さくらの親子丼|7話動画無料視聴はこちら【11/18放送見逃し配信】

  • この記事を書いた人:ナカムラ

2017年11月18日(土)23時40分より放送のドラマ『さくらの親子丼』第7話の感想やあらすじをご紹介していきます。

放送前は第7話の期待度や気になる見どころ、放送後は感想や評価を順次アップしていきます。

リアルタイムでの放送を見逃してしまった…という方のために、見逃し動画を無料で見る方法もお届けしますので、ドラマ『さくらの親子丼』視聴にお役立てください!

なお、こちらの記事はユーザーボイス記事となります。

ドラまる
ユーザーボイス記事って何?
ラマちゃん
DRAMAP読者さんからいただいた展開予想や感想をまとめた記事よ。

ドラマの解釈や楽しみ方は人それぞれ☆

読者さんの声をご紹介することで、新たな発見をしてもらえたら、うれしいわ!

スポンサーリンク

ドラマ『さくらの親子丼』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法は?

ドラマ『さくらの親子丼』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンド(FOD)は、現在31日間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『さくらの親子丼』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODに力を入れているので、最近のドラマでは

  • コード・ブルー 3rdシーズン
  • 僕たちがやりました
  • セシルのもくろみ
  • 刑事ゆがみ
  • ぼくは麻理のなか
  • パパ活
  • ウツボカズラの夢
  • さくらの親子丼

などが見放題で配信されています。

その他にも過去にフジテレビで放送されたドラマやバラエティ番組など、かなりの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

『さくらの親子丼』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FOD(フジテレビオンデマンド)の31日間無料キャンペーンに登録
  2. 『さくらの親子丼』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すれば有料扱いの作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2017年11月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

スポンサーリンク

ドラマ『さくらの親子丼』第7話あらすじ

2017年11月18日(土)放送のドラマ『さくらの親子丼』第7話のあらすじをご紹介します。

最近、さくら(真矢ミキ)の親子丼のリクエストがない。というのも、“たまりば”ではここのところ少年少女がピンポン大会に熱中していて、親子丼どころではない様子だ。

盛り上がる様子を、あざみ(吉本実憂)も退屈そうな目で眺めていた。

そんな中、ピンポン大会の情報をSNSで見た少年・東海林直晃(沖門和玖)が親子丼を食べにやって来た。

久しぶりに親子丼を作り張り切るさくら。

実は直晃は自宅で引きこもり状態で、母・美春(中島ひろ子)に暴力までふるうように。途方に暮れた美春はインターネットで見つけた自立支援施設に相談し、抵抗する直晃を半ば強制的に施設に入れてしまう。

自立支援施設の話は、恭子(本仮屋ユイカ)の編集部でも話題になっていた。

親に代わって引きこもりの子どもを自立させるというビジネスが増える中、高額な料金を取りながらろくに教育をしない悪徳企業があるとの情報があり、恭子は取材に訪れる。

その施設ではトレーナーの指示の元、厳しいトレーニングに耐える直晃の姿があった。

数日後、さくらの元に再び直晃が親子丼を食べに来る。むさぼるように親子丼を食べたあとも、どこか帰りたがらない様子の直晃……。

しかしさくらはそれに気づかず、直晃を帰してしまう。帰り際、彼とすれ違った恭子から、直晃のことや施設の様子を聞いたさくらは、直晃を帰したことを後悔する。

翌日、恭子と一緒に施設に乗り込むさくらだが…。

公式サイトより引用)

スポンサーリンク

2017年秋ドラマ『さくらの親子丼』第7話 放送前の期待度まとめ

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『さくらの親子丼』第7話の見どころや期待度をご紹介いたします。

ミチコ
まるでさくら(真矢みき)が誘拐犯のように警察に連れて行かれました。いったい誰が情報を警察に流したのかが気になります。

さくらが連れて行かれたら九十九堂はいったいどうなってしまうのかがポイントになります。

ジャーナリストの恭子(本仮屋ユイカ)の腕の見せどころだと思います。こんな時こそ取材を通して真実を突きつけてもらいたいと期待します。

誘拐騒ぎにまでなってしまった原因の少年の母親は自分ではどうにも出来ない息子を施設に預けてしまいますが他人任せにして少年が良くなるわけもなく。

さくらはとんだトバッチリで警察に連れて行かれるんだなぁと予想します。

ペンネーム:ミチコ(40代・女性)

さきママ
予告で、さくらが誘拐犯として連行される映像がありましたが、確実に間違いか言いがかりだと思います。

お節介で困っている人を放っておけないさくらの性格が、誤解を生んでしまうんだろうと思っています。

そして、さくらを助けるために皆が動くようですが、その中でも、今までギクシャクしていたあざみが一番に行動を起こすのではないかと思います。

今回のさくらからのビンタと叱咤で、自分がどれだけ愛されているか実感したはずなので、そんなさくらの想いに答えようと頑張るのではないかと思います。

そんな中で、再びさくらとの信頼関係が築けていくんだろうなと考えています。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

kazu464
此の所、少年少女は「たまり場」ピンポン大会に熱中していた。

ピンポンの情報をSNSで見た少時直晃は九十九堂へ親子丼を食べにくる。

直晃は自宅で引きこもり母親に暴力をふるっていた、我慢できない母親は自立支援施設に強制的に入れる。

ジャーナリストの恭子は悪徳自立支援施設が有る事を情報で知る。

ある日、直晃は九十九堂へ親子丼を食べにくる。

直晃は帰りたがらなかったが気が付かないさくらは返してしまう。

翌日、さくらは恭子と一緒に施設に乗り込む、施設の環境は良かったが、中で何を遣っているかは施設の職員は教えてくれない。

暫くして大声で謝せる声を聞く、子供が謝っているみたいである。

さくらは恭子と市役所へ行くが施設の問題で有ってと言って取り合ってくれない・・・
ペンネーム:kazu464(60代・男性)

panda
引きこもりの男性がさくらの元にやってきて、しかもそれはさくらの娘の恭子が取材してる男性だと分かり、さくらがどのような行動に出るのか、今回は娘の職業の立場もあるのでそれを尊重して、男性の心を救っていくのかなと予想します。

自立支援センターに行くことをさくらがどう思っているのか、引きこもりの男性をさくらはどう受け止めて、どう励ますのか、さくらが発信する言葉、相手を思いやった上での言葉を聞くのが楽しみなポイントです。

また、さくらとあざみの絆がどう深まり、これからあざみはどうなっていくのかを見るのが楽しみです。

ペンネーム:panda(30代・女性)

綾星
次回の予告ではなんと「さくらが誘拐容疑で逮捕される」という衝撃的な予告が警察に連れていかれてしまったさくらに対して九十九堂を居場所にしている子供達がどう行動するのか?

警察に殴り込むなんて発言も!

そして徐々にさくら親子に心を許し変わり始めているあざみは九十九堂最大の危機にどう動くのか?

さくらの逮捕のきっかけになったのは引きこもりを続けている男の子とその母親のようです。

警察に訴えてまで息子を取り戻そうとした母親の背景とは?

何かが原因で苦しんでる引きこもり親子にさくらはどう対応するのか?次回の見所になりそうです。

ペンネーム:綾星(60代・女性)

ミニオン
つい人の世話を焼いてしまう人のよいさくらが、親子丼を食べにきた引きこもりの少年と関わり合っていくことでまた一波乱起きそうな第7話です。

問題のある自立支援施設へ送られてしまう引きこもりの少年と彼を救おうとするさくらや恭子の願いは届くのか気になります。

さくらへの恩義を人一倍感じているあざみは、さくらのために奔走する展開が予想されます。

あざみとさくらの絆がいっそう深まってくれるような展開を期待しています。

また最終的には九十九堂の親子丼が引きこもりの少年や少年の母の救いとなっていくのではないかと予想されます。

ペンネーム:ミニオン(30代・女性)

2017年秋ドラマ『さくらの親子丼』第7話 放送後の感想や評価まとめ

ぴよまる

『さくらの親子丼』第7話のあらすじネタバレ

今回の親子丼はひきこもりの少年がやってきたことからさくらさんが「事件」に巻き込まれてしまうお話です。

親子のことは親子にしかわからない、とはいえ、ひきこもるに至ったには理由があるはず。

しかし少年は宿泊型の自立支援施設に強制的に預けられてしまいます。

無理やり車に押し込まれてほぼ監禁状態でスパルタ式な訓練の日々を送る様子はおよそ「自立のためにプログラム」とは言えません。

偶然取材で娘の恭子ちゃんの取材先がその施設でした。

少年に気づいてしまったことからさくらさんの耳にも入り施設に少年を引き取りに向かうさくらさん。

しかし施設の職員はあろうことか少年の親を脅したか説得したのか、さくらさんを誘拐の罪で逮捕させてしまうのです。

さくらさんはどうなるのか。

『さくらの親子丼』第7話の感想

少年の母親が誘拐罪で訴えたことによって逮捕されたようですが、死ぬことを止められない、私にはあの子を助けることはできない、という母親には許せない気持ちでいっぱいになるほど頭にきました。

子どもの命を守るのが親の仕事なのに。なぜあきらめてしまうのか。

つい力が入ってしまう今回でしたが、さくらさんの娘の恭子ちゃんや九十九堂に出入りする人々が心を尽くしているのでほっとしました。

でもあざみちゃんがバカな母親に土下座する姿に言葉が出なくなりました。

いつまでも自分の息子が世界で闘える卓球選手になることばかり考えている人間の屑のような母親にさえ頭を下げに行っている姿に泣けました。

子どもだからわかる言葉をちゃんと少年の母親に伝えてくれたその勇気に。

ペンネーム:ぴよまる(50代・女性)

マチコ

『さくらの親子丼』第7話のあらすじネタバレ

引きこもりの少年、直晃(沖門和玖)が九十九堂にやって来ました。

さくら(真矢みき)は黙っている直晃に親子丼を作って食べさせました。

直晃の母親がハートスクールという自立支援施設に申し込んだため、無理矢理直晃は連れて行かれました。

施設を抜け出しさくらの親子丼を食べにやって来た直晃でしたが、何も知らないさくらは直晃を帰してしまいました。

ハートスクールに取材した記者の恭子(本仮屋ユイカ)が直晃のことを思い出し、直晃の母に話しをしに行きましたが私たちのことはこのまま放っておいて欲しいと言われました。

再び逃げて来た直晃。直晃はさくらの親子丼を食べながら引きこもりになった理由を話しました。

たった1人の味方だった母が卓球で勝つことばかりを重視して僕の気持ちは分かってくれなかったと言いました。

直晃を追いかけてハートスクールの社長(宮川一朗太)と社員が九十九堂に押しかけて来ました。

さくらは警察を呼ぶと言って社員らを追い返しました。

しかし次の日警察が来てさくらを誘拐の罪で逮捕しました。

警察に連れて行かれるさくらと直晃。

直晃の母がさくらを訴えたためだと分かりました。

さくらの告訴を取り下げて欲しいと直晃の母に頭を下げに行ったあざみ(吉本実憂)。

あざみは直晃の小さい古いラケットを置いて帰りました。

直晃の母は小さい頃の直晃のことを思い出しラケットを見つめて泣きました。

あざみの説得のおかげで直晃の母は告訴を取り下げました。

さくらは釈放され九十九堂に帰って来ました。

直晃はハートスクールを出て自宅に戻りました。

ときどきさくらの親子丼を食べにやって来ます。

『さくらの親子丼』第7話の感想

さくらさん(真矢みき)が逮捕されたのでとても驚きました。

さくらを訴えるなんてとんでもない母親だと思いました。

あざみ(吉本実憂)がさくらのために土下座で頭を下げていたので感動しました。

見た目は派手でもいい子だなぁと思いました。

直晃くんが引きこもりでも少しずつ部屋から出てさくらさんの親子丼を食べに来ていればそのうちもっと外に出て行けるようになるかもしれないと思いました。

直晃くんの母は少しキツすぎると思いました。

楽しく卓球をしていたはずがたんだん強くなって賞を取るたびに有名になっていくので欲が出てしまったのかと思います。

息子を放って出ていく父親ってなんて情けないと思いました。

ペンネーム:マチコ(40代・女性)

なお

『さくらの親子丼』第7話のあらすじネタバレ

九十九堂に1人の少年、直晃がやってきた。

直晃は、かつては世界で活躍することも期待された卓球少年でだったが、卓球で目立ってしまったことが原因で、学校でいじめにあい、不登校から引きこもりになってしまっていた。

九十九堂では最近、卓球が流行っていて、そのピンポン大会の様子をSNSでみた直晃は九十九堂にやってきたのだ。

この日は親子丼を食べて直晃は帰っていった。

直晃の母親は、引きこもりの直晃の扱いにどうしたらよいか途方に暮れ、自立支援施設に直晃を強制的に入れてしまう。

この施設は悪徳企業の施設であり、直晃はここから抜け出して九十九堂へ向かう。

事情を知ったさくらは、直晃を迎えに来た施設の人に直晃を渡さなかった。

このことから、さくらは逮捕されてしまう。

『さくらの親子丼』第7話の感想

スポーツに秀でた子供がいじめられてしまい、教師がそれを阻止しなかったこと、親が寄り添ってあげなかった現実が悲しいです。

いじめられるのは弱いからだと子供をせめ、得意の卓球まで奪ってしまった母親に怒りを覚えました。

高額の料金をとりながらなんの教育もしない自立支援施設は、引きこもりに悩む親の心につけこんだ悪徳企業で、現在の社会の問題を考えさせられました。

直晃が九十九堂で、さくらに受け入れられ、引きこもりのこと、施設のことをわかってもらえたことが救いでした。

さくらや恭子、あざみ、ピンポン大会に熱中する人たちを見て、九十九堂は人が繋がることができる場所、そんな温かい場所なんだと、優しい気持ちになりました。

ペンネーム:なお(40代・女性)

さきママ

『さくらの親子丼』第7話のあらすじネタバレ

親子丼を食べに東海林直晃という少年がやってくる。

なかなか帰りたがらない直晃をさくらは帰したが、実は直晃は引きこもりで、自立支援施設に入っており、その施設は教育と称して虐待をしているような施設だった。

その自立支援施設を取材した恭子から話を聞いたさくらは、直晃を帰したことを後悔する。

再び直晃がやって来て、自らの境遇と母への想いを話す。

施設職員が迎えに来たが、直晃の気持ちを汲んださくらは拒否。

それを誘拐として訴えられ、さくらは逮捕されてしまう。

あざみは、誘拐の訴えを起こした直晃の母に、自分の親代わりのさくらを返してほしいと訴えに行くのだった。

『さくらの親子丼』第7話の感想

今回は、直晃の母親の言動が少し受け入れられませんでした。

息子とのオリンピックの夢を見てばかりで、息子の苦しみに向き合えず、そのせいで引きこもった息子とも向き合えず、酷い施設に丸投げして、正直酷い母親だと思いました。

引きこもった後の苦労は分かります。

ただ、引きこもりの原因を息子の弱さとばかりしていたことは、納得行きませんでした。

あざみの言葉とラケットで、ようやくそれを感じ取ってくれて、さくらも釈放されて、本当に良かったと思いました。

また、母が逮捕されても、動揺も見せずに冷静に頑張った恭子にも胸を打たれました。

ペンネーム:さきママ(40代・女性)

panda

『さくらの親子丼』第7話のあらすじネタバレ

さくらの経営する九十九里堂に、親子丼を食べにひとりの男性が訪れる。

その男性直行は、引きこもり5年で母親が見るに見かねて、引きこもり支援施設に無理矢理入れられたという事情を持っていた。

通っている引きこもり支援センターはお金を取るだけ取り、支援もできていない、支援者にひどい対応をするところだと、さくらは娘の恭子を通じて知る。

ある日、引きこもり支援施設から外出した九十九里堂にいた直行を探しに、責任者が訪れるが、さくらはこれを拒否する。

さくらは直行の母に訴えられて、逮捕されてしまう。

あざみはさくらを助けようと、直行の母に自宅まで会いに行き、説得する。

さくらは九十九里堂に無事帰ってくる。

『さくらの親子丼』第7話の感想

さくらの引きこもりで心の問題を抱えた直行を守るために、体張って、警察に逮捕されることも構わない姿勢に感動しました。

こんなことができる大人は現実にはなかなかいないし、九十九里堂みたいな場所があったら、この世で悩んでる子供は沢山救われるだろうなと今の社会にはこういう場所が必要なのではないかと見ていて思います。

あざみが、直行の母親にさくらを返してくれるように頼む、ストレートなさくらへの思い、さくらの魅力、伝えたところがすごく泣けました。

さくらがあざみを親代わりにしてくれるように、あざみも同じぐらいさくらに心開いて大切に思っているんだなって素敵な思いがとても伝わってきました。

温かい気持ちになれるドラマです。

来週はもう最終回だなんて寂しいです。

最後まで見届けます。

ペンネーム:panda(30代・女性)

sao_ sao

『さくらの親子丼』第7話のあらすじネタバレ

引きこもりの男の子とそのお母さんのストーリー。

息子の引きこもりに悩んだお母さんが、藁にもすがる思いで、更生施設に息子を入所させる。

3ヶ月で自立させ元の卓球を頑張る、可愛い息子にもどることを願っての行動だった。

しかし、入所した施設は高いお金だけ取り子供を部屋に閉じ込め、食事は2回しか与えない体罰とも言えるような施設だった。

息子は助けを求め九十九堂へ行くも、さくらに打ち明けることができなかった。

さくらの娘は職場で金儲けの為の更生施設の話を聞き取材に行った事をさくらに話をした。

そこでさくらは気がつき、更生施設に足を運び状況を聞いたり抗議するも聞き入れられず。

ある日九十九堂でかくまっていると、施設長が迎えにきた さくらさんが説明しお引き取りいただくと、今度は警察が来て、さくらさんは逮捕されてしまう。

アザミがお母さんにお願いしてもらいに行くも、キレてしまい、息子がどういう思いでいるのか気持ちをぶちまけてしまう。

しかしそのアザミの言葉にお母さんがやっと、息子の気持ちに気がつき、告訴を取り下げ、さくらさんは無事帰ってくる。

『さくらの親子丼』第7話の感想

子供のことを思う母親と、お母さんに自分の気持ちを知ってもらいたい息子の思いが交差しとても切なくなるような内容でした。

そしてそこに漬け込む、お金儲けをする更生施設、現代では実際にあるストーリーだと感じました。

今回のこのお母さんは、一見息子の引きこもりを直したい必死なお母さんですが、実際には自分の理想を息子に押し付けているお母さんでした。

息子は一見イジメに苦しんで引きこもりのなっているようでしたが、実際にはお母さんの押し付けに苦しんでいて、親子でのコミュニケーション不足が原因だと感じました。

今はSNSが普及して直接顔を合わせて話をする事が少なくなっているのでこういう問題は起きやすいのかなと思います。

そう考えると九十九堂はほんとに貴重な場なのかなと思います。

自分にも息子がいるので、大きくなって同じようにならないか心配になったのと同時に、こういうドラマなどを反面教師にコミュニケーションをいっぱい取ろうと感じる内容でした

ペンネーム:sao_ sao(30代・女性)

まとめ

ドラまる
2017年秋ドラマ『さくらの親子丼』第7話のあらすじ・感想・無料視聴方法を紹介しましたっ!
ラマちゃん
8話以降も『さくらの親子丼』のあらすじや感想をご紹介していきます!

引き続きDRAMAPをよろしくお願いします☆

『さくらの親子丼』あらすじとネタバレまとめはこちら

『さくらの親子丼』視聴率一覧はこちら

『さくらの親子丼』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FOD(フジテレビオンデマンド)の31日間無料キャンペーンに登録
  2. 『さくらの親子丼』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すれば有料扱いの作品も無料で見られます!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA