちいいこと、つまんないこと言ってるなと思ってしまうけれど、美都のような大変な人生はいや、と本音を漏らす香子。

院長の女子の本音を聞きだす能力は高すぎですし、イケメンではないのですがすべての女子を包む謎の包容力、これはモテますね(笑)

ネットでもこの眼科で働きたい!!と言う女子の意見が毎回出ているほど、遊び人なのになんだか愛されキャラなおじさまです。

有島と美都の再会と別れ

久々に美都とバーで会った有島は、涼太がうちののところに来たこと、うちのはビラを配るようなことはしないこと、今日も嘘をつかずに美都と会ってくるときちんと告げてきたうえで会っていると話します。

亜胡の名前は麗華がつけたことを知り「有島君は赤ちゃんに何て名前を付けたかった?」と聞く美都…おなかにいるかもしれない赤ちゃんに名付けたいと思ったのでしょうか。

俺がつけるとろくな子にならないから、麗華に付けてもらった、という有島。(視聴者がうなづいているような気がします?!)

初めて名前を聞いた美都は「おくさん麗華っていうんだ。似合ってる。」と言いますが、これは本音なのかどうなのでしょう。

「おまえいいやつだな。ホントに、大丈夫か?」と心配をする有島に「いろいろあるけど、大丈夫」と答え、じゃあ、と別れる二人。

美都はバーで頼んでいたのはオレンジジュースだったのですが、有島にはスクリュードライバーと言っていました。

バーテンダーになぜ嘘をついたのか聞かれて「これ以上ガッカリしたくなかったから」と悲し気な笑顔を見せましたね。

アルコールを飲まない→どうしたの?と聞かれ妊娠したかもしれないと伝える→それでも美都の方に来てくれる可能性はゼロに近い、と感じていたことから、普段通りにふるまい、妊娠の可能性を告げないことにしたのではないでしょうか。

麗華が美都の元へ!

明くる日、麗華が美都の職場へ来院し、知人がした誹謗中傷で、美都と病院に迷惑をかけたと謝罪をしに来ます。

これまでも涼太、美都母、小田原、麗華といろんな人が来てちょっと大変ですね(笑)美都も謝りますが、「それはまた別の話ですから」と言われます。

「すごいな、私に謝っちゃうんだ。これが有島くんが選んだ有島麗華か」と動揺して手が震える美都。院長は何かを感じて麗華と二人で話すことに。

従業員が迷惑をかけて申し訳ない、と麗華に対して深く頭を下げる院長は、ビラの犯人と周りに疑われて、傷ついているのではないか?と麗華の気持ちを察し、そういうことをする人には見えないと言います。

学級委員に見えますか?という麗華に対し、バツ3に見えますか?という院長、不倫の経験もあることを伝え、この目が一度この人って決めたら、他に人には目が行かなくなるといいんだけど、それじゃ人間してないことになるのかな?と笑います。

院長は、自分をはじめ、有島や美都など、本能的に相手をいつも探してしまう人もいることを言いたかったのかもしれませんね。

有島が家に帰ると、まっくらな部屋に「実家に戻ります」と置手紙があり、麗華と亜胡はいませんでした。

美都がバーで言った「奥さんは強いね。」というセリフのとき、「美都と会ってくる」というメールを読んでいた麗華の表情が映されていました。

「会うのは嫌」と言っていたのにまた会ったことが、やはり麗華は傷ついていたのでしょうか??浮気は男の甲斐性という言葉や、浮気を許す女性のことを、嫁の鏡などと称賛する言葉などがよくありますが、女性はみんなきっと影では沢山傷ついているんではないかといつも感じてしまいます。

妊娠検査薬の判定は?涼太からのメールに涙

そして美都はついに妊娠検査薬を使いも判定は陰性、妊娠しておらずショックで呆然と横たわる美都。

妊娠していたら一人で育てていくというのは本当に大変なことですが、それでも大好きだった有島との子どもを授かることはひとつの光だったのでしょうか?

そこへ涼太から晩御飯をつい2人分作ってしまった、というタイカレーラーメンの写真が送られてきます。

一人だと広すぎるからペットでも買おうかな、でも犬はちょっとねという涼太、柴犬騒動でこりごり?!

みっちゃんの体が心配、病院にはいきましたか、という優しい言葉と、離婚届を郵送してくれたら出しておきます、というついに涼太から別れを承諾する言葉も。

夜の街を全速力でジョギングする涼太ですが、その息づかいは泣いているようにも聞こえました。

美都のアパートを探し回っているのかと思っていましたが、美都と離婚をすることに決めた寂しさや、やるせなさを振り切ろうとしていたのかもしれません。

唯一美都を選んでくれた涼太も離れていくことが分かり、涙を流す美都。本当にひとりぼっちになってしまった美都。

わたし今からっぽ、というもの悲しいセリフで終わりましたが、有島も家族が出ていってしまい、二人の不倫の代償は本当に大きなものでしたね…。

美都は涼太を失って初めて、涼太の優しさに気づいてくれるといいのですが!

今回は、小田原、皆美、香子の本音が聞けた回になりましたが、まだ一人だけ感情をすべてさらけ出していない麗華。

最終回では麗華の心の声がしっかり言葉になるのかもしれません。

『あなたのことはそれほど』見逃し動画を無料で見る方法は?

『あなたのことはそれほど』は放送終了後、1週間はTverで限定無料配信されますが、その後は削除されてしまいます。

1週間以上経過した回を安全かつお得に見る方法はU-NEXTがオススメです

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『あなたのことはそれほど』はポイントレンタル配信されているので、

登録時にもらえる600ポイントを使えば無料で『あなたのことはそれほど』の見逃した回を見ることが出来ます!

しかも今なら(2017年6月14日まで)いくえみ綾さん原作のコミックス『あなたのことはそれほど』1巻を無料で読むことも出来ちゃいます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

U-NEXT31日間無料お試しはこちら

スポンサーリンク

ドラマ『あなたのことはそれほど』第9話ネットの反応や感想は?

視聴者の感想を見てみますと

どんな思いで涼太の結婚式に参列していたかとおもうと、辛いですよね。小田原さんの幸せを願います!!

感情的になるよりも、動じない姿を見せた方が不倫相手へのダメージは大きいのかもしれませんね!

人間の気持ちの複雑さ、誰かにとってはいい人だけど、他の人にとってはそうではないという二面性など、すごくリアルなキャラクター設定、きれいごとだけではない人間くささが視聴者の心をつかんでいる気がします。

スポンサーリンク

あなたのことはそれほど(あなそれ)第10話(最終回)あらすじは?

美都(波瑠)は、涼太(東出昌大)に妊娠していなかったことを報告するが、涼太からあっさりとした返事を返され拍子抜けしていた。

一方、麗華(仲里依紗)が子どもと実家へ戻り、狼狽する有島(鈴木伸之)は、麗華を追って電話をかけるものの、冷たく突き放され一方的に切られてしまう。

そんな茫然自失の有島の元に、涼太から電話がかかってくる。今までの行いを悔い、謝罪するが、弱っている有島に対し、真顔で冷静に詰め寄る涼太。

さらに麗華との現状に、心底楽しそうに笑われる始末。

涼太は、香子(大政絢)に離婚届の証人として署名捺印を頼んでいた。離婚届に捺印する香子は、とあることに気付き、涼太の狂気に初めて触れる。

そして、ついに離婚届を役所に送るという涼太からのメッセージを受け取った美都。「最後に一度だけ」と、久しぶりに涼太と夫婦最後の晩餐を楽しむが…。
公式サイトより引用

最終話も涼太の狂気が全開のようですが、離婚届の何かに気づく香子、「何か」が気になりますね。また涼太の太を犬にしちゃっているとか??!!

原作漫画はまだ続いているので、ドラマはどのような終わり方にするのでしょうか?

まとめ

ついにクライマックスを迎えているドラマ『あなたのことはそれほど(あなそれ)』ですが、今回特にストーリーに感情移入し過ぎて、ものすごく長い感想となってしまいました、最後までお読みいただきありがとうございます。

それぞれ、「別れ」と彷彿とさせるラストでしたが、二組の夫婦に希望は残されているのでしょうか?

個人的にはまたそれぞれの夫婦が平穏を取り戻してほしい、と期待をしていますが…!

最終回(10話)は15分拡大スペシャルとのことで、楽しみにしたいと思います!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA