監獄のお姫さまキャスト一覧。プリプリ原作やドラマ脚本情報も

  • この記事を書いた人:EMI

2017年秋ドラマ『監獄のお姫さま(プリプリ)』は、小泉今日子さんが16年ぶりにTBSドラマで主演を演じ、脚本は宮藤官九郎さんということで、ドラマ好きの間で情報解禁時から大きな注目を集めています。

ドラまる
『監獄のお姫さま(プリプリ)』はどんなドラマなの?
ラマちゃん
女子刑務所で知り合った女囚人5人と、教官1人の『おばちゃん犯罪エンターテインメント』ドラマと発表されているわ。

女囚が主人公のドラマと言えば2017年春に放送された『女囚セブン』があるけど、キャストや脚本から考えると圧倒的に『監獄のお姫さま(プリプリ)』の方が期待度高いわ…!(あまり大きな声では言えないけど…)

こちらの記事では小泉今日子さん主演の2017年秋ドラマ『監獄のお姫さま(プリプリ)』の豪華キャスト陣、さらに原作や脚本家情報もご紹介してきます。

スポンサーリンク

2017年秋ドラマ『監獄のお姫さま(プリプリ)』とは?


罪を犯し服役していた女5人が1人の女刑務官と再び犯罪を犯すクライムエンターテインメント『監獄のお姫さま』は、女囚人たちが教官と一緒に復讐を果たすため再び犯罪を犯していくドラマのようです。

副題として『プリプリ』とありますが、公式ツイッターではプリズン・プリンセス略して『プリプリ』ということのようですね。

監獄のお姫さまは、NHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』やTBS『木更津キャッツアイ』などを手がけた、人気脚本家の宮藤官九郎さんの目線で犯罪に再び手を染める女たちを描きます。

クドカンスパイスがたくさん加えられることが想像できるため、ドラマファンにはたまりません!

主役には小泉今日子さん、脇を固める女優陣は、坂井真紀さん、夏帆さん、満島ひかりさん、菅野美穂さん、森下愛子さんと超豪華です。

6人の豪華女優たちが役者魂で挑むのが想像できて、今から放送が待ち遠しいですね!

スポンサーリンク

『監獄のお姫さま(プリプリ)』気になるあらすじは?

『監獄のお姫さま』の気になるあらすじを探っていきましょう。

主人公の馬場カヨは不貞行為を働いた夫の殺人未遂で女刑務所に服役しています。

女刑務所は後悔、嫉妬、羨望、罪悪感などさまざまな感情が渦巻いている場所でした。

違法薬物不法所持で服役中の足立明美、詐欺と横領で服役中の大門洋子、刑務所のリーダー的存在の勝田千夏は巨額の脱税で服役中の女たちとカヨは知り合っていきます。

大企業のイケメン社長の愛人殺しで服役中の江戸川しのぶは、1人で行動していることが多い人物です。

カヨは、しのぶが冤罪で服役しているということを知ります。

冤罪と知ったカヨは、真犯人だと思われる大企業のイケメン社長の誘拐計画を出所後に女5人で企てます。

5人を立ち直らせようと努力していた女刑務所の教官・若井わかばもイケメン社長誘拐計画に加わり、女たちの復讐リベンジ犯罪がスタートします。

女刑務所で知り合った元囚人5人と、1人の女刑務官が繰り広げるおばちゃん犯罪エンターテインメントは、一体どうなっていくんでしょうね。

スポンサーリンク

2017年秋ドラマ『監獄のお姫さま』キャスト一覧

主人公・馬場カヨ(ばばかよ)/小泉今日子

ドラまる
『監獄のお姫さま(プリプリ)』での小泉今日子さんは、どんな役なの?
ラマちゃん
不貞を働いた夫を刺した殺人未遂で女刑務所に服役した馬場カヨを演じるわ。

他の女たちに社長誘拐計画を企てる首謀役よ!

冤罪なんて許せないという感情を持つということなので、性格的にはまっすぐなキャラクターだと想像できますね。

女刑務所から出所した後のカヨは、どんな雰囲気を出してくる人物になるのか気になります。

馬場カヨ役にはアイドルから女優へと変身を遂げた小泉今日子さん。

小泉今日子さんがTBSドラマの主演を務めるのは、2001年のTBSドラマ『恋を何年休んでいますか』以来16年ぶりのことだそう!

フジテレビドラマ『最後から二番目の恋』シリーズでは、キャリアウーマンの吉野千明役、2011年の映画「毎日かあさん」ではお母さんのサイバラリエコ役など多数の主役も演じました。

久しぶりの宮藤官九郎さんの脚本です。

脚本通りに演ずれば面白いこと間違い無しだと思ってます。

魅力的な役者さんたちとの共演もとても楽しみです。

公式サイトより引用

NHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』や『うぬぼれ刑事』など、脚本家の宮藤官九郎さんと仕事をしてきた小泉今日子さんだからこそのコメントですね。

若井ふたば(わかいふたば)/満島ひかり


ドラまる
『監獄のお姫さま(プリプリ)』での満島ひかりさんは、どんな役なの?
ラマちゃん
囚人の5人の女たちを立ち直らせるために厳しく接する女刑務官役よ!

魅力的な5人の女たちと日々接していくうちに、打ち解けていき社長誘拐計画に加わることになります。

ドラマの中では、唯一犯罪を犯さない人物として登場してくるふたばですが、話が進んでいくうちに犯罪に手を染めていくことになります。

女刑務所の教官・若井ふたばには満島ひかりさん。

2017年のTBSドラマ『カルテット』での世吹すずめ役が、強烈な印象として残っている視聴者も多いと思います。

3年前、ドラマ『ごめんね青春!』の打ち上げで宮藤さんから「満島さん、次は女囚のお話です。満島さんは人を番号でしか呼ばない看守さん」とオファー?を受けたのが本当になりました。

出演者を聞いてうひゃーとなり、脚本は可笑しくて読み進めるのが大変でした(笑い止まらず)。

わたしの中では、癒し系ドラマになる予感です。

公式サイトより引用

3年も前から脚本家の宮藤官九郎さんは、満島さんの起用を考えていたんですね。

江戸川しのぶ(えどがわしのぶ)/夏帆


ドラまる
『監獄のお姫さま(プリプリ)』での夏帆さんは、どんな役なの?
ラマちゃん
女刑務所でも1人で過ごすことが多かった江戸川しのぶは、カヨたちと知り合うことによって心を開いていくのよ。

物語の軸になる大企業のイケメン社長の愛人殺しの冤罪をかけられた人物でもあるわね。

カヨたちが、再び犯罪に手を染めるきっかけになったしのぶの冤罪は解決するのでしょうか。

解決された時にしのぶはどういった感情になるのかドラマの展開が楽しみですね。

江戸川しのぶ役には女優の夏帆さん。

2006年の映画『ケータイ刑事 THE MOVIE バベルの塔の秘密〜銭形姉妹への挑戦状』主演・銭形零 役で注目され始めます。

2015年の映画『海街diary』香田千佳役で、日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞

大人の女優さんとして成長した、夏帆さんが冤罪で女刑務所に入っていたしのぶをどう演じるのか楽しみですね。

大門洋子(だいもんようこ)/坂井真紀

ドラまる
『監獄のお姫さま(プリプリ)』での坂井真紀さんは、どんな役なの?
ラマちゃん

大門洋子は、詐欺と横領で女刑務所に服役していたのよ。

まだ詳細は未知数だけど、お金が絡むことは大門洋子が引き受けるのかもね!

どんなバックボーンがあるのかまだ不明ですが、詐欺と横領ということは、お金に絡む話は大門洋子が引き受けるのでしょうか。

大門洋子にはドラマや映画、バラエティなどシリアスからコメディまでこなす女優の坂井真紀さん。

坂井真紀さんは、2015年の日本テレビドラマ『偽装の夫婦』名波八重子役のぶっ飛んだキャラクターが話題を呼びました。

特にクライマックスでの天海祐希さんとキムラ緑子さんとの女優同士の戦いには息を飲むものがありました。

大門洋子の詳細は分かりませんが、坂井真紀さんが演じるので一筋縄ではいかなそうですね。

足立明美(あだちあけみ)/森下愛子


ドラまる
『監獄のお姫さま(プリプリ)』での森下愛子さんは、どんな役なの?
ラマちゃん
違法薬物不法所持で女刑務所に服役していた足立明美は、薬物の影がちらつきそうなキャラクターみたいね。

ドラマが進んでいくにつれて、薬物のことがどう影響していくのか、さらにはどんな性格をしているのか気になります。

足立明美には、2000年のTBSドラマ『池袋ウエストゲートパーク』で主人公の母親の真島リツコ役、2010年TBSドラマ『うぬぼれ刑事』で耳の聞こえないかもしれない玲子ママ役などクドカン作品ではおなじみの女優・森下愛子さん。

毎回安定の個性的なキャラクターを演じる森下愛子さんは、今回のドラマ『監獄のお姫さま』でも、演技にどんなスパイスを入れてくるのか注目されます。

勝田千夏(かつたちなつ)/菅野美穂


ドラまる
『監獄のお姫さま(プリプリ)』での菅野美穂さんは、どんな役なの?
ラマちゃん
巨額の脱税で服役していた勝田千夏は、女たちの中でリーダー的存在よ。

女刑務所に服役している時からリーダーシップを取っていたので、性格的にははっきり物をいい仲間をぐいぐい引っ張っていく人物だと思われます。

勝田千夏役には、NHK朝の連続テレビ小説『ちゅらさん』でツンデレな城ノ内真理亜役を好演。

テレビ朝日のドラマ『君の手がささやいている』の野辺(武田)美栄子役では耳の聞こえない女性という難しい役を熱演しました。

宮藤さんとは、脚本では初めてご一緒させて頂くのですが、エスプリと同時に、炸裂感のあるクドカンワールドに自分も参加させて頂けることに、ワクワクしています。

そして、小泉さんとご一緒できるなんて…やったー!!本当にウソみたいで、嬉しい気持ちでいっぱいです。

公式サイトより引用

数々のドラマや映画などに出演されてきた菅野美穂さんでも、宮藤官九郎さんの脚本は初めてなのは驚きですね

2017年8月15日追記

追加キャストとして、

女囚たちの復讐のターゲットとなる極悪人のイケメン社長・板橋吾郎役に伊勢谷友介さん

観察力に優れた優秀な検事・長谷川信彦役に塚本高史さん

女子刑務所所長・護摩はじめ役に池田成志さん

小泉や坂井らと同じ雑居房の受刑者・小島悠里役に猫背椿さん

が発表されました。

個性的かつ演技派の役者さんが出揃っているので、2017年秋ドラマ台風の目となるのは間違い無さそうです!

2017年TBS秋ドラマ『監獄のお姫さま』原作&脚本情報

2017年秋のTBS火曜ドラマ『監獄のお姫さま(プリプリ)』は原作無し、宮藤官九郎さんオリジナル脚本のドラマとなります。

最近はマンガや小説が原作のドラマも多いですが、同枠で放送された『カルテット』のように、オリジナルドラマの方がSNSを中心に大きく盛り上がる可能性が高いので要注目ですね!

『監獄のお姫さま(プリプリ)』公式サイトで脚本を担当する宮藤官九郎さんは以下のように語っています。

大好きな女優さんの大好きなお芝居が観たい。それがこの『監獄のお姫さま』の核心です。

私も立派な中年になりまして、今『木更津キャッツアイ』のテンポ感でドラマを作ろうと思ったら、若者より、おばちゃんの方が俄然しっくり来る。

早口だし、声が大きいし、他人の話を聞かないし、同じことを何度も言うし。

暴力的な速度と有り余る熱量。

彼女たちのおしゃべりをエンドレスで聞ける場所はどこか、と考え舞台を女子刑務所に設定しました。

「それだけじゃドラマになりません」と諭されストーリーを組み立て、思いがけず壮大な復讐劇になりました。

それでも核心は変わりません。愛すべきカッコイイおばちゃんのおしゃべりと衝動によって転がり続ける無責任クライムエンターテインメント。楽しんでもらえたら最高です。

公式サイトより引用

TBSドラマで『木更津キャッツアイ』『ごめんね青春』数々の伝説になるドラマを産み出して来た宮藤官九郎さんが、今回の『監獄のお姫さま(プリプリ)』ではどんな女囚人たちのドラマを作り上げるのか楽しみですね!

まとめ

2017年秋ドラマ『監獄のお姫さま(プリプリ)』の主要キャストと脚本家の情報をご紹介してきました。

ドラまる
TBS火曜22時のドラマ枠で満島ひかりさんや宮藤官九郎さんの名前を見ると『カルテット』を思い出すなぁ
ラマちゃん
2017年夏ドラマで放送されている『カンナさーん!』とは違った魅力のある作品になりそうね!

主題歌と合わせてどんなドラマになるのか放送が待ちきれませんね!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA