重要参考人探偵|5話の動画無料視聴はこちら【11/17見逃し配信】

  • この記事を書いた人:ナカムラ

2017年11月17日(金)23時15分より放送のドラマ『重要参考人探偵』第5話の感想やあらすじをご紹介していきます。

リアルタイムでの放送を見逃してしまった…という方のために、見逃し動画を無料で見る方法もお届けしますので、ドラマ『重要参考人探偵』視聴にお役立てください!

なお、こちらの記事はユーザーボイス記事となります。

ドラまる
ユーザーボイス記事って何?
ラマちゃん
DRAMAP読者さんからいただいた展開予想や感想をまとめた記事よ。

ドラマの解釈や楽しみ方は人それぞれ☆

読者さんの声をご紹介することで、新たな発見をしてもらえたら、うれしいわ!

スポンサーリンク

ドラマ『重要参考人探偵』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法は?

『重要参考人探偵』は放送終了後、1週間はTverで限定無料配信されますが、その後は削除されてしまいます。

1週間以上経過した回を安全かつお得に見るおすすめのVOD(ビデオオンデマンド)サービスはU-NEXTです!

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『重要参考人探偵』はポイントレンタル配信されているので、

登録時にもらえる600ポイントを使えば『重要参考人探偵』の見逃した回を無料で見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

『重要参考人探偵』見逃し動画を無料で見る方法

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

※紹介している情報は2017年11月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

スポンサーリンク

『重要参考人探偵』第5話あらすじ

2017年11月17日(金)放送のドラマ『重要参考人探偵』第5話のあらすじをご紹介します。

雑誌のアウトドア企画で、登山をしにきた圭(玉森裕太)と斎(小山慶一郎)、シモン(古川雄輝)は、撮影終了後に編集者やカメラマン達と一緒に、山中のロッジに泊まることになる。しかし、そこにはひどく無愛想な管理人(敦士)とその妻(笛木優子)が…。更にそのロッジには、なぜか立ち入ることを禁止された部屋が一部屋あった。

捜査一課の登(豊原功補)の指示で、圭の行動を監視するために山に来ていた果林(新木優子)も一緒に泊まることになるが、突然の悪天候で翌日下山できない可能性が浮上。不安を抱えたまま眠りにつく一同だったが、どうにも熟睡できない圭は、たまたま扉が開いていた立入禁止の8号室に入り、内側から鍵をかけた上で、そこで寝直してしまう。

翌朝、目覚めた圭は寝ていたベッドの下で、コーディネーターの天川哲也(生津徹)が死んでいるのを発見! 部屋は圭が自ら鍵をかけてしまったため、完全密室で天川の死体とふたりきりという状況。当然、圭は疑惑の目を向けられる! しかも8号室の鍵は部屋の中にあり、ますます圭はピンチに陥ってしまう。そんな状況を打開しようとする斎とシモンは、8号室の床に犯人のものと思われる血痕を見つける!

宿泊客の中に傷のある人物はいないか、全員のボディーチェックをしてみるものの、犯人の目星はつかないまま。このままでは犯人にされてしまうと焦る圭は、宿泊客以外に外部から何者かが侵入した形跡がないかロッジの周辺を捜索するが…!?

公式サイトより引用)

スポンサーリンク

2017年秋ドラマ『重要参考人探偵』第5話 放送前の展開予想と見どころ紹介

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『重要参考人探偵』第5話の見どころや期待度をご紹介いたします。

さきママ
引き続き、次回はどのような事件の重要参考人になるのかが単純に楽しみです。

また、今回『圭に付いていく』と宣言した果林の同行も気になります。

本当に単純に監視するだけなのか、もしくは実は、圭が過去の別れを自分のためにしてくれたと気付き、再び圭が気になり出したのか、どちらにせよ、圭との距離が、次回以降に、また縮まっていくのではないかと思うと、とても楽しみです。

また、突然現れた一課長の存在も気になります。

本人は分からないといっていた、死体を見つける理由に、実は一課長が関与しているのではないかと思っているので、次回以降が、また楽しみです。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

panda
第5話は、モデルの仕事を控えて、引っ越し業者で働く玉森裕太さんの姿が見られるという事で、モデルとは違ったファッションになると思うので、それを見るのが楽しみです。

そして、引っ越し先でもまたも重要参考人となってしまう弥木が、今回は凶器のトロフィーも片手に触ってしまったことから、犯人として本当に一度捕まって、豊原功補さん演じる刑事に根掘り葉掘り、過去のことを洗いざらしに聞かれるのではないかと予想します。

弥木が毎回、重要参考人になっても事件を解決できる才能を持っていて、巧みに事件をバッサリ解決することもドラマを見る楽しみなポイントです。

ペンネーム:panda(30代・女性)

haru
次回はご近所トラブルに巻込まれる圭。

身近な騒音問題、ゴミ問題、孤独を抱えるおばさん達のトラブルに圭がどう対処していくのだろうか?毎回おなじみだが死体の第一発見者であり重要参考人しかも今回は凶器に触ってしまい指紋までつけるドジな圭は署に同行されてしまう。

身動きができないなかでどうやって解決していくのだろうかが見所だと思います。

齊やシモンがどう圭を救う為に動いてくれるか、また捜査一課長は圭の見方なのか?それとも陥れる人間なのか?その辺りも展開が楽しみな一つです。

圭の特異体質は、父親になにか隠された事件が何か関係しているような気がします。

そのあたりも楽しみです。。

ペンネーム:haru(50代・女性)

てぴ
弥木圭と仕事をすると事件に巻き込まれるという噂が広まってしまったことでモデルの仕事が減って、引っ越しのバイトに精を出すことになるという展開がまた新たな事件に出くわすきっかけになるのが楽しみです。

そしてまた死体を発見してしまい、重要参考人ということで連行されそうになるところでまたもや時間稼ぎをしつつ、真犯人を暴くことに成功してなんとか容疑を晴らせると思います。

圭と元カノが再会してから何回も死体を見つけて事件に一緒に関ってきた仲間意識みたいなものが芽生えてきているような気がするので、2人の関係がもっと親密になると面白いなとますます楽しみです。
ペンネーム:てぴ(30代・女性)

2017年秋ドラマ『重要参考人探偵』第5話放送後の感想や評価まとめ

マチコ

『重要参考人探偵』第5話のあらすじとネタバレ

引っ越し屋でバイトを始めた弥木圭(玉森裕太)とシモン藤馬(古川雄輝)、段取りが悪いと社員の引田(辻修)に怒られています。モデルがなぜこんなバイトをしてるんだと引田は言いました。

そもそも弥木とシモンはモデル事務所に所属していますが、弥木圭が現われた現場では殺人事件が起こると噂が広まりモデルの仕事が減少していました。そのため仕方なく引っ越し屋のバイトをしています。

次の引っ越し先に向かうと1人暮らしの昭島のぶえ(岩本多代)が待っていました。のぶえの荷物はほとんどそのままの状態でダンボールに詰めこまれていなかったため、圭はいったん家を出て新しいダンボールを持って再びシモンとともに家に戻りました。

昭島さーんと何度呼んでも返事がなく、仕方なく勝手に家に入りダンボールに荷物を詰めようと床にあったトロフィーを手にするとそこには血がべったりついており側に昭島のぶえが倒れていました。

またもや死体の第一発見者となってしまった弥木圭、凶器のトロフィーを握ってしまったせいで指紋がつき重要参考人になってしまいました。

警察から任意同行を求められた圭ですが、捜査一課長の古仙淳(西岡徳馬)が現れ昭島のぶえのご近所トラブルについて聞き込みをしてからということになりました。

聞き込みにより空木勝子(青木さやか)と浜有起哉(六角真司)の2人の名前が浮上、この2人は特に昭島のぶえに被害を被っていたことが分かりました。どちらかが犯人かと思われましたが、以外にも昭島のぶえが親しそうに挨拶をしていたお向かいの妻、柘植梓(紺野まひる)が犯人でした。

『重要参考人探偵』第5話の感想

こんな騒音おばさんがご近所にいたら殺したくなるのは仕方ないと思いました。第一発見者は弥木圭(玉森裕太)でしたが、犯人は絶対別にいると思いました。

犯人は僕じゃないと叫んでからどうしようと考えて土壇場で圭(玉森裕太)の推理が冴え、いっきに解決に進んで行くのでおもしろいです。

捜査一課長の古仙淳(西岡徳馬)が何かと圭に助け舟を出してくれるので、もしかして圭のお父さん?と思いました。

まるで圭が犯人かのように証言した柘植すみれ(山田杏奈)に腹が立ちました。このシーンできっとすみれの母・柘植梓が犯人だろうと予想しました。

ペンネーム:マチコ(40代・女性)

さきママ

『重要参考人探偵』第5話のあらすじとネタバレ

シモンと共に引っ越しのアルバイトをしていた圭。

高級住宅街に住む昭島のぶえの元に向かうと、荷造りが終わっていない上に、『自分はお金を払っているのだから』と圭に荷造りを押し付けるというトラブルに。

その直後に昭島が殺害され、再び圭は疑われてしまう。

すぐにでも連行されそうになった圭を、捜査一課長の古仙が助け、圭達の動きを見守り始める。

調べていくうちに、昭島はご近所トラブルを起こしていたことが判明。

特に向かいに住む住人が酷く標的にされていたが、脅されていたため警察にも届けられなかったという。

そんな中、圭は昭島の家にあった望遠鏡を見て、他にもご近所トラブルがあったことに気づくのだった。

『重要参考人探偵』第5話の感想

前回から圭達の前に現れた、古仙の存在が気になりました。

圭のことを疑っているのかと思えば、圭達の行動を見守り、どちらかというと助けを出している感じがして、何がしたいのか分からず、それが逆に怖く思いました。

今回、圭の父親が亡くなっていることや、その圭の父親が警察官だったことが判明しましたが、同じ警察官として、古仙は圭の父親のことを何か知っているのだろうか?と妙に勘ぐってしまいました。

そして今回、圭の母親も登場しましたが、その母親の『まだ死体を見つけたりしてないよね?』という言葉が、何だか意味がありそうで気になりました。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

てつや

『重要参考人探偵』第5話のあらすじとネタバレ

圭と一緒に仕事をすると、殺人現場に遭遇してしまうというデメリットがあるという噂が業界内で生まれてしまい、圭の仕事が減ってしまいます。

ファッションの仕事が激減してしまった圭は、引っ越し業者のバイトをすることにしました。

シモンと一緒に、昭島という女性の引っ越しの手伝いを引き受けた圭でしたが、依頼主である昭島の死体を圭が発見してしまいます。

しかも、凶器であるトロフィーまで手にしてしまったことで、圭は今回こそはと登から連行されそうになってしまいます。

そんな圭のピンチを、捜査一課長である古仙が救ってくれました。

『重要参考人探偵』第5話の感想

老人が殺害されるという一見残酷な事件と思いきや、被害者である昭島が予想以上に悪い人だったので、正直中盤は誰が被害者であったのか忘れてしまうくらいでした。

昭島が近所の人をゆすったり、騒音で困らせるという迷惑行為自体もかなり悪質ですが、梓の家が昭島から嫌がらせを受けていた理由は、昭島が一方的に妬んでいただけということが分かった時には、残酷だな…と感じてしまいました。

ですが、そんな昭島も孤独だったからそうなってしまったのだと考えると、それはそれで切ない部分もあるかもしれません。

そう考えると、今回は何気に考えさせられる回だった気もします。

ペンネーム:てつや(20代・男性)

りんりん

『重要参考人探偵』第5話のあらすじとネタバレ

身近に起こるトラブル、騒音をテーマにした第5話。

モデルの仕事が減った圭は、引っ越し屋のバイトをする事になります。

その引っ越し依頼人である昭島のぶえが殺害され、またもや第一発見者となった圭。そして引っ越し方法について、昭島と圭が言い争っていたことや凶器から圭の指紋が検出されたことから、またしても重要参考人となってしまいます。

しかし、昭島宅の様子や近所の住民の話から昭島のぶえが騒音おばさんであった事が判明。

さらに空木勝子と浜有起哉の2人が執拗に被害を受けていたことが分かり、捜査は圭から離れた様に思えましたが、警察の捜査により空木が万引きをして、そのことを知った浜が脅し、さらに昭島が脅していたことなどが明らかになります。

一転して圭が重要参考人となった事で、またしてもバカ推理が展開します。

昭島宅の望遠鏡の様子などから、近所に住む主婦:柘植梓に気付いた圭は、柘植宅に行き娘を問い詰めて柘植梓の犯行であったことを認めさせることに成功します。

柘植梓が自殺する可能性があるため、すぐに探し出し自殺を止めます。

そして事件解決後、捜査一課長の古仙淳より「またどこかで会おう」と別れました。

『重要参考人探偵』第5話の感想

騒音やゴミ被害を受けていた空木勝子と浜有起哉が犯人という簡単な展開ではないだろうと、予想しながら見ていても、空木の万引き、脅す浜、さらに脅す昭島という展開は意外性もあって、楽しめました。

そして明らかに怪しかった引越し業者社員の引田を、現場を見ていない斎がちょっと的外れな推理を展開していくところは良かった。

怪しいからこそ、視聴者と同じ目線で的外れ推理をする展開には楽しめた。

さらに現場に駆け付けて、捕まえるという展開を披露してくれたのも、「斎くんナイス」と思ったシーンでした。

圭の母親の登場により、過去についても徐々に明らかになってきそうな感じなので、今後が楽しみです。

ペンネーム:りんりん(30代・女性)

yukimegu

『重要参考人探偵』第5話のあらすじとネタバレ

引っ越し業者にアルバイトで務めに行った、弥木は引っ越しを担当した女性昭山の自宅を訪れるが、梱包作業がまだ済んでおらず、荷物が運べない状態だった。

その為上司に状態を伝える為、一旦外に出る。

上司の指示を聞き、再び昭山の自宅に戻ると昭山が、殺されている所を発見して、弥木はまたししても重要参考人となってしまう。

逮捕から免れるため、事件を解明する。

昭山は拡声器を使い、いつも大きな音楽をかけていた。

その音楽はご近所も迷惑しており、そのご近所の中に、離婚するまでの状態になってしまった夫婦がいた。

引っ越し寸前にその夫婦の妻に、昭山は、私はこの町を出て、母親と幸せになるという言葉を残した言葉を聞いて、迷惑をかけるだけかけておいて自分だけ幸せになることは許せないと判断し、妻は昭山を殺害したのだった。

『重要参考人探偵』第5話の感想

玉森裕太さん演じる弥木が今度こそ重要参考人となって、手も足も出ず、近隣の人から証言されて、今回こそ警察にさすがに逮捕されてしまうんじゃないかと思っていたハラハラしてしまいました。

昭山を殺した、近隣の方の動悸、何だか切ないです。

昭山に散々拡声器で嫌がらせされて、離婚にまで発展してしまった悲しみは分かるけど、夫婦の絆の問題で昭山だけのせいではないと個人的には思ったし、昭山も最後に意味深な言葉残さず、黙って引っ越しすればこんなことにならなかっただろうなと見ていて悲しくなりました。

一方で、弥木の過去が気になります。

重要参考人になる体質は過去にあるのか、どんな過去か、今まで見る限り想像もつかないので早く知りたいです。

来週も楽しみです。

ペンネーム:yukimegu(30代・女性)

kazu464

『重要参考人探偵』第5話のあらすじとネタバレ

弥木圭はシモンと引越し業者にアルバイト、高級住宅街に住む引越し依頼の昭島のぶえの所に来る。

のぶえは梱包は自分で遣る事に成って居たが、全然梱包をして居なかった。

梱包も任された圭、梱包の為の段ボールを持って帰ってきたらのぶえの死体が有った。

ぶえの死体を発見の時触ったトロフィーが凶器で有った為、圭が重要参考人と成る。

警察が来る、圭が重要参考人であるが、圭の話も聞く事とする。

浮かび上がったのが、空木喜勝子と浜有起哉である。

のぶえとのトラブルが有る物の殺人犯では無いと思われた。

圭が警察の取り調べを受けようとしている時、圭はのぶえの2階にある望遠鏡が柘植家?の方に向いて居るのを見て柘植家?に走る。

そこには、娘・スミレ?が携帯電話を持って居た、そこには母親の愛しているとのメッセージが有った。

自殺と考えた母親の行きそうなところを聞き前住んで居たマンションの屋上へ行くとスミレ?の母親が自殺しようとしていた。

原因は、幸せそうな家族を困らさるがが楽しみなのぶえが狙って居たのが、幸福そうな柘植家?であった。

スミレ?の母親は、スミレ?の高校受験失敗のから家庭にヒビが入り夫婦離婚の話も出て居たのはのぶえの嫌がらせのせいで有ると常日頃思って居たのである。

『重要参考人探偵』第5話の感想

のぶえの拡声器で嫌がらせをしていた影響は、空木喜勝子でも浜有起哉でも無かった。

高校受験の子供を持った柘植家?であった。

空木喜勝子の場合は猫のトラブル、喜勝子の方に後ろめた差が有ったし、起哉はディトレーダーで損をさせ両者のぶえに後ろめたさが有った。

何のかかわりもない柘植家?が本当ののぶえの嫌がらせの犠牲者で有った。

最近会った、小田原市での小松親子の事件を思い出す、最初は何ら変わらない普通の人であったと言う。

ある事をきっかけで騒音、他人の家へ汚物を投げる・・・の行為をしたと言う。

人の気持ちは他人は分からない誤解が誤解を生んで殺人事件を・・・有り得る事と思う。

ペンネーム:kazu464(60代・男性)

まとめ

ドラまる
2017年秋ドラマ『重要参考人探偵』第5話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
ドラマ『重要参考人探偵』の見逃し動画を安全かつ無料で見るのにおすすめのVOD(ビデオオンデマンド)サービスはU-NEXT!

気になった方は今すぐチェック☆

『重要参考人探偵』見逃し動画を無料で見る方法

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA