ドラマ【監獄のお姫さま】2話見逃し動画無料視聴方法と感想!

  • この記事を書いた人:DRAMAP編集部

2017年10月24日(火)22時00分より放送のドラマ『監獄のお姫さま』第2話の感想やあらすじをご紹介していきます。

放送前は第2話の期待度や気になる見どころ、放送後は感想や評価を順次アップしていきます。

リアルタイムでの放送を見逃してしまった…という方のために、見逃し動画を無料で見る方法もお届けしますので、ドラマ『監獄のお姫さま』視聴にお役立てください!

なお、こちらの記事はユーザーボイス記事となります。

ドラまる
ユーザーボイス記事って何?
ラマちゃん
DRAMAP読者さんからいただいた展開予想や感想をまとめた記事よ。

ドラマの解釈や楽しみ方は人それぞれ☆

読者さんの声をご紹介することで、新たな発見をしてもらえたら、うれしいわ!

『監獄のお姫さま』見逃し動画をお得に見る方法

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

スポンサーリンク

ドラマ『監獄のお姫さま』2話のあらすじは?

2017年10月24日(火)放送のドラマ『監獄のお姫さま』2話のあらすじを紹介します。

2011年秋、夫への殺人未遂事件で、馬場カヨ (小泉今日子) は5年の実刑となり 「自立と再生の女子刑務所」 に収監された。

入所してすぐに、最も厳しい刑務官・若井ふたば (満島ひかり) から人定質問を受けたカヨは、ふたばの威圧感に負けそうになる。

そしてこの日から、カヨは刑務所内では “69番” としか呼ばれなくなる。

新人寮から雑居房に移ったカヨは、そこで24番・足立明美 (森下愛子)、31番・大門洋子 (坂井真紀)、56番・小島悠里 (猫背椿)、106番・リン (ステファニー・エイ) の4人と同房になり、洋裁工場に配属された。

そんな中、カヨは受刑者として刑務所にいるカリスマ経済アナリストとして有名な 勝田千夏 (菅野美穂) とすれ違い驚く。

彼女は脱税の罪で収監されていたのだ。

ある日、運動場で偶然千夏と話す機会ができたカヨは、千夏が書いた本の話で意気投合!

したかのように思えたのだが、その後カヨへの嫌がらせが待ち構えていた… !?

一方、2017年のクリスマスイブ、カヨたちによって誘拐されたイケメン社長・板橋吾郎 (伊勢谷友介) は、彼女たちがアジトにしているガレージに拘束されていた。

なぜ自分がこんな目に遭うのか理解できない吾郎は…。

公式サイトより引用

スポンサーリンク

2017年秋ドラマ『監獄のお姫さま』第2話 放送前の期待度まとめ

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『監獄のお姫さま』第2話の見どころや期待度をご紹介いたします。

月うさぎ
これからどうやって最終的に吾郎をとっちめるのか、がドラマ全体のテーマでしょう。

まずはこの女囚5人のつながりから追っていく展開になりそう。

だれがどんな立場でどんな罪を犯して刑務所に入ったのか、そこで出会った姫(夏帆)にどうやって同情したのか、結束してシャバでのさばっている吾郎を懲らしめようと思ったのか、その辺が2話以降で描かれると思う。

主役5人があまり若くないので、ややどんくさいところもあるけれど40代以降のおばさまたちには共感するところがあるのでは?

記憶力の低下とか、うっかり勘違いとか、自分が思っているほど体力がついていけない…とか若い人には分からない共感力があると思います。

ペンネーム:月うさぎ(40代・女性)

ささみん
5人のうち1人は刑務所の刑務官で、4人の女たちは罪を犯して捕まり刑務所に入っていました。

2話では刑務所で出会った女たちの過去が明かされると予想します。

キリッとしていたイケメン社長・板橋吾郎(伊勢谷友介)が誘拐されてどんどん疲れてボロボロになっていくのかなぁと思います。

板橋吾郎は使える女を道具のように扱いのし上がってきたイヤな男です。

5人の女たちから姫と呼ばれている女はいったいなぜ監獄(刑務所)に入るはめになってしまったのか、そしてなぜ彼女たち5人は監獄にいる姫のためにイケメン社長・板橋吾郎を誘拐したのかがポイントになると思います。

ペンネーム:ささみん(40代・女性)

もーりん
1話は本当は姫が犯罪を犯したのではなく、イケメン社長がやったのか詰問するシーンで終わりました。

イケメン社長は殺人に無関係で、報道どおり「爆笑ヨーグルト姫」が犯人だった。という展開も宮藤官九郎ならありそう。と思いながらわずかな期待を持ってこの先見ていきます。

まだ「姫(夏帆)」の人となりが分かっていませんから。もし虚言壁のある人だったら?深読みし過ぎで間違いだらけの展開予想かも知れませんが、宮藤官九郎ならなにが起こってもやられた!な展開になるのだと思っています。

なのでイケメン社長真犯人でした、社会的制裁を加える!な展開でもそれはそれでマジかよ!です。

ペンネーム:もーりん(30代・女性)

チム
お姫さまたちが監獄に入ったバックグラウンドを時系列でみるのが楽しみです。

ドラマ自体が何度もその日の出来事をプレイバックしているので。

また、監獄でお姫さまたちが仲良くなったきっかけや出来事に本当の監獄のお姫さまを救おうと立ち上がったいきさつをみるのが楽しみです。

元警官で秘書役の満島ひかりがほかの四人のお姫さまたちと仲良くなったきっかけかをみるのも楽しみです。

社長が過去の過ちを認め捕まるのかの展開も期待している。

本当の監獄のお姫さまは監獄から出たお姫さまたちの計画をどう思っているのか?!

彼女が企画した復讐劇なのか?!

ペンネーム:チム(30代・女性)

はるきゅん
この第1話からぶっ飛ばしで展開がコロコロ変わり、もう正体がばれてる!と驚きでした。

こんな早くに正体がばれてこの先の展開が正直読めないです。

伊勢谷友介とその息子が同じところで監禁されていること、誘拐されたのに冷静な息子。何か鍵なのかな?と思いました。

そしてまだはっきりと出演していない夏帆もどういうふうにみんなと合流し、どんなふうに絡んでいくのか。

伊勢谷友介へ対し復讐しているのも夏帆が絡んでいます。元警察官、元監獄女子がどうして夏帆のためにここまで動くのかその理由も楽しみです。

そして伊勢谷友介をどのように復讐していくのかも見ものです。

ペンネーム:はるきゅん(30代・女性)

スター
『監獄のお姫さま』第2話の予告を見ました。

馬場カヨ(小泉今日子)、財テク(菅野美穂)、姉御(森下愛子)、女優(坂井真紀)らが女囚刑務所での生活が展開されるみたいですね。

楽しみなポイントは彼女がらどのように知り合い、姫(監獄のお姫さまの)の冤罪を晴らす計画をするのか早く第2話を見たいです。

また、刑務官である若井ふたば(満島ひかり)が彼女らへの対応も見どころのひとつです。

きっと宮藤官九郎さんの脚本なので、面白く・切なく・ちょっと悲しくなる見事はストーリー展開は間違いなし。

この秋は毎週火曜日の22時が楽しみになりそうです。

ペンネーム:スター(40代・男性)

スポンサーリンク

2017年秋ドラマ『監獄のお姫さま』第2話のあらすじネタバレと感想!

ぽぽ

『監獄のお姫さま』のあらすじとネタバレ

馬場かよが入所し、刑務所生活が始まります。筆記試験では主席の成績で特別に更生プログラムを提案されたが、自分は悪い事をしたと思っていないとその申し出を断り生活が始まった。

刑務所の中では馬場かよが愛読している本の作者がおり、ファンだと話しかけるが、それをきっかけに嫌がらせを受ける事になる。

しかしその嫌がらせに屈する事のない姿を見て、周りの人の気持ちに変化が起き始めた。

そもそも馬場かよが起こした罪は旦那への殺人未遂。家事も育児も仕事もしっかりこなす妻へ負い目を感じ、不倫をする旦那に対して、やり場のない思いから。

『監獄のお姫さま』の感想

ストーリーの展開が早く、あっという間の1時間だった。

囚人の怖いイメージとは異なり、マイペースで自分をしっかり持った、おっとりとした主人公の人柄にとても好感が持てます。

過去と未来のストーリーが行き来し、見始めは理解するのが難しかったが、徐々に話が繋がっていく展開に見入ってしまい、次の展開がどんどん楽しみになっていきました。

満島ひかりの冷酷な中に人情を感じる役もとても味があり、今後どのように関わっていくのか楽しみです。

また伊勢谷友介のチャラい役も重くなりすぎずポップな気持ちで観れて面白いと思いました。

ペンネーム:ぽぽ(30代・女性)

イチガヤ

『監獄のお姫さま』のあらすじとネタバレ

第1話では、誘拐に手を染める女性たちが、どんな人生を送ってきたのかが、描かれていませんでしたが。今回の第2話では馬場かよの収監までの話と、収監後の同じ部屋の囚人たちとのやり取りが描かれていてます。

特に銀行員時代に本を愛読していた本の作家である千夏との関係は、最初こそ良好でしたが、千夏が陰でやっていることを知った馬場かよは、千夏と対立します。

対立の決着をつけるために10種競技で馬場と千夏は対決します。

やっていることは便所掃除やコップの片付けだったりと笑ってしまう事ばかりですが。二人の対決は結局決着がつかずで終わりました。

でもだからこその友情が芽生えたようです。

『監獄のお姫さま』の感想

このドラマを見ていると、監獄での暮らしも意外と楽しそうでいいなと思ってしまう自分がいます。

本当の監獄はもっと不自由な部分があるのではないかと思うし、こんな風に面白い人ばかりではないと思う。

そこは脚本家の宮藤官九郎ならではの、キャラクターづくりが成功しているのだと思います。

ばかばかしい対立の中で、仲間意識が出来て行く様子は見ていて楽しいです。

二人の対決は五分五分で、やっているうちに対立していることなどどうでもよくなっていく様も楽しかったです。

対決を見守っている仲間の心がほどけていくようなそんな姿も良かったです。

ペンネーム:イチガヤ(50代・女性)

ちい

『監獄のお姫さま』のあらすじとネタバレ

馬場カヨ(小泉今日子)が護送されるところから、ベテラン女囚達との受刑者生活がスタートする。

同室のメンバーには、姉御と女優がいる。

今(2017年)となってではなく出会った当時からキャラがぶっ飛んでいる。

馬場カヨは過去に旦那を刺した殺人未遂の罪で受刑者となっていて、いまでも旦那への憎悪はあるようだ。浮気していたことが許せなかった馬場カヨ。

身柄を拘束されたままのイケメン社長(伊勢谷友介)と自分の罪を話しているうちに、堪えきれないものが溢れ出て、またしても!?な展開を先生(満島ひかり)になんとか止めらる。

そもそも彼女らはなぜ社長と話をしたかったのか、そのキーマンとなるのが姫(夏帆)の存在なのだが、いったいなにがあったのか、気になる展開が待っている。

『監獄のお姫さま』の感想

さすが脚本、宮藤官九郎!といったコメディ色あるドラマ。

1話では元女囚達はもちろん、イケメン社長(伊勢谷友介)との関係性にも謎が残るばかりだったが、2話で馬場カヨ(小泉今日子)が受刑者としての日々が始まり、キャラ濃いベテラン女囚達との受刑生活が面白すぎる。

としか言いようがない。

見ていて、ツッコミどころ満載といったところです。

まるでそれぞれが妄想癖でもあるのではないか、と思ってしまうほど暴走したキャラが揃った女囚達で、これからの展開と隠された謎があっさり解かれるのが楽しみで仕方ないです。

なにがどうなるんだろう、深い意味はなさそうだけど。

そんな感じで見れるのが、クドカン作品だな。

と思いました。

ペンネーム:ちい(20代・女性)

ロブ・ガドナー

『監獄のお姫さま』のあらすじとネタバレ

第2話は、前回の放送で江戸川乳業社長の板橋吾郎を罠に陥れた馬場カヨを始めとする囚人と刑務官がどのように出会ったかという刑務所内の話が中心の回でした。

夫への殺人未遂で刑務所に収監された馬場カヨの状況を時系列に紹介する場面と、現在において拉致をする板橋との掛け合いの場面が交互に展開され、過去での姉御や女優やシャブ中との出会いのエピソード、刑務所内の様子などが説明のように放送されていました。中盤以降に勝田千夏との軋轢から端を発した馬場カヨの自らの罪に対する感情が露見され、現在でもそのことに関しては我を忘れて板橋をナイフで刺そうとするなど馬場カヨの心の闇が垣間見れる内容のストーリーでした。

『監獄のお姫さま』の感想

序盤から中盤にかけては、第1話ではあまり見られなかった宮藤官九郎っぽい小ネタの笑いが随所に散りばめられていました。

刑務所で刑務官の質問に受け答える馬場カヨの様子が実は刑務所ドキュメンタリー番組として放送されていたり、刑務所の所長がかなりぶっ飛んでいたり、拉致した板橋をイジリ倒したりと、笑いどころがいっぱいあり、過去のクドカン作品と変わらず楽しむことができました。

中盤以降はストーリー上、のちに仲間になるので出会いの場面では一度ぶつかりあわして次第に絆を深めていく展開の発端みたいな感じが放送されてました。

ペンネーム:ロブ・ガドナー(30代・男性)

てつや

『監獄のお姫さま』のあらすじとネタバレ

2011年、カヨは殺人未遂で、自立と再生の女子刑務所に収監されます。

入所早々、カヨは自立と再生の女子刑務所の刑務官・岩井ふたばから人定質問を受け、ふたばの存在感に圧倒されてしまいます。

雑居房に移動したカヨは、そこで洋子や明美と同房となり知り合います。

そして、カヨは運動場で脱税で刑務所入りした勝田千夏に声をかけます。

カヨは千夏のファンであっため千夏に自分が持っていた千夏の書いた本にサインをしてもらいます。

喜んでいたカヨでしたが、その2人の出逢いがきっかけで、カヨは千夏から嫌がらせを受けることになってしまいました。

『監獄のお姫さま』の感想

第2話は、カヨたちの出逢いを中心に描かれていたため物語としてはあまり進みませんでしたが、1話で気になっていたカヨたちの関係やカヨたちがどういった経緯で親しくなっていたのかなどがしっかりと描かれていたところがよかったです。

劇中で流れていた刑務所の歌と思われる歌がとても耳に残ったのですが、こんな小ネタをぶっこんでくるあたりがクドカンクオリティだと改めて宮藤官九郎氏の才能や発想力を実感しました。

カヨと千夏の対決も実にくだらないのですが、そのくだらなさが最高でした。デコピン対決のあとにやった競争を先に見せて、おでこが赤くなってるところに注目させる演出も素晴らしいです。

ペンネーム:てつや(20代・男性)

ウサカラ

『監獄のお姫さま』のあらすじとネタバレ

第1話では馬場カヨ(小泉今日子)率いる5人組が、現在投獄されている爆笑ヨーグルト姫こと江戸川しのぶ(夏帆)の冤罪を晴らすべく、板橋五郎(伊勢谷友介)および息子の誘拐事件を起こしたことが明らかになった。

第2話では過去に遡り、馬場カヨら5人組の出会いが描かれた。

夫に対する殺人未遂の罪を償うため刑務所に入った馬場カヨは罪を犯す前から憧れていた勝田千夏(菅野美穂)に出会う。

しかし、千夏に嫌われてしまい、他の受刑者からもいじめを受けてしまうのであった。

先生こと看守の若井ふたば(満島ひかり)の同意も得て、勝負をすることにした馬場カヨと千夏は、戦いを進めるごとにお互いを認め合うようになった。

『監獄のお姫さま』の感想

1話からコミカルな展開が多かったが、2話はさらに笑いを取りたいという意図があるシーンが多い印象を受けた。

板橋五郎が、拘束された状態で馬場カヨら犯人をおばさん呼ばわりしたり、「ラーメンを食べたい」と言ったりするなど、現実離れしたシーンには正直ついていけなかった。

また、馬場カヨが板橋五郎を夫に見立て、当時の気持ちを告白したことの目的や、過去の回想において千夏が馬場カヨを急に嫌った理由が分かりづらかったように思う。

本作品の本筋である、監獄のお姫様こと江戸川しのぶの冤罪晴らしに大きな進展はなく残念だった。

ペンネーム:ウサカラ(20代・女性)

2017年秋ドラマ『監獄のお姫さま』第3話のあらすじネタバレと感想!

ドラまる
ドラマ『監獄のお姫さま』第3話のあらすじネタバレや感想は放送終了後、順次アップいたします!

ドラマ『監獄のお姫さま』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法は?

『監獄のお姫さま』は放送終了後、1週間はTverで限定無料配信されますが、その後は削除されてしまいます。

1週間以上経過した回を安全かつお得に見るおすすめのVOD(ビデオオンデマンド)サービスはU-NEXTです!

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『監獄のお姫さま』はポイントレンタル配信されるので

登録時にもらえる600ポイントを使えば『監獄のお姫さま』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

ちなみにU-NEXTは『コウノドリ』1stシーズンをポイントを使わずに見られる見放題配信しているというところもオススメです!

『監獄のお姫さま』見逃し動画をお得に見る方法

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

※紹介している情報は2017年10月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

※最新話放送終了から数日間はまだ配信がスタートしていない可能性がありますので、ご了承ください。

まとめ

ドラまる
2017年秋ドラマ『監獄のお姫さま』第2話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
3話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『監獄のお姫さま』視聴率一覧はこちら

『監獄のお姫さま』あらすじネタバレまとめはこちら

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA