陸王|6話の動画無料視聴はこちら【11/26放送回見逃し配信】

  • この記事を書いた人:マスダ

2017年11月26日(日)21時00分より放送のドラマ『陸王』第6話の感想やあらすじをご紹介していきます。

放送前は『陸王』第6話の期待度や気になる見どころ、放送後は感想や評価を順次アップしていきます。

リアルタイムでの放送を見逃してしまった…という方のために、見逃し動画を無料で見る方法もお届けしますので、ドラマ『陸王』視聴にお役立てください!

なお、こちらの記事はユーザーボイス記事となります。

ドラまる
ユーザーボイス記事って何?
ラマちゃん
DRAMAP読者さんからいただいた展開予想や感想をまとめた記事よ。
ドラマの解釈や楽しみ方は人それぞれ☆

読者さんの声をご紹介することで、新たな発見をしてもらえたら、うれしいわ!

スポンサーリンク

ドラマ『陸王』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法は?

『陸王』は放送終了後、1週間はTverで限定無料配信されますが、その後は削除されてしまいます。

1週間以上経過した回を安全かつお得に見るおすすめのVOD(ビデオオンデマンド)サービスはU-NEXTです!

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『陸王』はポイントレンタル配信されるので

登録時にもらえる600ポイントを使えば『陸王』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

ちなみにU-NEXTは『コウノドリ』1stシーズンをポイントを使わずに見られる見放題配信しているというところもオススメです!

『陸王』見逃し動画をお得に見る方法

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

※紹介している情報は2017年11月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

※最新話放送終了から数日間は配信がスタートしていない可能性がありますので、ご了承ください。

スポンサーリンク

ドラマ『陸王』6話のあらすじは?

2017年11月26日(日)放送のドラマ『陸王』6話のあらすじを紹介します。

いよいよ始まったニューイヤー駅伝。

怪我から復帰し、メンバーに選考された茂木(竹内涼真)が選んだシューズは、アトランティス社の「RⅡ」ではなく、こはぜ屋の「陸王」だった。

決意を新たに自分の出番を待つ茂木。

レースがスタートしてから順調にタスキをつなぐダイワ食品は、3位という絶好のポジションで、4区を走るエース・立原(宇野けんたろう)がスタート。

みんなの期待を一身に背負い走り始めた立原だったが、連戦の疲れからか、ほどなく失速してしまうと次々と順位を落としてしまった。

先頭から大きく差をつけたられたダイワ食品チームだが、いよいよ6区を走る茂木へタスキがつながれる。

同じ区間を走る毛塚(佐野岳)と静かに火花を散らす茂木。

そんな茂木の力走に、声をふりしぼって声援をおくる宮沢(役所広司)らこはぜ屋のメンバーたち…果たして勝負の行方は!?

公式サイトより引用)

スポンサーリンク

2017年秋ドラマ『陸王』第6話 放送前の期待度まとめ

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『陸王』第6話の見どころや期待度をご紹介いたします。

s.matu
来週は、ニューイヤー駅伝の結果が出るのですか、結果が出るのであれば、きっと区間記録を陸王を履いて出すのでしょう。

それによって、銀行の態度が180度変わるのですか、大手シューズメーカーは負を認めるのですか、こはぜ屋は、一人ひとりのつながりで、大きな組織になるのですか、多くの、支援者が集まるこはぜ屋に私も応援したくなるのですが、ともかくニューイヤー駅伝の結果がどうなるのかが楽しみな次回になることは間違いのないことだと思うのですが、興味心身ですね、一週間もあっという間です、来週が早く来るのが楽しみに待っています。

ペンネーム:s.matu(60代・男性)

宮田みき

ニューイヤー駅伝がスタートしました。

陸王に履き替えた茂木選手はどんな走りをするのか、期待します。

アトランティスのシューズを履いた毛塚選手との争いにも注目したいです。

毛塚選手に勝ってほしいとは思いますが、それよりも『陸王のシューズはやはり最高だ』と再確認できる走りをしてほしいと思います。

入社試験の面接に行かなかった大地ですが、こはぜ屋に就職を決めるのか、他にまた受けるのか、就職活動はどうなるのだろうと思います。

きっとこのまますんなりと茂木選手をサポートできるとは思いません。

陸王がダメなのではなく、また何かしらのトラブルがありそうな気がします。

ペンネーム:宮田みき(30代・女性)

てつや

これからレースが始まるというところで5話が終了しましたから、レースのシーンが6話での見どころになると思います。

レースのシーンは結構時間をかけて丁寧に描かれるような気がしますし、そうなっていることにも期待をしています。

よって、6話での楽しみなポイントはレースがどんな結果になるのかです。

毛塚と同じ区間を走ることになった茂木ですが、茂木は毛塚に勝利をして、その茂木が履いていた陸王が話題になり、こはぜ屋に対する世間の注目も一気に広まっていくのではないかと思いますし、そういった展開になることを楽しみにしています。

ペンネーム:てつや(20代・男性)

湊海

ニューイヤー駅伝で陸王を選んだ茂木が無事に復活できるのかが一番気になります。

アトランティス側は、茂木に裏切られたことで全力でこはぜ屋を潰しにかかると思います。

アッパー素材の会社を買収するのではないかと思います。

銀行の支店長も、なぜ執拗にこはぜ屋の融資を渋るのか不審に感じるので、彼もアトランティスに買収されているのではないかと思います。

陸王の量産化までは、まだまだ道のりが遠そうですが、宮沢の意外なアイデアで何とかピンチを切り抜けていけそうな気がします。

次々と協力者も増えているので、支店長の心変わりにも期待したいと思います。

ペンネーム:湊海(30代・女性)

さくら

こはぜ屋の陸王を履いた茂木選手が、今後どれだけ活躍してくれるのか、とても楽しみです。

まだまだ陸王発売までトラブルや苦労が待ち構えていそうですが、一致団結したこはぜ屋なら乗り越えられると信じて応援したいです。

ライバル企業アトランティスは、今後もあの手この手でこはぜ屋を邪魔してきそうで心配ですが、それだけアトランティスもこはぜ屋の陸王を脅威として見始めたことに、こはぜ屋の成長が見える気がして嬉しいです。

茂木選手の復活、そしてこはぜ屋の復活に今後も目が離せません。

迫力のあるマラソンシーンにも期待しています。

ペンネーム:さくら(20代・女性)

y,f

ニューイヤー駅伝の試合内容はとても気になります。

たぶん毛塚選手との一騎討ちは非常におもしろい展開になるのではと予想しますが、まだこの段階では茂木選手が勝つという展開にはならないような気はします。

この試合をきっかけにまた新たな陸王開発にも進んでいくような感じもします。

そしてアトランティスもこのまま黙っていないと思います。

こはぜ屋に対して色んな圧力が予想されます。

銀行だったり、協力してくれている人たちだったり。

きっとなりふり構わずこはぜ屋と茂木選手を潰しにかかる展開が予想されます。

それをどう乗り越えていくのか非常に楽しみです。

ペンネーム:y,f(30代・男性)

2017年秋ドラマ『陸王』第6話のあらすじネタバレと感想!

s.matu

『陸王』6話のあらすじとネタバレ

ニューイヤー駅伝で、区間記録を出した陸王。

しかしマスコミは、陸王の事は取り上げてはくれない。

しかしこはぜ屋は、陸王を販売を開始することに、しかし大手シューズメーカー、アトランチェス、陸王を超えるシューズ作りの為に,ベンチャー企業の繊維メーカーに圧力をかけて、こはぜ屋の妨害を始めた。

企業の生き残りをかけた駆け引きがいよいよ始まった、いよいよ大企業アトランチェスとの戦いと、新たなアッパー素材を求めてこはぜ屋が動きだす。

企業とは何を求めて何の為に商品開発をするのかが、問われるところまで来たのです、新たにサポート選手も決まりこはぜ屋の本当の勝負が始まりました。

『陸王』6話の感想

ニューイヤー駅伝で、陸王の知名度が広まるのかと思っていましたが、マスコミは相手選手の体調不良でシューズの事は何も報道されることもありませんでした。

それでも新たにサポートを希望する選手も集り、、こはぜ屋は本格販売を開始することに。

しかし、スポーツ用品売り場には、有名なメーカのシューズばかりが並ぶ現実にぶち当たり、sアッパー素材を提供してくれた、ベンチャー企業も、アトランチェスからの取引を持ちかけられ企業の存続をかけた、戦いが。

勿論企業が生き残るためには、何が必要かが、問われることに、しかし、こはぜ屋は更なる、良いアッパー素材を見つけ出すことが出来るのか、この後の展開が私たちの想像を超える展開になるのだと思い楽しみです。

ペンネーム:s.matu(60代・男性)

ゆみ

『陸王』6話のあらすじとネタバレ

ダイワ食品陸上部の茂木裕人選手は前回参加したレースで怪我をしてしまい、そこから地道にリハビリをこなしレースに復帰する。

茂木選手は、以前契約していたアトランティスのシューズを履いていたが、怪我をきっかけにこはぜ屋の足袋をきっかけに作られたシューズを履くことになる。

こはぜ屋のシューズで走法を変えリハビリをするとみるみる走りが良くなった。

しかしそんな茂木選手の様子を見たアトランティスは、自社の選手を取られたくないと新作のシューズを渡してレースで履いてくれと頼み込む。

そしてこはぜ屋は倒産しそうな会社だからやめたほうがいいと耳打ちをする。

復帰初レースのニューイヤー駅伝で、茂木選手はアトランティスでなくこはぜ屋のシューズを選んだ。

茂木選手の走る区間ではライバルで注目されている毛塚選手も走ることとなっている。

毛塚選手はアトランティスのシューズを履き、茂木選手はこはぜ屋。

二人の勝負はどうなるのか。

『陸王』6話の感想

私は中学高校時代に陸上部に所属し、昔から家族で箱根駅伝を観戦するほど陸上が好きなので、このドラマをすごく楽しみにしていました。

昔の人は足袋でマラソンレースを走っていたことを知っていたので、こはぜ屋の陸王は走りやすそうだなと思いました。

まだ現役で走っていたら陸王を履いて走ってみたかったです。

茂木選手を演じる竹内涼真くんも役作りに励んでいるのが伝わり感動しました。

個人的には、過去に箱根駅伝に出場した和田正人くんが走っているシーンをもっともっとたくさん見たいなと思いました。

陸王を通じて、陸上に興味がなかった旦那が駅伝のテレビを見るようになったりしているので、世の中に陸上のことがたくさん広まるドラマになっていると思います。

ペンネーム:ゆみ(20代・女性)

たっきー

『陸王』6話のあらすじとネタバレ

前回の話の最後でニューイヤー駅伝で毛塚との対戦がどうなったのかというところで終了していましたが、今回その決着が明らかになります。

最初横並びになったときに抜けなくてこのまままた負けてしまうのか、と思いきや最後の1キロで茂木が毛塚を抜くことができ区間賞を取ることができました。

陸王を発売するも値段の高さと知名度の低さからなかなか売れないところにアトランティスがタチバナラッセルを取り込もうと近づいてきます。

タチバナラッセルの社長から契約を来年の三月までにしてくださいと言われてしまい、アトランティスとの契約を結ぼうとしていました。

宮沢社長は三月までということで納得はしたものの、大迷惑だと吐き捨てて出ていこうとしたときアトランティスの営業部長と営業担当の佐山がやってきます。

いつもながらに嫌味を言われ、タチバナラッセルさんとの取引があるんですかとまで言われた宮沢社長ですが、先ほどの態度とはうってかわってタチバナラッセルさんの技術を評価してくださってるなら良かったと言い、それを聞いていた橘社長もアトランティスのシューズを少しでも良くするために頑張ることを誓います。

タチバナラッセルの代わりの素材を大地が探すと言ってくれたところで次回の予告になりました。

『陸王』6話の感想

せっかく区間賞まで取った茂木選手だったのに新聞では毛塚のことばかり書かれていて正直宮沢社長バリにイライラしてしまいました。

私が一番好きだったシーンは平瀬と茂木の入浴シーンで陸上部の監督がその会話を聞いていてマラソンが続けられなくても何か夢中になれるものを見つけられるといいなと言っていたその背中にジーンときてしまいました。

タチバナラッセルとのシーンもアトランティスとの契約を結んでしまった橘社長の立場がわからないでもなかったけど、そのあとのアトランティスと宮沢社長のやり取りでいかにタチバナラッセルがすごい企業なのかを説明していて自分たちを潰すためだけに利用しないでほしいと言っていたところでは自分の会社だって危ないのに他社の心配までできる宮沢社長はすごいなと思いました。

ペンネーム:たっきー(30代・女性)

まる

『陸王』6話のあらすじとネタバレ

「陸王」を履いた竹内涼真さんは、ニューイヤー駅伝で好成績を出しました。

それで、「陸王」は一気に脚光を浴びて、一般のランニングシューズとして売れるのかと思っていたら、売り上げに結びつくことはなく、『こはぜ屋』は相変わらず、経営状態が改善しません。

そんな中、「陸王」のアッパー素材を供給してくれているタチバナラッセルに、『こはぜ屋』を潰そうと考えている『アトランティス』が契約の話を持ちかけます。

役所広司さんの商品にかける思いは理解しているのですが、タチバナラッセルの経営状態も良くはないので、『アトランティス』を選んでしまいます。

『陸王』6話の感想

第6話でも、『こはぜ屋』の社長の役所広司さんは、アツイなぁと思いました。

中小企業の社長でも、役所広司さんのように商品に対するアツイ思いを持って、お店に自分で交渉に行ったり、タチバナラッセルに乗り込んで行って、アツイ思いを直接、伝えたりというのは、なかなか出来ることではないと思います。

特に、タチバナラッセルでは、目の前で相手を罵倒するような場面もあり、大丈夫なのかな?と心配になるほどでしたが、それを超えたところで、商品へのアツイ思いを感じました。

本当に良いランニングシューズを作りたいという思いが伝わりました。

涙もろい役所広司さんが、とても魅力的です。

ペンネーム:まる(30代・女性)

湊海

『陸王』6話のあらすじとネタバレ

運命のニューイヤー駅伝がスタートしました。

ダイワ食品の4区のエース立原がまさかの失速で、先頭集団から引き離されてしまいます。

6区を8位でスタートした茂木は、どんどん順位を上げ、4位の毛塚を捕らえます。

残り1㎞のところで一気に毛塚を抜いた茂木は3位で平瀬にタスキを渡します。

平瀬は2位でゴールし、茂木は区間賞に輝くという、最高の復帰戦になりました。

この結果に激怒したアトランティスの小原は、全力でこはぜ屋を潰すことを誓います。

一般発売にこぎつけた陸王の売れ行きが伸び悩む中、アトランティスがタチバナラッセルに接触し、次期RⅡのアッパー素材に提供するよう契約を取りつけます。

アッパー素材を失い、陸王の開発がまたふりだしに戻ってしまいましたが、大地はタチバナラッセルに変わる素材を必ず自分が見つけると宣言します。

『陸王』6話の感想

今回は冒頭のレースシーンが、一番の見せ場だったと思います。

茂木は8位スタートからでしたが、ただ順位を上げるだけではなく、風も計算に入れて、ライバルの毛塚を利用して一気に抜き去るという戦略は、とても安定した走りに繋がっていたと思います。

怪我に焦りを感じて、自暴自棄になっていた彼の姿はどこにも見当たりませんでした。

毛塚にもアトランティスにも圧倒的な実力を見せつけることができて、最高の復活を遂げられたと思います。

アトランティスの、ブランド力で圧力をかけるやり方には憤りを感じますが、この妨害にめげず、さらに完璧な陸王の開発に期待したいと思います。

ペンネーム:湊海(30代・女性)

いっけ

『陸王』6話のあらすじとネタバレ

いよいよ茂木選手が陸王を履いての試合、ニャーイヤー駅伝に出場した回でした!

茂木選手演じる竹内涼真くん、やる気と気合いに満ちた表情でスタートしました。

強い風の吹くなか、毛塚選手に迫る姿が勇ましいです。

選手自身の対応力が勝敗を分けます。

毛塚選手の背後につき、防風して体力温存して後半追い抜きました。

アンカーの平瀬選手、引退試合という頑張りもあり、ダイワ工業は優勝しました。

陸王は茂木選手の活躍をしっかりと支え、茂木選手は区間賞を取り結果を出すことができました。

しかしその後の報道で、毛塚選手が調子悪かったと出されました。

陸王は一般モデルとして店頭に出されることになりましたが、アッパー素材をアトランティス社に奪われてしまいます。

『陸王』6話の感想

茂木選手演じる竹内涼真さん、勇ましい表情を見せてスタートしました。

なんともキュートな感じにも見えて、おばちゃまたち皆が肩入れしたくなると思います!

この作品のテーマかと思われる、どん底から立ち上がる姿を見せてくれたと思います。

竹内涼真さんの人気の理由もわかった気がします。すごく応援したくなります‼

老舗の足袋屋さんという設定も好きです。

私個人的に靴を永遠と作っている作業には頭が下がります…。

役所広司さんの熱い演技も好きです。

よく涙されていて感動的なのですが。…こちらが涙に熱くなるという感じにはならないです。

ストーリー全体で感動だなと思えるドラマだと思います。

ペンネーム:いっけ(30代・女性)

まとめ

ドラまる
2017年秋ドラマ『陸王』第6話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
7話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『陸王』視聴率一覧はこちら

『陸王』あらすじネタバレまとめはこちら

『陸王』見逃し動画をお得に見る方法

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA