陸王4話の動画無料視聴はこちら!【11/12放送回見逃し配信】

  • この記事を書いた人:ナカムラ

2017年11月12日(日)21時00分より放送のドラマ『陸王』第4話の感想やあらすじをご紹介していきます。

放送前は第4話の期待度や気になる見どころ、放送後は感想や評価を順次アップしていきます。

リアルタイムでの放送を見逃してしまった…という方のために、見逃し動画を無料で見る方法もお届けしますので、ドラマ『陸王』視聴にお役立てください!

なお、こちらの記事はユーザーボイス記事となります。

ドラまる
ユーザーボイス記事って何?
ラマちゃん
DRAMAP読者さんからいただいた展開予想や感想をまとめた記事よ。

ドラマの解釈や楽しみ方は人それぞれ☆

読者さんの声をご紹介することで、新たな発見をしてもらえたら、うれしいわ!

スポンサーリンク

ドラマ『陸王』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法は?

『陸王』は放送終了後、1週間はTverで限定無料配信されますが、その後は削除されてしまいます。

1週間以上経過した回を安全かつお得に見るおすすめのVOD(ビデオオンデマンド)サービスはU-NEXTです!

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『陸王』はポイントレンタル配信されるので

登録時にもらえる600ポイントを使えば『陸王』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

ちなみにU-NEXTは『コウノドリ』1stシーズンをポイントを使わずに見られる見放題配信しているというところもオススメです!

『陸王』見逃し動画をお得に見る方法

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

※紹介している情報は2017年11月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

※最新話放送終了から数日間は配信がスタートしていない可能性がありますので、ご了承ください。

スポンサーリンク

ドラマ『陸王』4話のあらすじは?

2017年11月12日(日)放送のドラマ『陸王』4話のあらすじを紹介します。

紆余曲折がありながらも、ついに、ソールの素材として最適な硬さのシルクレイを作ることに成功した大地(山﨑賢人)と飯山(寺尾聰)。

「陸王」完成への道はまだまだだが、大きな一歩を踏み出したことを祝し、宮沢(役所広司)は2人に加え、ほかの社員たちも居酒屋「そらまめ」に集め、今までの苦労をねぎらう。

そして後日、次の段階へと移るため、宮沢は茂木(竹内涼真)の足型を取らせてもらうべく、ダイワ食品陸上競技部を訪ねるのだが…。

一方、茂木の怪我は会社にも伝わっていたところ、茂木は労務課から呼び出され担当者との面談に臨むと、陸上を引退して社業に専念してはどうかと提案される。

年齢的にも方向転換するには良いタイミングで、これから社員としてキャリアを積み上げていけるとアドバイスされる茂木。その言葉に茂木は……。

公式サイトより引用)

スポンサーリンク

2017年秋ドラマ『陸王』第4話 放送前の期待度まとめ

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『陸王』第4話の見どころや期待度をご紹介いたします。

てつや
シルクレイ作りになんとか成功した飯山と大地は、2人の絆が更に深まるのではないかと思います。

公式サイトのあらすじによると、宮沢は茂木の足型を取るために茂木を訪れるそうですが、茂木が会社から引退を勧められるそうですから、宮沢はその日茂木の足型を取ることが出来ずに終わると予想をしてます。

茂木は1度は引退を受け入れてしまいそうですが、そこで茂木が引退を勧められたことを知った宮沢は、茂木が引退を選択しないよう説得するのではないかとも予想をしています。

茂木と宮沢の絡みを見たいので、そういったシーンがあることを楽しみにしています。

ペンネーム:てつや(20代・男性)

スパソン
なんとかソールの強度は出来たが茂木に履いてもらわない意味がないランニングシューズ。

まだまだ小さな会社がどうアトランティスのR2を超えてスポンサーになれるかが見何処ろだと思います。

茂木の選手としての葛藤もあると思いますがまずはプロジェクトにまた一人もう一人と増えて行って欲しいです。

手塚に負けない茂木をみたいです。

選手としてまだ活けると思いながら恋愛する茂木とアトランティスが切り離そうとしている。

そこに陸王のランニングシューズができて届けて茂木が活躍する姿をみたいです。悔しがるアトランティス社の連中の顔がみたいです。

ペンネーム:スパソン(30代・女性)

AKB
シルクレイの試作品も完成し、いよいよ陸王の完成も近づき、こはぜ屋の雰囲気も良くなりそうな感じがします。

このまま、全てが上手くいってエンディングとならないのが、池井戸潤作品だと思っています。

予告では、茂木がケガを理由にいよいよ陸上部から退部を宣告されそうな雰囲気。

来週はここら辺が重苦しい前半の部分の焦点かなと、後半はすっかり落ち込んだ茂木をこはぜ屋が開発したシルクレイを使った陸王で復活の活路を目指していく姿が見えそうな雰囲気です。

また、アトランティス者のカリスマシューフィッター役の村野(市川右團次)も陸王開発に加わりそうな予感です。
ペンネーム:AKB(40代・男性)

まる
とうとう寺尾聰さんと山崎賢人さんが「シルクレイ」の開発に成功して、『こはぜ屋』が盛り上がるようです。

そして、その新しく開発に成功した「シルクレイ」を使った『陸王』を持って、竹内涼真さんと会えることになりました。

最初の商品では、問題があった点も改良されて、これなら、また陸上選手として活躍できるかもしれない!と、竹内涼真さん自身はもちろんコーチも、『こはぜ屋』のみんなも期待が高まるところですが、所属する会社からは陸上選手としては引退勧告を受けるようで、なんとかもう少し、結果が出せるようになるまで待って欲しいと思います。

ペンネーム:まる(40代・女性)

SPNM
今後は茂木やこはぜ屋がどのように今の厳しい状況を巻き返してしていくのかが楽しみです。

予告編では茂木とこはぜ屋が負け組扱いされていたので、ぜひ茂木には陸王を履いて復活して活躍して欲しいです。

またアトランティスのような大企業とは違ったこはぜ屋の人の暖かさが出るような茂木へのサポート体制や人間関係などが物語の醍醐味になってくると思うので、その辺りを広げてくれるようなストーリー展開を期待しています。

また大地が自分のやりたいことをどうやって見つけていくのか、また父の、大地を見守る暖かく見守る姿などが心を打たれるので、今後の親子関係の描写も面白い点だと感じています。

ペンネーム:SPNM(30代・男性)

ラベンダー
やっとマラソンシューズの完成が近づいてきて、こはぜ屋はますます活気に満ちた職場になるような気がする。

この従業員たちの仲がいいこととが見ていてほほえましい。また、大和食品の茂木選手がゆっくり復帰して、陸上界の大物選手になっていくと思う。

苦難をのりこえいろいろな壁を越えていく選手になり、毛塚選手を亀のように地道に追いかけ、いずれは前にいたという展開になれば面白い。

また、埼玉中央銀行の坂本が宮沢社長にいいアドバイスをしてくれる、なくてはならない存在になっていき、こはぜ屋のバックヤードはそろう。いずれはいろいろな顧客から信頼を受ける会社になっていくことになる。

ペンネーム:ラベンダー(50代・女性)

まあま
陸王の製品化に向けていよいよ話が進んで行くものと思います。

商品よりもまず大切にする選手をダイワ食品の社員も社内でさんざん言われていたので、選手を大切にしたいという同じ思いを持つコハゼ屋の社長に賛同し、会社を辞めて陸王のブマロジェクトに参画するのではないかと思います。

せして、茂木選手藻フォームの改善に成功し、徐々にライバルとの差を縮めていくことで、アトランティス社の内部でも焦りが出始め、銀行も手のひらを返したように融資の件についての話を持ってくるのではないかと思います。

陸王がどこまで認知されていくのか楽しみです。

ペンネーム:まあま(30代・男性)

クモ
アトランティスで働く、シューズフィッター村野がこはぜ屋に参入するかもしれません。

第3話では、茂木をなんとか故障から立ち直らせるための矯正シューズを願いでますが、上司からは強く「NO」という返事。

加えて、「転職すれば?」という生半可でない応答。

これには、アトランティスオフィスもざわつくシーンです。

まさかこの言葉きっかけに、村野も飯山みたいに転職するの?と気になるところです。

また予告シーンでは「負け組」は「負け組」同士。

というナレーションが入ります。

この「負け組」って何をさすのでしょう。

こはぜや?茂木?就職に失敗続きの大地?飯山?

陸王は高校の受注で1200足納品しますが、その成果も楽しみです。

ペンネーム:クモ(30代・女性)

2017年秋ドラマ『陸王』第4話のあらすじネタバレと感想!

ラベンダー

『陸王』4話のあらすじとネタバレ

ランニングシューズ「陸王」のソールが遂に完成した。

「シルクレイ」の未来を祝って飯山社長や宮沢社はみんなを集めてお祝いの場を設ける。

その場には飯山の妻や以前お世話になった銀行の坂本もいた。

和気あいあいな雰囲気でおわり、皆は家路へと向かう。

夜遅く帰る途中で飯山は誰かの姿に気づく。

また、復活を試みる茂木選手と何度も交渉した結果、ついに「シルクレイ」の履き心地を試してくれることへ道は開けた。

茂木もゆっくりとマラソンの表舞台に戻る準備を進める。

来年のマラソン大会に向けてのトライアルレースでは、宮沢の思いやシューフィッターの村野の応援を受けて茂木はひたすら走り続ける。

ブランクを心配していた中、茂木は何と先頭に立った。

だが、足をつり途中で倒れてしまう。

ケガの再発ではなかったことを聞き、宮沢たちはほっとする。

一方、アトランティスの社長小原は茂木を自分の会社のサポーターに戻すように佐山に指示をする。

『陸王』4話の感想

「陸王」の完成がなによりよかったと思った。

幻のソール「シルクレイ」を備えた「陸王」の完成までの道のりを見ることができ、勉強になった。

また、アトランティスの会社の中で、会社の利益に一心不乱に進んでいく小原社長役のピエールさんは本当悪役に徹しているところがすごみがまして引き付けられる。

社員の佐山を演じている吉本新喜劇の小藪の茂木に対する対抗心がよく出ていて面白い。

茂木選手たちの他にもたくさんいるマラソンランナーたちは走ることが好きでいることが伝わってくるし、仲間同士の励ましや会話なども青春っていいなと思う。

だが、大和食品陸上部の監督が成績のことにこだわっているところがすごく伝わってきて、監督って大変な仕事だと感じた。

ペンネーム:ラベンダー(40代・女性)

まる

『陸王』4話のあらすじとネタバレ

怪我でレースに出られない状態が続いている竹内涼真さんに対して、会社は陸上を引退して、会社の社員として業務に専念するようにと、引退勧告をします。

それでも、諦めきれない竹内涼真さんは、必死に練習をして、怪我も回復したので、トライアルレースに出場することにしました。

既に、アトランティスからのスポンサー契約は切られているので、こはぜ屋の陸王を履いて走る初めてのレースです。

どの選手もみんな本気で本物のレースのようです。

竹内涼真さんは、ラスト1周でトップの選手に並びます。

このまま勝利を夢見ていたところで、まさかの途中棄権。

『陸王』4話の感想

どうしても『陸王』を竹内涼真さんに履いてもらい、またレースで走れるようになってほしいという『こはぜ屋』の社長である役所広司さんの熱意がものすごく、とうとう元はアトランティスでシューフィッターを務めていた市川右團次さんまても支援してくれることになり、情熱が周囲を動かし始めたんだなと嬉しくなりました。

そして、トライアルレースを快調に走る竹内涼真さんを見ながら、私も「行けー!」と言いながら涙が出そうでした。

そして、レース後に「このシューズのせいで…」と竹内涼真さんが言うので何を言うのかと思っていたら「こんなに気持ちよく走れたのは初めて」と言うので、大号泣してしまいました。

ペンネーム:まる(30代・女性)

クモ

『陸王』4話のあらすじとネタバレ

ついに完成したシルクレイ。

しかし茂木選手の足型をもっていないこはぜ屋は、頭を下げにいくものの門前払い状態。

途方に暮れるチーム陸王。

時同じくして、茂木選手は、レースに出れない社員の起用を正社員として変えたい、という事実上のクビにやけになる。

ダイワ食品も最近、レースで結果を出せていない状況に、監督もピリピリムード。

選手の士気を高めようと、ニューイヤー駅伝選考を兼ねたタイムトライアルをする、と発表。

チームドクターの許可が下りた茂木もレースに参加することに。

一方、アトランティス社では、小塚を社員一同でヨイショをする始末。

シューフィッター村野は、選手に「調子はどうか」「意見を聞かせてほしい」と寄り添う姿勢を示す。

そんな村野の態度に苛立つ小原は結果・利益主義を主張し、真っ向から2人は対立する。

その様子を腰巾着としてみる佐山のずるい表情。

どんな時でも選手の声に耳を傾け、最適な靴の提供を手掛けたい村野は、意見の対立の結果、アトランティスを退社する。

そしてアリムラスポーツの店主の計らいで、ついに村野と宮沢社長は会うことに。

互いの「もの」「人」への思い、開発への意気込みは合致、村野は陸王の開発のメンバーとして参加する。

そんな村野のチーム参加に驚いたのはこはぜ屋はもちろん、小原。

ダイワ商品でのタイムトライアルの見学に小原、佐山、宮沢社長、そして村野は会うことになる。

開発した陸王で走る茂木。

ラスト1周、第4コーナーを曲がった途端、足がもつれ転倒した茂木。

ケガの再発も心配で落胆するものの、なんとか歩行はできる状態だった。

茂木にとってはやっと出会えたシューズ。

このレースで信頼を得たこはぜ屋。

互いは、熱い握手を交わし、サポート関係を結ぶことになった。

一方、小原は佐山へ指示。

「なんとしてでも茂木のアトランティス提供を手に入れろ!」と。

不穏な空気が流れ始めた夜、こはぜやの窓ガラスが割れる。

『陸王』4話の感想

村野さんと小原のやり取りが見ものでした。

今まで陸王一本で展開していて、飽きそうだった空気だったので、違うフィールドでの人間模様を1時間の役1/3を裂いて放送されていたので見ものです。

小原の利益・結果主義を掲げる真っ向から「正しい」と主張するのも会社の存続、小原自身の出世やプライドをかけているのは分かります。

どんな時も声のトーンが1つ低く、誰に対して権力誇示をする演技は上手いです。

また村野のシューフィッターとしての使命責任の演技どころも小原に負けじと食いつきがいいです。

茂木をレースい出場させるかどうか迷っていた時にアトランティス社の指示で出場させた小原・佐山の自己利益だけしか考えないメンツ。

今後もどんな意地悪を仕掛けるのか、佐山の腰巾着っぷりの演技も楽しみです。

ペンネーム:クモ(30代・女性)

ともゆう

『陸王』4話のあらすじとネタバレ

陸王を開発する宮澤さんの熱心さが伝わり、陸王を茂木選手に履いてもらった。

茂木選手にここまで気持ちよく走れたのは初めてだとまで言わせた陸王。

シューズヒッターの武藤さんも味方についたことで、より今後、陸王が多くの選手にはいてもらえるのではないかと感じるところであった。

アトランティスと契約を打ち切られ、陸王を履いた茂木選手ではあったが、タイムレースでいい走りをしたため、今後また、アトランティスの代表が茂木選手をまたサポートするのではないかとの疑問もある。

茂木選手が陸王を履いて活躍する姿が見たいところではある。こはぜ屋が発展していくことを期待してみたい。

『陸王』4話の感想

陸王を開発する宮澤さんの熱心さが伝わり、陸王を茂木選手に履いてもらい、ここまで気持ちよく走れたのは初めてだとまで言わせた陸王。

シューズヒッターの武藤さんも味方についたことで、より今後陸王が多くの選手にはいてもらえるのではないかと感じるところであった。

アトランティスと契約を打ち切られ、陸王を履いた茂木選手ではあったが、アトランティスの代表が茂木選手をまたサポートするのではないかとの疑問もある。

個人的には今後、茂木選手が陸王を履いて活躍する姿が見たいところではある。

しっかりとした走法を身につけるためには陸王が必要だと、茂木選手が自分自身で気づき、今後のサポートをずっと、こはぜ屋がしていくことを期待してみたい。

ペンネーム:ともゆう(20代・男性)

かわさん

『陸王』4話のあらすじとネタバレ

陸王に必要なシルクレイを完成させた宮沢社長は、茂木に履いてもらえるように何度もお願いするが断られる。

一方、茂木もアトランティスとの契約が再開できずやけになる。

選手を商売の道具としか考えないアトランティスに我慢できないシューズフィッターの村野は会社をやめるが、宮沢の熱意と陸王の魅力に仲間に入ることになる。

シューズをよく知る村野の勧めもあり、ようやく、茂木の足に陸王が届けられる。

ダイワ食品内の大会選手を決めるレースがはじまり、陸王を履いた茂木は、最終コーナーで、トップの選手を追い込み、もう少しでトップというところで足がつりリタイアする。

陸王を試した茂木は、その良さに気づき、ついに、こはぜ屋のサポートを受けることになる。

『陸王』4話の感想

なんども断られても、茂木に会いにゆく、宮沢社長の姿に感心した。

そして、その熱意が、アトランティスをやめた村野にも伝わり、心強い味方を得た宮沢社長の笑顔がなんとも言えずよかった。

そして、ついに茂木は、陸王を履いてトライアルレースを走る。

その姿を見た宮沢社長の目から涙が溢れ、そばにいる村野の目にも涙がうつり、見てるこちらも涙が出そうになった。

Jupiterが流れる中、もう少しで、茂木がトップといういうところで、足をつるシーンという悲しい出来事がおこり、万事休すと思ったが、最後は、茂木の怪我も軽傷で、こはぜ屋のサポートと受けさて下さいと言った時には、思わず万歳をしたくなった。

ペンネーム:かわさん(50代・男性)

ぱんぱんだ

『陸王』4話のあらすじとネタバレ

飯山と大地の頑張りもありソールの素材に適した耐久性のあるシルクレイの開発に成功した宮沢社長は、茂木選手の足形をとらせてほしいとダイワ食品陸上部のところへ訪れます。

しかし、監督はけがが治ればまたアトランティスのサポートを受けられるからと断ります。

一方、茂木は会社側からレースに復帰できなければ早いうちに陸上をやめるようにと提案されます。

窮地に陥った茂木選手。

宮沢社長は茂木に足形をとらせてほしいと直談判しますが、やはり断られてしまいます。

しかし、社長はあきらめません。

そんなとき、「ニューイヤー駅伝」に出場するため、部内選考が行なわれることになりました。

ドクターからのOKも出て茂木も通常練習をできることになり、部内選考に参加することになった茂木選手は、アトランティスからのサポートを受けられると思っていたのですが、サポートは断られてしまいます。

そんなアトランティスのやり方に納得がいかないシューフィッターの村野は会社をやめてしまいます。

スポーツ店経営の有村の尽力もあって村野と宮沢が出会います。

そして村野は陸王のアドバイザーになります。

村野の力もあり「茂木モデルの陸王」が完成するわけです。

部内トライアルの日に茂木のもとへ村野と宮沢が「ニュー陸王」を持っていき、茂木は村野から市販のシューズではなく「陸王」を履いてトライアルに参加してみないかと言われます。

そして茂木は陸王を履いて挑戦することに。

しかし、調子よく走っていた茂木選手ですが、最後、足をつってしまいリタイヤしてしまいます。

幸い、故障が再発したわけではなく一安心だった茂木は「陸王」はとても履きやすかったと話し、宮沢に正式にサポートをお願いしたいと依頼します。

茂木の走りを見ていた小原部長は茂木の復活を見抜き、部下の佐原にもう一度サポートを取り返すように命じます。

最後に飯山に暗雲が立ちこめている様子で次回へと続きます。

『陸王』4話の感想

まあ、アトランティスの非情さが本当に見ていて気に入らなかったです。

選手のことをアトランティスのための道具としか思っていない会社の姿勢、ピエール瀧演じる小原部長が本当に憎らしいのです。

悪役を演じるピエール瀧が上手いと言うことなのでしょう。

反して選手を思うシューフィッターの村野の熱い気持ちがやっぱり池井戸作品って感じでした。

村野が陸王完成に尽力したことにより、茂木がようやく陸王を履いてくれることに胸が熱くなりました。

宮沢社長の夢が一つ叶ったわけですから。

今後も、一つずつ夢が叶っていくといいなと願っています。

でも、強敵アトランティスの存在や飯山に嫌な黒い影が見え隠れしていて、波乱がまだまだおきそうで心配です。

茂木選手の走りを見ていて、体がぶれずに走っている姿は長距離ランナーという感じで、、竹内さんは努力されているのだろうなと感心して見ていました。

ペンネーム:ぱんぱんだ(40代・女性)

まとめ

ドラまる
2017年秋ドラマ『陸王』第4話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
5話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『陸王』視聴率一覧はこちら

『陸王』あらすじネタバレまとめはこちら

『陸王』見逃し動画をお得に見る方法

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA