【監獄のお姫さま】8話ネタバレと感想。9話あらすじも

  • この記事を書いた人:しいろ
ドラまる
小泉今日子さん主演の『監獄のお姫さま』の8話が、2017年12月5日(火)に放送されたね!

今回は新展開が!?

ラマちゃん
どんな展開になるのか気になるわね!

こちらの記事では『監獄のお姫さま』第8話のネタバレを感想ありでご紹介するわね!

スポンサーリンク

『監獄のお姫さま』8話の感想(ネタバレあり)

見事美容資格をとり、所内の『つぐない美容室』で働くこととなった馬場カヨ(小泉今日子さん)。

訪れた長谷川(塚本高史さん)と束の間の楽しい時間を過ごすもの、先生(満島ひかりさん)に『復讐ノート』のことを問い正されて懲罰房行きに。

その最中、財テク(菅野美穂さん)、姉御(森下愛子さん)が仮釈放に。

残る馬場カヨは姫(夏帆さん)を託されることに。

一方、2017年。

先生が吾郎(伊勢谷友介さん)の妻・晴海(乙葉さん)をガレージにつれてきて……というのが、8話のあらすじでした。

今回は2015年の回想がメインで、『復讐ノート』を先生に見つかってしまった馬場カヨの仮釈放がどうなるのか? というのが焦点でした。

個人的に最も印象に残ったのは、「(馬場カヨのことが)好きだからもう会いたくない」と言い、ノートを渡さなかった先生の姿ですね。

最初は一受刑者と刑務官の関係だった馬場カヨと先生。

しかし交流を深めるうちに、一人の人間として互いに接するようになりました。

そんな馬場カヨ相手だからこそ、「再犯してほしくない」という思いがより一層強かったんだな……と、先生の気持ちになって考えると非常に切ない気持ちになりました。

しかし結局、その後先生は馬場カヨたちと再会しているわけで。

その真意は? そしてどういった過程で? というのが非常に気になるところです。

今後の『監獄のお姫さま』の展開に期待しています!

スポンサーリンク

ドラマ『監獄のお姫さま』8話のネットの感想や評価は?

松田聖子さんの楽曲『夏の扉』を歌う馬場カヨと先生に、「可愛い!」の声が集まっていました。

中には過去にも小泉さんは何度かクドカンドラマで松田聖子さんの曲を歌っていたため、「クドカンはキョンキョンに松田聖子の曲を歌わせるのが好きなのでは?」と反応する人も。

しかし、2人のデュエットは貴重ですし、可愛いの一言でした!

毎回、重みのある言葉を残してくれる先生。

馬場カヨの復讐ノートについて、「暇潰し」と言い、「人間は自分が1番可愛い、だから外に出たら忘れる」と言った先生。

その言葉が突き刺さった人が多いようでした。

コメディの中にこういった重い言葉が入ってくる緩急のつけ方が、いかにもクドカンドラマだな〜! と思います。

馬場カヨの出所についての議論で反論を繰り返す先生に、所長がつけた「妖怪そうでしょうか」というあだ名がツボに入った人が非常に多く見られました。

確かに先生はよく「そうでしょうか?」と言っていますし、ナイスネーミングですね(笑)

この独特のネーミングにクドカンのセンスを感じます!

スポンサーリンク

ドラマ『監獄のお姫さま』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法は?

『監獄のお姫さま』は放送終了後、1週間はTverで限定無料配信されますが、その後は削除されてしまいます。

1週間以上経過した回を安全かつお得に見るおすすめのVOD(ビデオオンデマンド)サービスはU-NEXTです!

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『監獄のお姫さま』はポイントレンタル配信されるので

登録時にもらえる600ポイントを使えば『監獄のお姫さま』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

ちなみにU-NEXTは『コウノドリ』1stシーズンをポイントを使わずに見られる見放題配信しているというところもオススメです!

『監獄のお姫さま』見逃し動画をお得に見る方法

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

※紹介している情報は2017年12月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

※最新話放送終了から数日間は配信がスタートしていない可能性がありますので、ご了承ください。

ドラマ『監獄のお姫さま』9話のあらすじは?

2017年12月12日(火)放送のドラマ『監獄のお姫さま』9話のあらすじを紹介します。

出所した カヨ (小泉今日子) は、千夏 (菅野美穂) たちと連絡を取るためスマホを購入し、早速メールアドレスを登録。

その後、美容院で働き始める。

一方、自立と再生の女子刑務所では、カヨたちがいなくなった雑居房で、しのぶ (夏帆) はイジメを受けながらも黙々と美容教室で修行していた。

そんなしのぶを見守る中、何とかしてしのぶの息子・勇介 (前田虎徹) と会わせてあげたいという衝動に駆られた 若井 (満島ひかり) は、しのぶの母・民世 (筒井真理子) に、吾郎 (伊勢谷友介) には内緒で勇介を面会につれてきて欲しいと手紙を送る。

だが、その手紙が、かえってしのぶを追いつめてしまうことになる。

時が経ち、2017年のある日。

悠里 (猫背椿) が店長でカヨが勤める美容室に若井がやってくる。

驚きを隠せない中、若井の髪をカットするカヨたっだが、カットを終えると何も言わずに若井は去っていった。

戸惑うカヨと悠里だったが…。

そして… 2017年12月25日。

晴海 (乙葉) も揃ったガレージで、プレ裁判が開廷!

最終章・前編が幕を開ける !!

公式サイトより引用

まとめ

『監獄のお姫さま』8話のネタバレあり感想と9話のあらすじを紹介しました。

ドラまる
先生の言葉は毎回グッと来るね! この緩急のつけ方が、さすがクドカン作品という感じ!
ラマちゃん
しかし、まだ先生の全ては明らかになっていない感じがするわね。どういう意図で動いてるのかしら?

今回は馬場カヨと先生の交流がメインの回でしたね。

時々ハッとさせる重みのある先生の言葉に、切ない気持ちになりました。

さて、次回は先生がこの事件に加わった動機が明らかになるようです。

先生に関してはまだ未知の部分が多いので、期待したいところです。

さらに2017年では、プレ裁判が開廷。

果たして吾郎は事件への関与を認めるのか?

最終章を目前とし、ますます盛り上がってきた『監獄のお姫さま』。

次回も要チェックです!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA