陸王|8話の動画無料視聴はこちら【12/10放送回見逃し配信】

  • この記事を書いた人:マスダ

2017年12月10日(日)21時00分より放送のドラマ『陸王』8話の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『陸王』8話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
ドラマ『陸王』の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『陸王』8話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

スポンサーリンク

ドラマ『陸王』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『陸王』放送終了から1週間以内はTverを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

放送終了から1週間以上経過している場合

放送終了から1週間以上経過してしまったドラマ『陸王』を無料で見る方法は以下が挙げられます。

  1. 地上波での再放送を見る
  2. DVDやBDで見る
  3. 動画共有サイトにアップロードされた動画を見る
  4. テレビ局が公式に動画を提供しているVOD(ビデオオンデマンドサービス)を見る

地上波での再放送やDVD&BD化はドラマ全話の放送が終了してから数ヶ月後(再放送はされないことも多いです)になるため、今すぐ見たい場合の選択肢としてはNGでしょう。

そのため、現実的な選択肢はインターネットを利用して視聴する方法となります。

ドラマの動画がアップされていることの多い動画共有サイト一覧は以下になります。

上記のリンク先に動画がない場合は、すでに著作権違反の違法アップロード動画として削除されています。

随時チェックをすれば、新たにアップロードされた動画を見ることが出来るかもしれませんが、最近はテレビ局もかなり細かく違法動画サイトを巡回して削除要請をしているので、見られないことも多いです。

ドラまる
違法アップロードされた動画なので本当は見ない方が良さそうだね…
ラマちゃん
画質が悪かったり、変な広告が出たり、最悪の場合スマホやPCのウイルス感染のリスクもあるので、テレビ局が正式に動画を配信している動画配信サービスを利用するのが理想的ではあるわね〜

登録に2〜3分はかかっちゃうけど、どの動画配信サービスも無料期間があるのでとりあえずチェックしてみると良いかも!

ちなみに『陸王』はFOD・Hulu・ビデオパスでは配信されていないので要注意です!

スポンサーリンク

ドラマ『陸王』8話のあらすじは?

2017年12月10日(日)放送のドラマ『陸王』8話のあらすじを紹介します。

ランニングシューズ「陸王」製造の心臓部であったシルクレイ製造機が故障してしまい、最大のピンチに追い込まれた「こはぜ屋」。

窮地に立たされた上に、銀行員の坂本(風間俊介)からは「会社を売らないか」と提案され、宮沢(役所広司)は「100年続いたこはぜ屋の暖簾を手放せというのか!」と怒りを露にする。

陸王の生産を再開するには、シルクレイ製造機の造り直しは必要不可欠だ。

そのためには高額の資金が欠かせないが、現状はどうすることも出来ないでいた。

そんなとき、こはぜ屋に出入りするドライバーの江幡(天野義久)が、近々開催される市民駅伝に参加しないかと話を持ちかけた。

陸王を履いて参加することで、宣伝にもなるというのだ。

その提案を聞き「そんな場合ではない」と言い放った宮沢だが、わずかでも「陸王」が人の目に触れることで、興味を持ってくれる人が居るかもしれないと思い直し、自分と江幡、そして大地(山﨑賢人)、安田(内村遥)、そしてあけみ(阿川佐和子)とチームを組み出場を決意する。

果たして、大会の結果は?

一方、こはぜ屋の買収を画策する「フェリックス」の御園社長(松岡修造)はどう動くのか? その真意は!?

公式サイトより引用)

スポンサーリンク

2017年秋ドラマ『陸王』第8話 放送前の期待度まとめ

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『陸王』第8話の見どころや期待度をご紹介いたします。

湊海
今回ラストで、こはぜ屋が買収されるという、意外な発想が出てきましたが、飯山が諦めた特許契約の件も、こはぜ屋を裏切ることにはならないし、これでうまく回ると思います。

ただ、創業100年の足袋屋というプライドが、他の企業の下になるという屈辱感を増長するような気がします。

宮沢は悩むだろうし、当然社員達は反発もすると思います。

それでも、足袋屋を取るか、陸王の開発を取るかと言われたら、最終的には買収の道を選ぶような気がします。

茂木や村野、色んな人の想いを背負った陸王を、宮沢はそう簡単に手離さないと信じたいです。

ペンネーム:湊海(30代・女性)

まる
松岡修造さんは、一体どんな存在なのかと思っていたら、大手のメーカーの代表取締役社長で、その会社の傘下に入れば、資金面の心配はなくなり、また『陸王』を作ることができるようですが、最初は調子の良い話を聞かされて、いざ、本当に買収されてしまったら、何ひとつ思い通りにできない、ということになってしまうのではないかと心配です。

でも、とにかく生き残るには他に方法はないし、社長としての役所広司さんの判断は相当、重大だなと思います。

「もう少し、自分のワガママに付き合ってくれ」と従業員に頭を下げたとは言え、会社の買収までは考えに入っていない状態だったので、従業員の反発もあるだろうと思います。

ペンネーム:まる(30代・女性)

てつや
7話で飯山をスカウトした会社と坂本が提案してきたこはぜ屋を買収したいという会社が同一だったので、それが8話にどう活きていくかが8話での楽しみなポイントです。

また、フェリックスの社長がこはぜ屋を買収したいと考えている理由や意図がまったく読めないので、そこらへんが8話でどう明かされるのかも8話で楽しみにしていることの1つです。

恐らく、フェリックス社長が考えていることは宮沢たちが瞬時に理解できる内容ではないという気がしていますので、果たしてフェリックス社長、そして坂本が宮沢にとんな風にプレゼンしていくかも重要となってくると思います。

ペンネーム:てつや(20代・男性)

小倉最中
松岡修造さん演じる御園という人物の登場を楽しみにしていましたが、7話では最後に空港に到着したシーンだけでした。

本格的な登場は8話に持ち越しになったので、どんな人物なのか、松岡さんがどんな演技をするのか注目して観たいです。

「こはぜ屋の買収」という、かなり重たいストーリーになりそうです。

やはり飯山に独占契約を断られたから、次の手を打って来たという事でしょうか。

大手企業は悪役として描かれる事が多いですが、御園はどうなのでしょうか。

救世主になってほしいですね。陸王を履いて勝とうと決めた茂木のためにも、陸王開発に今までにないヤル気を見せている大地のためにも、陸王開発を続けて欲しいです。

ペンネーム:小倉最中(30代・女性)

えんろせ
次回からは、フェリックスの御園社長が登場します。

演じるのは松岡修造さんです。

熱血な感じが、松岡修造さんっぽくて適任ではないかと思います。

こはぜ屋さんは買収されてしまうのか、茂木選手はどうなっていくのか先が気になってしようがありません。

また、茂木選手の先輩平瀬選手の出番はないのか、トレーナーとか、ジャーナリストとかで戻ってきて欲しいです(原作にないかもしれないけど)

個人的には、大勢のエキストラを使って撮影したレースシーンが大好きです。

ニューイヤー駅伝は毎年見てますが本番さながらでした。

茂木選手が毛塚選手を今度こそ、圧倒的に勝つ姿を早くみたいと思っています。

ペンネーム:えんろせ(50代・女性)

安藤まき
坂本さんから買収の話を持ちかけられましたが、宮沢社長はこはぜ屋を売るなんてことはしないと思います。

売るのは簡単かもしれませんが、今まで築き上げてきた信頼をこのまま残そうとするのではと思います。

会社のために頑張っている大地がタチバナラッセルに代わる新たな会社を見つけてくると思います。

特許を売らずに宮沢社長とまた頑張ろうと決めた飯山さんもまだまだやってくれると思います。

坂本さんは銀行員ではなくなりましたが、宮沢社長を支える重要な人だと思います。

ただ見守っているだけのらようですが、意見をしっかりと社長に伝え誰よりもこはぜ屋の成功を信じているのだと思います。

ペンネーム:安藤まき(30代・女性)

yukimegu
坂本からこはぜ屋買収の話を持ち込まれ、宮沢は混乱し、社員に相談するが、窮地に追い込まれた社員たちも混乱し、宮沢と口論となってしまうと予想します。

江崎が市民駅伝に陸王を履いて参加することから、口論となっていたこはぜ屋は絆を再び取り戻すと予想します。

陸王という夢に向かって、どんなことをしてでも諦めないという強い前向きさを教えてくれる良い言葉や心理的描写、人生の勉強をしながら見るのが楽しみです。

親子の絆、チームの絆、社員一人一人の人生観の素晴らしさが今後も描かれていくと思うので、そこも見るのが楽しみなポイントです。

ペンネーム:yukimegu(30代・女性)

kumo
陸王の宣伝の1つとして、こはぜ屋社員で結成する駅伝チーム。

皆が陸王を履いて、少しでも世間の目に触れる目的でしょうが、これって上手くいくの?という疑問です。

おそらく、社員の自己満足に終わるのではないでしょうか。

よっぽどの上位ランクの選手や、新しいもの好きの外国選手の目にとまったら儲けものですが。

いつも、奇抜なアイデアはいいのですが、どことなく中途半端になる展開。

足軽大将も売れているのなら、しばらくはその策略で資金をためてから、新たに陸王の開発をしてもいいのかな、と思います。

勇み足は禁物です。

もっと、宮沢社長、計画性をもって開発してもらいたいというのが本音です。

ペンネーム:kumo(30代・女性)

2017年秋ドラマ『陸王』第8話のあらすじネタバレと感想!

TOM

『陸王』8話のあらすじとネタバレ

坂本は宮沢にフェリックスの傘下に入ることを提案しました。

でも宮沢は怒り飛ばし断ります。

大地はアッパー素材の会社と設備投資の会社両方を探しますが、全て断られます。

途方に暮れた宮沢は、江幡が話していた行田市駅伝に参加することにしました。

陸王の宣伝になるかもしれないと最後にチーム陸王のみんなで参加しようと決めたのです。

一方茂木は陸王を履くのを諦め、標準シューズで選考会に望みますが、8000メートル以降の走行で力を出し切れていないと城戸に指摘されました。

そこに佐山が現れ、小原と会うことになります。

小原はもう一度R2を履くよう求めました。

チーム陸王の駅伝は大した記録は残せませんでした。

でも宮沢はそこで陸上への大切な想いを改めて認識することが出来ました。

宮沢はやはり陸王をどうしても諦めきれず、フェリックスの社長・御園と会うことにします。

御園は宮沢にこはぜ屋の名前を残すことや宮沢が社長に残ること、そして設備投資に3億を用意すると提案しました。

御園が手を差し出すと宮沢はその手を握り返し「前向きに検討させてください」と言います。

しかし宮沢が帰った後、御園は「もうひと押しだな」と不敵な笑みを浮かべていました。

『陸王』8話の感想

今回は宮沢の陸上に対する根底にある想いを思い出す重要な回だと思いました。

資金の調達から少し離れて、チーム陸王のみんなと駅伝を走ることで、もう一度陸上選手の思いを叶えたいと強い気持ちを取り戻すことが出来たのでは無いかと思います。

でもそんな気持ちで臨んだ御園社長との交渉でしたが、良い条件とは裏腹に御園社長の狙いは別の所にあるようでしたね。

その狙いが何なのかは次回に持ち越しとなってしまったので、宮沢たちが罠にはまらないよう願うばかりです。

そして茂木ももう一度小原と会い、R2を履くように誘いを受けましたね。

その場では村野と一緒に頑張る、つまりR2は履かないという答えでしたが、小原はそれでも勝算があるように見えました。

茂木の答えについても次回に持越しとなったので注目したいと思います。

最終回に向けて、こはぜ屋の存続と茂木のフルマラソンへの壁など乗り越える壁がどんどん高くなってきました。

次回、宮沢と茂木がどんな選択をするのか期待して待ちたいと思います。

ペンネーム:TOM(40代・男性)

s.matu

『陸王』8話のあらすじとネタバレ

こはぜ屋は陸王をあきらめるのか、陸上選手は生活を掛けて走り、こはぜ屋は駅伝で、タスキをつなぐ事で、新たに陸王への思いが強くなり、こはぜ屋のつーむワークを一層強くなり、そして外資からの買収話、こはぜ屋には好条件の買収話なの出はないでしょうか、そして、大和食品陸上部も危機を迎えている、こはぜ屋の社長は外資からの買収に乗り、新たに陸王造りに向かうのか、そして、大和食品の陸上部はこの先どうなるのか、タスキをつないだチームワークがこれからの希望へと繋がるそんな予感のする第8話でした、外資の出方が、どうなるのか。

買収の先にあるものは。

『陸王』8話の感想

今回は、駅伝競走に出る事に寄り、こはぜ屋のチームワークをより一層強い物にして、これからの希望が見えてきそうな展開になりました。

走ることに生活を掛けるものと、走ることに、命を懸けるものの、今後を予感させられるような展開になり、最後に現れた外資系の会社の社長との買収話、こはぜ屋にはとても良い話の様に思えますが、これからまだ一波乱が有るのでしょう、とても気になるところです。

そして大和食品陸上部も廃部の危機を迎えているのですね、陸王の提供されなくなった、選手のはしりにも影響が出始めました、選手の生活をかけたはしりの為にも陸王の生産が必要なのです。

ペンネーム:s.matu(60代・男性)

はな

『陸王』8話のあらすじとネタバレ

こはぜ屋の宮沢社長は、元銀行である坂本さんから、フェリックスという会社からの買収に応じるのはどうかという提案を受けます。

しかし代々守り抜いてきたこはぜ屋を売るということはあり得ないと批判します。

しかし、シルクレイの製造機を作る為の資金を貸してくれるところはなく、どうすることも出来ない状態になり、チーム陸王の解散を考えます。

そんな中、駅伝大会に出て、陸王を宣伝するのはどうかと提案され、みんなで陸王を履いて駅伝に出てからでも解散は遅くないと思い、チーム陸王で走りたいと宮沢社長は思います。

駅伝の時に、宮沢社長は、フェリックスからの契約を断り、陸王の製造をまだ諦めきれていない飯山さんの思いを坂本さんから聞きます。

そこで、初めて宮沢社長はフェリックスの社長である御園社長と会うことを決意します。

フェリックスからの提案や思いを聞き、宮沢社長は前向きに買収に応じることを視野に入れます。

『陸王』8話の感想

こはぜ屋がシルクレイの製造を出来ずに四苦八苦している時にも、茂木選手の陸王選手としての戦いやダイワ食品陸上競技部の危機、アトランティスの茂木への誘惑など、こはぜ屋にとって良くない方向へ向かいつつあり、これからどうなっていくのだろうかととても不安になりながら観ていました。

アトランティスのやり方はとても汚いですが、今の茂木選手にとっては、アトランティスのR IIを履くことがベストだし、ダイワ食品の陸上競技部への支援が可能な財源力があるのも事実なので、こはぜ屋にここから挽回出来るチャンスが巡ってくるのかとても心配です。

ペンネーム:はな(20代・女性)

湊海

『陸王』8話のあらすじとネタバレ

坂本を通じて、Felixがこはぜ屋を買収したいという提案が宮沢に提示されますが、それを聞いた宮沢は激怒し、坂本を追い返してしまいます。

八方塞がりの中、宮沢達は江幡から提案された行田市民駅伝に陸王の宣伝のために出場することを決意します。

上位10位に入れば、表彰とインタビューが受けられると聞き、俄然張り切るチーム陸王でしたが、メンバーのヤスが怪我で出られなくなります。

棄権しようとしたとき、坂本が代わりに走ると名乗り出ます。

途中までいいペースでしたが、宮沢が怪我をしたランナーを気遣い、順位を落とします。

大地が挽回しますが、後一歩で入賞を逃します。

そのとき、坂本から飯山がFelixの特許の契約を断ったと聞き、改めてチーム陸王の絆を感じた宮沢は、御園に会うことを決意します。

『陸王』8話の感想

今回はこはぜ屋にも茂木にも正念場だったと思います。

偶然にも同じタイミングで走るシーンがあり、映像がリンクしていたのは斬新な演出だと思いました。

宮沢達も、自分達が実際に走ることで、茂木の気持ちを理解しようと考えたのではないかと思いました。

毎回マラソンシーンはとても迫力があり、抜きつ抜かれつのデッドヒートがすごいので、つい見ているほうも力が入ってしまいます。ゴールするまで緊張感で一杯になります。

ですが、今回だけは坂本さんの独特なフォームに全部持って行かれたような気がします。

大地のゴールシーンも霞んでしまうくらい破壊力がありました。

ペンネーム:湊海(30代・女性)

August

『陸王』8話のあらすじとネタバレ

陸王の開発を諦めかけているこはぜ屋社長の宮沢に元銀行員の坂本は、フェリックスに会社を売らないかと提案しますが、宮沢は激怒して拒否します。

しかし、新しいシルクレイ製造機を造る為に必要な1億円を用意するいい考えは浮かびません。

宮沢は茂木の所へもう陸王が造れないこと改めて謝罪に行きます。

宮沢は茂木にまた社長が造るシューズを履ける日を待っていると言われ、さらに陸王の開発を諦めきれなくなります。

そして、少しでも宣伝になればとチーム陸王で市民駅伝マラソンの出場を決意します。

駅伝に出場する予定だった安田が怪我をした為、代わりに坂本が走ることになり宮沢とのわだかまりもなくなります。

そして、フェリックスの社長に会わせて欲しいと頼みます。

そしてフェリックスの社長、御園と会った宮沢は御園の熱い言葉に前向きに検討すると返事をしたのでした。

『陸王』8話の感想

銀行も融資をしてくれないし、もう打つ手はなさそうだけど、なかなか諦め切れない宮沢の気持ちが切ないです。

駅伝に出たのもバラバラになりかけていたみんなをまた、1つにするきっかけになり良かったです。

そして、フェリックスとの買収話は本当に大丈夫なのかなと思います。

最後の御園の言葉も気になりました。

しかし、他に1億円を出資してくれるような上手い話が出てくるのも都合が良すぎる気がするので、御園が敵なのか味方なのかどうやって陸王の開発を再開するのか今後の展開が気になります。

そして、茂木が再びアトランティスのシューズを履くのかどうかも気になるところです。

ペンネーム:August(30代・女性)

まる

『陸王』8話のあらすじとネタバレ

『こはぜ屋』は、1億円の融資をしてくれるところを探していましたが、なかなか見つからず、『陸王』の製造ができず、役所広司さんをはじめ、従業員たちには焦りの色が見えてきました。

そんな中、藁をもつかむ思いで、行田市の市民マラソンに出場して、10位内に入賞し、『陸王』のアピールをしようということになりました。

途中、良いところまで行っていましたが、タッチの差で10位内に入賞することはできませんでした。

そのため、『フェリックス」の社長である松岡修造さんの話を聞いてみることにして、実際に会ってみると、買収の話を受け入れれば、3億円を融資すると言われます。

『陸王』8話の感想

役所広司さんのアツイ社長ぶりは、いつものことですが、また新たなアツイ社長が出てきたなと思いました。

松岡修造さんと役所広司さんが同時に画面にうつると、そのあつさが伝わってくるようでした。

2人が手をにぎり合うシーンでは、想像以上の好条件を提示され、それが本当なら、すぐにでも受け入れて、『陸王』の製造を再開したほうが良いのではないかと思いましたが、やはり、そんなにうまい話はないのだな…とがっかりしたのが、役所広司さんとの話が終わり、その後ろ姿を見送るときの松岡修造さんの表情です。

ものすごく悪い男の表情で怖くなりました。

ペンネーム:まる(30代・女性)

まとめ

ドラまる
2017年秋ドラマ『陸王』第8話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
9話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA