100万円の女たちキャスト紹介!真犯人は誰?原作ネタバレ結末も

  • fodoctor
  • この記事を書いた人:Ryota

RADWIMPSの野田洋次郎さんが主演を務めることで大きな話題となっている、2017年の春を彩るテレビ東京のドラマ『100万円の女たち』。

こちらの記事ではドラマ『100万円の女たち』のキャストや原作ネタバレ情報、初回と最終回の放送日についてもまとめていきます!

スポンサーリンク

2017春ドラマ『100万円の女たち』キャスト一覧

道間 慎(みちま しん) / 野田洋次郎

テレビドラマ初出演&初主演となる超人気バンドRADWIMPSのボーカル・ギターを担当する野田洋次郎さん。

映画『トイレのピエタ』(2015)で俳優デビュー(しかも主演で)を果たし、その高い演技力は第39回日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞したことでも証明されています。

今回の役どころは売れない小説家道間慎。5人の謎の美女との奇妙な共同生活を送るという摩訶不思議な設定に挑戦するのだとか。

公式サイトでは…

今回『100万円の女たち』で連続ドラマに初めて出演させて頂きます。

オファーを頂き、はじめてスタッフの方たちに会った時の溢れんばかりの気概とこの作品への情熱がとても印象的でした。(中略)

僕、演じる主人公が5人の魅力的な女性達とひょんなことから同居するところから物語は始まります。そんな夢のようなシチュエーションに翻弄されないか少し不安はありますが頑張って自分の役割に集中してのぞみたいと思います。(中略)

僕自身、右も左も分からない身であるからこそあまり既存の枠にとらわれずに面白い作品ができるよう、前に前に挑戦していきたいと思います。このドラマ、面白いです。よろしくお願いします。

…との気合のコメントを残しているように、ドラマ初主演ということで意気込み十分といった所でしょうか。原作の持つ独特の雰囲気をどれほど醸し出せるかが注目ポイントとなりそうですね!

その他のキャストは現時点でまだ発表されておりませんので、新たな展開があり次第、随時更新致します!

ちなみにその他のスタッフについての詳細や視聴率についての情報は以下の記事にまとめていますので、是非ご覧ください!

2017春ドラマ『100万円の女たち』原作のあらすじは?

RADWIMPSの野田洋次郎さんが主演することで話題のドラマ『100万円の女たち』は、青野春秋さんの同名マンガを原作としている作品です。

原作となる『100万円の女たち』は、小学館ビッグコミックスピリッツに2015年から連載がスタートした作品(単行本全4巻で完結済)。著者の青野春秋さんは茨城県出身で、『俺はまだ本気出してないだけ』が2013年に実写映画化されるなど、今人気の漫画家さんです。

原作のあらすじはざっとこんな感じです。

主人公の道間慎(野田洋次郎さん)は売れない小説家。彼の書く小説では誰も死なないのだとか。

何故なら…彼の父親が殺人犯だから…。

そんな彼は半年前からある5人の美女と共同生活を送っていました。名前や年齢は分かっているものの、彼女たちの目的などは一切不明。なぜならあるルールが定められていたからです。

それは、彼女たちに質問してはいけないということ。

毎月100万円(計500万円)もの大金を家賃兼生活費として慎に支払っているものの、その出所はもちろん分かりません。

彼女たちが普段何しているのか、どうやって生計を立てているのかも分からないのです。

年齢層は10代から30代と幅広い謎の女性たち。そもそも彼女たちがこの家に集まってきたのはそれぞれ差出人不明の“招待状”が届いたからだということが徐々に明らかになってきます。

その後少しずつ女性たちの素性が明らかになっていき、同時に慎を取り巻く環境も変化していきました。しかし、それもある事件をきっかけに全てが崩壊を迎えるまでの話でした。

スポンサーリンク

2017春ドラマ『100万円の女たち』原作の結末ネタバレ、真犯人は誰?

ここからはネタバレになりそうなので、結末を知りたくない方は、ご注意ください!

改めて5人の美女のプロフィールを整理しておきましょう。(ネタバレ含む)

鈴村 みどり(すずむら みどり)
17歳、女子高生。天涯孤独の身で施設で育ち。宝くじで10億円当たったことから、同じ施設育ちの神田武から金の無心を受けている。

小林 祐希(こばやし ゆうき)
24歳。実は結婚しているが、会社経営者の夫(71歳)は長期入院中。

塚本 ひとみ(つかもと ひとみ)
26歳。亡くなった人気小説家である父の印税で潤っている。実は慎の小説のファン。

開 菜々果(ひらき ななか)
20歳。慎にとっては最もつかみどころがない女性。現在休業中の世界的大女優。

白川 美波(しらかわ みなみ)
30歳。家にいる時は常に裸。超高級コールガール倶楽部の社長。幼い頃に父親から性的虐待を受けていた。

この頃、文学界に顔の効くひとみのおかげもあって、新作小説『漂う感情』が日本最優秀文学賞を受賞した慎。

しかし、同時に死刑囚・道間達之の息子であることが世間に知られてしまいます。ここから物語は大きく展開を見せることに。

なんと菜々果が殺されてしまうのです。割とすぐに殺人犯は捕まりましたが、美波に言わせれば裏で手を引いている人がいるのそう。“招待状”を送った人物こそ黒幕だと断言する美波。
 
その後、慎の父親・達之の死刑が執行されます。それからしばらくして皆に再びある“招待状”が届きました。

それはディナーに招待するというものでしたが、なぜか美波にだけ届いていません。仕方なく4人(慎を含めた)でディナーへと向かいます。

帰宅した彼らの目の前に広がっていたのは、とんでもない光景でした。なんと家が全焼していたのです。

焼け跡から見つかったのは、本人とは判別がつかないほど焼け焦げた白川美波の遺体

その後皆バラバラに生活することに。そんな中、みどりが美波の遺言状をを手にしたことで事態は再び急変します。

自らの死が近いことを悟っていたのか、遺産をみどりに託したよう。その事実知った慎はみどりにあることを尋ねます。それはそもそもの“招待状”の中身。

その問いにみどりは答えてくれました。“招待状”には慎の経歴が事細かに書かれていたらしく、入居の条件として、家賃は100万円、自分の素性は言わない、部屋に慎を入れない、そして死ぬ可能性があることが条件として挙げられていたのだとか。

それを知った慎は、全ての黒幕の心当たりが付いたようでした。
 
全ての黒幕が、小林祐希だといういうことが…。

このように原作は結末を迎えますが、黒幕の祐希(本名ではない)の詳しい動機やその後の慎の動向については原作マンガ『100万円の女たち』については読んで頂くと詳しく分かると思いますので、興味を持たれた方はぜひお読みください!

ちなみに作者の青野春秋さんはTwitterに…

…とのツイートを寄せています。青野さん自身もドラマを楽しみにされているようで、これを機に原作マンガの人気っぷりがさらに上昇していくと良いですね!

2017春ドラマ『100万円の女たち』放送はいつからいつまで?

最後にドラマ『100万円の女たち』の初回放送日と最終回放送日の情報をご紹介します。

まず、『100万円の女たち』の放送開始日は以下の通りすでに決定しています。

2017年春ドラマ『100万円の女たち』放送日程

Netflix

配信開始日 2017年4月7日(金)予定

テレビ東京

初回(第1話)放送日 2017年4月13日(毎週木曜深夜1時~1時30分)

BSジャパン

初回(第1話)放送日 2017年4月18日(毎週火曜夜11時~11時30分)

放送話数は現在の所発表されていませんが、同じテレビ東京の深夜ドラマ『孤独のグルメ』シリーズや金曜深夜の“ドラマ24”、さらには“土曜ドラマ24”枠のほとんどが全12話構成があることから、おそらく『100万円の女たち』も同様の構成になるのではと推測されます。

全12話だと仮定すると、最終話は…

最終話(第12話)放送日 2017年6月29日(テレビ東京)
最終話(第12話)放送日 2017年7月4日(BSジャパン)

ということになりそうですね。もちろんまだ未定ですので、詳細な情報が分かり次第、随時更新していきます!

まとめ

最近非常に増えているマンガ原作ものですが、要素としてはより現実に近い(設定としてはぶっ飛んでいるものの)ので、実写化もスムーズに行くのではないかと思います!

RADWIMPSの野田洋次郎さんを主演に迎えることや、Netflixとタッグを組むといった挑戦的な姿勢はやはりテレビ東京ならではといった感じでしょうか!

当サイトでは『100万円の女たち』放送開始後も各話あらすじ・ネタバレや感想など、随時記事を更新していきますので、ぜひお楽しみ下さい!!!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA