9係シーズン12第4話ネタバレ感想!5話あらすじも

  • この記事を書いた人:DRAMAP編集部

渡瀬恒彦さんが、お亡くなりになり、どうなるかと思ってましたが、井ノ原快彦くんがいい味出して来てくれてます。

ラーメン作って食べたり、謎を解くキーマンですね。ということで今週の第4話のストーリーをネタバレありで見ていきましょう。

スポンサーリンク

ドラマ『警視庁捜査一課9係 season12』第4話 ねらわれた監察医 ネタバレ&感想!

他殺死体が発見され、その遺体解剖を監察医の真澄(原沙知絵)が担当することになる。

ところが解剖を始めたところで遺体から有毒ガスが発生し、意識不明の重体となってしまう。

遺体はIT企業の経理課長・柳沢(永井裕久)、発生したガスはコルセリンという有毒物質で燃料電池に昔は使われていたが現在はほとんどの企業が手を引いて使用されていないことがわかった。

そんな中、コルセリンの盗難届が警察に出された。

青柳(吹越満)と矢沢(田口浩正)はコルセリンが盗まれた町工場へ向かう。

工場の保管庫から盗まれたのはコルセリンのみで工場の事情に詳しい人間による犯行と思われる旨をコルセリンの管理担当者・古川(河西健司)に聴取を取るが犯人の心当たりはないという。

青柳と矢沢は、古川の態度に不審感を抱くが、工場のパートで古川をよく知る、弘美(松下恵)から古川が最近生きがいを見つけたと嬉しそうに話していたと聞く。

9係に戻った青柳は矢沢に口止めし、メンバーに古川の存在を報告しないでいた。

そのころ、柳沢の死因について、黛(竹中直人)が再解剖し、コルセリンによるものではなく、絞殺であることが判明する。また両手の平に相当強く握った圧迫痕があることを告げられる。

実際はコルセリンは死後に注射されたもので、遺体を調べる監察医を犯人が狙った可能性が浮かび上がる。

黛の話で自殺に見せかけて殺害したが他殺と見抜かれて事件となってしまい、監察医が関係者から逆恨みを買いて命を狙われることも海外ではあったと聞く。

そのことから、直樹(井ノ原快彦)は真澄が扱った事件を調べることにするがなかなか該当する事件を見つけ出すことができなかった。

ところが、重要な参考人であった、古川が心配して訪問した、弘美により自宅で遺体で発見されてしまう。

弘美の携帯に古川から死ぬことをほのめかすメールが前夜に届いていた。

パソコンに遺書めいた言葉を残していたことから現場に到着した、青柳と矢沢は自殺と判断する。。

同時に9係では青柳が古川の存在を隠していたことについて、村瀬(津田寛治)が抗議していた。あくまで自分の手柄にこだわる青柳の態度に対するものであった。

しかし、青柳には、生きがいを見つけたと話していた古川が自殺するとは考えられなかったため、矢沢を連れて“生きがい”について再度、話を聞くために弘美を訪ねる。

弘美によるとこの工場は5年前に倒産しており現在の社長は2代目であること。

古川には恩人がおり、その恩人に報いることができると話していたとの情報を得る。

一方、志保(羽田美智子)と村瀬は古川が柳沢を殺害し、コルセリンを注射することが可能だった事から、古川と柳沢の関係の裏取りを始める。

志保と村瀬は柳沢が勤務していたIT企業の社長秘書・富田(白洲迅)から同社が株式上場予定であることまた、古川が同社の未公開株の株主であったと聞く。

だが、現在は古川が所有していた同社の未公開株は回収済みだと聞く。

志保と村瀬は未公開株を手放した、古川の行動に違和感を抱く。

そんな折、直樹は「逆の構図」で真澄が扱った事件を考え始めた。

調べる対象を「自殺に見せかけた他殺」から「他殺に見せかけた自殺」にすることで該当事件を見つけることに成功する。

5年前に真澄が担当した事件について、死亡したのが古川の勤めていた工場の前進の倒産した会社社長であったことが判明する。

このことで他殺でなかったため保険金が出なかったこと、古川の恩人が前の社長であったことを突き止める。

その中、9係に訪れた、黛から古川が自殺ではなく、他殺であることを告げ、青柳と矢沢を一喝する。

青柳と矢沢は黛とともに古川の検視へ
志保と村瀬は柳沢の自宅捜査へ
直樹は目が覚めた真澄の元へ

それぞれの捜査が進んで行き、古川の他殺が確定。

柳沢の自宅からPCが無くなっていることが判明し、重要なデータが盗まれていることが判明。

しかし、志保がゲーム機の保存データからIT会社の払拭決算のデータを発見する。

直樹は真澄から5年前の事件について詳細を聞く、院内の手すりから両手の圧迫痕について思いつく。

直樹はIT会社へ赴き、社内トイレの手すりで柳沢が自殺したことを伝え、証拠を突き付ける。

手すりで洗剤の成分と遺体の手に付着していた成分が一致したこと、トイレに落ちていたロープの破片についても一致したことを告げ、説明を迫る。

IT会社社長は責任を秘書・富田にすべて擦り付ける。

しかし、取り調べ室でIT会社社長は払拭決算の証拠を突き付けられ、観念した。

直樹は富田に対して、富田が自殺した前工場の社長の息子であり、真澄を狙い遺体にコルセリンを注射したこと、事件発覚を恐れ、古川を殺害したことをすべてを認めるよう説得をする。

富田は携帯に録音したIT会社社長の指示を再生し、罪をすべて認める。

しかし、他殺に見せて苦しい中自殺した父親の苦労も見逃してくれない監察医への憎しみを口にする。直樹は正しいことを突き止めることが俺たちのしごとであると言い放つ。

富田は青柳からパソコンの遺書を残したのは富田ではないことを確認の上、古川は恩を返すために富田に殺される覚悟で遺書を自分で残したのであろうと告げる。それを聞いた富田は涙し、崩れる。

9係では退院した真澄が顔を出し、帰還を全員で祝う。

スポンサーリンク

【警視庁捜査一課9係】第4話 ねらわれた監察医 ネットの反応は?

井ノ原くん、かっこよかったですね。ただ、このキレキレを続けるのか?

けっこう、のんびりした印象が係長が居なくなったことで中心になったことで、前回までのフォローする立場ではなくなったので無理がこないか心配です。

本編最後のプレゼントでしたが出演者の仲の良さがにじみ出ていていい感じでしたね。

スポンサーリンク

【警視庁捜査一課9係】第5話(次回)あらすじ?

2017年5月10日(水)21:00より放送の第5話のあらすじをご紹介します。

ファッション通販サイト会社社長・影山(石田佳央)が裁ちバサミで胸部を刺され殺害された。真澄(原沙知絵)によると、裁ちバサミは左利き用であるという。

 専務の本橋(加藤虎ノ介)から事情を聞いた志保(羽田美智子)と村瀬(津田寛治)は、影山が女性社員と不倫騒動を起こしていたことを知る。当時付き合っていた留未という社員は別れ話を苦に自殺したらしい。
 一方、直樹(井ノ原快彦)は、チーフデザイナーの詩織(万里紗)が左利きであることを知るが、詩織によるとはさみは2日前に盗まれたという。

 さらに、自殺した留未が、かつて詩織の母・結子(根岸季衣)が経営する洋裁店に務めていたことがわかった。と、いう事は…結子は元社員の留未を自殺に追い込んだ社長のもとで実の娘を働かせていることになる。しかし、結子は娘とは10年前から会っていないという。
 実は、かつて大手ファッションブランドの縫製をしていた結子は仕事を優先、自分の夫であり、詩織の父の死に目に間に合わなかったという。詩織はそんな母が許せなかったようだ。

 広報部長の彩音(真瀬樹里)が、詩織に言い寄る影山を目撃していた事も判明。青柳(吹越満)と矢沢(田口浩正)は、母・結子がその事実を知っていたことをつかむ。元社員の留未を自殺に追い込み、今度は娘にも手を出そうとした影山を憎む結子の犯行か?さらに疑惑を深める証拠も見つかる。そんな中、直樹は現場に残されたワンピースに刺繍された花に疑問を抱き…。

公式サイトより引用

次回5話はファッション関連を舞台にした殺人事件ですね。井ノ原くんの直観がまたキレキレのようです。

犯人捜しにはまた二転三転ありそうな予感。

楽しみに待ちましょう。

まとめ

やはり、係長の存在は残っておりますね。

うれしい限りですが係長の穴を埋めようとする直樹(井ノ原快彦)の努力と発想力が際立ちます。

このまま行くと、完全に直樹(井ノ原快彦)のドラマですね、予測できたことですが今回でどこまで係長の代わりを印象付けることができるかですね。

本編に関しては話終盤まで犯人損像は見えても犯人はまったくわかりません。

また、犯人富田に関しての人間像、古川という人間像の絡み合いで最終的には悲しい終焉となっしまう、落ちです。

犯人の後悔の大きいことを訴えているわけですが、ここまでの落ちが必要だったのでしょうか?

物語的には良い話でしたが・・・なんか、引っかかるような・・これがきっとプロデューサーの仕掛けなんでしょうね。

ということで今回は以上です。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA