ドラマ100万円の女たち花木ゆず編集者の女優は井端珠里!画像も

  • fodoctor
  • この記事を書いた人:Ryota

Netflixと強力なタッグを組むといったこれまでにない革新的な連続ドラマとして2017年4月13日よりスタートするテレビ東京の木ドラ25『100万円の女たち』。

超人気バンドRADWIMPSの野田洋次郎さんがテレビドラマ初出演&初主演となる記念すべき作品として早くも話題となっていますね。

このたび、野田洋次郎さん演じる主人公・道間慎と5人の謎の美女たちをとりまく豪華キャスト陣が決定いたしました。

こちらの記事では2017春ドラマ『100万円の女たち』で花木ゆず担当の編集者・三浦菜穂を演じる井端珠里(いはた じゅり)さんについて掘り下げていきます!

スポンサーリンク

『100万円の女たち』花木ゆず担当の編集者・三浦菜穂役は井端珠里さん

井端珠里さんは、東京都出身で1987年9月9日生まれ(現在29歳)の女優・声優

井端さんは2歳でキッズモデルとしてデビューした後、1998年のフジテレビドラマ『眠れる森』で中山美穂さんの少女時代を演じて、女優デビューを果たしました。

2001年には映画『溺れる魚』で映画デビュー。それ以降もテレビドラマ、映画、また舞台や声優など幅広く活動し、キャリアを積み重ねていきました。

2015年には映画『グッド・ストライプス』や『ローリング』、翌2016年には『走れ、絶望に追いつかれないはやさで』、『断食芸人』、舞台『罠』などに出演し、実力派女優として存在感を発揮。

2017年には『凶悪』や『日本で一番悪い奴ら』で知られる白石和彌監督作品『牝猫たち』(日活ロマンポルノ・リブート・プロジェクト)で映画初主演を果たしました。

この作品では、果敢に濡れ場にも挑戦するという体当たりの演技を見せており、女優としての評価もグングンと上昇中ですね!

このように成長著しい女優・井端珠里さんが、果たしてドラマ『100万円の女たち』では、一体どのような演技を見せてくれるのか…注目が集まっていますね!

スポンサーリンク

井端珠里さんのTwitterやInstagramの公式アカウントはある?

井端珠里は、公式のTwitterとInstagramのアカウントをお持ちのようです。

まずはTwitterの方から。どうやら新進気鋭の写真家・小見山峻さんによる撮影のようですね!なんともオシャレな感じです!

こちらはインスタグラム。こちらの方が結構プライベートな画像が多い印象ですね。いやはや…お美しい…。

最後にスタイルの良さが良く分かる一枚。素晴らしく美しいボディラインに思わずうっとりしてしまいました~(笑)

スポンサーリンク

『100万円の女たち』井端珠里はどんな役?

主人公の売れない小説家・道間慎とナゾの美女5人が共同生活を送るという一風変わった設定のドラマ『100万円の女たち』。

なぜ彼女たちがこの家に集まり、普段どんなことをしているのかは一切謎のまま。なぜなら、この家には「彼女たちに質問してはいけない」というルールが定められていたからです。

この5人の美女たちは家賃兼生活費として毎月100万円を慎に払っているのですが、慎にとっては彼女たちがどうやってそのお金をやりくりしているのかもわからない状態で物語はスタートします。

劇中には花木ゆず(中村倫也さん)という超人気売れっ子作家がおり、井端さんが演じることになるのは花木の担当編集者・三浦菜穂

ちなみに慎はこの花木ゆずのことが大嫌いで、彼の小説のことを「自分大好きポエム小説」と揶揄しているほど。

装丁も自らデザインするほど自己主張が強いという花木ゆずの編集者という難しい役どころを井端さんが演じるという訳ですね。

ちなみにツイッターでは…

…原作とは違って髪が短いことに対してこんなつぶやきが寄せられていました。外見はともかく肝心なのは中身なので、果たして井端さんがどのような演技を披露してくれるのかに期待しましょう!

まとめ

メキメキと実力を伸ばし続け、2017年には映画初主演果たすほど女優として成長している井端珠里さん。

その可愛らしい顔立ちからは想像がつかないほど、演じることに真っ向から体当たりできるといった姿勢は本当に素晴らしいものを感じます!

井端さんが演じる三浦菜穂が劇中でどのような役割を果たすのかにももちろん注目していきたいですが、花木ゆずを演じる中村倫也さんとどんな掛け合いを見せてくれるのかもも楽しみですね。

大注目のドラマ『100万円の女たち』はテレビ東京で4月13日(木) 深夜1時スタートです!ぜひお見逃しなく!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA