オトナ高校|最終回の動画無料視聴はこちら【12/9放送8話見逃し】

  • この記事を書いた人:マスダ

2017年12月9日(土)23時05分より放送のドラマ『オトナ高校』最終回(第8話)の感想やあらすじをご紹介していきます。

リアルタイムでの放送を見逃してしまった…という方のために、見逃し動画を無料で見る方法もお届けしますので、ドラマ『オトナ高校』視聴にお役立てください!

なお、こちらの記事はユーザーボイス記事となります。

ドラまる
ユーザーボイス記事って何?
ラマちゃん
DRAMAP読者さんからいただいた展開予想や感想をまとめた記事よ。

ドラマの解釈や楽しみ方は人それぞれ☆

読者さんの声をご紹介することで、新たな発見をしてもらえたら、うれしいわ!

スポンサーリンク

ドラマ『オトナ高校』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法は?

『オトナ高校』は放送終了後、1週間はTverで限定無料配信されますが、その後は削除されてしまいます。

1週間以上経過した回を安全かつお得に見るおすすめのVOD(ビデオオンデマンド)サービスはU-NEXTです!

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『オトナ高校』はポイントレンタル配信されているので、

登録時にもらえる600ポイントを使えば『オトナ高校』の見逃した回を無料で見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

『オトナ高校』見逃し動画を無料で見る方法

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

※紹介している情報は2017年11月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

スポンサーリンク

『オトナ高校』最終回(第8話)あらすじ

2017年12月9日(土)放送のドラマ『オトナ高校』最終回(第8話)のあらすじをご紹介します。

オトナ高校でともに学ぶ永遠のスペア処女・園部真希(黒木メイサ)と人生初の同棲生活を始めたエリート童貞・荒川英人(三浦春馬)。

しかし、肝心な一線を越える気配は依然として皆無…。

そんな中、オトナ高校のエロ小悪魔教師・姫谷さくら(松井愛莉)が英人を押し倒し、彼のファーストキスを奪うという暴挙に出た!

キス現場を目撃した真希は当然のごとく激怒。

だが、さくらはしれっと「なんかムシャクシャしてたから」と言い放ったかと思うと、英人の成長のなさを指摘。

自分では成長していたつもりの英人は悔しさから、「もっと変わらなきゃいけない!」と奮起する。

その矢先、オトナ高校が来年度から正式開校することが決まり、今いる生徒の教育は急遽今週いっぱいで終了することに。

もちろん卒業できなかった生徒は優先的に第二期に入学できるというが、実績不足を理由に国家からクビを言い渡された熱血教師・山田翔馬(竜星涼)もいないオトナ高校に、居残るなんて…と絶望に暮れる処女・斑益美(山田真歩)。

そんな中、勘違い街道まっしぐらの英人は「この状況からみんなを救う英雄になれるのは僕しかいない!」と使命感をたぎらせ、藪から棒にリーダーに立候補!

「翔馬先生の退任取りやめのために、全員で卒業しよう」と熱弁する。

すると驚くべきことに、全生徒が賛同するという“奇跡”が巻き起こり…!

リーダーとして火が点いた英人は、全員卒業のための計画書を作るなど、ついてきてくれる生徒たちのために猪突猛進。

だが、何かにつけて周りが見えなくなるのが英人のダメなところ…。

放置された真希の気持ちを思いやることをすっかり忘れたがために、同棲解消を言い渡されてしまう…。

その事実を知ったED童貞部長・権田勘助(高橋克実)は「いよいよ俺の出番だ」と、愛しの真希への急接近作戦を張り巡らせるのだが…。

一方、教職をクビになる翔馬にはさらなる不幸が降りかかり、ついに自暴自棄に。

翔馬への叶わぬ恋に身を焦がす益美、川本・カルロス・有(夕輝壽太)とも、怒鳴り合いの喧嘩になってしまう…。

そんな中、突如、さくらが失踪してしまい…?

ドロドロと複雑に絡み合う何角関係もの渦…。

“変わりたい”とあがく英人。本当に大切なのは童貞を卒業することなのか、それとも…? 

“周回遅れの青春ドラマ”はついに感動のクライマックスへ! 

はたして、英人はいったい誰と結ばれるのか!? 

そして、最終的にオトナ高校を卒業できるのは誰なのか!? 

かつてない驚愕のラストとともに、『オトナ高校』ついに終幕!

公式サイトより引用)

スポンサーリンク

2017年秋ドラマ『オトナ高校』最終回(第8話)の放送前の期待度まとめ

まる
とうとう卒業式ということになりそうですが、本当の意味で卒業できる生徒がどれくらいいるのかな?と思います。

三浦春馬さんは、とりあえずキスまではいきましたが、気持ちは黒木メイサさんにあるようなので、改めて告白して、この2人が結ばれると良いなと思います。

他にも、周囲の生徒たちの関係にも進展がありそうなので、期待しています。

最初に、オトナ高校に招集されたときは、みんなイヤイヤ集まってきていましたが、いざ卒業となると、名残惜しいような気持ちになるだろうと思います。

オトナ高校の先生たちの今後も気になります。

ペンネーム:まる(30代・女性)

湊海
次回はオトナ高校が廃校の危機に直面するようなので、それまでに全員が卒業という奇跡を起こせるのか、どういう結末を迎えるのかが一番気になるところです。

ヒミコとヤルデンテは、今は翔馬を巡ってライバルになっていますが、最終的にはお互いの良さを分かり合える気がします。

英人達の四角関係もますますヒートアップしそうな予感がします。

理想としては、英人とさくら、真希と権田がカップルになるのが一番丸く収まると思いますが、英人はみんなから見放され、結局ひとりになってしまうような気がします。

あるいは、失恋したもの同士で権田とさくらが付き合うという結末も面白いと思います。

いずれにしても、納得のいく爽やかな結末を期待します。

ペンネーム:湊海(30代・女性)

ファンディーナ
まずはファーストキスを思わぬ形で奪われたチェリートはどうなってしまうのかが気になりました。

また予告で、みんなで卒業しようとチェリートが意気込んでいましたが、実際チェリートはだれと経験し卒業するのか、それとも卒業せずに最終回になるのか楽しみです。

経験をして卒業を迎える場合、ドラマ上でどう演出されるのかイメージがつかないので、結果卒業せず、何か違うもの(経験することより大切なもの)を見つけ最終回となるのではないかなと思います。

今までチェリートの邪魔をしてきたさくら先生の真意も気になります。

本当に人を好きになったことはないとチェリートに打ち明けていたので、実はオトナ高校開校前から好きになっていて、そのきっかけが最終回で回想シーンとして出てくるのではないかと思います。

ペンネーム:ファンディーナ(20代・女性)

モクモク
予告動画、予告文章をみても、イマイチ予想がしづらい内容になっている気がします。

オトナ高校は存続、勘違いだらけのチェリートは、リーダーに立候補し、クラスメートまとめることに。

今まで出世欲が人一倍強く、NY出張への熱意も大きかっただけに、ラストでは、栄人自身の今後の目標がない感じみたいで、
ドラマ構成大丈夫かな、と心配です。

きっと主要メンバー5人は色々とあるけれど、結局卒業できずに、第2期も学生として残るって展開ではないでしょうか。

生徒の業績に責任を持ったペガサスは留任、サクラ先生は新たな男を狙うため学校を去りそうな予感がします。

ペンネーム:モクモク(30代・女性)

電信柱
オトナ高校が廃止になってしまい、生徒たちは卒業せずとも大丈夫になるようですが、そこでなぜか「みんなでちゃんと卒業しようよ!」という流れになるのが不思議でもありおもしろいです。

きっと、英人はスペアと想いを伝えあって、最終的には超ハイスペックカップルの誕生で終わるのだろう、と思っています。

さくらは、また別の恋を探しに出るのではないでしょうか。

ペガサス先生にフラれてしまったヒミコとヤルデンテが、同じ痛みを分かち合うものとして、最後くっついちゃったりするんですかね…!

それとも、ヒミコは卒業しないまま、引きこもりだけが直って、これから生きていくのでしょうか…

ペンネーム:電信柱(20代・女性)

オトナ
第7話の最後にさくらちゃんが大胆な行動に出たので、チェリートとスペアさん、さくらちゃんとの三角関係がどのように変化していくかが楽しみです。

個人的にはさくらちゃんの大胆な行動によってチェリートは気持ちが動き、さくらちゃんとの恋愛が進みそうですが、最終的にはスペアさんと付き合うのかなと思います。

本当に行為ができるのかが楽しみですね。

結果的に卒業せずにオトナ高校が終了してしまうという展開には個人的にはなってほしくないです。

なんだかんだヤルデンテと卑弥呼とペガサス先生がどうなるかも楽しみにしているポイントの1つです。

ペンネーム:オトナ(20代・男性)

2017年秋ドラマ『オトナ高校』最終回(第8話)の放送後の感想や評価まとめ

まる

『オトナ高校』最終回(第8話)のあらすじとネタバレ

来年度から、オトナ高校が正式に開学されることが決まり、実績を上げられなかった竜星涼さんはオトナ高校の教師をやめなければならなくなってしまいました。

そこで、三浦春馬さんが自ら立候補して、クラスのみんなで協力して竜星涼さんがオトナ高校に残れるように働きかけることになりました。

三浦春馬さんと黒木メイサさんの何も起きない同棲生活は続いていましたが、三浦春馬さんが松井愛莉さんにキスされるところを見た黒木メイサさんは、自分の気持ちの変化に気づき始めます。

その後、松井愛莉さんから告白され、オトナ高校の卒業式で代表として挨拶を頼まれ、快く引き受けた三浦春馬さんは、思いがけずショックを受けます。

『オトナ高校』最終回(第8話)の感想

黒木メイサさんと高橋克実さんが結ばれるとは…と驚いていたら、なんと三浦春馬さん以外の全員が結ばれていたとは、本当に驚きました。

最後まで、カンチガイの三浦春馬さんが、とても面白かったです。

それにしても、黒木メイサさんと高橋克実さんの2人のシーンは、白いバスローブが生々しくて、なんだかヘンな想像をしてしまいました。

山田真歩さんと竜星涼さんのカップルは、想像しづらかったのですが、山田真歩さんの一途な思いが通じて良かったなと思います。

竜星涼さんに抱きつく山田真歩さんのブルマ姿は笑えました。

せっかくいい感じのところまでいった松井愛莉さんには、最後にまたふられてしまう三浦春馬さんに同情してしまいました。

ペンネーム:まる(30代・女性)

kazuki_6

『オトナ高校』最終回(第8話)のあらすじとネタバレ

チェリート君以外の生徒が全員童貞&処女を卒業し、チェリート君だけ、また第二期生としてオトナ高校へ行く。

そこで生徒会長を任される予定である。

卒業式の当日、「僕は卒業できないけれど、それは、まだみんなと学びたかったってことなんだと思います。」の発言で、オトナ高校の生徒や先生までも感動の空気に包みこんだ。

しかし「卒業生、起立。」の先生の言葉で、全員が立ち上がった。

その時、チェリート君は、驚きの表情を隠せなかった。

チェリート君は、副担任の先生に、卒業式の前日に、告白をさせた。

しかし、その時には男らしく、時間が欲しいと、伝え、翌日に備えるのであった。

しかし、副担任の先生は、「もう冷めちゃった」と、チェリート君に伝える。

チェリート君はショックを受ける。

『オトナ高校』最終回(第8話)の感想

チェリート君とスペアさんとが繋がってほしかったと思っています。

しかし、やはり、黒木メイサさんと三浦春馬さん。

二人とも、処女、童貞には全く見えなかったのですが、ドラマを見ていくうえで、そまってきたというか、自分もそれに入り込んでいってしまったので、その点も面白かったなと感じております。

しかし、興味本位で見始めて、今期で一番面白いドラマだったと感じた。

やはり、チェリートは三浦春馬君にしかできないと思いました。

いろいろとやってきたのに、「女心と秋の空」で、あっさりと終わった最高にシュールなドラマであった。

ペンネーム:kazuki_6(10代・男性)

さくらんぼ

『オトナ高校』最終回(第8話)のあらすじとネタバレ

オトナ高校の合コンは台風という悪天候に見舞われ、あえなく中止を余儀なくされます。

そんなとき、チェリートくんは、スペアさんに二人の決着をと迫られるが合コン中止に二人のことを考えられる余裕がないことを告げる。

するとスペアさんは激怒して走り去ってしまう。

追いかけるチェリートくんより先に、サショウーが立ちはだかるが、格好よく決めたつもりがまたもスペアさんの心に届かずに、張り飛ばされてしまう。

ペガサス先生、ヤルデンテ、卑弥呼のそれぞれの恋の行く方は、童貞処女を卒業というめでたい締めになりました。

終わってみたらチェリートくんだけが卒業出来ないという結末でした。

『オトナ高校』最終回(第8話)の感想

最終的にチェリートくん演じる三浦春馬さんだけが、オトナ高校の卒業が出来ないという失態に笑えました。

私は副担任のさくら先生の告白を受けて、チェリートくんと結ばれる結末かと思っていたのですが、偏差値75の堅物チェリートくんは、告白をさせておきながら返答を即座に行わずに先伸ばしにするという理屈っぽい焦れったい態度に、「こういうタイプいるいる」と思いました。

自分のプライドがここまでの結果になったのにもかかわらず、変わろうとしながらも変われない歯痒い男をとても上手に演じてくれた三浦春馬さんでした。

高橋克実さんも同じく素敵な演技だったと思いました。

ペンネーム:さくらんぼ(40代・女性)

くも

『オトナ高校』最終回(第8話)のあらすじとネタバレ

ファーストキスを奪われた栄人は呆然。

現場にいたスペアは怒り心頭。

サクラは理由もなくキスしたと開き直り、栄人は何も変わってない、と厳しく指摘する。

プライドをずたずたにされた栄人。

オトナ高校も卒業間近、ペガサス先生の留任をできるように、と栄人自らリーダー名乗り出て勘違い行動の開始。

学校を合コン会場にし、男女の出会いの場として卒業をみんなで果たそうという作戦。

かつての生徒王子へもメールで参加を呼びかける

手応え十分のアピールも虚しく、会場がガラガラ惨敗に終わる。

スペアは栄人の考え、気持ちに付いていけず、同棲生活を取りやめる。

隙を狙ったサショーはスペアに近づき、「君のスペアになるよ」と告白するが、いつもの如く、ジジィ!と罵倒され木っ端みじん。

そんななか、サクラ先生が会社も辞めて失踪する。

捕らえ所のない女心に悩む男性。

一方、ペガサスは住まいの立ち退きに合うことでやけ酒状態。

子供の面倒を見ながら、就活をするヒミコ。

優しさだけでペガサス先生を介抱するヤルデンテ。

ある夜、思いもしない場所でサクラ発見する栄人。

サクラは初めて好きになった人、栄人に告白をする。

栄人は告白を受け止めるが返事を待ってほしいと告げその場から去る。

オトナ高校卒業式当日、祝辞を述べる栄人。

思いを込めた後に知ったのが栄人以外の全員が「卒業」したという事実。

サショーはスペアと結ばれ、イチャイチャし。

ヒミコはペガサス先生と校庭裏で事を成し遂げ、ヤルデンテは職場の若い男性と結ばれるという展開。

結局おいてきぼりの栄人はサクラに告白の返答をしようとしたが、待ち切れなくて冷めてしまったとフラれてしまう。

来学期も生徒会長でと呼ばれる始末に途方に暮れる栄人であった。

『オトナ高校』最終回(第8話)の感想

せめて最終回では揉めてもスペアとチェリートが結ばれるだろうと予想していただけに、見事な裏切りでよかったです。

まさかのサショーが大逆転。

一度は年下女性との恋の展開がありましたが、粘ってスペア結ばれたとは。

願っていたサショーさんは嬉しいだろうし、スペアの性格も結構なドSなのでお似合いでよかったと思います。

そして生徒と先生、禁じられた関係まさかのヒミコも大逆転ホームラン。

ある意味サクラ先生以上にこの世界の楽しさを開花させて、性豪になりそう。

次期オトナ高校の教員に君臨しそうですね。

またヤルデンテ君も一発逆転出会いの展開。

本当に思って見ない見事な卒業で楽しめました。

ペンネーム:くも(30代・女性)

『オトナ高校』最終回(第8話)のあらすじとネタバレ

同棲を始めたスペアとチェリートだったけれど、一向に卒業できる気配はなかった。

そんな中で、教師のさくらが突然チェリートにキスをして怒ってしまったスペアだった。

その時に何も変わってないといわれ、ショックを受けてしまう。

そして、クビを言い渡されたペガサス先生を助けるために自分がリーダーであるとはりきり色々なことを始めるチェリートでだった。

しかし、スペアとはどんどん悪い方向へ進んでいき、さくら先生は失踪したりと様々な問題が起きるのだった。

最終的に、オトナ高校の継続が決まった。そして、チェリートを除くみんなが卒業したのだった。

『オトナ高校』最終回(第8話)の感想

1話からずっとみてきてきたけれど、まさかの展開でとても驚きました。

相変わらずプライド高いチェリートでスペア以外には気が聞けるのに、どうして彼女にはできないのだろうとか色々考えながらみていました。

そして、途中色々と問題が起きたけれど、それを解決して2人がうまくいくのかと思っていたら、まさかのサショーとくっついてしまいました。

全く想像していなかった展開でとても面白かったです。

また、チェリートは見ていてもしかするとさくら先生と付き合うのかなと思ったら振られてしまい卒業できないという結末でいつ卒業するのかと思いました。

ペンネーム:か(20代・女性)

シナマン

『オトナ高校』最終回(第8話)のあらすじとネタバレ

第1期生の終了日が決まり、さらにペガサス先生のクビも決まってしまった。

そこで三浦春馬演じる、通称チェリートが、クラス全員の卒業を目指し奮闘する。

その一貫で校舎を使ったお見合いパーティーを開催する。

その裏でいざこざがあった黒木メイサ演じる、通称スペアとの関係を決着付けると約束していた。

しかしお見合いパーティー当日台風が来て、中止になってしまう。

決着をつけたいスペアとは裏腹にチェリートは中止になってしまったことに落ち込んで返事ができなかった。

そんなチェリートにうんざりしたスペアは逃げてしまう。

それを見ていた松井愛莉演じるさくらちゃんはスペアを追いかけないでとチェリートを引き止める。

しかしチェリートはスペアを追いかけるが、高橋克実演じる、通称サショーが引き止めるところを見てしまった。

チェリートはスペアとさくらちゃんの間で悩む。結論を出したチェリートはさくらちゃんに告白させる。

しかし返事は出さず、次の日終了式を迎える。

そこで校長に在校生代表挨拶を任され、そこで、スペアとサショーがくっついたことを知り、安心する。

終了式で挨拶をし最後に校長が卒業生起立と言うと、チェリート以外全員立った。

このことにチェリートは衝撃を受ける。

しかしチェリートはさくらちゃんと結ばれることを確信していた。

さくらちゃんに、駆け寄ると期待外れに振られてしまう。

チェリートは引き続きオトナ高校の生徒になってしまった。

『オトナ高校』最終回(第8話)の感想

数話前から、チェリートとさくらちゃん、サショーとスペア、ヤルデンテとひみこが結ばれると思っていました。

しかしサショーとスペアのみだったことに驚きました。

ヤルデンテは弁当屋の人とくっついたことが何とも衝撃的でした。

ペガサスとひみこはなんとなく可能性もあるとは思ってました。

チェリートとさくらちゃんが結ばれることを大いに期待していたのですが、やっぱりチェリートはチェリートだなと感じました。

チェリートが卒業できなかったことは続編への期待もあるかなーと思いました。

スピンオフドラマもやるので、期待してます。

ペンネーム:シナマン(20代・女性)

まとめ

ドラまる
2017年秋ドラマ『オトナ高校』最終回(第8話)のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
ドラマ『オトナ高校』の見逃し動画を安全かつ無料で見るのにおすすめのVOD(ビデオオンデマンド)サービスはU-NEXT!

気になった方は今すぐチェック☆

『オトナ高校』見逃し動画を無料で見る方法

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA