さくらの親子丼1話ネタバレ感想!ドラマ見逃し動画無料視聴も

  • この記事を書いた人:Keiji

2017年秋のオトナの土ドラ『さくらの親子丼』。記念すべき第1話がいよいよスタートです!

ドラまる
主演は元宝塚花組トップスターの真矢ミキさん!
ラマちゃん
今回のドラマ『さくらの親子丼』はこれまでのオトナの土ドラの流れとは違い、ドロドロした人間関係を描くのではなく、心温まる人情劇となっているようね〜

実際にインタビューを刊行し、現代で社会問題となっていることをテーマに取り上げられているとのことで、リアルな現状が描かれていることでしょう!

みんなのお母さん的な存在のさくら(真矢ミキ)が、行き場をなくした子供たちに寄り添って、どのように向き合っていくのかが見どころではないでしょうか。

また、さくらが関わった子供達が、徐々に前を向いていくことができるのか、そういった点も注目すべきポイントですね。

それでは、2017年秋ドラマ『さくらの親子丼』第1話のネタバレと感想をご紹介していきましょう!

スポンサーリンク

ドラマ『さくらの親子丼』1話のネタバレと感想

冒頭はとある少女が援助交際をきっかけに男性からお金を奪おうとするシーンから始まります。

しかしそこに周辺を縄張りにしているヤクザが乱入し、少女たちは逃げ出す。彼女の名はあざみ(吉本実憂)。

なんとか逃げ出した少女たちは、落ち着いたら空腹感を感じる。そこであざみの仲間リエ(柳美稀)は、ある噂を思い出す。

なんでも、ただで親子丼を食べさせてくれるところがあるらしい。その噂を聞きつけ、彼女たちはたまりばに訪れることに・・・

いきなり来た見ず知らずの人間にただで親子丼を食べさせる。一見変なおばさんだなというのが最初の印象でした。食べた後も名前を書かされ、信用できないあざみは嘘の名前を記入するのでした。

ただひとつ言えることは、さくらが作ってくれた親子丼は本当においしかったということです。これがあざみとさくらをつなげるきっかけとなるのです。

それからあざみは、度々さくらのもとで親子丼を食べに来るうちに、アイドルになりたい妹のために一生懸命働く達也(今井悠貴)に自分の生い立ちを打ち明けるように・・・

偶然その話を聞いたさくらは、ひどく動揺する。

さくらもまた息子を亡くしてしまったという辛い過去を背負った人間であり、もしや何か関係しているのでは?

一方幼いころからさくらに面倒を見てもらっている達也の妹美香(伊丹彩華)がアイドルオーディションに挑み、見事に合格!嬉々とした達也は、急いでさくらの元へ知らせにやってくる。

しかしどうもうまくいかない感じがしました・・・

達也は過去に自分の父親を殺してしまい、少年院に入っていたという過去があります。それを担当者はなかったことにしたいようで、合格の条件として達也はすでに死亡していることにしてくれと突きつけられます。

生きているのに死んでいることにされてしまう。それはどんな気持ちなのか、想像もつきませんね・・・

さくらは頑なに拒否するものの、達也はそれを受け入れてしまうのでした。

達也の父親は酒癖が悪く、母親、妹に暴力を振るっていました。そんな現状に耐えられず、家族を守るために犯罪を犯してしまったわけですね。

今では罪を償って真面目に働いているのですが、それでも過去はまた繰り返されてしまうことになるのです。

美香がアイドル事務所の人間に無理やり連れて行かれるのを見て、かつて暴力を振るう父親から守るように相手を鉄パイプで殴ってしまう・・・

再び逮捕されてしまう達也でしたが、さくらが連行される前に少し時間をくれと懇願する。

そして最後の親子丼を食べさせ、またここに帰ってくるようにと言い涙ながらに送り出す。

スポンサーリンク

ドラマ『さくらの親子丼』1話に対するネットの反応は?

これは少しスタートダッシュ失敗感がありましたが、今後の流れ次第で面白くなる可能性があるドラマでもあります。

酷評が多い気もしますが、そこはネットの反応をしっかり受け止めていかなければなりませんね!

ここもすごく疑問が残ってしまう気がしました・・・

アイドル事務所が怪しいという描写がなく、いきなり来たかと思えば口調が荒くなってて美香を拉致しようとしているわけですから。

これは確かに正論ですね。多分達也は正当防衛なのでは・・・

昔昼ドラにもこういったタイプのドラマがありましたね!今回見てそれを思い出しました。

個人的には、肝っ玉母さん感が真矢ミキさんに少し足りない印象を受けました。

いきなり喧嘩が強かったのでキャラクターが迷子になってしまい、本当に優しい感じのタイプか、普段怖いけど芯は暖かい人なのかはっきりしていませんね。

スポンサーリンク

ドラマ『さくらの親子丼』第2話あらすじ

2017年10月14日(土)放送のドラマ『さくらの親子丼』第2話のあらすじをご紹介します。

さくら(真矢ミキ)の古本屋「九十九堂」の「たまりば」に、昔よく親子丼を食べに来ていた佐伯風花(浅川梨奈)が3歳になる娘を連れて訪ねてきた。シングルマザーになった風花と数年ぶりに再会したさくらは近況をそれとなく聞くが、風花は「今付き合っている人がいて、一緒に暮らすつもり」と幸せを装った。

しかしその話を聞いていたあざみ(吉本実憂)は違和感を覚える。あざみは以前公園で、ブランコに乗りたがる娘を激しく怒る風花を目撃していたのだった。明るく話す風花に、あざみは疑念を持つ。そしてさくらもまた、風花の親子丼の食べ方に注目していた。

そんな折、さくらは16年前に息子 悠平(大地伸永)を殺害した少女があざみの母親だと、俊太(塚田僚一)に話していた。

俊太はさくらとあざみの運命を驚くが、そんなあざみを一緒に住まわせていいのかとさくらを心配する。

しかしさくらは、悠平が命を懸けて守ったあざみを守りたいと涙する。

一方、居候していた友人のアパートを追い出された風花は途方に暮れていた。あざみが思った通り、風花は決して幸せな境遇ではなかった。

幼い子連れのシングルマザーというだけで、住み込みの仕事や風俗店も断られ、行き場をなくしてしまった風花は、次第に娘にもさらに厳しく当たるようになる。

そしてある日、さくらの差し入れを持って風花のもとを訪れたあざみは、信じられない光景を目にしてしまう…。

公式サイトより引用)

ドラマ『さくらの親子丼』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法は?

ドラマ『さくらの親子丼』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンド(FOD)は、現在31日間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『さくらの親子丼』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODに力を入れているので、最近のドラマでは

  • コード・ブルー 3rdシーズン
  • 僕たちがやりました
  • セシルのもくろみ
  • ウツボカズラの夢

などが見放題で配信されています。

その他にも過去にフジテレビで放送されたドラマやバラエティ番組など、かなりの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

[PR]フジテレビオンデマンド(FOD)で『さくらの親子丼』を無料視聴する

※紹介している情報は2017年10月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

まとめ

設定とストーリーはなかなか心温まる人情劇として良いのではと思います。

しかし、たまり場になぜあんなに人が集まっているのかの理由が後から分かったので、少し疑問点のほうが勝ってしまったかもしれません。

あざみがなぜ度々来るようになったのかも明確ではなく、ただいつのまにか勝手に来ている人にしか見えないのが少し残念でした。

せっかくの良い設定なので、最初になぜさくらが子供達の面倒を見ているかを明かしてしまったほうがいい気がしますね。

これから1話形式で個人に焦点を当てていくのなら、子供達の事情を掘り下げて疑問が残らないようにしてほしいところです。

まだ1話なのですべて判断できるわけではありませんが、今後少し頑張りが必要なドラマかもしれませんね。

『さくらの親子丼』あらすじとネタバレまとめはこちら

『さくらの親子丼』視聴率一覧はこちら

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA