さくらの親子丼あらすじとネタバレをドラマ最終話まで全話更新!

  • この記事を書いた人:yatarou

2017年秋のフジテレビ系列”オトナの土ドラ”枠は『さくらの親子丼』(東海テレビ・フジテレビ系)です。

主演には民放連続ドラマ5年ぶりとなる真矢ミキさんを迎え、脚本家・清水有生さんにより全国で起こるリアルな社会問題について徹底取材したものを基にした、社会派人情ドラマということで注目を集めています。

ドラまる
行き場を無くした人々が集まる、古本屋があるんだって!
ラマちゃん
お腹と心を満たしてくれるそうよ!

こちらの記事では2017年秋ドラマ『さくらの親子丼』のあらすじとネタバレを最終回まで更新していきます。

スポンサーリンク

『さくらの親子丼』各話のネタバレと感想を更新中!

以下、ドラマ『さくらの親子丼』各話の感想とネタバレを抜粋してご紹介しています。

記事の続きは各話の詳細記事へのリンクをクリックしてご覧ください。

ドラマ『さくらの親子丼』第1話感想とネタバレ

冒頭はとある少女が援助交際をきっかけに男性からお金を奪おうとするシーンから始まります。

しかしそこに周辺を縄張りにしているヤクザが乱入し、少女たちは逃げ出す。彼女の名はあざみ(吉本実憂)。

なんとか逃げ出した少女たちは、落ち着いたら空腹感を感じる。そこであざみの仲間リエ(柳美稀)は、ある噂を思い出す。

なんでも、ただで親子丼を食べさせてくれるところがあるらしい。その噂を聞きつけ、彼女たちはたまりばに訪れることに・・・

いきなり来た見ず知らずの人間にただで親子丼を食べさせる。一見変なおばさんだなというのが最初の印象でした。食べた後も名前を書かされ、信用できないあざみは嘘の名前を記入するのでした。

ただひとつ言えることは、さくらが作ってくれた親子丼は本当においしかったということです。これがあざみとさくらをつなげるきっかけとなるのです。

↓続きは以下のリンクからどうぞ↓

ドラマ『さくらの親子丼』第1話のネタバレと感想はこちら

ドラマ『さくらの親子丼』第2話感想とネタバレ

あざみは相変わらず隠れ家に出入りしているようで、いつの間には少し馴染み始めていました。

そして突然さくらの元へやってきたのは、かつて隠れ家に出入りしていた風花(浅川梨奈)だった。彼女はすっかり大人になっていて、風花は娘を連れてやってきたのです。

さくらを頼ってきたということは、家庭に居場所をなくしたということでしょうか?今回は彼女を軸に物語が描かれていくようです。

しかしこの風花という少女は、以前あざみが子供を乱暴に接しているところを目撃した人物でした。

何やらトラブルの予感ですね。

一方さくらはあざみが息子の死に深く関わっていたということを確信したようで、このまま彼女を住まわせて良いのかどうか迷っている様子。

風花は友達の家を転々としてなんとか日々をしのいでいるみたいでした。家賃も払えず住居も決まらない。次第に彼女は子供を疎ましく思うようになってしまうのでした。

↓続きは以下のリンクからどうぞ↓

ドラマ『さくらの親子丼』第2話のネタバレと感想はこちら

ドラマ『さくらの親子丼』第3話感想とネタバレ

今回は、さくらの娘、恭子(本仮屋ユイカ)が深く関わってきます。

そしてさくらの息子、悠平(大地伸永)が亡くなってしまった場面の回想も鮮明に描かれ、さくらの過去が少し明らかになってきました。

あるときあざみ(吉本実優)がさくらの部屋で発見した悠平の写真。それはかつて自分の母親が殺してしまった相手です。

あざみはその真実をまだ知らないようで、それを知ったときにどうなってしまうのかが非常に気になります。

会心し始めたあざみですが、相変わらず正木リエ(柳美稀)らとつるんで非行を繰り返しているようでした。

そしてその現場を恭子に撮られてしまいます。これが今回の話の大きな軸となるのです!

少年犯罪を許せない恭子と、そういった少年少女に親切にするさくら。二人の信念は相容れないでしょうね。もともとさくらは、なぜこのようなことを始めたのでしょうか?

↓続きは以下のリンクからどうぞ↓

ドラマ『さくらの親子丼』第3話のネタバレと感想はこちら

ドラマ『さくらの親子丼』第4話感想とネタバレ

さくらの娘恭子(本仮屋ユイカ)は、さくらが息子の件をまだ引きずっていることを指摘する。

犯人を許すことはできないけど、関係者には罪はない、そのようなことをさくらは言っていました。

それはつまりあざみのことになりますね。

いまいちさくらがなぜ少年少女に対して親切にするのかがまだはっきり分かりませんね・・・。

そんななかやってきたのは、摂食障害を持つ小学校教師御代川由希(大西礼芳)でした。

彼女もあれからさくらの親子丼を頻繁に食べに来ているようで、さくらは摂食障害に気づいていまいした。

さらに家庭環境のこともお見通しののようだったのですが、なぜ分かったのでしょうか?

↓続きは以下のリンクからどうぞ↓

ドラマ『さくらの親子丼』第4話のネタバレと感想はこちら

ドラマ『さくらの親子丼』第5話感想とネタバレ

あざみもたまりばでの生活に馴染んできているようで、さくらから親子丼の作り方を教えてもらうなど徐々に変わり始めていました。

しかし恭子(本仮屋ユイカ)は、あざみがかつて自分の兄を殺した犯人の娘であることから、嫌悪感を抱いていました。

それでもさくらは、息子が守った命だと主張し、二人は口論になる。

そのやりとりを聞いてしまったあざみは、ひどく動揺してしまい、行方をくらましました。

自分の母親が殺した相手の母親ですからね、動揺するのも分かります。

それにこんな形で知ってしまうとは、偶然とはいえ残酷なものです。それでもさくらがいることがあざみにとって大きな救いとなるのでしょう。

↓続きは以下のリンクからどうぞ↓

ドラマ『さくらの親子丼』第5話のネタバレと感想はこちら

ドラマ『さくらの親子丼』第6話感想とネタバレ

さくらは、あざみの母親に対して因縁をもっていながらも、あざみに対して親切に接する。

そんなさくらの優しさに触れるなかで、あざみは本当に自分がここにいていいのか不安に思うようになりました。

自分は直接的ではないにしろ、息子の敵とも言える存在ですからね。

話を切り出そうとするも、さくらはその都度はぐらかして逃げているようでした。

さくらの娘の恭子(本仮屋ユイカ)は、あざみは息子が命をかけて守った大切な命だ。

だから恨むのではなく大切にするべきなのだと言っていたと明かしました。

↓続きは以下のリンクからどうぞ↓

ドラマ『さくらの親子丼』第6話のネタバレと感想はこちら

ドラマ『さくらの親子丼』第7話感想とネタバレ

今回は引きこもりの少年に焦点を当てて展開するようです。

引きこもり少年直晃(沖門和玖)は、SNSでたまりばの噂を知り、さくらのもとにやってくる。

しかしあるとき見かねた母親が自立支援施設に相談したことで、強制的に施設に入れられる。

これ拉致ですね・・・。実際の自立支援施設もこんな感じなのでしょうか?

まるで監獄のようにも感じます。

しかしある日恭子(本仮屋ユイカ)は、編集部で悪徳な施設の噂を耳にする。

取材のために施設に訪れた恭子は、そこで過酷なトレーニングをやらされている子供達の姿を目撃したのです!

そのなかには直晃の姿もありました。

↓続きは以下のリンクからどうぞ↓

ドラマ『さくらの親子丼』第7話のネタバレと感想はこちら

ドラマ『さくらの親子丼』最終回(第8話)感想とネタバレ

冒頭からあざみの過去の回想が始まり、彼女の現在の状況がここにきてようやく分かってきました。

あるとき恭子(本仮屋ユイカ)は、あざみの母親の情報を入手し、現在はとあるスナックを経営しているという事実が明らかになるのです。

さくらは、あざみにこの事実を打ち明けるのでしょうか?

おそらくは、何らかのきっかけであざみが知ってしまい、一人で向かう展開になると思います。

しかしさくらは、しっかりあざみに母親の居所を教えました。

よく考えた結果、あざみは母親に会いに行くことを決断したのです。どんな結果になろうとも、さくらは受け入れる覚悟でした。

↓続きは以下のリンクからどうぞ↓

ドラマ『さくらの親子丼』最終回(第8話)のネタバレと感想はこちら

ドラマ『さくらの親子丼』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法は?

ドラマ『さくらの親子丼』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンド(FOD)は、現在31日間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『さくらの親子丼』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODに力を入れているので、最近のドラマでは

  • コード・ブルー 3rdシーズン
  • 僕たちがやりました
  • セシルのもくろみ
  • 刑事ゆがみ
  • ぼくは麻理のなか
  • パパ活
  • ウツボカズラの夢
  • さくらの親子丼

などが見放題で配信されています。

その他にも過去にフジテレビで放送されたドラマやバラエティ番組など、かなりの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

『さくらの親子丼』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FOD(フジテレビオンデマンド)の31日間無料キャンペーンに登録
  2. 『さくらの親子丼』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すれば有料扱いの作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2017年10月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

スポンサーリンク

2017年秋ドラマ『さくらの親子丼』のあらすじをご紹介!

まず、『さくらの親子丼』の気になるあらすじをご紹介します。

東京・大田区。羽田空港にほど近い、下町とも言える雑多な雰囲気の中、ぽつんと一軒の古本屋「九十九堂」がある。

漫画を中心に揃え、幅広い世代が訪れる店の主人・九十九さくら(52)は、少し変わった毎日を送っていた。

古本屋の奥には「たまりば」と呼ばれる一室が。

そこには、どこからともなく“行き場を無くした人々”が集まる。

すると、主人のさくらは、深く詮索するでもなく「親子丼」を出す。

相手が誰であろうと無料。

それがうまい。お腹を満たすだけでなく、心まで温めてくれるような…。

空腹が満たされた“行き場のない人”は、少しずつ、自分のことをさくらに話し始めるのだ。

それをさくらは聞く。ある時は笑顔で励まし、ある時は共に涙を流しながら。

「泣きたいときは泣けばいい。落とした涙の粒だけ幸せの花が咲くんだから」

それがさくらの口癖だ。

今日もまたひとり、ふたりと、現代社会からはみ出してしまいそうな人間が、九十九堂を訪れる。

少年院出所後、妹の夢のために貧乏ながらも明るく懸命に生きる少年。

「この子さえいなければ…」と日々悩み続けるシングルマザー。

複雑な家庭環境から摂食障害に悩む女性教諭。

会社で居場所を失った自閉症の男性。

今を生きる人々の、様々な事情、リアルな感情が浮き彫りになっていく。

―そんな中、さくら自身もまた、悲しい過去と向き合うことになる。

さくらが親子丼を無料で振る舞うキッカケになった、16年前の出来事とは。

ある日、九十九堂を訪れた一人の少女・二宮あざみ(17)が、時計の針を巻き戻していく…。

ドラマ公式サイトより引用)

行き場を失くした人々が訪れる、古本屋「九十九堂」。そこの主人・九十九さくらは、相手が誰であろうと無料で親子丼を振る舞います。

空腹が満たされた人々の抱える問題を聞き“時に笑顔で励まし、時に共に涙する”。

さくらの口癖は「泣きたいときは泣けばいい。落とした涙の粒だけ幸せの花が咲くんだから」。

しかし、そんなさくら自身もまた、悲しい過去を持っているひとり。

結婚し、1男1女に恵まれ平凡で幸せな毎日を送っていたが、16年前のある日長男がある少女の起こした事件に巻き込まれて亡くなってしまっています。

夫とも離婚し、自身も心に深い傷を負っている彼女が、二宮あざみ(吉本実憂)との出会いにより、過去と向き合う事に。

幸せと不幸せは紙一重。人間の数だけドラマがあり、それがハッピーエンドだとは限らない。

これは観ている人の感情を揺さぶる、心がヒリヒリするような物語-。

放送開始前のあらすじ紹介イントロダクションだけでも、引き込まれるものがありますね!

オトナの土ドラ枠は昼ドラテイストのドロドロとした作品が多いですが、『さくらの親子丼』は少し違ったテイストの作品になりそうな雰囲気です。

コアなファンが定着している”オトナの土ドラ”枠でどのようなストーリーを見せてくれるのか注目です!

スポンサーリンク

2017年秋ドラマ『さくらの親子丼』の見どころは?

脚本家・清水有生さんにより、全国で起こるリアルな社会問題について徹底取材し、それを基にした社会派人情ドラマになっている所です!

  • 少年院出所後、妹の夢のために貧乏ながらも明るく懸命に生きる少年。
  • 「この子さえいなければ…」と日々悩み続けるシングルマザー。
  • 複雑な家庭環境から摂食障害に悩む女性教諭。
  • 会社で居場所を失った自閉症の男性。

といった、現代社会で生きる不器用な人々をリアルに描くドラマということなので、好みは分かれる作品になるかもしれません。

生きることの難しさや、人とつながることの大切さなどを丁寧に描いた作品になるのは間違い無さそうなので、ハマる人は確実いハマるはずです!

2017年秋ドラマ『さくらの親子丼』放送はいつからいつまで?

最後に『さくらの親子丼』の初回放送日と最終回放送日の情報をご紹介します。

この東海テレビ制作・フジテレビ系列『オトナの土ドラ』(毎週土曜23:40 – 翌0:35)枠は、2016年4月からスタートしましたが、過去2作品だけ9話完結と7話完結作品があったのみで、あとは8話完結作品になります。(現在放送中の『ウツボカズラの夢』は含まず)

ですので、放送開始日から最終話の日付までを8話完結で当てはめると・・

『さくらの親子丼』放送日程

初回(第1話)放送日 2017年10月7日(土)
最終回(第8話)放送日 2017年11月25日(木)

と予想されます!正確な情報が分かり次第、更新いたします!

まとめ

2017年秋ドラマ『さくらの親子丼』のあらすじや放送日程をご紹介しました

ドラまる
親子丼が毎週出てきて、ちょっとした飯テロ的な要素も含んだ作品になるのかなぁ?
ラマちゃん
今までのオトナの土ドラとは少しテイストが違いそうな雰囲気だけど、楽しみね☆

ドラマ『さくらの親子丼』放送開始後はこちらの記事で、全話あらすじとネタバレを更新していきますので、是非ご覧ください!

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • 放送が地域限定で、且つそのエリアでも放送されなかった完全版は、再編集の総集編なのか、どんな概要(わかる範囲で構いません)の情報も載せて欲しいです。

    わからないときも、詳細不明とここに書いていただけるととても役立つまとめだと思います

  • コメントお待ちしています!

    CAPTCHA