先に生まれただけの僕|最終回の動画はこちら【1話〜10話まで全話無料】

  • この記事を書いた人:マスダ

ドラマ『先に生まれただけの僕』最終回(第10話 / 2017年12月16日(土)22時00分より放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『先に生まれただけの僕』最終回(第10話)のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
ドラマ『先に生まれただけの僕』の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『先に生まれただけの僕』最終回(第10話)のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

スポンサーリンク

ドラマ『先に生まれただけの僕』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『先に生まれただけの僕』放送終了から1週間以内は日テレオンデマンドを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

日テレオンデマンド 無料視聴はこちら
Tver 無料見逃し配信無し
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『先に生まれただけの僕』最終回(第10話)の放送終了後から1週間限定配信なので

2017年12月16日(土)23時〜2017年12月2日3(木)21時59分

までは見られるよ!

注意点とデメリット
  • 1週間経過すると見られなくなってしまう
  • スキップ出来ないCMが頻繁に挿入される

1週間経過してしまったり、上記の注意点が気になる方は以下にご紹介する方法を活用すれば、『先に生まれただけの僕』見逃し配信動画を無料で見ることが出来ます。

放送終了から1週間以上経過している場合

放送終了から1週間以上経過してしまった『先に生まれただけの僕』を見る方法について、先に結論からご紹介すると、Huluがおすすめです!

Hulu無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『先に生まれただけの僕』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『先に生まれただけの僕』の配信状況は以下のようになっています。

Huluの詳細解説

HuluはVOD(ビデオオンデマンド)サービスの先駆けなので、一度は名前を聞いたことがあるのではないでしょうか?

ドラマ・映画・アニメなど約40,000タイトルが配信されています。

そして、Hulu最大のポイントは全作品見放題という点です。

他VODは見たい作品が見放題扱いになっておらず、月額基本料金にプラスしてお金が必要になることがありますが、Huluに関してはそのような心配が一切ないので安心してサービスを楽しむことが出来ます。

Hulu=海外ドラマというイメージが強いかもしれませんが、最近では国内ドラマ・アニメ・バラエティ番組など、幅広いラインナップが揃っています。

特に日本テレビとの繋がりが強いので、日本テレビ系列のドラマの見逃し配信をお得に見たい時はHuluが最もおすすめのビデオオンデマンドサービスとなります。

初回登録後、2週間の無料キャンペーン期間が設定されているのもうれしいですね。

もちろん、無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

『先に生まれただけの僕』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※紹介している情報は2017年12月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

※最新話放送終了から数日間は配信がスタートしていない可能性がありますので、ご了承ください。

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近は放送中のドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜
ラマちゃん
公式に配信されている動画も無料期間に見ればお金かからないので、以下のリンクからチェックしてみてねっ!

スポンサーリンク

2017年秋ドラマ『先に生まれただけの僕』最終回(第10話)のあらすじ

2017年12月16日(土)放送のドラマ『先に生まれただけの僕(先僕)』最終回(第10話)のあらすじを紹介します。

聡子(多部未華子)から別れを告げられた上に、加賀谷(高嶋政伸)からは京明館の校長を続けたいなら会社を辞めて転籍するよう迫られた鳴海(櫻井翔)。

一方、ちひろ(蒼井優)ら教師たちは来年度の新入生を増やすための活動を地道に続けるも、その努力もむなしく入学希望者は思うように集まらない。

鳴海は、来年度の新入生が定員割れになったら自分が責任を取ると教師たちに宣言。

ちひろは、鳴海が京明館を辞めてしまうのではないかと動揺する。

しかし、柏木(風間杜夫)は鳴海の事を考え、樫松物産に戻って聡子と結婚した方がいいと勧める。

京明館への愛情を心に残しつつ、鳴海は樫松物産に戻ることを決意するが…。

公式サイトより引用)

スポンサーリンク

2017年秋ドラマ『先に生まれただけの僕』最終回(第10話) 放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『先に生まれただけの僕』最終回(第10話)の見どころや期待度をご紹介いたします。

めい
鳴海が専務に転籍を迫られている上に、聡子からも婚約解消を告げられていてとにかくドキドキしますが、いくら教育の立場に回った鳴海とはいえ最終的にはすべてを守るために樫松物産に戻るとわたしは展開の予想をします。

また、聡子との婚約解消も、あのままではぐたぐだしてしまったりもやもやが残るし、樫松物産に鳴海が戻るのなら学校の話を続けなくなるしもっと一緒にいれる時間も増えるし鳴海は買った婚約指輪を渡していないので伏線回収のために結局くっつくと思っています。

定員割れをしたときの責任をとるという鳴海の考えこそが樫松物産に戻るか戻らないかという選択なんだと思いました。

ペンネーム:めい(20代・女性)

MK
松原に一方的に別れを告げられてしまった鳴海はなんとか話をしようと会いに行くことに。

専務からこのまま会社を辞めて正式に京明館の校長となるか、高校を離れて会社に戻ってくるか選ぶよう問い詰められたことを知っている松原は、このままだと結局すれ違ったままになると復縁を拒否。

やりきれない気持ちを抱えながらも、鳴海は自身の仕事はきちんとまっとうしようと、周りの先生たちの力を借りながらも受験者を増やすためにチラシを配るなど積極的に動く。

そして運命の受験日、京明館は昨年の倍以上の受験希望者が集まる。

ひとまず自身の仕事がひと段落したこともあり、再度松原のもとを訪れる鳴海。

そこで会社を辞め、本格的に校長になる決心を告げる鳴海。

そしてそれでも良ければ結婚をしてほしいと指輪を差し出す。

2人はようやく復縁。

そして入学式の頃、入学辞退者も出ず、京明館はやる気で満ち溢れた新入生でいっぱいにといった結末だといいなと思います。

ペンネーム:MK(30代・女性)

まる
いずれは結婚しようと思っていた多部未華子さんから別れを告げられて、呆然としているところに、高嶋政伸さんからは「京明館高校に残りたいなら転籍しろ」と言われて、誰にも相談できずに、櫻井翔さんは1人で悩むことになるのかなと思います。

こんな時こそ、多部未華子さんの支えが必要だと思うのですが、ようやく結婚指輪を持って正式にプロポーズをしますが、「こんな気持ちで結婚できない」と言われてしまうようです。

一方で、蒼井優さんは、櫻井翔さんが、高校をやめてしまうのではと心配になり、思わず井川遥さんに相談してしまうようで、自分の気持ちを抑えていることが辛くなってきたのかなと思います。

ペンネーム:まる(30代・女性)

真知子
婚約者の聡子(多部未華子)に婚約を解消され落ち込む鳴海(櫻井翔)。

理由が知りたいからとにかく会って話がしたいと言いますが聡子はもう会わないと言います。

婚約指輪を見つめ何がいけなかったのかと頭を抱える鳴海。

真柴ちひろ先生は心の中で小さくガッツポーズしていました。

すっかり元気をなくした鳴海に容赦なく決断を迫ってくる加賀屋専務、鳴海は会社に戻ることにしました。

戻っては見たものの、京明館高校のことが気になって仕事ができません。

自分にはどちらが合っているのかよく考えて鳴海は会社を辞めて京明館高校の正式な校長先生となりました。

ペンネーム:真知子(40代・女性)

かわさん
加賀谷専務に校長を続けるなら会社を辞めるように言われ、聡子からも婚約を破棄された鳴海がどのようにするのかが楽しみです。

鳴海も、この学校でいろいろな挑戦をすることで、学校の雰囲気が変わったことを感じている。

柏木副校長も、鳴海に、よくやってくれたと労いの言葉をかけており、あとは残った先生方とともに、やって行きますと言うのではないかと予想しています。

ただ、吹奏楽の生徒が練習中に倒れたりするシーンもあり、まだ、やり残したことがあるのではと再度鳴海が悩むのではないかと思います。

そうした中、加賀谷専務の秘書が、実は、聡子を気に入っている後藤田が好きで、鳴海の代わりに後藤田が校長になるように加賀谷専務に命じられるのを見て、それを阻止しようと、今までの 加賀谷専務の横暴を社内通報で暴露してしまうのではないかと予想する。

加賀谷専務が失脚することで、晴れて鳴海は校長を続け、婚約指輪を渡すことで聡子の誤解も解けハッピーエンドで終わると期待してます。

ペンネーム:かわさん(50代・男性)

2017年秋ドラマ『先に生まれただけの僕』最終回(第10話)放送後の感想や評価まとめ

まる

『先に生まれただけの僕』最終回(第10話)のあらすじとネタバレ

京明館高校の校長をやめて、会社に戻らなければ転籍扱いにすると言われて、自分の今後とともに高校の今後について悩む櫻井翔さん。

しかも、婚約者の多部未華子さんには、別れを切り出されてしまい、準備していた婚約指輪を渡そうにも、電話にも出てもらえず、ラインの返事も返ってこなくて、多部未華子さんの会社帰りを待って指輪を渡してプロポーズをします。

でも、「こんな気持ちでは結婚できない」と言われてしまいます。

それから、高校では周囲の先生がなんとか2人を結婚させようと、いろいろと裏で動いてくれて、井川遥さんと蒼井優さんは多部未華子さんを誘い、飲みに行ったりします。

『先に生まれただけの僕』最終回(第10話)の感想

とにかく、櫻井翔さんが良かった!の一言につきます。

校長先生として、生徒たちや先生たちが変わっていくことに対して、大きな影響を与えたことは間違いなく、その結果、学校自体がイキイキとしてきました。

商社から出向してきたばかりの頃は、まったく畑違いでトンチンカンなことを言うことも多かったのですが、学校のことを本気で考えて、愛しているんだなという気持ちが伝わってきました。

そして、プライベートでは、多部未華子さんとの関係がどうなってしまうんだろう?と心配していましたが、本当に嘘のないストレートな表現で、こんな人と一緒に生きていけたら幸せだろうと思いました。

ペンネーム:まる(30代・女性)

tonaki

『先に生まれただけの僕』最終回(第10話)のあらすじとネタバレ

鳴海校長は校長を辞めて樫松物産に戻るからといって聡子に復縁を迫ります。

しかし、結果は校長を継続することを決意しました。

そこで聡子がどのような決断をするのかがドキドキする瞬間ですが、聡子は退職有無にかかわらず鳴海校長と結婚することにしていました。

めでたくプロポーズもOK。

加賀谷専務は当然鳴海校長が自分の部下になってまたイジメができると思っていたのでショックというか情けないほどに同様します。

自分の娘を京明館高校に入学させることになった加賀谷専務は番組の最後で常連クレーマーになって学校に乗り込みます。

クレーム内容がショボすぎて短いシーンですが見どころです。

『先に生まれただけの僕』最終回(第10話)の感想

最終回は予想と違いました。

予想では社長はお見通しで、鳴海(桜井翔)校長を樫松物産に戻して加賀谷(高嶋政伸)専務の上司になるという逆転劇になるのではと思っていました。

そして最後に社長が鳴海校長と加賀谷専務の関係をどう思っているか、一言ギャフンとほしかったです。

聡子(多部未華子)は通り頭の良い子で、ストーリー通り鳴海校長が会社を辞めようが辞めまいが結婚する展開だと思っていたので安心しました。

柏木(風間杜夫)副校長が大好きです。

あの復縁を求めるセリフをもっと早く言えばいいのにと、やきもきしました。

あの人柄なので聡子さんのように恋愛相談などしたくなりますし登場人物の中で一番大好きでした。

眺めの良い会社の部屋でのプロポーズシーンは聡子さんがどんな返事をするのかドキドキしました。

ハッピーエンドは大好きです。

そして、あのような会社でのプロポーズは恥ずかしくても嬉しいと思いました。

受験生に対し、答案を前にしてアナウンスをする鳴海校長は理想の先生という印象です。

今年の受験ではあの真似をする先生が発生するのではないかと思います。

いい学校になってよかったです。私も京明館高校を見学に行きたいです。

最後にクレーマーになった加賀谷専務のシーンも面白かった。

わが子の点数が悪いことのクレームだなんてみっともない。

学校に出向かなければよいのに、あのカッコ悪さが良かったです。

ただ、途中の加賀谷専務のいじわるは辛いシーンであり、見たくないと思うほど高嶋さんの演技は怖かったです。

私の家族は「この人嫌い。嫌な演技しか見たことがない。」とまで言います。

しかし、最後に放映裏のように「はいカット」のシーンは、必要なかった。

加賀谷専務と鳴海校長の顔で終わっていればよかったのに…一気に、TVに見入っていた心が折れてしまいました。

残念です。

ハッピーエンドになってとにかく嬉しい。

続きが是非見たいです。見てよかったです。

ペンネーム:tonaki(40代・女性)

MK

『先に生まれただけの僕』最終回(第10話)のあらすじとネタバレ

松原から別れを告げられ、その後連絡が取れなくなってしまった上に、加賀谷には会社に残りたいのであれば、京明館高校の校長から退くか、会社から籍を抜いて本格的に京明館へ転籍するよう問い詰められてしまった鳴海。

ある日、加賀谷の秘書から、加賀谷が鳴海に会社に残るか学校残るか迫っていたことを聞いた松原は偶然会った事務長にすべてを話してしまう。

鳴海の幸せを願う事務長は、鳴海には元の職場に戻って松原と結婚するべきだと鳴海を諭す。

ちひろの気持ちと松原の気持ちを確認すべく、動き始めたあやの先生。

お酒を飲みながら、あやのと話すうちに何か気持ちの整理をつけようとしていた松原。

一方、学校では相川という女子生徒が音楽の授業中に倒れてしまう。

話を聞くと、京明館が好きになってきたからこれから頑張ろうと思って勉強を頑張ろうと決めて毎日夜遅くまで勉強していたとのこと。

鳴海が来てから教師が変わり生徒も変化が見られるようになってきたことが証明されたこともあり、鳴海は京明館への転籍を決める。

学校を選ぶ、けれど、松原と結婚したいと正面から伝える鳴海とそれを受け入れた松原。

そして時はたち、鳴海が赴任したときの3年生は過去最高の進学率を叩きだすことに。

これからも鳴海はたくましく生きる人を育てるべく、高校を支えていく。

『先に生まれただけの僕』最終回(第10話)の感想

学生の頃の恋愛は、結婚というものが遠い先の夢のようなものだったけれど、大人になるにつれ、リアルなものに変わって、ちょっとしたタイミングのズレが終わりのきっかけになってしまったりするもどかしい気持ちを抱えながら見てしまいました。

そうやって結婚に悩んでいる人もいれば、相手のいる人を好きになってしまって不毛な気持ちを消化できずに悩んでいる人もいて、最近友人との女子会でも同じような話しをしていたのでとってもリアルに感じてしまいました。

あと、なんとなく鳴海が京明館を選ぶことは予想ができていましたが、きちんと鳴海校長が納得する形で自分の居場所を決めることができて本当に良かったです。

ペンネーム:MK(30代・女性)

酢豚のパイナップル

『先に生まれただけの僕』最終回(第10話)のあらすじとネタバレ

加賀谷専務から転籍して京明館に残るか会社に戻るか選べと言われ、聡子からは婚約解消を言い渡され、鳴海は落ち込み悩んでいました。

事務長から会社に戻って聡子と結婚しろと言われ、一度は会社に戻ると決めた鳴海ですが、学校という職場にやりがいを見出していた鳴海は京明館に転籍して校長を続ける決意をしました。

思惑が外れた加賀谷専務は鳴海を止めようとしますが、鳴海は振り向きもせず爽やかに去って行きました。

聡子にも決意を伝え、その上でやっぱり結婚してほしいと再度プロポーズ。

「鳴海のことを理解しようとせず、ワガママを言っていたのは自分だった」と思い直していた聡子はプロポーズを受け、ハッピーエンドとなりました。

京明館はその後、3年生が過去最高の進学実績を残して卒業。

鳴海は校長として京明館を理想の学校にすべく邁進していくのでした。

『先に生まれただけの僕』最終回(第10話)の感想

1話の頃は先生たちの雰囲気は悪く、加賀谷専務は怖くて、おっかなびっくりしながら観ていましたが、最終回では先生たちに信頼関係が生まれて和やかになり、加賀谷専務は愛すべきおもしろキャラになっていました。

ラストのモンスターペアレントになって乗り込んできた加賀谷専務に大爆笑でした。

最初の怖いイメージあってこその、この展開の面白さだと思うので、徐々にそれを演じ分けてきた高嶋政伸さんに拍手を送りたいです。

綾野先生に画策された女子会も楽しかったです。

真柴先生の飲まずにいられない感じとか、帰りのバスで切ない表情をするところは、ちょっと泣けてきました。

最後は基本的にみんなハッピーで終われてスッキリです。

ペンネーム:酢豚のパイナップル(30代・女性)

ちょん

『先に生まれただけの僕』最終回(第10話)のあらすじとネタバレ

前回、加賀谷から学校に転籍するか、会社に戻るかの決断を迫られた鳴海。

それに加えて、聡子からも婚約解消と別れを告げられ、ドン底の鳴海。受験者数もなかなか集まらず苦戦します。

鳴海は受験者数が集まらなかったら責任を取ると発言しますが、柏木から会社に戻ったほうがいいと勧められます。

鳴海は会社帰りの聡子を待っていました。

きちんと二人で話をしてなんとか婚約解消を待ってもらうことができました。

努力の甲斐あって受験者数も徐々に増え始め、鳴海にいい風が向いてきました。

そしてら鳴海は学校に残ることを決意し、再度聡子にプロポーズし、2人は結ばれるのでした。

『先に生まれただけの僕』最終回(第10話)の感想

素直に聡子と幸せになれてよかったと思いました。

鳴海が学校に残る決断をしたのも感動したのですが、やはり、仕事ばかりになって聡子との時間が減り、すれ違いが起きていたので鳴海に正直イライラしてました笑 ちひろは切ない気持ちになったと思いますが、今まで我慢したり、支えたり頑張った聡子にはやっぱひ鳴海と幸せになって欲しかったので素直に嬉しかったです。

そして鳴海が校長という仕事がやはり好きなんだなと思いました。

鳴海の変えた教訓の言葉は素敵でした。

わたしもこんな学校に入学したかったです!

加賀谷のクレームもなんだか可愛く感じて、最後はハッピーエンドで良かったです。

ペンネーム:ちょん(20代・女性)

ミチコ

『先に生まれただけの僕』最終回(第10話)のあらすじとネタバレ

鳴海(櫻井翔)は聡子(多部未華子)に2人の気持ちはバラバラでこんな気持ちのままでは結婚できないと婚約を解消されてしまいました。

それでも鳴海は聡子に校長を辞めて会社に戻るから考え直して欲しいとお願いしました。

鳴海校長が婚約を解消されたと聞いた柏木教頭(風間杜夫)は鳴海に会社に戻って自分の幸せを掴むように言いました。

聡子と結婚したいが、学校は辞めたくないと悩む鳴海、受験生を獲得するために続けている個別相談の人数も増えず定員割れなら責任をとりますと先生達の前で言ってしまいました。

先生達がチラシを配って個別相談をしていると聞いた生徒たちは自主的に交代でチラシ配りを手伝ってくれました。

個別相談の人数は大幅に増えています。

生徒達が自主的に動いて手伝ってくれたことを先生や校長の鳴海は嬉しく思いました。

「決めたよ」鳴海から聡子にメッセージが届きました。

鳴海は加賀屋専務(高嶋政伸)に転籍を受け入れます、京明館高校の校長を続けます、専務のお嬢さんにも喜んでもらえる学校にします。

もう振り返りませんと言って部屋を出ました。

会社を辞める、でもぼくは聡子と一緒にいたい、僕と結婚して下さいと鳴海は聡子に言いました。

わがままを言っていたのは私の方でした。

学校を辞めても辞めなくても涼くんと一緒にいるって決めてたから私と結婚して下さいと聡子は言いました。

聡子の指にはめた婚約指輪のサイズはぴったりで鳴海は聡子を抱きしめました。

学校も京明館高校の校長も辞めないと聞いて柏木教頭も喜んでいます。

夏休みを前に鳴海校長が生徒達に話しています。

ただみんなより少しだけ早く産まれた人間として君たちに伝えたいことがあります。

あがいて進んでいくと見えてくる景色があります。

やってみないとわからない景色ばかりです。

だから冒険しよう。未来をつくるのは自分です。

『先に生まれただけの僕』最終回(第10話)の感想

聡子(多部未華子)と鳴海(櫻井翔)が別れずにすんで良かったと思いました。

個人的には聡子より真柴ちひろ先生(蒼井優)とうまくいけばいいなぁと思っていました。

婚約者のために会社に戻るのかと少しがっかりしましたが最終的には学校の校長先生を職に選んでくれてよかったと思いました。

鳴海校長は櫻井翔くんのハマリ役だったなぁとつくづく思いました。

最終的には本当に校長先生に見えていました。

若いのに立派な校長先生でした。

ワインで酔っぱらってペラペラ喋ってしまう真柴ちひろ先生がかわいかったです。

松原さんて本当にかわいい人ですねと話すちひろ先生がつらそうでした。

蒼井優さんの真柴先生役がとても良かったです。

ペンネーム:ミチコ(40代・女性)

かわさん

『先に生まれただけの僕』最終回(第10話)のあらすじとネタバレ

鳴海は、加賀谷専務から、校長を続けるなら会社を辞めるように言われ、聡子からも婚約解消を言われてしまった。

鳴海は、聡子に謝り、校長を辞めて会社に戻るから、お付き合いを継続させて欲しいとお願いする。

先生方はビラ配りなどで、入学希望者を増やそうとするが、成果が上がってこない。

しかし、学校が好きになってきた生徒達も手伝ってくれるうちに、希望者数がだんだん増えてくるのであった。

先生や生徒が変わってきたことを誇りに思う鳴海校長は、加賀谷専務に、会社を辞めて校長を続ける決意を伝えるのであった。

鳴海は、校長は続けるが、聡子に結婚して欲しいと伝え、聡子も快諾するのである。

校長を続けることにした鳴海は、夏休み前の各教室毎の講話で、それぞれの夏休みを無駄にし ない将来を考えた有意義な夏休みにするように伝えるのであった。

『先に生まれただけの僕』最終回(第10話)の感想

学校を辞めることを加賀谷専務から迫られた鳴海であったが、一旦は、校長をやめることを決断する。

その後、社章を持ちながら一人悩む姿が、悩みの深さが良くわかる演技でした。

会社で営業をやっていた時よりも生き生きしてやりがいがあることを、生徒達の行動で分かってきたことが大変嬉しかったです。

そして、加賀谷専務に、社章と名札を持って行って、会社を辞めますと鳴海が言った時、思わず拍手をしたくなりました。

加賀谷専務の慌てぶりと、横で、秘書の香坂がよっしゃをやっている姿に笑えました。

極めつけは、加賀谷専務の娘が、京明館高校に入学し、成績が悪いと学校にクレームをつけてきて、鳴海をなかなか校長先生と呼べない加賀谷専務の演技が面白かったです。

ペンネーム:かわさん(50代・男性)

panda

『先に生まれただけの僕』最終回(第10話)のあらすじとネタバレ

9話で多部未華子演じる婚約者松原から婚約を撤回し、別れようと言われた櫻井翔演じる鳴海は、松原の気持ちを始めて知り、存在の大きさに気付き、焦り、電話をするが繋がらない。

松原は、鳴海と同じ学校の綾野と真柴に呼び出されて、事務長が鳴海と松原が今にも別れそうなことを心配している旨を伝えられ、3人で結婚観について、女子トークをする。

すると、松原は自分が人の気持ちを考えていなくて、わがままだったのは自分の方であったと気付き、反省する。

鳴海は樫松建設をやめて、校長に転籍することを正式に決めて松原にプロポーズし、2人は結ばれる。

『先に生まれただけの僕』最終回(第10話)の感想

一番気になっていて、もっとシーンを増やしてほしかった松原との恋の行方、婚約の行方をようやく最終回で描いてくれて、良かったです。

松原は樫松建設に戻らず校長を選んだ鳴海とは別れてしまうかとも思っていたのですが、きちんと受け止めて、理解してくれて、2人が結ばれて、感動しました。多部未華子さんと櫻井翔さんのプロポーズの後、抱き合うシーンが見られたのも嬉しかったです。

このドラマでこういうシーンは見れないと思っていたから、貴重です。

樫松建設をやめて校長先生になるのは、生徒の前で嘘をつくことができない職業でやりがいがあるという鳴海の強い思いが伝わってきました。

鳴海には校長先生でずっといてほしかったから、転籍という形で、終わって本当によかったです。

生徒たちにラストあがいて時分のできることをするという言葉で締めくくられて、最高の最終回でした。

3か月間、ありがとうごさいました。

ペンネーム:panda(30代・女性)

のぞみん

『先に生まれただけの僕』最終回(第10話)のあらすじとネタバレ

婚約解消を切り出された校長先生は、学校を辞めて営業に戻り結婚しようと聡に伝える。

保険の先生と真柴先生と女子会をして考えを改めた聡は頷いた。

そんな中、入学志願者を集めるために苦戦していた先生達は、生徒達も協力してくれ始め、先生が変わると生徒も変わることを実感する。

校長先生のやりがいを改めて感じた校長先生は聡を呼び出し、会社を辞めて校長先生を続けることを告白する。

そして、聡にプロポーズをして一緒にいようと伝える。

涙を流して聡は頷く。

数ヶ月の月日が経ち、入試も終わり夏休みに入る前に校長先生は生徒に大切なことを伝え最終回は終わる。

『先に生まれただけの僕』最終回(第10話)の感想

本当に聡と校長先生は別れてほしくないと思いました。

女としては聡の気持ちがすごく分かるので共感しまくりでした。

校長先生から何よりも聡が大事だと言われたとき、泣いてしまいました。

仕事も営業に戻るべきか、校長先生を続けるべきかですごく悩んでましたが、あれだけやりがいを感じている姿をみたら校長先生を続けてほしいと思ったし、先生たちも仲良くなってチームワークが出来上がって来たので、みんなで学校を良くしていってほしいなと思いました。

ラストで、手作り弁当食べながら、これが幸せかあってつぶやく校長先生にはほっこりしました。

ペンネーム:のぞみん(20代・女性)

いつまでも加賀谷は、有りのままの加賀谷

『先に生まれただけの僕』最終回(第10話)のあらすじとネタバレ

鳴海は松原に婚約を解消され、加賀谷からは会社か学校の選択を迫られる。

来年度の受験生を増やそうとするものの集まらない。

松原は、加賀谷の秘書から鳴海が選択を迫られている事を知る。

松原は柏木にその事を伝えたうえに、婚約を解消した事も話す。

柏木は驚き動揺する。

鳴海は教師たちの前で、来年度定員割れした場合、自分が責任を取ると宣言する。

真柴は鳴海が学校を辞めてしまうと思い心配する。

柏木は鳴海に将来を考えれば会社に戻り松原と共に生きることがいい、自分の幸せを考えるように言う。

鳴海は松原と会い話す。

鳴海は松原の気持ちに寄り添えなかった事を謝る。

松原はこんな気持ちでは結婚できないと言う。

鳴海は婚約指輪を渡し松原が大切で会社に戻ったら話し合おうと言う。

綾野の保健室に島津が胃が痛いと来る。

真柴が好きだが真柴は鳴海が好きと言う。

柏木も胃が痛いと来る。

鳴海が婚約を解消され心配と言う。

真柴は生徒からビラ配りをする理由を聞かれる。

真柴は鳴海が学校を変え生徒を増やそうとしていると話す。

後藤田は加賀谷に次の校長にすると言われショックを受ける。

綾野は柏木に頼まれ松原の本心を知るため真柴を連れ店で会う。

松原は鳴海が学校を辞め会社に戻ることが幸せなのかと言う。

酔った真柴は学校の仕事は大変、会社に戻り結婚するのが一番と言う。

松原と別れ、真柴が松原を可愛いと言う。

綾野は真柴も可愛いと言う。

授業中に生徒が倒れる。

保健室で目覚め、寝不足といい学校が好きになり勉強を頑張っていると言う。

教師たち喜ぶ。柏木は教師が変われば生徒も変わると言う。

鳴海が決断し加賀谷に学校残ると伝える。

鳴海は松原に会社には戻らないと言い、幸せにするとプロポーズし松原も受け入れる。

柏木は鳴海の報告に喜ぶ。

鳴海は生徒に行動する事が大切と言う。

教師に手本になるようにと言う。

加賀谷が鳴海に娘の点数が悪いと言われ、鳴海は娘さんには伸びしろしかありませんと言う。

『先に生まれただけの僕』最終回(第10話)の感想

婚約を解消され、会社か学校の選択を迫られる鳴海は、すべてに嫌気が指し机の上に「自由になります」と書き置きを残し人知れず旅立つ、という奇抜な予想をしてしまいましたが、さすがに毎回名言を言う鳴海だけだけに、学校を選んだ事は正しいと思いました。

鳴海が婚約だった松原に思いを告げると「わがままを言っていたのは、私」と話す松原は、なんていい子なんだぁと思いました。

鳴海に対し、松原を幸せにしなかったら許さんぞと言いたいです。

この事で可哀想に思ってしまうのは真柴です。

婚約を解消され、学校を選んだ場合には、鳴海は私のもの状態だったのに、そう思うと少し残念です。

この物語で一番幸せなのは、加賀谷なんでしょう。

いつまでも、加賀谷は加賀谷ですから一人だけ平穏無事のように思えます。

ペンネーム:いつまでも加賀谷は、有りのままの加賀谷(40代・男性)

まとめ

2017年秋ドラマ『先に生まれただけの僕』最終回(第10話)のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。

ドラまる
『先に生まれただけの僕』を無料で見るのにおすすめのVODはHuluなんだね!
ラマちゃん
動画配信(ビデオオンデマンド)サービスが色々と増えていて分かりにくいけど、『先に生まれただけの僕』に限らず日本テレビ系列のドラマを見るならHulu一択よ!

『先に生まれただけの僕』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA