明日の約束|ヒナタの母親役の女優は手塚理美。毒親ぶりが話題に!

  • この記事を書いた人:さくら
ドラまる
手塚理美さんが2017年秋のドラマ『明日の約束』に出演してるんだよね!
ラマちゃん
地上波の連続ドラマレギュラー出演は…

2012年1月期の連ドラ『ストロベリーナイト』(フジテレビ)以来かも!?

2017年秋(10月〜12月期)スタートのフジテレビ系(制作著作:関西テレビ放送)火9(火曜21時枠)は、約2年ぶりの連ドラ主演となる井上真央さんを迎えたドラマ『明日の約束』が放送されています。

脚本は『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』『幽かな彼女』『任侠ヘルパー』などを手掛けた古家和尚さんのオリジナル作品です。

“毒親”役の仲間由紀恵さんが主役の井上真央さんに牙をむくヒューマン・ミステリーということで話題になっています。

こちらの記事では、ドラマ『明日の約束』で藍沢尚子役を演じる手塚理美さんについて掘り下げていきたいと思います!

スポンサーリンク

2017年秋ドラマ『明日の約束』藍沢尚子役は手塚理美さん

まずは、手塚理美さんのプロフィールを簡単にご紹介していきたいと思います。

手塚理美(てづか さとみ)さんは、1961年6月7日生まれで現在56歳(2017年10月現在)、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。

手塚理美さんは、映画やテレビドラマ・舞台などで活躍されている女優さんです。

8歳からジュニアモデルとして活動しており、中学1年生の時にユニチカの2代目マスコットガールに起用されたことをきっかけに本格的に芸能界デビュー。

1974年に作曲家・小林亜星さんと共演したユニチカのCMが話題となり、10代で既にテレビ・映画への出演や雑誌のグラビアモデルなどでマルチに活躍し人気となります。

1981年のヌード写真集『少女だった』を発売した頃から女優業へと活動をシフトしています。

1982年のNHK連続テレビ小説『ハイカラさん』ではヒロインの野沢文役を演じています。

以降、ドラマ『ふぞろいの林檎たち』『男女7人秋物語』や、映画『ア・ホーマンス』『茶の味』などに出演し、名女優として活躍し続けています。

1990年には俳優の真田広之さんと結婚、二人の息子さんがおり、1997年に離婚してからはシングルのままでいらっしゃいます。

手塚理美さんの主な出演作品はこちらです。

テレビドラマ

  • 1982年『連続テレビ小説 ハイカラさん』(NHK)野沢(桐原)文 役
  • 1983年『ふぞろいの林檎たち』(TBS)水野陽子 役
  • 1987年『男たちによろしく』(TBS)今野まなみ 役
  • 1987年『男女7人秋物語』(TBS)島村一枝 役
  • 1990年 連続テレビ小説『凛凛と』(NHK)水田澄江 役
  • 1993年『チャンス!』(フジテレビ)結城真理 役
  • 1993年『もう涙は見せない』(フジテレビ)北原香織 役
  • 1996年~1997年 連続テレビ小説『ふたりっ子』(NHK)野田千有希 役
  • 2004年『世界の中心で、愛をさけぶ』(TBS)廣瀬綾子 役
  • 2006年『HERO』(フジテレビ)古越ひろ子 役
  • 2012年『ストロベリーナイト』(フジテレビ)姫川瑞江 役
  • 2017年秋の連続ドラマ『明日の約束』(関西テレビ・フジテレビ系)藍沢尚子 役

映画

  • 1986年『ア・ホーマンス』杉本千加 役
  • 2003年『茶の味』春野美子 役
  • 2007年『アルゼンチンババア』涌井良子 役
  • 2007年『パッチギ! LOVE&PEACE』キョンスン 役
  • 2007年『ALWAYS 続・三丁目の夕日』踊り子・梅子 役
  • 2009年『余命1ヶ月の花嫁』加代子 役
  • 2017年『君のまなざし』佐藤夏希 役

数多くの話題となったドラマや映画に出演されていますが、ここ数年は2時間ドラマやスペシャルドラマへの出演や特別出演、母親役も多いようですね~。

ドラまる
『ふぞろいの林檎たち』はIVシリーズまで続いた大ヒットドラマ!
ラマちゃん
『いい旅夢気分』『日本ほのぼの散歩』などの旅番組にも出演しているわね~。

2017年秋のドラマ『明日の約束』では主人公日向の母・藍沢尚子役として出演ということで”毒親”役として話題になっており、名女優としてこれからも活躍し続けてくれることでしょう!

手塚理美さんの公式SNSはある?

手塚理美さんの公式SNSを調査したところ、公式ブログがありましたのでご紹介いたします。

公式ブログ:手塚理美オフィシャルブログ – Yahoo!ブログはこちら。

Instagramにアップされていた手塚理美さんのお写真をご紹介いたします。(※手塚理美さんのアカウントではありません。)

ご愛用頂いております(^^) #女優 #手塚理美 さん #オリジナルtシャツ #moveTシャツ #パーソナルトレーニング #奥沢 #move

パーソナル トレーニング スタジオ moveさん(@okusawa_move)がシェアした投稿 –

8月も『犯罪症候群』‼️ . Season1&Season2 全12話一挙放送☆☆☆ BS9ch [WOWOWプライム]にて 8/11(金・祝)〜13(日)、連日午後1時から放送! . オンデマンド配信も終了してしまいましたが、 8月の一挙放送ではぜひ大きな画面で!再び! 「犯罪症候群」の世界にどっぷり浸ってくださいヽ(^o^) . #東海テレビ #wowow #共同製作 #連続ドラマ #犯罪症候群 #一挙放送 #お楽しみに 👍 . 写真は小島継治役で出演してくださった、#ゆーちゃむ こと#boysandmen の#小林豊 さんのクランクアップショット! ドラマでは悲しい結末を迎えてしまいましたが、母親役の#手塚理美 さんとともに爽やかな1枚をお届けします♬

公式 WOWOW×東海テレビ共同製作連続ドラマ「犯罪症候群」さん(@hanzaisyoukougun)がシェアした投稿 –

ドラまる
手塚理美さんの醸し出す雰囲気が”お母さん”って感じであたたかみを感じるね。
ラマちゃん
このドラマで演じる”毒親”とは違って、見守ってくれそうなタイプのような気がするわ。

スポンサーリンク

2017年秋ドラマ『明日の約束』藍沢尚子はどんな役?

こちらでは、ドラマ『明日の約束』で手塚理美さんが演じる藍沢尚子の役柄について見ていきましょう。

まず、ドラマ『明日の約束』のあらすじは公式サイトにて、以下のように紹介されています。

主人公の 藍沢日向は、高校のスクールカウンセラー。

「親でもない、教師でもない、最後に味方になってあげられる大人」として、学校や家庭の問題に悩む生徒の心のケアに生活をささげる。

背後に、誰にも相談できない苦悩…“毒親”とも言える過干渉な母親とのいびつな関係に悩んで育ってきた経験があったからだ。

日々、業務に熱心にまい進する日向はある日、気にかけていた不登校の男子生徒から「ヒナタ先生のことが好きです…」と告白される。

しかし、その翌日、彼は不可解な死を遂げてしまう。

はたして、誰が彼を死なせたのか…。

彼がいなくなった世界では、“犯人探し”が始まる。

すると、彼が抱えていた“闇”が次から次へと明らかになり、原因究明に動く日向の前に立ちはだかる。

学校での陰湿ないじめ、日向の母親と同じ“毒親”による息子への過干渉、彼自身の非行歴と不穏な交友関係…。

また、日向自身の周辺…男子生徒の母親からの言いがかり、自らの“毒親”からの抑圧、恋人との心が引き裂かれそうなトラブル、心から離れない男子生徒からの「告白」の記憶といった難題も、彼女を次第に追い込んでいく。

しかし、日向は、生徒の死の原因を究明したい一心で、持ち前の前向きな性格を武器に、あらゆる問題に向き合っていく。

その先に日向が見つけた「生きる上で大切なこと」とは?果たして、そこから日向が導き出した「親子のカタチ」とは?

ドラマ公式サイトから引用)

このドラマの「明日の約束」第1話予告篇動画はこちらをどうぞ。

第2話予告篇動画はこちらをどうぞ。

手塚理美さんが演じる藍沢尚子は”毒親”。

藍沢尚子は、井上真央さん演じる主人公・藍沢日向の母親。

感情の起伏が激しく、ヒステリックな言動で日向を縛り続けてきた”毒親”。

極めて独善的で日向の心の傷を理解しておらず、今も「仲の良い普通の母子」だと思っている。

一方で日向のプライベートな事はあまり知らず、恋人の和彦の存在も把握していない。

ドラマ公式サイトから引用)

母親が過干渉な故に、日向はプライベートなことは話さないようにしている様子。

3年も交際している恋人がいると知った時には…果たしてどうなってしまうのでしょうか!?

日向が秘密にしていることがばれてしまった時の、尚子と日向とのやり取りにも注目です。

ちなみに、”毒親”とは…

毒親(どくおや、英:toxic parents)とは、過干渉やネグレクトなどによる児童虐待によって、一種の毒のような影響を子供に与える親のこと。

「鬼親(おにおや)」ともいう。

母の場合は鬼母(おにはは、きぼ)、毒母(どくはは、どくぼ)、毒ママ(どくママ)と称される。

また、父の場合は鬼父(おにちち、きふ)、毒父(どくちち、どくふ)、毒パパ(どくパパ)と称される。

毒母の別名として、モラ母(モラはは)と称されることもある。

Wikipediaから引用)

という意味なのだそう。

ドラまる
”毒親”って子どもに悪影響を与える母親のことなんだね~。
ラマちゃん
意外とそういう”毒親”に苦しめられている子どもって多いんじゃないかしら…?

スポンサーリンク

ドラマ『明日の約束』に出演する手塚理美さんへのネットの演技評価は?

まずは、こちらのツイートからご紹介!

ドラまる
手塚理美さんといえば「男女7人秋物語」や「ふぞろいな林檎達」などのトレンディードラマのイメージが未だに強いみたいだね~。

ラマちゃん
トレンディードラマ世代の人と若い人とでは、手塚理美さんの演技への評価は実は賛否分かれるところみたい…。

続いて、このドラマについてのツイートをご紹介!

ドラまる
『ストロベリーナイト』での姫川瑞江役も、ある意味”毒親”な感じだよね?
ラマちゃん
手塚理美さんがまた演じる”毒親”っぷりに期待が集まっているみたい!

まとめ

井上真央さんが演じる日向と仲間由紀恵さんが演じる”毒親”とのやり取りも気になるところですが、日向とその”毒親”である尚子との修羅場も見どころになりそうですね!

ドラまる
”毒親”に縛られてしまう子どもと、知らずのうちに”毒親”になってしまっている親の、どちらにも観て欲しいドラマだよね。
ラマちゃん
このドラマを観て、自分も”毒親”かもしれないと自分を見つめなおすきっかけになればいいわね。

そんな注目の手塚理美さんが出演するドラマ『明日の約束』(フジテレビ系)は、2017年10月17日から12月中旬まで、毎週火曜夜21時~放送です!

『明日の約束』動画を無料で見る方法はこちら

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA