ドラマ【陸王】9話ネタバレと感想。最終回のあらすじも

  • この記事を書いた人:ナカガワ

2017年12月17日(日)にドラマ『陸王』第8話が放送されました。

ドラまる
フェリックスの買収に合意しそうなこはぜ屋だけどこはぜ屋なくなっちゃうのかな?
ラマちゃん
今回も拡大スペシャルで最後まで目が離せない展開だったわね

こちらの記事では、ドラマ『陸王』第9話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『陸王』第9話ネタバレと感想

「こはぜ屋」売却に反発する従業員

『陸王』の心臓とも言える「シルクレイ」の製造機が故障し、『陸王』が作れなくなってしまったこはぜ屋。

新しい製造機に1億円以上もの費用がかかることがわかり崖っぷちに立たされます。

そこに、大手アパレルメーカーのフェリックス御園社長(松岡修造)が現れ、「こはぜ屋を買収したい」と話を持ちかけます。

こはぜ屋がフェリックスの傘下に入れば、シルクレイの製造機を作りまた『陸王』を作っていくことができます。

こはぜ屋の宮沢社長(役所広司)は、その言葉にグラつきます。

しかし、買収の話を知ってしまった従業員にどうなるのか問い詰められます。

宮沢社長としては、『陸王』を作っていくための一つの手段として買収に気持ちが傾いていました。

ただ、従業員特に縫製課リーダーの正岡あけみ(阿川佐和子)には猛反発され、ついには従業員が残業は一切行わないなどボイコットを行ってしまいます。

「こはぜ屋」を売却し、フェリックスの参加に入るということは「こはぜ屋」の看板はフェリックス次第で今でさえ不採算である足袋の事業が残るとは限りません。

そこへシルクレイの製造責任者である飯山(寺尾聰)が現れ、一方的に良い話が来ていてもその会社や社長はどうなのかと聞かれます。

そこでうまく説明できなかった宮沢社長はもう一度御園社長に会うことにしました。

「うまい話にはウラがある」とはよく言ったものです。

ただ、経営の窮地に立たされているときにうまく判断できるのか、ここがこはぜ屋の正念場ですね。

御園社長の真意は?本当の人となりって?

再度、フェリックスの御園社長に会う機会をもらった宮沢社長は、フェリックスのアウトドア製品を身に着けアウトドアを楽しみます。

そして、御園社長の過去にも触れることができ、ほんの少しフェリックスの御園社長がわかったつもりになっていました。

未だボイコットを続ける縫製課のあけみに話をするのですが、身の上話はわかるけどそれとこはぜ屋の存続とは問題が違うと一蹴されてしまいます。

あけみは以前大手アパレルメーカーに勤務したこともありましたが、そこではただただ機械のように働かされ、製作をしていても楽しいと言えない経験があってのことでした。

しかし、経営者として会社を動かしているのは社長である自分であり『陸王』を作り続けたいと決心した宮沢社長は買収の話を進めようとしてしまいます。

一方、宮沢社長と会ったあと、御園社長はアトランティスの小原部長(ピエール瀧)との会食を行っていました。

小原部長とはアメリカ時代の友人でした。こはぜ屋を買収しシルクレイの製造が叶った暁には、アトランティスに素材を提供してほしいという依頼でした。

アトランティスとの契約となればかなり大きな額の金額も動くことに、御園社長はニヤリとするのでした。

過去の話だけ切り取ってみれば、フェリックスの御園社長ってけっこういい人かもと思いがちです。

でもよくよく考えてみれば自分のことしか言ってなくて、こはぜ屋を買収したあとのこととか会社に魅力なんて一言も言ってないんですよね。

私もいい人なのかもしれないってつい思ってしまいそうでした。

茂木選手とこはぜ屋は似た者同士

『陸王』の提供が打ち切られてしまったダイワ食品陸上部の茂木選手は、もう一度アトランティスのシューズを履き、ライバルアジア工業の毛塚選手(佐野岳)に勝とうと必死でした。

また所属する陸上部がなくなるかもしれないという窮地にも立たされています。

一度復帰戦の駅伝で勝ったことだけを心の支えに練習に励む毎日でした。

そして、次の豊橋国際マラソンで毛塚選手と戦いたいと陸上部監督の城戸(音尾琢真)に懇願します。

しかし、今の茂木選手のメンタルでは勝つことができないと悟っていた城戸監督は茂木選手の出場を拒否します。

それでもメチャクチャな練習を始め、理解できない茂木選手に対し、城戸監督は現状を話します。

茂木選手は毛塚選手のことしか頭になく自分の走りや毛塚選手に勝ったとしてもその先のことを考えていない。

その先どうなりたいのか自分のことを考えていない選手は勝てないと言います。

あらためて自分の弱さを指摘され、茂木選手はもう一度自分の走りを考え直すことにしました。

選手にはっきり諭すなんていい監督だなと思います。

実はこはぜ屋も同じなのかもしれません。

アトランティスのシューズに勝ちたいと足元ばかりを見て、『陸王』やこはぜ屋の足袋を使ってもらう人の気持が置き去りになってしまっていたのかもしれません。

窮地に立てば立つほど見えなくなってしまうことをうまくクロスさせて描いていると思います。

みんな諦めの悪い人たち

一方、『陸王』のアッパー素材を探し続けるこはぜ屋の宮沢社長の息子大地(山崎賢人)は、いまだ諦めずアッパー素材を提供してくれる会社を探し続けていました。

そしてある日ついにアッパー素材を提供してくれる会社を見つけ出します。

ほぼ諦めかけていたところにその報告を受け、感心する宮沢社長。

さらに大地から最後のシルクレイと新しい素材で『陸王』を作り茂木選手に届けたいといいます。

シューヒッターとしていた村野(市川右團次)も飯山の説得により、最後の『陸王』の製作に力を貸します。

『陸王』を作るときのこはぜ屋は一丸となり、新しい最後の『陸王』茂木モデルを完成させるのでした。

そして、いよいよフェリックスと商談をするということになるのですが、飯山に本当に「こはぜ屋」を売るのか聞かれます。

フェリックスはこはぜ屋がほしいのではなく、シルクレイがほしいだけです。

そこをうまく利用してもいいんじゃないかと再度問いただすのでした。

フェリックスとの商談の日、宮沢社長はこはぜ屋の半纏を着てのぞみます。

一度は、買収の話に合意しようとしましたが、こはぜ屋としてシルクレイを独占的に提供する業務提携でお願いできないかと依頼します。

さらに、フェリックスの内情を調査し、買収を重ねて大きくなってきた事実や不採算部門の切り捨てが早いことも指摘します。

買収が暗礁に乗り上げそうになった御園社長の表情は一変し、交渉決裂とこはぜ屋の未来はないことを告げ部屋を飛び出します。

宮沢社長は、生半可な思いで『陸王』を作っていたのではないと御園社長に言い、他で投資先を見つけると御園社長に啖呵を切るのでした。

もっとはじめからちゃんと調べてよと、ツッコミを入れたくなりそうでしたが最後の宮沢社長のこはぜ屋を背負って、鬼気迫る啖呵はさすがでした。

100年の歴史を潰さないとする会社と新鋭企業たちはどう戦いを繰り広げるのか来週も見ものです。

スポンサーリンク

ネットの感想と評価 すべての人物がキーパーソン

ドラまる
今回は、飯山さんや大地くんがキーパーソンとして活躍していたよね。ネットでもそれを見守っていた人も多かったようだね。

ラマちゃん
本当にどの人の言動も目が離せないし、最後の宮沢社長の啖呵はまさしく池井戸ドラマだったわね

スポンサーリンク

ドラマ『陸王』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『陸王』放送終了から1週間以内はTverを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

放送終了から1週間以上経過している場合

放送終了から1週間以上経過してしまったドラマ『陸王』を無料で見る方法は以下が挙げられます。

  1. 地上波での再放送を見る
  2. DVDやBDで見る
  3. 動画共有サイトにアップロードされた動画を見る
  4. テレビ局が公式に動画を提供しているVOD(ビデオオンデマンドサービス)を見る

地上波での再放送やDVD&BD化はドラマ全話の放送が終了してから数ヶ月後(再放送はされないことも多いです)になるため、今すぐ見たい場合の選択肢としてはNGでしょう。

そのため、現実的な選択肢はインターネットを利用して視聴する方法となります。

ドラマの動画がアップされていることの多い動画共有サイト一覧は以下になります。

上記のリンク先に動画がない場合は、すでに著作権違反の違法アップロード動画として削除されています。

随時チェックをすれば、新たにアップロードされた動画を見ることが出来るかもしれませんが、最近はテレビ局もかなり細かく違法動画サイトを巡回して削除要請をしているので、見られないことも多いです。

ドラまる
違法アップロードされた動画なので本当は見ない方が良さそうだね…
ラマちゃん
画質が悪かったり、変な広告が出たり、最悪の場合スマホやPCのウイルス感染のリスクもあるので、テレビ局が正式に動画を配信している動画配信サービスを利用するのが理想的ではあるわね〜

登録に2〜3分はかかっちゃうけど、どの動画配信サービスも無料期間があるのでとりあえずチェックしてみると良いかも!

ちなみに『陸王』はFOD・Hulu・ビデオパスでは配信されていないので要注意です!

いよいよ最終回!『陸王』来週の展開は?

フェリックスの買収を断ったこはぜ屋はどうなる?茂木選手の勝負の行方は?

シルクレイを手に入れるために「こはぜ屋」買収をもくろむフェリックスの御園社長(松岡修造)だったが、宮沢(役所広司)から業務提携を提案されたことで両者は袂を分かつ。

こはぜ屋の窮地は変わらないまま、大地(山﨑賢人)や飯山(寺尾聰)たちは、また一からシルクレイの売り込み先を探し、興味を持ってくれそうな企業を駆け回っていた。

一方、茂木選手(竹内涼真)は、再びアトランティスのサポート選手となり、RⅡを履くことを決意。

念願の豊橋国際マラソンに出場することが決定していた。そんな茂木へ大地と村野(市川右團次)は、「ずっと茂木選手を応援している証に…」と最後の一足となった陸王を渡したいと、ダイワ食品の城戸監督(音尾琢真)に掛け合うが、城戸は茂木を悩ませるだけだと一蹴する。

茂木に自分たちの想いを届けることもできず、陸王開発再開のメドも立たず、八方ふさがりのこはぜ屋だったが、そんなある日、御園から宮沢へある提案が投げかけられる。一体、その提案とは!?

公式サイトはこちら

いよいよ来週は最終回!

こはぜ屋はどうなってしまうのか、茂木選手はどうなるのか、いろんな問題が山積みです。

クリスマスイブにピッタリのハッピーエンドを期待します。

ドラまる
ついに最終回!まだまだいろんな問題があるけどどうなるんだろう?
ラマちゃん
来週も拡大スペシャルよ!悪いアトランティスにこはぜ屋負けないで!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA