トットちゃん子役・豊嶋花プロフィールと演技評価!2017-2018昼ドラマ

  • fodoctor
  • この記事を書いた人:Ryota

2017年秋のテレビ朝日お昼のドラマ枠「帯ドラマ劇場」は、黒柳徹子さんとその家族の激動の半生を描いた『トットちゃん!』が放送されることが決定いたしました!

今回公式サイトにて、黒柳徹子さんの幼少期を演じる子役にNHKの朝ドラ『あまちゃん』や『ごちそうさん』で注目を集めた豊嶋花さんの出演が決定し、ますます注目が集まっていますね!

こちらの記事では、ドラマ『トットちゃん!』で黒柳徹子役(幼少期)を演じることになる豊嶋華さんについて掘り下げていきます!

スポンサーリンク

2017-2018昼ドラマ『トットちゃん!』黒柳徹子役(幼少期)は豊嶋花(とよしまはな)さん

まずは、豊嶋花さんのプロフィールについて簡単にご紹介していきたいと思います。

豊嶋花(とよしま はな)さんは、2007年2007年3月27日生まれで現在10歳。(所属事務所:スマイルモンキー

所属事務所のHPにはその他のプロフィールとして、以下のように紹介されていました。

身長:135センチ
趣味:読書 ダンス お絵かき 食べること
特技:百面相 ダンス 人を笑わせる言動 記憶力
(スマイルモンキーHPより引用)

2008年(当時1歳)から芸能活動を開始したという豊嶋花さんは、2012年に映画『外事警察 その男に騙されるな』のオーディションに見事合格。

心理的ショックから言葉を話すことができないという難役を見事に演じきり、一気に注目を集めることに。

翌2013年にはNHK連続テレビ小説『あまちゃん』で主人公の母・天野春子(小泉京子さんが演じた)の幼少期を、同年の『ごちそうさん』では杏さんが演じた主人公・め以子の幼少期をそれぞれ演じ、さらに評価を高めました。

同年には映画『真夏の方程式』でも杏さん(川畑成実)の幼少期を演じています。

その後も『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』(2014)、『家政婦のミタゾノ』(2016)、映画『アズミ・ハルコは行方不明』(2016)、『恐妻家宮本』(2017)など、常に話題の作品に出演し続けていますね。

このように、若干10歳ながら豊富なキャリアを誇る豊嶋花さん。今回のドラマ『トットちゃん!』で一体どの様の名演技を披露してくれるのか…

期待が高まってきました!

2017-2018昼ドラマ『トットちゃん!』豊嶋花さんが演じるのはどんな役?

こちらでは、昼ドラマ『トットちゃん!』で豊嶋花さんが演じることになる役柄について見ていきたいと思います。

まず公式サイトのイントロダクションとして…

戦後最大のベストセラーであり、これまで映像化されていなかった『窓ぎわのトットちゃん』の時代からもエピソードを抜粋!テレビ女優・一期生として活躍したNHK時代や、これまで一切語られることがなく、このドラマではじめて明かされる“国境を越えた恋”まで、黒柳の怒涛の半生に迫っていきます。
(公式サイトより引用)

…このように紹介されているドラマ『トットちゃん!』。その中で、豊嶋花さんは黒柳徹子さんの幼少期を演じることになります。

ちなみに「トットちゃん」というのは、幼い頃にまだ自分の名前がうまく言えなかった時に「トット」と自分のことを言い続けていたことから来ているのだそう。

性格的には、自由奔放で好奇心旺盛な女の子ということですが、物語自体は黒柳徹子さんが生まれる4年前から始まるということですので、豊嶋さんの登場はもう少し後になりそうです。

その4年前というのが母・朝(ちょう)と父・守綱(もりつな)が運命的な出逢いを果たした頃。

母・朝役を松下奈緒さんが、父・守綱役を山本耕史さんがそれぞれキャスティングされています。

朝はオペラ歌手志望で、守綱が天才的バイオリニストという音楽の色濃いDNAを受け継ぐことになる徹子が果たしてどういった形で描かれ、そして期待の子役・豊嶋花さんがどのように演じているのか…注目して見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

まとめ

すでにテレビドラマや映画、CMなどで引っ張りだことなっている売れっ子子役筆頭の豊嶋花さん。

今回は(幼少期とはいえ)実在する人物を演じるということでかなり難しい面も多々あるでしょう。

また帯ドラマであることからスケジュール的にもかなり厳しいものになると予想されますので、これまでとは勝手の違うことがいくつも重なると思いますが、何とか頑張って欲しいものですね!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA