ドラマ【陸王】2話ネタバレ感想。クライマックスのような重厚感!

  • この記事を書いた人:ナカガワ

『半沢直樹』や『下町ロケット』でも知られる池井戸潤の原作ドラマは2017年秋ドラマの中でも大注目の作品。

毎回目が離せない構成は、前作同様です。弱小企業や弱い立場の者が自分の道を信じて、困難に立ち向かいながら進んでいく物語に今回も目が離せません。

「陸王」は、時代の波に飲まれそうになっていた老舗の足袋屋が、最後の望みをかけたランニングシューズの開発やそれを支えた人たちの物語となっています。

スポンサーリンク

ドラマ『陸王』2話ネタバレと感想

老舗足袋屋「こはぜ屋」の起死回生をと開発を進める「こはぜ屋」4代目社長の宮沢紘一(役所広司)とその社員たちは、ランニングシューズの命とも言えるソールの耐久性の壁にぶつかります。

元担当銀行員の坂本(風間俊介)からソールの素材にどうかと「シルクレイ」という素材を紹介されます。

この銀行マンも可愛い顔をしていますが、類にもれず、熱のある人物です。

担当を外されていればなんのアドバイスもしてくれないのが通常ですが、色んな面で宮沢社長をサポートしてくれます。

きっとこういう社長の下には、こういう熱のある人達が集まってくるんでしょうね。

薄さにこだわる「陸王」のソールに「シルクレイ」の軽さや柔軟性は申し分ないものでした。

ぜひ「シルクレイ」をソールにと動き出した宮沢たちですが、「シルクレイ」を開発した会社はすでに倒産していました。

しかし、宮沢はその特許の所持者である飯山(寺尾聰)を探し出します。

ところが見つけ出したからとすんなりいかないのが、このドラマ。

宮沢社長に飯山は「シルクレイ」の使用料年間5,000万円と施設の投資を持ちかけます。

すでに海外大手の化学工業に契約の話を持ち掛けられていた飯山は宮沢に同じ条件を持ち掛けたのです。そんな大金を用意できるはずもないし、相手は海外大手メーカ。勝てるはずもないが、自分たちの誠実さや仕事に対する熱意は誰にも負けるつもりはない。

宮沢社長はなんとか自分たちの仕事を見て熱意を感じてもらおうと必死に懇願し続けます。

ついに熱意に押され、飯山は宮沢の経営するこはぜ屋に足を運びます。

池井戸ドラマでは毎回クライマックスかと思われる熱弁するシーンがあるのですが、今回もそれは健在。

こはぜ屋のことや陸王にかける熱意を語る宮沢社長に私自身も熱くなり涙してしまいました。

しかし、熱意だけでは経営をやっていけないことは身にしみてわかっている飯山は、海外大手の契約にグラつきます。

もう二度と倒産したときの辛い思いをしたくないと思っていた飯山でしたが、海外大手側から自身の倒産の過去があることを理由に契約が白紙になってしまいます。

そして金銭的なことよりも自身を必要としてくれている宮沢社長へ「シルクレイ」の使用の許可と「陸王」の開発に協力していくことを誓いました。

若干、飯山の変わり身の早さを感じてしまいましたが、そんなひねくれた見方を一蹴してしまうような両者の演技は素晴らしく、熱くなったのは言うまでもありません。

一方、試作品の「陸王」を受け取っていたダイワ食品陸上部エースの茂木(竹内涼真)はケガとランニングフォームのチェンジに苦しみついには、アトラスとのスポンサー契約も失ってしまいます。

苦しみぬいた茂木は救いの手にすがるかのように「陸王」を試してみるのです。

ついに陸王は走り出し、その真価が問われるシーンで終わってしまいましたが、少しずつ点が線になっていく内容は、原作に劣らない面白さがあります。

お決まりとわかっていながらも見る熱弁は毎回心打たれます。

ドラマだからと言わず、キレイ事抜きで次回も楽しみにしています。

スポンサーリンク

ネットの感想と評価 とにかく俳優陣の演技が熱い!

池井戸ドラマの見ごたえは俳優陣の熱弁にあると思っています。

特に今回は、役所広司と寺尾聰という大ベテランの演技が光る回でした。

ネットの反応もこの二人には大注目です。

寺尾聰の荒んだ表情から晴れやかになった表情は、すごい!の一言に尽きます。

その他、阿川佐和子のおばさんだけど癒される存在やライバルとなるアトラスシューズのピエール瀧の悪いヤツぶりなど誰一人目が離せません。

それぞれの役者さんが光っている陸王は各役者さんの演技にも注目していきたいですね。

スポンサーリンク

今後の展開は?お決まりだけどやっぱり期待

池井戸ドラマは展開や結末などはおおよその予想はついているものの、どうしても目が離せない作品です。

今後どのように陸王を完成させていくのか、ライバル社との対決はどうなるのか、茂木は復帰することができるのかなどの話が盛り込まれてくるでしょう。

それでも目が離せないのは、構成の良さと俳優陣の演技が素晴らしいところにあります。わかっていても涙が出てしまうのは、ドラマに没頭するほどよくできているし、感情移入しやすい演技にあると思います。

また宮沢社長の息子大地(山崎賢人)にも注目です。顔だけの俳優ではないのだなと、今回あらためて見直しています。

将来に悩む若者をうまく演じていて、今後の心境の変化や変貌にも期待していきたいです。

ドラマ『陸王』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法は?

『陸王』は放送終了後、1週間はTverで限定無料配信されますが、その後は削除されてしまいます。

1週間以上経過した回を安全かつお得に見るおすすめのVOD(ビデオオンデマンド)サービスはU-NEXTです!

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『陸王』はポイントレンタル配信されるので

登録時にもらえる600ポイントを使えば『陸王』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

ちなみにU-NEXTは『コウノドリ』1stシーズンをポイントを使わずに見られる見放題配信しているというところもオススメです!

『陸王』見逃し動画をお得に見る方法

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

※紹介している情報は2017年11月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

※最新話放送終了から数日間は配信がスタートしていない可能性がありますので、ご了承ください。

まとめ

お決まりだけど、その過程やそれぞれの人物像を楽しむのが池井戸作品です。

小説を読んだ人もそうでない人も登場人物の心情や今後の展開は1秒たりとも見逃せません。いろんな点がつながっていくのを楽しみましょう。

そして何より俳優陣の演技。あまりアクションの多い作品ではないからこそ、各登場人物のセリフや演技が光ります。

こんなの絶対ムリ!ってとこまで落とされる登場人物がどうやって這い上がり勝利をつかんでいくのか楽しみです。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA