100万円の女たち主題歌の歌詞や発売日情報!担当はコトリンゴ

  • fodoctor
  • この記事を書いた人:Ryota

2017年春のテレビ東京の新設ドラマ枠“木ドラ25”に決定したのが、超人気バンドRADWIMPSの野田洋次郎さんがテレビドラマ初出演&初主演となる記念すべき作品『100万円の女たち』(テレビ東京・毎週木曜深夜1時~1時30分)。

当初はRADWIMPSがそのまま主題歌を担当するのでは…という噂がまことしやかに囁かれていましたが…。

今回公式サイトにて主題歌はシンガーソングライターのコトリンゴさんが担当することに決定しました!

こちらの記事では、『100万円の女たち』の主題歌の歌詞や発売日情報についてお伝えしていきます!

スポンサーリンク

2017年春ドラマ『100万円の女たち』の主題歌はコトリンゴ

RADWIMPSのボーカル野田洋次郎さんを主演(テレビドラマ初!)に迎えたテレビ東京ドラマ『100万円の女たち』は、青野春秋さんの同名マンガを原作とした作品。

主人公・道間慎(野田洋次郎さん)は売れない小説家。

彼は、ひょんなことから5人の謎の美女たちと同居生活をしている(半年ほど前から)という、かなり奇抜な設定のドラマですね。

では、まずその主題歌を務めるコトリンゴさんとはどんなアーティストなのかについて掘り下げていきましょう!

5歳からピアノを始め、7歳から作曲を始めたというとてつもない才能の持ち主のコトリンゴさん。

神戸の甲陽音楽院を卒業した後、特別奨学金を得てバークリー音楽院(ボストン)に留学し、ジャズ作編曲科/ピアノ演奏科を専攻。

学位を取得後にはニューヨークを拠点に演奏活動を開始し、2006年に坂本龍一さんのラジオ番組J-WAVE「RADIO SAKAMOTO」のオーディション宛にデモテープを送ったことが彼女の転機となったようですね。

この時、坂本龍一さんにその才能を見い出されたことで、同年にシングル『こんにちは またあした』で日本デビューを飾ったのだとか。

2013年からは人気バンドKIRINJIにも参加するなど精力的に音楽活動を行っていましたが、何といっても彼女の名を世間に轟かせたのは2016年でしょう。

この年、片渕須直監督の大ヒット長編アニメーション映画『この世界の片隅に』(2016)において、主題歌『みぎてのうた』を含めたすべての劇中音楽を担当したのがコトリンゴさんだったのです。

彼女の描いた世界観は各方面から賞賛を浴び、第40回日本アカデミー賞優秀音楽賞、毎日映画コンクール音楽賞、おおさかシネマフェフティバル音楽賞を受賞するなど、最高の評価を得ることになりました。

ちなみに…コトリンゴさんの名前の由来は、大好きな“小鳥”と毎日食べていたという“リンゴ”をミックスさせたものなのだとか。

元々は本名で活動するつもりだったコトリンゴさんでしたが、一曲目だけその名前でリリースして、後で変えてもいいと言われたものの、結局そのまま名前は残ったというのが事の次第のよう。彼女の人となりが少し垣間見える興味深いエピソードですね。

スポンサーリンク

2017年春ドラマ『100万円の女たち』の主題歌が決まった経緯は?

『100万円の女たち』のプロデューサー五箇公貴さんは公式サイトで、こうコメントされています。

主題歌をどうするか、正直すごく悩みました。

今回、野田さんにはRADの全国ツアーの合間を縫って連続ドラマの主演をやっていただくという、相当な負担をかけることになります。その上楽曲を書き下ろして頂くということは、当初から現実的ではないなと思っていました。もちろんRADの楽曲という選択肢は浮かんだけれども書き下ろしができない中で、果たしてその選択肢が正解なのか。野田さんご本人とも議論しましたし、悩みました。

ずーっと悩みながら脚本を作っていく過程で、ふと今回のテーマは女性が歌うべきなんじゃないかという思いがどんどん強くなっていきました。その上で、このドラマはショッキングなことが沢山起こるストーリーなので、見終わったときにやさしい気持ちになれると読後感がいいなと考えました。

そしてドラマの中で野田さん演じる主人公の慎が書いている小説、『漂う感情』の世界観も音楽で表現できたらかなり素敵な作品になるのではないかという思いに至りました。(公式サイトより抜粋)

と、こういった経緯なのだとか。そもそもはやはり主演の野田さん擁するRADWIMPSが手掛ける可能性もあったようですが、書下ろしが出来る出来ない(多忙より)が判断材料になったようですね。

さらに五箇プロデューサーは…

そう思ったら私の中で主題歌は「コトリンゴさんしかいない!」となっていました。すぐ野田さんや藤井監督にも提案したところ大賛成してくれました。

その後ご本人にお会いし、経緯をお話しすると、すごく面白がってくださった上、主題歌の書き下ろしも快諾してくださいました。

結果的に『君の名は。』と『この世界の片隅に』という日本が誇る傑作映画に携わった、おそるべき才能と一緒にこの番組をつくるという機会を得ることになりました。

なんか凄いことになってしまいました…。

コトリンゴさんの主題歌がどんな曲なのか、今から本当に楽しみでしょうがありません。
奇跡のコラボが創り出す世界に是非ご期待ください。(公式サイトより抜粋)

とおっしゃっており、このような経緯からこの強烈すぎる最強のタッグ(『君の名は。』と『この世界の片隅に』)が誕生したようですね!

スポンサーリンク

2017年春ドラマ『100万円の女たち』の主題歌の歌詞は?

『100万円の女たち』の主題歌についてはまだ楽曲が未定のため、新たな発表があり次第随時更新してまいります!

ちなみにコトリンゴさんは…

主人公である道間さんの流され漂っている感じ、割り切れない感情、それからミステリアスな状況をどう表現できるだろうと思い試行錯誤しています。どうぞ、お楽しみに!

と公式サイトでコメントを残しています。

『100万円の女たち』の主人公・道間の浮遊しているような雰囲気を掴み取って、最高の楽曲に仕上げてくれることは間違いないでしょう!

コトリンゴさんご本人のTwitterでも…

とのツイートが寄せられています。

一方のRADWIMPSの野田洋次郎さんも…

とツイートされており、大人気アーティスト同士が異色のコラボを展開する『100万円の女たち』への期待が増すばかりですね!

『100万円の女たち』の主題歌の発売日は?

※『100万円の女たち』の主題歌についてはまだ楽曲が未定のため、新たな発表があり次第随時更新してまいります。

まとめ

RADWIMPSの野田洋次郎さんが主演を務めることに加えて、テレビ東京がNetflixとタッグを組むということですでに大きな話題となっているドラマ『100万円の女たち』。

さらにそこにコトリンゴさんの主題歌が加わるとあって、さらに注目度が増していますね!

既存曲を使用するのではなく、ドラマのために書下ろすというコトリンゴさんの主題歌が一体どんなテイストのものになるのか?今からワクワクが止まりません!

なお、当サイトでは2017春ドラマ『100万円の女たち』各話の感想やネタバレなど、随時更新していきますので、是非ご覧ください!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA