ドラマ『さくらの親子丼』7話ネタバレ感想。最終回8話あらすじも

  • この記事を書いた人:Keiji

最終章に突入したオトナの土ドラ『さくらの親子丼』。

さくら(真矢みき)のもとを離れ、自立しようと動くあざみ(吉本実憂)ですが、今回大きなトラブルが発生するようですね!

構成的に次回あたりが最終回になりそうなので、ここからの展開は丁寧に描いてほしいところですね。

あざみは最後にどんな答えを出すのか、楽しみなところです。

スポンサーリンク

ドラマ『さくらの親子丼』7話のネタバレと感想

今回は引きこもりの少年に焦点を当てて展開するようです。

引きこもり少年直晃(沖門和玖)は、SNSでたまりばの噂を知り、さくらのもとにやってくる。

しかしあるとき見かねた母親が自立支援施設に相談したことで、強制的に施設に入れられる。

これ拉致ですね・・・。実際の自立支援施設もこんな感じなのでしょうか?

まるで監獄のようにも感じます。

しかしある日恭子(本仮屋ユイカ)は、編集部で悪徳な施設の噂を耳にする。

取材のために施設に訪れた恭子は、そこで過酷なトレーニングをやらされている子供達の姿を目撃したのです!

そのなかには直晃の姿もありました。

これをさくらが聞けばいてもたってもいられなくなるでしょうね。

一時帰宅することになった直晃は、再びたまりばに親子丼を食べにやってきました。この時点ではさくらはまだ異変に気づいていないようでした。

帰宅した恭子から施設の話を聞いたさくらは、そのまま直晃を帰してしまったことを後悔する。

つまり、直晃は施設から逃げてきたのです。

こういったケースだと、多分警察も期待できないですし難しいところですね。だからこそここまで社会問題となっているのでしょう。

施設での様子を直晃の親に打ち明けるも、母親は施設に預けたままにしたいと強く希望する。

再び逃げ出してきた直晃は、再度たまりばにやってくる。そこで引きこもることになった経緯を打ち明けました。

かつて直晃は、有能な卓球の選手でした。しかしそれをよく思わない人間からイジメを受け、母親に相談しても解決しなかったのが原因です。

しかしそこに施設の人間がやってきて、直晃を連れ戻そうとする。さくらが警察を呼ぶと言ったことで、一旦おとなしく引き下がりました。

これは多分反対に難癖付けられて警察を呼ばれてしまうパターンでしょうか。

誘拐や拉致だとか言われそうですね・・・。

たまりばは正式な施設というわけではないですから、施設側の方に分があるのかもしれません。

案の定警察がやってきて、さくらは連行されてしまう。

直晃の母親が告訴を取り下げれば釈放されるとのことですが、当然これを拒否。

そこであざみが直接直晃の自宅に押しかけるも、取り下げることはできませんでした。

しかしあざみの心の叫びと、直晃が大切にしているラケットを見て間違いに気づく。

それから程なくして告訴は取り下げられてさくらは無事帰ることができました!

直晃も施設から無事解放され、引きこもりを卒業しました。

スポンサーリンク

ドラマ『さくらの親子丼』7話に対するネットの反応は?

主人公逮捕されてしまいましたね。しかしそこは主人公パワーで見事に戻ってきました。

今回の話に対してネットでどのような反応があるのか見ていきましょう。

いじめを軽んじる発言はいただけませんね。本当に救ってあげることができるのは実の親だけ。

さくらの言葉が響きます。

やはり母親の間違いに対して厳しい意見が飛び交っている傾向があります。

母親だけは何が合っても味方でなければならないということですね。

スポンサーリンク

ドラマ『さくらの親子丼』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法は?

ドラマ『さくらの親子丼』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンド(FOD)は、現在31日間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『さくらの親子丼』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODに力を入れているので、最近のドラマでは

  • コード・ブルー 3rdシーズン
  • 僕たちがやりました
  • セシルのもくろみ
  • 刑事ゆがみ
  • ぼくは麻理のなか
  • パパ活
  • ウツボカズラの夢
  • さくらの親子丼

などが見放題で配信されています。

その他にも過去にフジテレビで放送されたドラマやバラエティ番組など、かなりの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

『さくらの親子丼』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FOD(フジテレビオンデマンド)の31日間無料キャンペーンに登録
  2. 『さくらの親子丼』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すれば有料扱いの作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2017年11月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

ドラマ『さくらの親子丼』最終回(8話)あらすじ

2017年11月25日(土)放送のドラマ『さくらの親子丼』最終回(8話)のあらすじをご紹介します。

被害届が取り下げられ、さくら(真矢ミキ)の逮捕騒動は収まった。ラーメン屋でさくらがあざみ(吉本実憂)の育ての親について聞くと、あざみは自身のつらい思い出を語りだす。「そんなところ帰らなくていいよ」と優しく語りかけるさくら。

逮捕騒動の流れでインターネットに書き込まれた情報の中から、恭子(本仮屋ユイカ)は悠平(大地伸永)の事件の新聞記事と共に、「犯人、うちの町にいますけど」と書かれたコメントを見つけた。事件の犯人は、すなわちあざみの実の母親。しかも現在働いているというスナックの画像もはっきり写っていた。

さくらと恭子は悩んだ末、あざみにすべてを告げる。突然のことで混乱するあざみだったが、さくらと生活を共にして以来、ずっと間近で様々な母親の姿を見てきたことから、自身も実の母親に会って直接話をしたいと決断する。恭子に最寄駅まで付き添われ、スナックを訪ねるあざみ。 彼女を、母・花菜子が出迎えた…。

公式サイトより引用)

まとめ

『さくらの親子丼』第7話の放送は都合上時間が遅くなってしまったため、いつもより視聴率が下がるおそれがあります。

しかし放送自体は、FODの見逃し配信で見ることも可能です。

とくに最終回直前の話は、見逃すとついていくのが難しくなるため欠かさずみておくことをおすすめします!

そして最後は、あざみの母親が登場します。

過去の因縁はどんな形で決着するのか、見逃せませんね。

『さくらの親子丼』あらすじとネタバレまとめはこちら

『さくらの親子丼』視聴率一覧はこちら

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA