陸王2話の動画を無料視聴する方法と感想【ドラマ見逃し配信】

  • この記事を書いた人:DRAMAP編集部

2017年10月29日(日)21時00分より放送のドラマ『陸王』第2話の感想やあらすじをご紹介していきます。

放送前は第2話の期待度や気になる見どころ、放送後は感想や評価を順次アップしていきます。

リアルタイムでの放送を見逃してしまった…という方のために、見逃し動画を無料で見る方法もお届けしますので、ドラマ『陸王』視聴にお役立てください!

なお、こちらの記事はユーザーボイス記事となります。

ドラまる
ユーザーボイス記事って何?
ラマちゃん
DRAMAP読者さんからいただいた展開予想や感想をまとめた記事よ。

ドラマの解釈や楽しみ方は人それぞれ☆

読者さんの声をご紹介することで、新たな発見をしてもらえたら、うれしいわ!

『陸王』見逃し動画をお得に見る方法

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

スポンサーリンク

ドラマ『陸王』2話のあらすじは?

2017年10月29日(日)放送のドラマ『陸王』2話のあらすじを紹介します。

「こはぜ屋」存続のために取引先銀行から勧められた提言を振り切り、「陸王」開発の覚悟を決めた宮沢(役所広司)。

しかし、開発への道のりは遠く険しいものだった。目下、いちばんの懸案事項となっているのは、靴底のソール部分だ。試作で採用された生ゴムのソールでは、ランニングシューズで求められる耐久性は望めなかった。

そこで従来の素材に見切りをつけた宮沢は、以前、坂本(風間俊介)から紹介された、繭で作られた特殊素材「シルクレイ」を思い出す。ソールの素材としても期待のできる有望なものだと、ランニングインストラクターの有村(光石研)から太鼓判を押されたシルクレイだが、その特許を持つのは飯山(寺尾聰)という人物だ。

飯山は2年前に自社を倒産させてしまい、それから消息不明だったのだが、坂本の助けもあり宮沢は飯山と会えることに。

しかし、飯山は……。

公式サイトより引用)

スポンサーリンク

2017年秋ドラマ『陸王』第2話 放送前の期待度まとめ

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『陸王』第2話の見どころや期待度をご紹介いたします。

まる
『こはぜ屋』のメインバンクからの提案を封じ込め、社長の役所広司さんは、足袋を使ってランニングシューズ作りに挑戦していきます。

そのランニングシューズの開発には、どうしても欠かせないソールの素材については。

特許を持っている寺尾聰さんの協力が必要不可欠だと考え、協力をあおごうと奔走するのだと思います。

寺尾聰さん自身が、その開発のせいで自分の会社を倒産させてしまった経緯があり、自分の二の舞をさせてはいけないと、最初は協力を拒むと思いますが、役所広司さんの本気度を感じて、自分が成し得なかった夢を託すと思います。

ペンネーム:まる(30代・女性)

ぷりん
『陸王』第2話では寺尾聡さんが出てくるようですね。

ランニングシューズの大事なソール部分に関わる人物になるようですが、なかなかそううまくは行かないようです。

どうやってそれを乗り越えていくのかが楽しみです。

そして竹内涼真さんが演じる茂木裕人が次回こはぜ屋のランニングシューズを履いてくれるのかが気になる所です。

これからもっと親密に関わっていく事になる事を期待するばかりです。

また、『陸王』第1話を見ただけでも、普段ドラマには出てこない様な出演者がたくさん出てきました。

作家の阿川佐和子さんや芸人の小藪千豊さんなど歌舞伎役者や再現ドラマ役者の方々など幅広い方が出演していて、次回は誰が出てくるかも楽しみのポイントです。

ペンネーム:ぷりん(30代・女性)

エンロセ
やはり、宮島と茂木選手が出会ってほしいと思っています。

もちろんシューズの開発ストーリーは面白いのですが、陸上好きとしては茂木選手と毛塚選手のライバル対決とか、茂木選手がけがと戦いながらシューズによって復活なんてストーリーになるのではないかと思い、とても楽しみにしているのです。

また、実業団のチーム選手たちは原監督にしっかりとトレーニングを受けていると聞きます。

個人的に和田正人さんのファンで「赤坂5丁目マラソン」でも好走、ドラマを盛り上げてくれました。

和田さんがランナーとして活躍するシーンが見たいと期待しています。

チームメイトが出てくるとなるときっと駅伝シーンですよね。

是非、駅伝でチームが優勝!というストーリーに展開してほしいと思っています。

日曜劇場は池井戸作品が続き、業種が違うだけで、だいたい同じ内容じゃない?とかいう人もいます。

スタッフや脚本も同じなので確かに似通っているなと思いましたが、視聴者の期待をよい意味で裏切るような作品になってほしいと思っています。

ペンネーム:エンロセ(50代・女性)

まあま
『陸王』第2話では、マラソン選手が実際にマラソン足袋を掃いてどのようにストーリーが進んでいくのが楽しみです。

実業団の監督は怪我をどうするのかに神経を使いそうでしたし、大手メーカーのマラソンシューズとマラソン足袋のどちらがいいのかの争いが始まり、最初は大手も相手にしなかったが、怪我をしたマラソン選手がフォーム改造に成功し、調子があがってくるのではないかと思います。

マラソン足袋はまだ耐久性が低いため、最終的には大手と手を取り合ってマラソンシューズとマラソン足袋のいいところを融合した最強のマラソンシューズが誕生するのではないかと思います。

ペンネーム:まあま(30代・男性)

私としては茂木とこはぜ屋がどのように手を組んで挫折を知っている両者の底力をいかに発揮して大企業を倒していくのかがとても気になるところです。

坂本(風間俊介)は転勤で地方に飛ばされてしまうがそのまま終わってしまうような人では無い印象なのでどこかでまた登場してくるのではないかと思っています。

あと、試作品についてはダイワ食品の一部の人はこの靴がすごいのではないかとおもっている節があるのでこれからどのように絡んでいくのかが楽しみです。

宮沢(役所広司)の息子は意地になっているだけだと思うのでこれからの展開で親子で会社を立て直していく展開になるのではと思っています。

ペンネーム:蔵(30代・男性)

とくさん
『陸王』第1話の最後で怪我をしたマラソン選手に陸王が手渡されたので使ってみた感想からより開発が進むのでは、と思う。

スニーカー店のランニングインストラクターの話では試作品はミドルフット着地は出来ているもののインソールがまだまだなためすぐに履き潰してしまうとのことだった。

大手は開発に長時間、大金を費やすとのことであてにしていた学校との取引もダメだったのでいかにしてやりくりをするかも、見どころだと思う。

まず思いつくのは試作品をシティスニーカーとして売ることだがそれはやめてほしい。

実際に開発出来たときの反響が小さくなってしまうからだ。

『陸王』第2話も楽しみだ。

ペンネーム:とくさん(30代・女性)

あゆみ
茂木がこはぜやさんのマラソン足袋を受け取ったので、おそらくその機能の高さにそのマラソン足袋を使って走法を変えようとするのではと思います。

また、こはぜやさんは、銀行の融資を断ってしまったのでさらに軽々状況は悪化しています。

しかし坂本が、ソールの素材としてどうかとを初回の最後に勧めてくれたのでそのソールの素材を使うために、特許を持っている人と交渉するのだと思います。

きっとその交渉はなかなか上手くいかず社長は苦労するのだと思います。

ソールの素材となる特許を持った人が、すぐに応じてくれればと思いますが、そうはいかないことは予想できます。

ペンネーム:あゆみ(50代・女性)

narapura
応援してくれていた銀行員が転勤となり、この後いったいどのような資金繰りの苦難が襲いかかるのか?

また、そこに手をさしのべてくれる救世主は現れるのか?

大手スポーツメーカーとのランニングシューズのコンペティションの結果はいかに?

2代目社長の息子が家業の足袋屋を本気で継ぐ意気込みに早くなってほしいですね。

しかしあの故障したマラソン選手はいつ2代目社長と接触することになるのだろうか。

案外先に息子との接触があって、その後に2代目社長か?

いやいや、実は2代目社長の娘と何らか出逢いがあるかもしれない。

ドラマ『陸王』は人間のつながりの展開が楽しみなドラマです。

ペンネーム:narapura(50代・男性)

スポンサーリンク

2017年秋ドラマ『陸王』第2話のあらすじネタバレと感想!

五月

『陸王』のあらすじネタバレ

第2話はやっと見つけたシルクで出来た素材の人物を探す所から始まります。

中々見つけれなかったが寺尾聰演じる社長を見つけようやく話しをする事ができるが違う会社も飯山の特許を狙っていた。

お金の亡者の飯山に頑張って交渉を粘り強く宮沢はする。

その一方茂木は全然走れないでいた何度か陸王を手に取るが半信半疑でソールの薄さに疑問を持っていた。そんな中茂木にスポンサーサイドから契約打ちきりの話しも出た。

怪我に苦しむライバルに差が出る焦り出していた。そして宮沢は飯山と一緒に飯山の潰れた会社に向かう。

機会を見せてもらい一緒にプロジェクトを組む。茂木もまた足袋で作ったランニングシューズを履きランニングをする。

『陸王』の感想

やっと陸王を履いてくれました。走るのにソールが薄いのがいいのかと思いながら第2話を見ました。

中々上手く進まないシューズ作りにこだわり続ける日本の伝統を見れて足袋ってすごいと感心しました。

出ているキャストもピッタリだと思います。

小籔千豊の憎たらしさにイライラしました。

ビジネスだからしょうがない世界。

陸上を通じてスポンサーと選手と中々見れない所がこのドラマで見れるのが良いです。

プロの作る伝統をもっと知りたいと思える選手の怪我もまた大変なんだと分かりました。

息子と親との葛藤など色々見れる作品なので夢中で見てしまいました。

ペンネーム:五月(30代・女性)

とも

『陸王』のあらすじネタバレ

ランニングシューズ「陸王」の開発を進める宮沢たちは、シューズの命ともいえるソールの耐久性の壁にぶつかります。

元担当銀行員の坂本からソールの素材にどうかと「シルクレイ」という素材を紹介されます。

薄さにこだわる「陸王」のソール「シルクレイ」の軽さや柔軟性は申し分ないものでした。

ぜひその素材をソールにと動き出した宮沢たちですが、「シルクレイ」を開発した会社はすでに倒産し、その特許の所持者である飯山を探し出します。

しかし、飯山は特許の使用料年間5,000万円と施設の投資を持ち掛けます。

すでに海外大手の化学工業に契約の話を持ち掛けられていた飯山は宮沢に同じ条件を持ち掛けたのです。

一度は「シルクレイ」の使用をあきらめかけた宮沢でしたが、「陸王」の完成に「シルクレイ」は必須。

海外大手にはない自分たちの誠実さ、仕事に対する熱意を飯山に見て感じてもらおうと必死に懇願し続けます。

その熱意に押され、飯山は宮沢の経営するこはぜ屋に足を運びます。

こはぜ屋の現場に触れ、昔の開発熱意を思い出した飯山は海外大手に自身の倒産の過去を理由に契約を破棄されたことをきっかけに宮沢へ「シルクレイ」の使用を許可し、「陸王」の開発に協力していくこととなりました。

一方、試作「陸王」を受け取っていたダイワ食品陸上部エースの茂木はケガとランニングフォームのチェンジに苦しみついには、アトラスとのスポンサー契約も失ってしまいます。

苦しみぬいた茂木は救いの手にすがるかのように「陸王」を試してみるのです。

『陸王』の感想

第2話もそれぞれの登場人物の心情が描かれとても見ごたえのあるドラマに仕上がっています。

お決まりではあるのですが、役所広司の熱弁とそれに奮い立たされる人物たちがよく描かれています。

特に今回は「陸王」の要であるソールの素材を手に入れられるかどうかという話で、その相手が寺尾聡という相変わらずの豪華布陣。

終盤の特許使用の許可と製造マシンを貸すという寺尾聡と役所広司の演技にグッときました。

荒んでいた寺尾聡の表情が最後には晴れやかに描かれているのがとても印象的でした。

お決まりの話なのですが、毎回クライマックスのような話に今週も心打たれました。

ペンネーム:とも(40代・女性)

AKB

『陸王』のあらすじネタバレ

足袋問屋のこはぜ屋は新しい事業の一つとして、ランニングシューズの開発を手掛けるようになる。社長の宮沢(役所広司)を中心に頑張るものの思うように開発は進まない。

社員の中には、完成するかどうかも分からないシューズ開発を今すぐにでもやめてほしいという声も上がる。

そんな中、以前こはぜ屋の融資担当だった銀行員(風間俊介)から一つの手掛かりを手に入れる。それが『シルクレイ』と言われる素材だった。

しかしこの素材を使用するには、特許使用料が掛かる事が分かる。

さらにこの素材を開発した会社はすでに倒産。

まずは社長(寺尾聰)を探す事から始める。

やっと見つかるも特許使用料は『年間5000万』という条件を突きつけられる。

今のこはぜ屋にとっては簡単に払える金額ではなかった。

幾度となく断られるも、こはぜ屋の本気でシューズ開発に取り組む姿に心を打たれ、シルクレイの仕様を許可する。その一方で不振にあえぐ、陸上長距離選手の茂木(竹内涼真)は以前、こはぜ屋から送られていた陸王に復活の兆しを見出すことになる。

『陸王』の感想

池井戸ドラマの典型的な流れで、ストーリーは何となく読めるのだが、それでもワクワクしながら見てしまう自分がいます。今週放送された第2話もシューズ開発に欠かせない人物が登場しました。

あと何人キーとなる人物が出てくるか楽しみです。

それにプラスして、まだまだこの先問題がどんどん出てきそうな雰囲気だと思います。

それを一つづつクリアしていく為にみんなで助け合う姿は見ていて素晴らしいと思います。

個人的には山崎賢人が後々のキープレイヤーになると踏んでいます。

あと、縫い子さんの『あたしゃ、やめないよ』が決め台詞の人も密かなキープレイヤーだと個人的に思っています。

ペンネーム:AKB(40代・男性)

まる

『陸王』のあらすじネタバレ

足袋を使ったランニングシューズの開発に必要な「シルクレイ」という素材の特許を持っている寺尾聰さんを探し出したのは良いのですが、大手からも引き合いがあるようで、なかなか役所広司さんの『こはぜ屋』の誘いには乗ってくれません。ところが、なんとか頼み倒して、『こはぜ屋』の工場を見てもらうと、それまで渋っていた寺尾聰さんがイキイキとしてきます。

その後、契約が決まりそうだった大手から断られてしまい、寺尾聰さんは『こはぜ屋』に自分の持っている「シルクレイ」の特許を使いランニングシューズを開発する協力を承諾しました。

『陸王』の感想

大手のランニングシューズの契約を切られ、どん底の状態の竹内涼真さんに対して、コーチが「全部、自分の責任だ。もう終わりさ」と言った時には、竹内涼真さんと一緒に泣いてしまいました。

でも、コーチは本当に竹内涼真さんに自力で這い上がってほしくて言っているのだろうと思いました。

目を見ていうのではなく、あえて背中越しに「這い上がれ」と言うシーンにグッときました。そして、役所広司さんの息子の山崎賢人さんは、就活がうまくいっていなくて、そんな山崎賢人さんは寺尾聰さんを見て、家業を真剣に継ごうかと考え始めたきっかけが見えたようで、若い2人の転機を見た気がしました。

ペンネーム:まる(40代・女性)

ahmk

『陸王』のあらすじネタバレ

無敵のソール素材「シルクレイ」の特許を得るべく、飯山という特許保持者の接触を必死で試みる、宮沢社長はじめ、こはぜや社員。

ついに飯山という人物に接触できたものの、生活苦から、すでに大手企業「シカゴケミカル」に特許を譲る話をすすめており大金を用意できないなら、こはぜやには特許は譲れないと、何度も断られる宮沢。

「シルクレイ」の開発に成功したものの、倒産に追い込まれた飯山に、ぜひともこはぜやの工場を見に来てほしいと飯山が工場へ。

こはぜやの仕事ぶりに感心するも、特許を譲る話しは断られてしまう。

そんな頃、怪我からの復活に焦る茂木はスポンサー契約を打ち切られることになりコーチからも「全てを捨てて、ミッドフット走法で這い上がれ」といわれ、ついに陸王を履く時が訪れる。

シカゴケミカルから、「信用できない」と、特許契約が破断した飯山は、宮沢にシルクレイ開発機を格安で貸すこと、特許を譲ること、自分を陸王開発プロジェクトチームに入れてもらいたいと頼む。

ついにシルクレイをソールに使用できることになり涙を流して喜ぶ宮沢だった。

『陸王』の感想

とにもかくにも、第2話は寺尾聡さんの演技の凄みが光まくる、この一言につきます‼︎

豪華キャストが話題の陸王ですが、個人的には飯山を演じた寺尾聡さんの出演をとても楽しみにしていました。

「シルクレイ」の特許をエサにこはぜやに大金を要求、大手企業とこはぜやを両天秤にかけろくに職にもつかず、妻やその他大勢の人達に迷惑をかけている飯山のすさんだ現状。

怪我を理由にスポンサー契約破棄、先の見えない茂木。

学んだ知識を活かした職に就きたい想いと裏腹に就活に失敗し続け自分を見失う長男。

断られ続けても、頭を下げ相手の尊敬すべきところを言葉にして伝え、人の心を変える宮沢。

どの人物にも、自分の体験や辛い苦い想いと交錯する部分があり、宮沢社長のように人の想いを大切にして一日一日精一杯頑張ろう‼︎と心から思わせてくれるドラマです。

ペンネーム:ahmk(40代・女性)

kazu464

『陸王』のあらすじネタバレ

「こはぜ屋」の社長・宮沢は足袋型ランニングシューズのソール部分の耐久性が悪いのが気になってしょうがない。

銀行員・坂本が前に紹介してくれていた「シルクレィ」を使う事とする。しかし、「シルクレィ」の特許権を持って居る飯山が行方不明、坂本の助けで飯山を見つけ話す事が出来る。アメリカの化学大会社に特許権を売る事に成って居たが断られる。

飯山は「こはぜ屋」へ来て、特許権を譲る、一緒にランニングシューズの作成のプロジェクトに入れて呉れと言いだす。

ランニングシューズの作成のプロジェクトは大体決まる。

実業団ランナー・茂木は怪我後スランプに成ってしまって居て選手の推薦から漏れてしまう。

どうしようもなく成った茂木は足袋型シューズを履くことを考えるように成る。

飯山の特許権使用料は年間5000万と言う条件で有ったが、宮沢には金が無かった。

アメリカの化学大会社(特許権使用料は年間5000万を払う)に断られた後は「こはぜ屋」に全面協力を申し込む。

飯山を「こはぜ屋」の会社見学させていたのが功を奏した様であった。飯山は貧乏な生活をしていて金を欲しがるのは当然であるが、本心は「シルクレィ」を開発していた時の様な充実した気持ちになりたかった様であった。

茂木の怪我後のスランプは並大抵では無くスポンサーにも断られてしまう、二進も三進もいかない状態で藁にも縋りたい状態で足袋型シューズを履きだす姿は思いつめた様子で有った。

『陸王』の感想

飯山の特許権使用料は年間5000万と言う条件で有ったが、宮沢には金が無かった。

アメリカの化学大会社(特許権使用料は年間5000万を払う)に断られた後は「こはぜ屋」に全面協力を申し込む。

飯山を「こはぜ屋」の会社見学させていたのが功を奏した様であった。

飯山は貧乏な生活をしていて金を欲しがるのは当然であるが、本心は「シルクレィ」を開発していた時の様な充実した気持ちになりたかった様であった。

茂木の怪我後のスランプは並大抵では無くスポンサーにも断られてしまう、二進も三進もいかない状態で藁にも縋りたい状態で足袋型シューズを履きだす姿は思いつめた様子で有った。

ペンネーム:kazu464(60代・男性)

れみ

『陸王』のあらすじネタバレ

次に役所広司が目をつけたのが、シルクレイというもので、ただそれは寺尾聰が特許持っていた。

しかし寺尾聰の会社は2年前に倒産しており、寺尾聰探しから始まりました。

その後、風間俊介に紹介され会えたのですが、5000万円という、役所広司が出せないお金を提供してきました。

なかば諦めていたころ、息子の山崎賢人と言い合いになり「面接で落とされて、まるで俺はいらない人間のように…」と言ったことによりヒントを得て、役所広司は寺尾聰を自分の工場に誘った。

そこで物作りの最初の頃の気持ちを呼び起こそうとしたのです。

一方で怪我をした竹内涼真は、アトランティスからも契約を切られ、屈辱を受ける。

そして陸王を始めて履いて走ってるところで終わりました。

『陸王』の感想

第2話も面白かったです。

寺尾聰の演じる、難癖のある演技がとても良かったです。

そこで役所広司が何回も顔を出す時に、役所広司の人の良さが出て来て、自分の工場に呼んで、寺尾聰が目をキラキラさせて、イキイキしてるシーンがとてもヨカッタです。

そこで寺尾聰は大手会社から契約を破棄にされ、そこで役所広司が電話をして、寺尾聰が「本当にしつこいヤツだな」とブランコに乗っているシーンは、背中が哀愁漂わせてて、とても良かったです。

これかは寺尾聰も陸王に関わってくるのかと思うと、わくわくして、とても楽しみで仕方がないです。

ペンネーム:れみ(30代・女性)

yukimegu

『陸王』のあらすじネタバレ

足袋一本で第3世代まで続けてきたこはぜ屋だったが、ランニングシューズ陸王を作ると言う新しい試みに出るが、まずはランニングシューズを作る上での素材シルクレイが必要になってくる。

シルクレイの特許を持っている飯山はすでに海外の別クライアントとも契約しており、高い投資をしないと特許は許可できないと厳しい対応をする。

役所広司演じるこはぜ屋の社長は、それでも諦めることなく、飯山に何度も会いに行き、交渉する。

社長の人柄が買われて、会社の経営工程を実際に見た飯山はシルクレイの特許の許可の代わりに、シルクレイを作っている機械を使用する権利を、安い値段で与え渡すことを許可する。

『陸王』のあらすじネタバレ

ランニングシューズ陸王が作られるまで、色んな苦労があると思うが、この作品はそれを前向きに描き感動する描写となっていて、モノづくりの工程で関わった人間関係の大切さみたいなものも描かれていて、見ていてテレビの前で応援したい気持ちになるし、諦めないで生きていく姿に感動して、こはぜ屋の一員となって頑張っている従業員のように、私も自分の人生諦めず努力したいって勇気をもらいました。

役所広司さんの自然なお芝居の中に、強さを秘めた信念を引き出す演技が素晴らしいと思い、毎回、演技力にも注目しながら見ているので、1時間があっという間です。

最終回まで必ず、全話欠かさず見ます。
ペンネーム:yukimegu(30代・女性)

ドラマ『陸王』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法は?

『陸王』は放送終了後、1週間はTverで限定無料配信されますが、その後は削除されてしまいます。

1週間以上経過した回を安全かつお得に見るおすすめのVOD(ビデオオンデマンド)サービスはU-NEXTです!

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『陸王』はポイントレンタル配信されるので

登録時にもらえる600ポイントを使えば『陸王』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

ちなみにU-NEXTは『コウノドリ』1stシーズンをポイントを使わずに見られる見放題配信しているというところもオススメです!

『陸王』見逃し動画をお得に見る方法

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

※紹介している情報は2017年10月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

※最新話放送終了から数日間はまだ配信がスタートしていない可能性がありますので、ご了承ください。

まとめ

ドラまる
2017年秋ドラマ『陸王』第2話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
3話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『陸王』視聴率一覧はこちら

『陸王』あらすじネタバレまとめはこちら

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA