監獄のお姫さま視聴率一覧を最終回まで速報更新|クドカン脚本ドラマ

  • glass
  • この記事を書いた人:ぐらす

2017年秋ドラマ・TBS火曜22時枠は『監獄のお姫さま(プリプリ)』に決定し、人気脚本家で俳優の宮藤官九郎さんの作品として話題になっています。

ドラまる
クドカンさんの連続テレビドラマは、2016年の『ゆとりですがなにか』以来、TBSでは2014年の『ごめんね青春!』以来だねー!
ラマちゃん
出演する女優さんも主演クラスの人ばかりで超豪華!

これはかなり注目作になりそうよ。

こちらの記事では2017秋ドラマ『監獄のお姫さま』の視聴率を初回から最終回まで更新していきます!

なお、2017年秋ドラマ『監獄のお姫さま』視聴率一覧はページ下部に掲載しています。

今すぐご覧になりたい方はこちらをクリック!

スポンサーリンク

2017秋ドラマ『監獄のお姫さま』視聴率はどうなる?

まずはTBSテレビ火曜ドラマ枠で2016年秋から2017年春に放送されたドラマの視聴率を振り返っていきましょう。

逃げるは恥だが役に立つ

初回(第1話)視聴率 10.2%
最終回(第11話)視聴率 20.8%
全話平均視聴率 14.58%

カルテット

初回(第1話)視聴率 9.8%
最終回(第10話)視聴率 9.8%
全話平均視聴率 8.90%

あなたのことはそれほど

初回(第1話)視聴率 11.1%
最終回(第10話)視聴率 9.8%
全話平均視聴率 14.8%

TBS火曜22時枠はかなり視聴率がいい枠というイメージがありますが、『逃げ恥』で恋ダンスが社会現象になるほどの人気で初回からぐんぐん視聴率をあげ最終話は20%超えしたものの、『逃げ恥』以前は10%を超えずに苦戦をしていました。

『カルテット』では10%はいかなかったものの、会話劇、タイムリープ騒動(実際は制作ミス)や伏線の謎解きでSNSを中心に話題となり、とても素晴らしい良作だったと思います。

高橋一生さんがこのドラマでさらにブレイク、そして今回脚本を担当する宮藤官九郎さんも俳優として出演していましたね!

『あなたのことはそれほど』では波瑠さんが不倫してしまう女性を熱演、夫役の東出昌大さんは嫉妬に燃える怪演が話題に、世相もあってこちらも初回から10%超えしています!

そして2017年夏ドラマ『カンナさ~ん!』の視聴率をみてみましょう。

カンナさーん!
初回(第1話)視聴率 12.1%
最終回(第10話)視聴率 10.1%
全話平均視聴率 10.1%

お笑い芸人の渡辺直美さんが主演ということで、かなりの挑戦作だったとも言えますが、ふたを開けてみたら演技もうまいしオシャレ、子役の河原瑛都君のかわいらしさもあり大成功だったのではないでしょうか。

後半、出演者のスキャンダルもあったものの、二ケタ台で幕を閉じることができていますね。

TBS火曜ドラマは女性が主人公の作品が多く、漫画原作を実写化している物が多いのも特徴です。

特に『逃げ恥』で驚異の数字をたたき出したあと、「TBSの火曜22時は外れなし」という「火10のブランド化」に成功しているのではないでしょうか!

ドラまる
逃げ恥以降、特に第1話の視聴率が結構高いよね!
ラマちゃん
TBS火10のドラマはおもしろい、というイメージがあって、第1話は必ずチェックする人が多いのかも♪

SNSで話題となるような、インパクトやエンターテイメント性の高い作品づくりを心掛けていることも感じられますね!

2017年秋ドラマは宮藤官九郎さんの脚本と、2013年『あまちゃん』以来のタッグとして小泉今日子さん、初クドカン作品という菅野美穂さんなど人気女優さんが目白押しに加え、民放連ドラは初出演という伊勢谷友介さんも注目されていますね!

そして、日本中が驚いた2017年9月21日に発表した「安室奈美恵さんの2018年引退宣言」により、『監獄のお姫さま(プリプリ)』の主題歌もより注目されると思いますので、初回も視聴率は12%越えあたりとなるのではないかと予想します。

スポンサーリンク

『監獄のお姫さま』制作陣から視聴率を予想!

2017秋ドラマ『監獄のお姫さま(プリプリ)』の主要制作スタッフで現時点で発表されているのは、以下の方々になります。

脚本:宮藤官九郎
音楽:ワンミュージック
プロデューサー:金子文紀、宮﨑真佐子
演出:金子文紀、福田亮介、坪井敏雄、渡瀬暁彦

脚本家、作詞作曲家、ミュージシャン、映画監督とマルチプレイヤーな宮藤官九郎さん。

ドラまる
『池袋ウェストゲートパーク』『木更津キャッツアイ』に『流星の絆』ほか、多くがTBS作品なんだね。

ジャニーズの主演も多いね!

ラマちゃん
私のイチオシは、長瀬智也さん主演の『うぬぼれ刑事』よー!

2019年には「オリンピック」を題材にしたNHK大河ドラマの脚本を担当するということが発表になっており、ますます注目されていますね。

プロデューサーと演出を担当されている金子文紀さんは、クドカンさんの初期の作品からタッグを組み続けており、『逃げるは恥だが役に立つ』『あなたのことはそれほど』では高視聴率、「カルテット」はザ・テレビジョンドラマアカデミー賞、監督賞を受賞するなど、火10のブランド化の立役者。

この旧知の仲の才能あふれる2人ということで、かなり期待できるのではないかと思われます!

スポンサーリンク

まとめ

『逃げ恥』以降、快進撃を続けているTBS火22時枠、さすがドラマのTBSと言われているだけありますね。

ドラまる
クドカン×キョンキョン、クドカン×TBS金子プロデューサーでヒットの予感しかない!
ラマちゃん
今回の『監獄のお姫さま(プリプリ)』も笑って泣けるドラマになるのかしら?期待しましょう!!

放送開始後はこちらの記事で2017秋ドラマ『監獄のお姫さま(プリプリ)』の視聴率を全話更新していきますので、是非チェックのほど、よろしくお願いします!

ドラマ『監獄のお姫さま』視聴率一覧

第1話(2017年10月17日放送)視聴率

9.6%

『監獄のお姫さま』1話ネタバレと感想

第2話(2017年10月24日放送)視聴率

-%

※ビデオリサーチ社調べ・関東地区
※ドラマ『監獄のお姫さま』の視聴率は水曜午前10時前後に発表となります。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA