陸王ドラマ視聴率一覧を最終回まで速報更新【日曜劇場2017秋】

  • glass
  • この記事を書いた人:ぐらす

ドラマのTBS と言われているほど、良作を産んでいる日曜劇場シリーズでも一番人気の「池井戸潤さん原作の作品」の『陸王』が2017年秋ドラマに登場

ドラまる
『ごめん、愛してる』では恋愛路線だったけど、また王道に戻ったね。
ラマちゃん
主人公にベテラン俳優の役所広司さん、そしてドラマをさらに彩る山崎賢人さん、竹内涼真さんという旬な若手俳優さんの起用が注目されているわね!

池井戸潤さん作品ファンも、若い世代の人にも話題沸騰中よ!

こちらの記事では2017秋ドラマ『陸王』の視聴率を初回から最終回まで更新していきます!

なお、視聴率一覧はページ下部に掲載しています。

『陸王』視聴率を今すぐご覧になりたい方はこちらをクリック!

スポンサーリンク

2017秋ドラマ『陸王』視聴率はどうなる?

まずはTBSテレビの“日曜劇場”で2016年春から2017年春に放送されたドラマの視聴率を振り返っていきましょう。

99.9 -刑事専門弁護士-

  • 初回(第1話)視聴率 15.5%
  • 最終回(第10話)視聴率 19.1%
  • 全話平均視聴率 17.15%

仰げば尊し

  • 初回(第1話)視聴率 11.4%
  • 最終回(第8話)視聴率 12.2%
  • 全話平均視聴率 10.58%

IQ246~華麗なる事件簿~

  • 初回(第1話)視聴率 13.1%
  • 最終回(第10話)視聴率 7.8%
  • 全話平均視聴率 10.66%

A LIFE〜愛しき人〜

  • 初回(第1話)視聴率 14.2%
  • 最終回(第10話)視聴率 16.0%
  • 全話平均視聴率 14.55%

小さな巨人

  • 初回(第1話)視聴率 13.7%
  • 最終回(第10話)視聴率 16.4%
  • 全話平均視聴率 13.5%

苦境なドラマ界でも毎回、当たり前のように平均10%越えを連発しているのはさすがと言えますね!

ストーリーのクライマックスの盛り上げ方が素晴らしく、最終回でグッと視聴者をさらに集めるのも特徴となっています。

主役がジャニーズのトップアイドル→主役級演技派俳優と1クールごとに繰り返しており、話題性には事欠きませんね!

フジテレビ月9ブランドが低迷している今、TBS日曜劇場がドラマ界のトップブランドとして君臨しているという状況でしょう。

ドラまる
日曜劇場はキャスト、音楽、ストーリー、脚本に華があるイメージだね!
ラマちゃん
サブキャストにもベテランの方が多いから、ストーリーに深みが増すわよね。

特に歌舞伎役者さんと、落語家の方がすごく味を出しているわよね。

それでは次に2017年夏クールドラマ『ごめん、愛してる』の視聴率について見ていきましょう。

『ごめん、愛してる』

  • 初回(第1話)視聴率 9.8%
  • 最終回(第10話)視聴率 12.8%
  • 全話平均視聴率 9.7%

韓国で一大ムーブメントを巻き起こした作品として鳴り物入りでリメイクされた作品に、長瀬智也さん、吉岡里帆さんという人気キャストで臨みましたが、10%越えをしたのは第2話と最終話の二度のみで、平均も9%代という結果に。

初回から10%を切っているのは、恋愛ものは苦手な男性の固定ファンが離れたということも考えられますね。

ドラまる
重い内容の純愛ストーリーはもうおなか一杯なのかな。

恋愛ならちょいドロドロや胸キュン系、あとは社会派のスカッとする系がウケる時代?

ラマちゃん
最終話が一番視聴率が伸びているのは、それまでは録画で見て最後だけリアルタイム視聴という人も多かったかもね。

原作ファンが最終話だけラストの違いをチェックしてたってこともあるかも。

日曜劇場としては少し挑戦的だったドラマとも言えますので、ここで2017年秋クールに安定の池井戸潤さん作品『陸王』を持ってきたことはちょっと離れた固定ファンがまた戻ってくるはず。

地方の零細企業が、一発逆転の大勝負に出るという内容は、これまでの池井戸潤作品を振り返っても盛り上がること間違いなし!

映画主演クラスのキャスト陣を取りそろえた豪華さも加えて、これらを踏まえると、初回視聴率は12%ほどの高さになるのではないかと予想します。

ドラまる
初回は満を持しての2時間スペシャル!

かなり力を入れているね。

スポンサーリンク

『陸王』制作陣から視聴率を予想!

2017秋ドラマ『陸王』の主要制作スタッフで現時点で発表されているのは、以下の方々になります。

原作 – 池井戸潤『陸王』(集英社刊)
脚本 – 八津弘幸
演出 – 福澤克雄、田中健太
プロデューサー – 伊與田英徳、飯田和孝、川嶋龍太郎
wikipediaより引用

脚本の八津弘幸さん、演出の福澤克雄さん、プロデューサーの伊與田英徳さんはそれぞれ平成で一番ヒットしたモンスタードラマ『半沢直樹』、その後も『ルーズヴェルト・ゲーム』『下町ロケット』『小さな巨人』など日曜劇場で数々の池井戸潤さんの作品をドラマ化してヒットさせてきた凄腕トリオで、さまざな受賞もされています。

原作の映像化は、ニュアンスやイメージが違うと批判が殺到することが多いのですが、どれも絶賛されていることからかなりの安定した相性の良さと信頼関係が感じられます!

2017年1月1日のニューイヤー駅伝から撮影がスタートしてるということもあり、構想などにもかなり早い段階で時間をかけ作られていることから、こちらも大ヒットの予感ですね。

スポンサーリンク

まとめ

2017年夏ドラマ『ごめん、愛してる』で少し落ちてしまった視聴率ですが、秋ドラマでは『半沢直樹』チームスタッフが集まって作られた池井戸潤さん作品『陸王』、そしてすでに告知されている2018年冬ドラマ『99.9』のシーズン2など、人気の日曜劇場路線にまた戻そうという動きが感じられます。

ドラまる
これもまたヒットすれば2017年秋ドラマのトップも狙える作品だね!
ラマちゃん
池井戸潤さんの作品は、普段ドラマを観ない男性層もワクワクする内容だよね。

一発逆転劇を見てみんなスカッとしたいのかも!

かなりの高視聴率になるんじゃないかしら??

放送開始後はこちらの記事で視聴率を全話更新していきますので、是非チェックのほど、よろしくお願いします!

ドラマ『陸王』視聴率一覧

第1話(2017年10月15日放送)視聴率

14.7%

第2話(2017年10月22日放送)視聴率

-%

※ビデオリサーチ社調べ・関東地区
※ドラマ『陸王』の視聴率は放送翌日の月曜午前10時前後に発表となります。

関連記事:原作小説『陸王』のあらすじはこちら

関連記事:陸王の原作は実話?モデルとなった会社を調査!小説あらすじ紹介も

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA