さくらの親子丼キャスト一覧。原作やドラマ脚本情報も

  • この記事を書いた人:マスダ

2017年秋のフジテレビ系列「オトナの土ドラ」枠はドラマ『さくらの親子丼』(東海テレビ・フジテレビ系)が放送されることが決定しています。

主演には民放連続ドラマ5年ぶりとなる真矢ミキさんを迎え、脚本家・清水有生さんにより全国でリアルな社会問題について取材したものを基にした、社会派人情ドラマということで注目を集めています。

ドラまる
真矢ミキさんが民放連続ドラマ主演が5年ぶりなんて意外だね!
ラマちゃん
人情ドラマなんてハマりそうでシリーズ化しそうね!

こちらの記事では真矢ミキさん主演の2017年秋ドラマ『さくらの親子丼』の主要キャストや原作・脚本家情報もご紹介してきます。

スポンサーリンク

2017年秋ドラマ『さくらの親子丼』とは?

こちらでは、ドラマ『さくらの親子丼』について触れていきましょう。

まず、『さくらの親子丼』の気になるあらすじは公式サイトにて、以下のように紹介されていました。

東京・大田区。羽田空港にほど近い、下町とも言える雑多な雰囲気の中、ぽつんと一軒の古本屋「九十九堂」がある。

漫画を中心に揃え、幅広い世代が訪れる店の主人・九十九さくら(52)は、少し変わった毎日を送っていた。

古本屋の奥には「たまりば」と呼ばれる一室が。

そこには、どこからともなく“行き場を無くした人々”が集まる。

すると、主人のさくらは、深く詮索するでもなく「親子丼」を出す。

相手が誰であろうと無料。

それがうまい。お腹を満たすだけでなく、心まで温めてくれるような…。

空腹が満たされた“行き場のない人”は、少しずつ、自分のことをさくらに話し始めるのだ。

それをさくらは聞く。ある時は笑顔で励まし、ある時は共に涙を流しながら。

「泣きたいときは泣けばいい。落とした涙の粒だけ幸せの花が咲くんだから」

それがさくらの口癖だ。

今日もまたひとり、ふたりと、現代社会からはみ出してしまいそうな人間が、九十九堂を訪れる。

少年院出所後、妹の夢のために貧乏ながらも明るく懸命に生きる少年。

「この子さえいなければ…」と日々悩み続けるシングルマザー。

複雑な家庭環境から摂食障害に悩む女性教諭。

会社で居場所を失った自閉症の男性。

今を生きる人々の、様々な事情、リアルな感情が浮き彫りになっていく。

―そんな中、さくら自身もまた、悲しい過去と向き合うことになる。

さくらが親子丼を無料で振る舞うキッカケになった、16年前の出来事とは。

ある日、九十九堂を訪れた一人の少女・二宮あざみ(17)が、時計の針を巻き戻していく…。

ドラマ公式サイトより引用)

古本屋「九十九堂」を訪れた行き場を失くした人々の心だけでなく、お腹も満たしてあげる主人公・九十九さくら。

だが、さくら自身もまた、悲しい過去を持っていた。

結婚し、1男1女に恵まれ平凡で幸せな毎日を送っていたが、ある日長男がある少女の起こした事件に巻き込まれて死亡してしまう。

夫とも離婚し、自身も心に深い傷を負っているが二宮あざみとの出会いにより、さくらはその悲しい過去と向き合う事になる

果たしてさくらの心も満たされるのか?さくらの幸せの花も咲くのか?

5年ぶりの民放連ドラ主演の真矢ミキさんの演技に要注目ですね!!

スポンサーリンク

2017年秋ドラマ『さくらの親子丼』キャスト一覧

主人公・九十九さくら/真矢ミキ

ドラまる
『さくらの親子丼』での真矢ミキさんは、どんな役なの?
ラマちゃん
行き場を失くした人々が訪れる古本屋「九十九堂」の主人という役柄だそうよ!

行き場を失い腹を空かせて「九十九堂」を訪れる人の話しを聞き、ある時は笑顔で励まし、ある時は共に涙を流し「泣きたいときは泣けばいい。

落とした涙の粒だけ幸せの花が咲くんだから」と説く、それがさくらの口癖。

そして無料で親子丼をふるまい、訪れた人の心だけでなくお腹も満たしてあげるという役柄だそうです。

前向きに前進する役が多い私ですが、今回のさくらさんは立ち止まっています。

いつも心揺らして考えています。

色んな人が葛藤を隠して普通に過ごそうと走る一週間。

土曜の夜は、そんな方々に美味しい親子丼を食べていただきたいです。

ドラマ公式HPより引用)

と、真矢さんも役柄に対するコメントを発表しています。土曜の夜が楽しみですね!

二宮あざみ/吉本実憂

ドラまる
『さくらの親子丼』での吉本実憂さんは、どんな役なの?
ラマちゃん
家出中の少女という役柄だそうよ!

幼い頃に親類の家に引き取られ育ち、愛された実感を一度も抱くことなく15歳で家出。

友人に連れられ、さくらの古本屋を訪れ本当の母親のように自分に接してくれるさくらに、次第に心を開いていき、やがてさくらのアパートに住み着くという役柄。

長男を失ったさくらの深い心の傷と関わりがあり、物語のキーマンとなる人物だそうです。

台本を見て、作品全体として伝えたいと思ったことは、「人は変われる」ということでした。

その思いをドラマを通して、視聴者の方に少しでもお届けできたらと思っています。

もし今、何かで立ち止まっている方がいたら、少しでも進んでみようと思ってくれるような、このドラマが背中を押すきっかけになれたら嬉しいです。

一生懸命演じます、ぜひご覧ください。

ドラマ公式HPより引用)

という意気込みを語っています。吉本実憂さんの演技に要注目ですね!

関連記事:さくらの親子丼|二宮あざみ役の女優は吉本実憂!演技評価や感想も

九十九恭子/本仮屋ユイカ

ドラまる
『さくらの親子丼』での本仮屋ユイカさんは、どんな役なの?
ラマちゃん
主人公・九十九さくらの娘・恭子という役柄だそうよ!

16年前に兄を失った時の心の病を乗り越え、現在は1人暮らしをするフリーライター

両親が離婚してからは、九十九堂で店番するなどし、さくらを支えていたという役柄だそうです。

とても光栄に思いました。一生懸命に向かい合う真面目さを私の中にみて起用していただけたんでしょうか。

やりきれない思いや、ずっと抱えてきた辛さ、親子だからこそ生まれる葛藤をみてくださる方にも感じていただけたら嬉しいです。

ドラマ公式HPより引用)

という役柄に対するコメントを発表しています。真矢さんと演じる親子を観てみたいですね!

関連記事:さくらの親子丼|九十九恭子(つくもきょうこ)女優は本仮屋ユイカ!

スポンサーリンク

2017年秋ドラマ『さくらの親子丼』原作&脚本情報

2017年秋ドラマ『さくらの親子丼』は原作無しのオリジナル脚本になります。

NHK朝の連続テレビ小説『あぐり』・『すずらん』や『3年B組金八先生』などを手掛けた脚本家・清水有生さんが、全国でリアルな社会問題について取材し、生きることの難しさや人とつながることの大切さ、現代に生きる不器用な人々を描いていく、社会派人情ドラマです。

清水有生さんの作品紹介

【テレビドラマ】
・正しい御家族(1987年、TBS) – デビュー作
・おふくろ…(1989年、TBS)
・カラダ記念日(1989年、TBS)
・オシャレ泥棒(1989年、TBS)
・こちら芝浦探偵社(1989年、TBS)
・こっちこい!UFO!(1989年、TBS)
・びっくりしたな、もう!(1989年、TBS)
・ホットドッグ(1990年、TBS)
・がんばれジャイアンツ(1990年、TBS)
・鯨が歌う(1990年、TBS)
・代議士秘書の犯罪(1990年、TBS)
・俺たちに明日は来るのか(1991年、TBS)
・不連続爆破事件(1991年、TBS)
・タマコちゃんが来た!(1991年、TBS)
・ボクのお見合い日記(1991年、TBS)
・テキ屋の信ちゃん(1991年 – 1995年、TBS)
・家族写真(1992年、TBS)
・素敵にダマして!(1992年、日本テレビ)
・家栽の人(1993年、TBS)
・RUN(1993年、TBS)
・お兄ちゃんの選択(1994年、TBS)
・冠婚葬祭部長(1996年、TBS)
・あぐり(1997年、NHK総合)
・私の中の誰か 〜 買い物依存症の女たち (1998年、NHK総合)
・先生知らないの?(1998年、TBS)
・すずらん(1999年、NHK総合)
・天使が消えた街(2000年、日本テレビ)
・嫁はミツボシ。(2001年、TBS)
・貫太ですッ!(2003年、東海テレビ)
・新・いのちの現場から(2004年、毎日放送)
・新・いのちの現場から2(2006年、毎日放送)
・3年B組金八先生 第7シリーズ 第11回 – (2005年、TBS)
・家族〜妻の不在・夫の存在〜(2006年、ABC・テレビ朝日)
・夫婦道(2007年、TBS)
・3年B組金八先生 第8シリーズ(2007年 – 2008年、TBS)
・続・夫婦道(2009年、TBS)
・いのちの島(2009年、TBS)
・明日の光をつかめ(2010年、東海テレビ)
・遺品整理人 谷崎藍子(2010年・2011年、毎日放送・TBS)
・3年B組金八先生 ファイナル「最後の贈る言葉」4時間スペシャル(2011年、TBS)
・明日の光をつかめ2(2011年、東海テレビ)
・明日の光をつかめ -2013 夏-(2013年、東海テレビ)
・さぬきうどん融資課(2014年、NHK BSプレミアム)
・プラチナエイジ(2015年、東海テレビ)
・さくらの親子丼(2017年、東海テレビ)

【映画】
すずらん 〜少女萌の物語〜(2000年公開)

【漫画原作】
TODOを待ちながら -型破りカウンセラー物語
(作画・ひきの真二、1997年 – 1999年、全2巻)

Wikipediaより引用)

人情ドラマを得意としている清水さんの取材をもとにした脚本に要注目です!

まとめ

2017年秋ドラマ『さくらの親子丼』の主要キャストや脚本家などの情報をご紹介してきました。

ドラまる
どんな親子丼なんだろうね!
ラマちゃん
心もお腹も満たされるって素敵ね!

注目のドラマ『さくらの親子丼』(東海テレビ・フジテレビ系)は、2017年10月7日(土)から2017年12月まで毎週土曜日23時40分~放送です!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA