ドラマ【陸王】8話ネタバレ感想。チーム陸王の絆に感動!

  • この記事を書いた人:ナカガワ

2017年12月10日(日)にドラマ『陸王』第8話が放送されました。

ドラまる
坂本くんの突然の提案に先週はビックリしちゃったよ
ラマちゃん
陸王どころかこはぜ屋も危ないなんて今週はどうなってしまうのかしら?

こちらの記事では、ドラマ『陸王』第8話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『陸王』第8話ネタバレと感想

絆は強く、チーム陸王

ランニングシューズ『陸王』の要と言えるソール、シルクレイ製造機が故障してしまったこはぜ屋。

最低でも1億円と言われる製造機の修理費をこはぜ屋は捻出する余裕はなかった。

その上、元担当銀行員の坂本(風間俊介)から「会社を売らないか」と提案される。

100年続いたこはぜ屋ののれんを手放すわけにはいかないと怒りをぶつけてしまいます。

陸王を生産するには、シルクレイ製造機は必要不可欠だが、現状はどうしようもない状態でした。

そんな中、こはぜ屋に出入りするドライバーの江幡(天野義久)から、市民駅伝に参加しないかと話を持ちかけられる。

陸王を履いて参加することで、『陸王』の宣伝にもなるしもしかしたら出資者も現れるかもしれないという。

そんな場合ではないと言った宮沢社長(役所広司)だったが、『陸王』が人の目に触れることで興味を持ってもらえるかもしれないと思い直し、参加を決めた。

参加は、宮沢社長、江幡、安田(内村遥)、美咲(吉谷彩子)、あけみ(阿川佐和子)そして息子の大地(山崎賢人)でチーム陸王を結成した。

練習を重ね、大会当日、安田がケガをしてしまうというアクシデント。

大会に参加することすらできないのかと思っていた矢先、元担当銀行員の坂本が現れ、代わりに走ることになります。

一人一人の思いを乗せて全力でつながれるタスキでしたが、もう少しのところで入賞を逃してしまうのでした。

坂本くんの走り方には笑ってしまいましたが、チームみんなが必死にタスキをつなぐ姿はチームの絆を感じさせました。

ただ、どうしても今一歩いいところに届かないのは今のチーム陸王を物語っているようでした。

ワラをもすがる想い

正式に陸王の提供中止を知らされた茂木選手(竹内涼真)は、豊橋国際マラソンに出場するべく1万メートルのトライアルに出場しますが、終盤に失速してしまいます。

自分に合うシューズでないことが原因であることはわかっていました。

そこへアトランティスの佐山(小藪一豊)と小原部長(ピエール瀧)が接触し、もう一度RⅡを履かないかと提案します。

一方、飯山(寺尾聰)が米国企業の「フェリックス」の契約を断ったことを知り、こはぜ屋の宮沢社長は最後の望みをかけてフェリックスの御園社長(松岡修造)に会うことを決心します。

フェリックスの提案は、こはぜ屋をグループ下におくことでシルクレイ製造機を製造しシルクレイの提供を行ってもらいたいというものでした。

こはぜ屋の看板は残したままで、こはぜ屋の社長も引き続き宮沢社長でいいという提案に、宮沢社長は前向きに検討すると返事をするのでした。

それぞれが生き残るためにいろんな葛藤と選択に悩まされているんだと思うと、少し辛くなりました。

最後の御園社長の表情にまだ何かあるのかと思うとあまりホッとできる回ではなかったなと思います。

スポンサーリンク

ドラマ『陸王』第8話のネットの感想と評価

ドラまる
今回の前半はこはぜ屋のみんなが駅伝に出場し走るシーンだったけど、なんでこんなときにと思いながらもそのシーンの結果とチーム陸王の絆の強さにネットでの反響も高かったようだよ。

ラマちゃん
父から息子へ渡るタスキは今回の駅伝だけでなく、今後の何かを意味するものかもしれないわね。

スポンサーリンク

ドラマ『陸王』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法は?

『陸王』は放送終了後、1週間はTverで限定無料配信されますが、その後は削除されてしまいます。

1週間以上経過した回を安全かつお得に見るおすすめのVOD(ビデオオンデマンド)サービスはU-NEXTです!

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『陸王』はポイントレンタル配信されるので

登録時にもらえる600ポイントを使えば『陸王』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

ちなみにU-NEXTは『コウノドリ』1stシーズンをポイントを使わずに見られる見放題配信しているというところもオススメです!

『陸王』見逃し動画をお得に見る方法

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

※紹介している情報は2017年12月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

※最新話放送終了から数日間は配信がスタートしていない可能性がありますので、ご了承ください。

ドラマ『陸王』第9話のあらすじ今後の展開は?

2017年12月17日(日)放送のドラマ『陸王』9話のあらすじを紹介します。

「陸王」に欠かせないソールを製造するシルクレイ製造機が故障し、生産再開に必要な1億円の目途が立たず窮地に追い込まれた宮沢社長(役所広司)と「こはぜ屋」。

そんなときに降って湧いた、米国企業「フェリックス」御園社長(松岡修造)からの買収案に悩む宮沢だが、こはぜ屋の従業員たちの間でも意見が分かれていた。

「こはぜ屋が人の手に渡ってもいいのか?」と大地(山﨑賢人)が心配すると、あけみ(阿川佐和子)は買収には断固反対と泣きながら訴える。

従業員の士気は下がる一方で、日々の足袋造りにも影響が出始めてしまう。

陸王の供給がストップしてしまった茂木(竹内涼真)は、「アトランティスのRⅡを履いてくれれば、ダイワ食品陸上部を資金面でも支援する」という小原(ピエール瀧)の言葉に、本意ではないがRⅡを履くことを決意。

東日本チャンピオンズカップで好成績を出せたら、豊橋国際マラソンの出場を認めてほしいと、城戸監督(音尾琢真)へ願い出た。

様々な想いが交錯する中、御園は「自社のことを知ってほしい」と、宮沢を釣りへと誘う。焚き木の火を囲み身の上話を語り出す御園…、そんな御園に宮沢は…。

ひととき、仕事を離れて宮沢と心を通わせた御園だったが、ある日、小原から会食へと誘われる。

果たして、小原の目的とは……!?

公式サイトより引用)

まとめ

第8話の御園社長の不敵な笑みの上に、予告動画には小原部長との会食シーンがあります。

アトランティスはまた何を仕掛けるつもりなんでしょうか?

最終話まであと2回です。

来週も目が離せない展開となりそうです。

ドラまる
せっかく駅伝で団結したこはぜ屋さんがまたバラバラになりそうだけど、大丈夫かな?
ラマちゃん
また悪い顔したアトランティスの部長が何か企んでたわね。来週もどうなっちゃうのかしら、目が離せないわ。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA