ドラマ【先に生まれただけの僕】9話ネタバレ感想。最終回あらすじも

  • この記事を書いた人:しいろ
ドラまる
櫻井翔さん主演の『先に生まれただけの僕』の9話が、2017年12月9日(土)に放送されたね!

今回はクレーム処理に入学試験と盛りだくさん!

ラマちゃん
そして、さらに複雑化する恋愛模様にも注目ね!

こちらの記事では『先に生まれただけの僕』第9話のネタバレを感想ありでご紹介するわね!

スポンサーリンク

『先に生まれただけの僕』9話の感想(ネタバレあり)

今回は、バスケ部の遠征問題に入学試験の問題、そして揺れ動く恋愛模様と、盛りだくさんの回でしたね!

入学者数の獲得が自分の予想以上だったこと、さらに遠征費を工面しないといけないことで頭を抱えながらも、学校経営という仕事にやりがいを感じ始める鳴海(櫻井翔さん)。

そんな鳴海は当然仕事にかかりきり。

恋人である聡子(多部未華子さん)とも徐々にすれ違い、さらにそんな2人の様子を見守る真柴(蒼井優さん)も複雑……と、かなりハラハラさせられる展開でした。

まず、鳴海は今自分が抱えている問題とどう決着をつけるのか?

恋愛にはどう向かっていくのか?

この2つが焦点となっていました。

鳴海は、生徒たちに『お金』の大切さを教えながらも、それを逆にモチベーションアップの材料とし、入学者数を増やせるように促す形をとり、見事に問題を解決。

しかし、そのように結果を出したからこそ、加賀谷(高嶋政伸さん)の娘が京明館に入学する意思を見せてしまい、結果的には「会社に残るか学校経営に専念するか」を迫られてしまうことに。

一方、恋愛方面ではすれ違いを苦しく感じた聡子から婚約解消を言い渡される、と、鳴海は仕事でも恋愛面でも窮地に立たされることに!

今までは『学校』と『会社』、『仕事』と『恋愛』の間でゆらゆらと揺れていた鳴海。

これはいよいよ、どちらも決断しなければならない場面となりました!

鳴海は一体どのような決断を下すのか……。

その行方は絶対見逃せないですね!

ドラマ『先に生まれただけの僕』9話のネットの感想や評価は?

受験戦争の裏側の描写がリアルだと話題に。

かなり詳細に描かれていたので、相当取材しているんだろうなと思わされました!

さらに、教師以外ではなかなか知ることのできない受験戦争の裏側を知って驚く声も続々とあがっていました。

「大変そう」「厳しいなあ」「勉強になる」などなど……。

確かに知らないことばかりで、改めて学校経営の大変さを知ることができました!

このドラマの良いところは、鳴海も校長として駆け出しで知らないところが多く、視聴者と同じ目線でいてくれることだなと思います。

鳴海と一緒に勉強している気分になれますね(笑)

また、先週の予告時点で話題となっていたダンスシーンは、リアルタイムでも話題になっていました!

(真柴の妄想の中でしたが)鳴海のキレキレダンスが見られるとは意外でした!

クオリティはさすが現役アイドルという感じで、観ていて感動してしまいました(笑)

また、聡子の感情に揺れ動きに気がつかない鳴海に、「ひどい!」「もっと気遣ってあげて!」と視聴者からの怒りの声も。

鳴海は校長としてはメキメキと成長していますが、仕事ばかりにのめり込んでしまって恋愛関係はさっぱり、というのが妙にリアルです(笑)

この仕打ちを考えると、聡子が婚約解消を言い出してしまうのも無理ないかもしれませんね。

聡子にどう向き合っていくのか、鳴海の動向に注目です。

スポンサーリンク

ドラマ『先に生まれただけの僕』見逃し動画を無料で見る方法は?

ドラマ『先に生まれただけの僕』は放送終了直後からHuluで見逃し動画配信がスタートします。

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • トドメの接吻
  • anone
  • もみ消して冬
  • 奥様は、取り扱い注意
  • 先に生まれただけの僕
  • 今からあなたを脅迫します
  • 過保護のカホコ
  • ウチの夫は仕事ができない
  • 愛してたって、秘密はある。

などが見放題となっています。

また、2018年冬ドラマ『トドメの接吻』のスピンオフドラマとしてHuluで限定配信されている『トドメのパラレル』が見られるのもうれしいポイントですね!

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

『先に生まれただけの僕』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※紹介している情報は2017年12月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

スポンサーリンク

ドラマ『先に生まれただけの僕』10話のあらすじは?

こちらでは、12月16日(土)放送のドラマ『先に生まれただけの僕』10話のあらすじを紹介します。

聡子(多部未華子)から別れを告げられた上に、加賀谷(高嶋政伸)からは京明館の校長を続けたいなら会社を辞めて転籍するよう迫られた鳴海(櫻井翔)。

一方、ちひろ(蒼井優)ら教師たちは来年度の新入生を増やすための活動を地道に続けるも、その努力もむなしく入学希望者は思うように集まらない。

鳴海は、来年度の新入生が定員割れになったら自分が責任を取ると教師たちに宣言。

ちひろは、鳴海が京明館を辞めてしまうのではないかと動揺する。

しかし、柏木(風間杜夫)は鳴海の事を考え、樫松物産に戻って聡子と結婚した方がいいと勧める。

京明館への愛情を心に残しつつ、鳴海は樫松物産に戻ることを決意するが…。

公式サイトより引用

まとめ

『先に生まれただけの僕』9話のネタバレあり感想と10話のあらすじを紹介しました。

ドラまる
いよいよ、あらゆる局面で決断を迫られた鳴海!一体どうなっちゃうの?
ラマちゃん
会社をとるか、学校をとるか。はたまた、仕事をとるか恋愛をとるか。今まで生徒たちと向き合ってきた鳴海が、自分に対して向き合う番になったわね。どんな決断をするのかしら?

今回はあらゆる場面で板挟みになっていた鳴海が、いよいよ決断を迫られるまでの話を、クレーム問題や入学者獲得のエピソードと絡めて緻密に描いていましたね。

学校経営にやりがいを感じ、生き生きとしてきた鳴海にとって、「会社をとるか学校をとるか」という選択肢はかなり酷なものがあります。

しかもそんな重大な決断を迫られるタイミングで聡子から別れを切り出され……。

今まではどちらとも適度な距離感を保ってきた鳴海でしたが、いよいよ「どちらか」につかなければならなくなってしまいました。

鳴海は一体、どのような決断を下すのでしょうか。

個人的な予想としては、タイトルが『先に生まれただけの僕』と『先生』を含んでいるので、結局学校に残る道を選ぶのかな? と思いますが……。

しかしそうなると、聡子がちょっと報われない気もしますし、複雑な気持ちです。

最終回に向けて、ますます盛り上がりを見せてきた『先に生まれただけの僕』。

鳴海の決断をしっかり見届けたいと思います!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA