陸王|7話の動画無料視聴はこちら【12/3放送回見逃し配信】

  • この記事を書いた人:マスダ

2017年12月3日(日)21時00分より放送のドラマ『陸王』第7話の感想やあらすじをご紹介していきます。

放送前は『陸王』第7話の期待度や気になる見どころ、放送後は感想や評価を順次アップしていきます。

リアルタイムでの放送を見逃してしまった…という方のために、見逃し動画を無料で見る方法もお届けしますので、ドラマ『陸王』視聴にお役立てください!

なお、こちらの記事はユーザーボイス記事となります。

ドラまる
ユーザーボイス記事って何?
ラマちゃん
DRAMAP読者さんからいただいた展開予想や感想をまとめた記事よ。
ドラマの解釈や楽しみ方は人それぞれ☆

読者さんの声をご紹介することで、新たな発見をしてもらえたら、うれしいわ!

スポンサーリンク

ドラマ『陸王』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『陸王』放送終了から1週間以内はTverを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『陸王』第7話の放送終了後から1週間限定配信なので

2017年12月3日(日)22時〜2017年12月10日(日)20時40分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

放送終了から1週間以上経過してしまった『陸王』を見る方法について、先に結論からご紹介すると、U-NEXTとビデオマーケットがおすすめです!

U-NEXTは31日間無料、ビデオマーケットは初月無料となっているので、この2つを活用すれば見逃し動画2話分を見ることが出来ます!

U-NEXT無料登録はこちら

ビデオマーケット無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『陸王』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『陸王』の配信状況は以下のようになっています。

U-NEXTの詳細解説

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『陸王』はポイントレンタル配信されるので

登録時にもらえる600ポイントを使えば『陸王』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

ちなみにU-NEXTは『コウノドリ』1stシーズンをポイントを使わずに見られる見放題配信しているというところもオススメです!

『陸王』見逃し動画をお得に見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

ビデオマーケットの詳細解説

ビデオマーケットは配信本数17万本以上を誇る、日本最大級の動画配信サービスです。

DRAMAP編集部ではU-NEXTとビデオマーケットどちらも利用していますが、使用感としては、ほぼ同じ印象です。

ビデオマーケットのメリットとしては

  • プレミアムコース:月額540円
  • プレミアム&見放題コース:月額980円

という2つのコースが用意されていることと、基本料金がU-NEXTよりも安いことが挙げられます。

また、どちらのコースに入ってもレンタル対象作品に使用できる540ポイントが毎月付与されます。

540ポイント無料付与サービスは初月無料キャンペーン登録時にも適用されるので、このポイントを利用すれば『陸王』の見逃し動画1話を無料で見ることが出来ます!

もちろん、初月無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラまる
1点だけ、注意点としてはビデオマーケットの無料期間は登録時から31日ではなく、1日〜月末までの初月無料となるところ!
ラマちゃん
4月を例に出すと、4月1日〜4月30日が無料期間になります。

仮に4月29日に登録をしてしまうと、無料期間は4月30日までの2日間のみとなってしまうので要注意!

上記の無料期間の点だけ気を付ければ非常に充実度の高いVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので、この機会に是非チェックしてください!

『陸王』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる540ポイントを利用して視聴!

※紹介している情報は2017年12月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

※最新話放送終了から数日間は配信がスタートしていない可能性がありますので、ご了承ください。

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近は放送中のドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜
ラマちゃん
公式に配信されている動画も無料期間に見ればお金かからないので、以下のリンクからチェックしてみてねっ!

スポンサーリンク

ドラマ『陸王』7話のあらすじは?

2017年12月3日(日)放送のドラマ『陸王』7話のあらすじを紹介します。

タチバナラッセルとの取引が白紙になり、またもや窮地に立たされた宮沢(役所広司)と「こはぜ屋」。

取引終了までに、新たな供給先を探さなければ「陸王」の生産はストップしてしまうと、危機感を募らせるばかりだった。

アッパー素材を探すために大地(山﨑賢人)が東奔西走するのだが、やっと話を聞いてもらえる企業を見つけても、コストが見合わずうま味のないビジネスだと、取り付く島もなく断られてしまう。

茂木(竹内涼真)の期待に応えるためにも、なんとしてでも、世界一のシューズ「陸王」を完成させたい…その一心で、必死に協力してくれる企業を探す日々だったが、そんなときシルクレイ製造機にトラブルが発生!

もはや絶体絶命、最大のピンチに立たされた宮沢ら「こはぜ屋」。

絶望の淵に立たされた宮沢は、坂本(風間俊介)からある提案を受ける。

宮沢が耳を疑うその提案とは……!?

公式サイトより引用)

スポンサーリンク

2017年秋ドラマ『陸王』第7話 放送前の期待度まとめ

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『陸王』第7話の見どころや期待度をご紹介いたします。

s.matu
次回はどこまで話が進むのでしょう、新たに、アッパー素材が見つかるのでしょうか、それとも、ベンチャー企業が、最後に度の様な結論を出すのか、それとも、これで、ベンチャー企業との関係もこれで終わりになるのか、気になります。

お互いに企業の運命をかけた、決断をどうするのか、そこら辺の所が焦点いなるのでしょうか、そして、今は顧問を務めている、ソールの開発者もアトランチェスに狙われるのではないでしょうか、心配ですね。

何が何でもこはぜ屋を潰そうとするアトランチェスの出かたがこれからの見ものです。

そして、新たにサポートを受ける選手にも妨害工作が有るの出はと、心配になります。

ペンネーム:s.matu(60代・男性)

ゆみ

茂木選手と毛塚選手のレースの結果も気になりますし、今後のこはぜ屋の活躍や、ライバルのアトランティスがどんな嫌がらせをしてくるのかも気になりました。

陸王を茂木選手だけでなくもっとたくさんの選手が注目をし、陸王がたくさん売れていくようになるのかな、そうなったら嬉しいし、こはぜ屋は倒産しないでほしいって願っています。

和田正人くんが演じる先輩が引退してしまうのも悲しいし、引退前最後のレースはどんな走りをするか期待しています。

そしてもうすぐ12月になり年明けには箱根駅伝が始まります。

箱根駅伝でも、茂木選手のような選手や毛塚選手のような選手が出てくるのを楽しみにしています。

ペンネーム:ゆみ(20代・女性)

たっきー

次回ではタチバナラッセルに代わる新素材を見つけるために大地が色々としてくれるんだと思いますが、また社長とケンカしていたので親子ゲンカ多いなと思ってしまいます。

あと、予告で出てきた松岡修造さんが気になって仕方がありません。

買収の話が持ち上がるようなので、買収先の社長役なのではないかと思います。

ネットのニュースでも陸王に出演することが出ていて熱血漢ではなく冷血漢な男と出ていたので早くどんな話になるのか来週が待ち遠しいです。

茂木選手とのやり取りもこれからも続くと思うので陸王を履いてこれからのレースもどんどん勝ち続けていってこはぜ屋のためにも宣伝をしてほしいと思います。

ペンネーム:たっきー(30代・女性)

まる

タチバナラッセルとの契約は終わってしまうので、息子の山崎賢人さんは、必死に別の会社を開拓しますが、特に人脈があるわけでもなく、また『こはぜ屋』ほどの規模の会社と手を組んでランニングシューズを作ろうというところは、そう簡単には見つからないだろうと思います。

そんな状態の『こはぜ屋』では、ぼや騒ぎが起きて、「陸王」のソール部分であるシルクレイを作る製造機が水に浸かってしまい、しばらく製造できなくなるという危機に見舞われるのではないかと思います。

その危機を脱出するために、寺尾聰さんが、どんな方法で切り抜けるのか気になります。

ペンネーム:まる(30代・女性)

湊海

タチバナラッセルとの取引が白紙になって、また陸王の開発がふりだしに戻ってしまうという大きなピンチを迎えますが、必ずこはぜ屋はまた這い上がれると思います。

毎回ピンチの時には、アイデアマンの坂本がすごい助言をしてくれるので、またそれに期待したいと思います。

個人的に一番頼りになる陰のヒーローは彼だと思っています。

でも、最終的に人の心を引き寄せるのは、やはり宮沢の人徳だと思うので、最後まで諦めずに少しの希望に食らいついてほしいと思います。

アトランティス側も、こはぜ屋の技術に一目置いている部分はあるので、最終的には和解できることを期待します。

ペンネーム:湊海(30代・女性)

いっけ

陸王は各会社の技術の結晶で出来上がっているので、各会社への特許の奪いあいがまだまだありそうです。

アッパー素材、より良いものが見つかるのか見どころです。

私としては、実はソールも特許を奪われて使え無くなるんじゃないかとヒヤヒヤしています。

今後は平瀬選手がキーパーソンになる気がします。

マラソンから転向して、シューフィッターの勉強をするとか、素材の会社の営業マンになるとか、きっと茂木選手と陸王を支援してくれるのではないかと期待しています。

展開は色々と予想出来るのも楽しいドラマですし、爽やかな感動もあるので楽しみにしています。

ペンネーム:いっけ(30代・女性)

2017年秋ドラマ『陸王』第7話のあらすじネタバレと感想!

湊海

『陸王』7話のあらすじとネタバレ

タチバナラッセルとの契約が打ち切りになり、大地がアッパー素材探しに奔走する中、今度はシルクレイの機械が大爆発を起こし、完全に使えない状態になってしまいます。

修理には1億円の大金が必要なため、宮沢は銀行に融資を頼みますが、無下に断られてしまいます。

完全に陸王の開発に行きづまった宮沢は、陸王を諦めるか悩みます。

強気でアトランティスに戦線布告した時の宮沢とは真逆の姿に大地も失望し、大ゲンカになってしまいます。

同じように、何もかも見放すような無責任な発言に激怒した村野もこはぜ屋を去っていきます。

同じ頃、飯山のもとにもシルクレイの特許を使いたいFelixという企業が交渉を持ちかけますが、飯山は宮沢を裏切れず、断ります。

奇しくも坂本からこはぜ屋買収を聞かされた企業もFelixでした。

『陸王』7話の感想

タチバナラッセルとの契約が白紙になった頃から、陸王に暗雲が立ち込めていましたが、ここにきてシルクレイの機械が故障、さらに大地との仲もこじれ、村野も離れていくという、宮沢にとって最大のピンチの回だったと思います。

今まで築いてきたものが、目の前で一気にガラガラと崩れ落ちていく音が聞こえたような気がしました。

今までどんな逆境でも諦めずに頑張る父親の背中を追いかけようと決意していただろう大地には、相当ショックだったと思います。

確かに坂本の言うとおり、やる前から諦めるのは宮沢らしくないと私も感じました。今回はもやっとしてしまいました。

ペンネーム:湊海(30代・女性)

まる

『陸王』7話のあらすじとネタバレ

アッパー素材の供給の契約も打ち切られることになり、新たな会社を探さなければいけないということで、山崎賢人さんは、一晩で全国の繊維会社をリストアップして、引き受けてくれる会社を探し始めます。

そんなときに、『こはぜ屋』では、寺尾聰さんが工場にいるときに、シルクレイを作る機械から出火し、ぼや騒ぎが起きてしまいます。

その機械は、もう使えなくなってしまったので、『陸王』の製造を続けるには、1億円という大金を融資してもらうしかありません。

銀行には、「貸さないのが、あなたの会社のためだ」と言われてしまいます。

そこで、役所広司さんが取った行動は…

『陸王』7話の感想

「弱り目にたたり目」という表現ではいけないのかもしれませんが、アッパー素材もダメ、ソール部分も作れないという事態になり、さすがにアツイ社長の役所広司さんも、『陸王』の製造を諦め始めてしまったのだなと寂しく思いながら見ていました。

でも、息子の山崎賢人さんは、絶対に諦めない!という固い意思を持って、交渉を続けて、疲れ果てて眠ってしまっている姿を見て、心強く感じました。市川右團次さんは、『こはぜ屋』を去ってしまいましたが、寺尾聰さんは、残ることを決断したように、またもどってきてくれるのではないかと期待しています。

ペンネーム:まる(30代・女性)

てつや

『陸王』7話のあらすじとネタバレ

タチバナラッセルとの契約終了を受け、台地はタチバナラッセルの代わりになる会社を調べました。

最初はそう簡単に出来ることではないと言う宮沢でしたが、まずは台地に任せることにします。

そんな中、シルクレイをつくる機械が壊れてしまうという緊急事態が発生しました。

壊れてしまった機械はもはや修復不可能ということから、新たな機械の導入の話が出ますが、それには1億という大金が必要です。

そんな厳しい状況の中、宮沢は銀行に融資してほしいと頼みますが、案の定銀行からは融資の話を断られてしまいます。

それを受けて、宮沢は陸王を諦めることを決意しました。

『陸王』7話の感想

タチバナラッセルとの契約を打ち切らなければならないと思ったら、今度はシルクレイをつくる機械が壊れてしまうとは…、さすがの宮沢も心が折れてしまうのも無理ないと思います。

ですが、今回はそれでも結局陸王を作ることを選んだ宮沢と、宮沢が陸王を諦めないことを信じ続けた台地や飯山にも感動しました。

特に、飯山が他の大手会社からスカウトがあったにも関わらず、宮沢やこはぜ屋を信じて返事を見送る姿、そして最終的にスカウトの話を断ったシーンに感動しましたし、こはぜ屋の人々と宮沢の絆を感じました。

この時の飯山は、かっこよく感じました。

ペンネーム:てつや(20代・男性)

小倉最中

『陸王』7話のあらすじとネタバレ

タチバナラッセルとの契約が打ち切られ、新しいアッパー素材を探している最中、シルクレイ製造機の故障というトラブルが発生しました。

火が出た製造機は燃えてしまい、ソールを製造する事ができなくなりました。

製造機を新しく作るためには1億もの資金が必要だという状況の中、宮沢はどう決断を下すのか…というストーリーでした。

銀行に融資を断られ、宮沢は陸王の開発を諦めてかけていましたが、大地は諦めきれずアッパー素材を探し続けていました。

そんな中、大橋から状況を聞いて坂本が訪ねてきました。

坂本は銀行を辞めて投資会社に勤めることになり、その会社で1億の投資を相談しますが、そこでも断られてしまいます。

そこで坂本は宮沢に新たな提案を出します。

会社を売りませんか、と。

『陸王』7話の感想

これまでは、困難もありましたがそれでも順調に進んでいましたし、最近は陸王に追い風も吹いていました。

しかしここに来てどん詰まりですね。

「こんな所で諦めるんですか」と言われても、どうにも出来ないのだから仕方がないし、何か策があるというなら教えてくれ!と思いながら見ていました。

宮沢があまりにかわいそうでした。

踏んだり蹴ったりな上に板挟みで、苦しすぎました。

そんな中、坂本に相談して打開策を見出そうとするわけですが、坂本がちょっぴり悪魔のように見えました。

一億もの借金を背負わせようとしたり、会社を売るという提案をしたり。

坂本が宮沢にそこまでさせようとする理由が知りたいです。

同時に「責任」ということについて、とても考えさせられました。

家族や社員への責任とサポートを約束した選手への責任。

経営者の苦しさがひしひしと伝わって来ました。

ペンネーム:小倉最中(30代・女性)

えんろせ

『陸王』7話のあらすじとネタバレ

第7話はこはぜ屋が最大の危機に陥ります。

アッパー素材のメーカーはライバル・アトランティスに横槍を入れられ、使うことができなくなります。

そして、シルクレイ製造機が壊れ、修理に1億もかかるとのこと。

飯山さんはシルクレイの特許を売らないかとフェリックスというアウトドア商品の会社に持ちかけられ悩みます。

銀行からの融資も断られ、坂本さんにも100人の銀行員すべてがその融資を断ると言われ、一時は諦める宮沢社長。

しかし、息子の大地は、就職活動を休止し、繊維メーカーを探していました。

その姿を見てもう少しあがきたいと陸王チームに打ち明けます。

坂本さんの新しい職場は投資会社、いわば、将来有望な人や会社に投資する会社です。

そこに投資をお願いするも断れ、宮沢社長は坂本さんに「会社を売らないか」と言われ、次回へ続きました。

『陸王』7話の感想

こはぜ屋と、茂木選手の話が並行して進みます。

もちろんこはぜ屋さんのことはとても心配なのですが、駅伝やマラソンが大好きな自分にとって茂木選手のことがとても気になります。

雑誌の取材で失礼なことを言われても、サラリと受け流し陸王を宣伝する茂木選手がめちゃめちゃかっこよく見えました。

茂木選手のためにも、こはぜ屋さんには絶対に陸王を作って欲しいと思います。

今日、福岡国際マラソンがあり、リアル茂木選手は誰だなんてネットで話題になっていました。

3位に好走した大迫傑選手なんてことも書かれていましたが、フォームを改善したり、ストイックに陸上に打ち込むところは同じかもしれませんね。

ペンネーム:えんろせ(50代・女性)

安藤まき

『陸王』7話のあらすじとネタバレ

新たなアッパー素材を求め、大地が懸命に動いている。

そんな中シルクレイ製造機が壊れてしまう。

もう陸王は作れない…その危機を乗り越えるためにもう一度機材を導入のために融資を相談するが断られた宮沢社長。

やはり1億円という額は大きすぎた。

飯山はフェリックスという会社からシルクレイの特許を買いたいという相談を受ける。

このままこはぜ屋にいても陸王は作れないので悩む飯山。

ニューイヤーマラソンでの評価が世間ではあまり認めてもらえなかった茂木選手。

こはぜ屋のために取材で陸王の話を持ち出すも、話題は毛塚選手にばかり向いてしまう。

銀行員の坂本は転職を決めた。

過去の業績ではなく未来の可能性を評価したいと投資会社で働くそうだ。

宮沢社長の力になれる時は相談してほしいと言う。

いい方向に向き始めたと思いきや、次々と困難に遭遇してしまうこはぜ屋。

宮沢社長がつまづきそうになった時、大地が就職活動ではなくこはぜ屋のために一日中頑張っていることを知る。

大地はこはぜ屋はまだまだ潰れないと信じているのだ。

息子の思いを受け止め、宮沢社長は坂本に相談した。

その後坂本は、投資はできないがこはぜ屋を売らないかと提案してきた。その会社はフェリックスだった。

『陸王』7話の感想

次々となぜこんなにトラブルが起きるのかと思ってしまいました。

茂木選手がこはぜ屋の協力者になり、これからだという時に、という感じです。

大地が会社のために懸命に多くの会社を回っていること、父である社長がちゃんと気づいてよかったなと思いました。

大地の行動が社長の思いを動かします。

この行動を無駄にしないためにも、こはぜ屋に協力してくれる会社をきっと見つけ出してもらいたいです。

こはぜ屋は茂木選手のために、茂木選手はこはぜ屋のために、お互いを必要としているのがよく分かります。

宮沢社長と茂木選手の絆、このまま固く結ばれたまま頑張ってほしいです。

ペンネーム:安藤まき(30代・女性)

yukimegu

『陸王』7話のあらすじとネタバレ

アトランティスに陸王の命でもあるアッパーを作る会社ラッセルとの契約を奪われ、宮沢と宮沢の息子、大地は代わりの会社をリストアップして探し回るがなかなか見つからない。

そんな中、陸王のもうひとつの命でもあるシルクレイを作るマシーンまでもが故障し、直すためには1億円の融資を銀行から受けて、借金していくしかない事実に直面させられる。

まさに大ピンチになったこはぜ屋に、宮沢は、息子や従業員の将来も考えて借金はできないと、半ば絶望的な日々を送る。

しかし飯山の後悔しない、諦め方をしろ、坂本にやる前から諦めるのは宮沢さんらしくないと言われて、考え立ち直る。

また、坂本が転職した先の会社で融資を受けることを交渉できることになり、希望の光が差す。

『陸王』7話の感想

こはぜ屋のこれでもかっていうぐらいのピンチに、さすがにもうダメかと思いながらも、応援していました。

シルクレイもアッパーも駄目なら、前向きになれなくなるのも当たり前です。

宮沢さんの落ち込み方に、いつもとは真逆の思考になっていることを感じ取りました。

しかし、そんな宮沢を大地が、諦めず信じながら、就職活動だと嘘をつきながら、行動していたこと、坂本の宮沢の本来の姿とは違いらしくないことなど、周りの応援がすごく心に沁みて、感動しました。

こういう時、周りの支えって大事なんだと人間の大切さを知りました。

ラスト、悪あがきしたいという宮沢の言葉、それでこそって感じです。

茂木選手にかけるコーチの厳しい言葉にも愛を感じました。

自分の人生切り開くのは自分しかいないと勉強させられる回でした。

これからもこはぜ屋を応援しています。

ペンネーム:yukimegu(30代・女性)

kumo

『陸王』7話のあらすじとネタバレ

橘社長を奪ったアトランティス社。

陸王のアッパー素材探しは一から出直しに。

大地は父親にひっそり隠れて、多くの企業へ陸王を売りこみ、なんとかアッパー素材の会社を探そうと奮闘します。

村野の宣伝効果もあり、陸王を履きたいという選手がそろったものの、ここで大事件。

シルクレイの装置が火事でただの鉄くずになってしまいます。

足軽大将が順調に売り上げが出てきた矢先の出来事、にっちもさっちもいかなくなる宮沢。

1億円の資金が必要ですが、銀行からは当然NOの返答。

さすがに銀行員の大橋も賛同できない、こはぜ屋の厳しい業績状況に何も言えません。

飯山はとある企業から、独占契約で特許を買い取りたいという連絡を受けます。

妻にこれ以上、まずい飯を食わせたくない思いで、話に乗ろうと思う反面、こはぜ屋の将来が気になり、すぐには返事をしません。

シルクレイの買収額は6000万円。

飯山の借金はすぐにでもゼロになる金額なのですが。

そんな厳しいこはぜ屋では、村野がとうとう切れて、チーム陸王から離脱。

選手を人一倍思う、村野だからこそした行為。

飯山は宮沢へ「経営者は難しな・・・。」と言葉少なく語ります。

ある時、銀行員・坂本と酒を交わす宮沢。

相変わらずの経営状況に、坂本も1億の融資は断ると告げます。

しかし、ただではない坂本。

人への「投資」という形なら、未来はあるかもしれないと提案をします。

その投資話、実は坂本は銀行を退職し、新たなベンチャー企業へ転職するからこそ提案できる話だったのです。

そして数日後、ベンチャー企業へ転職した坂本のところへ融資のお願いに参ります。

しかし、木っ端みじん。

現実は厳しく、融資の回答はなしでした。

しかし、秘密保持を条件に提示さえたのが、ほかでもない、こはぜ屋の買収という提案。

その買収元は、シルクレイを買い取ろうとしたフェリックスだったのです。

資金繰りで頭がいっぱいの宮沢。

この困難をどう乗り切るのか。

『陸王』7話の感想

いい意味でいつも、大胆な提案をしてくる、銀行員・坂本。

銀行ってある意味、安定した会社なので、思い切った行動をしたい、人を大事にしたい、という坂本にとっては、すこし窮屈だったのでしょうね。

それだけに、ある意味ベンチャー企業への転職は、向いているかもしれませんが、いつか坂本自身がいい人間だからこそ、つけこまれて騙されないか心配でもあります。

それにしてもまさかの「融資」という形での1億円ゲット提案。

さすがにこういう提案はできないし、なかなか乗ることも難しいのが現状。

単に陸王の開発だけでなく、こはぜ屋の従業員や陸王についた陸上選手の将来、生活がかかってますものね。

本当に、伝統ある会社で経営を担うっていうのは、とても責任重大だと感じました。

ペンネーム:kumo(30代・女性)

まとめ

ドラまる
2017年秋ドラマ『陸王』第7話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
8話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『陸王』見逃し動画をお得に見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

『陸王』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる540ポイントを利用して視聴!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA