奥様は取り扱い注意|最終回ネタバレ感想とラスト考察。映画化はガセ?

  • この記事を書いた人:しいろ
ドラまる
綾瀬はるかさん主演の『奥様は、取り扱い注意』の10話が、2017年12月6日(水)に放送されたね!

今回はいよいよ夫・勇輝の正体が明らかに!

ラマちゃん
夫が菜美に近づいた目的も気になるわね!

こちらの記事では『奥様は、取り扱い注意』最終回(第10話)のネタバレを感想ありでご紹介するわね!

スポンサーリンク

『奥様は、取り扱い注意』最終回(第10話)のネタバレと感想

とうとう菜美(綾瀬はるかさん)の夫・勇輝(西島秀俊さん)の正体が明らかに!

予想していた人も多いと思いますが……

正体はやはり『公安』でした!

特殊工作員である菜美を監視するために近づいた勇輝。

しかし、互いにパーティーで一目惚れしてしまい、監視をするという建前を使って結婚。

なんだか過激なロミオとジュリエットという感じで、見ていてワクワクしました!

しかし、二人はこのままだとずっと『監視役』と『監視対象』のまま。

二人の幸せのために、一緒に遠くに逃げようと言う菜美と、菜美に普通の幸せを遅らせるためにドイツに行くしかないと主張する勇輝。

正体がわかってからの冷めきった空気にも胸が痛くなりました。

しかし、優里(広末涼子さん)の事件と京子(本田翼さん)の誘拐があり、横溝(玉山鉄二さん)と直接対決になった場面で、「こちらの方が動きやすくていい」とアドバイスしたり、どことなく菜美の背中を押すような場面もあり……

勇輝なりに苦悩していることがよく伝わってきました。

この2人の関係はどうなるの?

菜美は結局、どちらの生活を選ぶの?

ハラハラしながら見守っていましたが、結局菜美が選んだのは『平穏な生活』ではなく、『スリルのある生活』。

結局、この夫婦は愛し合いながらも敵対し続ける……というところに落ち着いたようですね。

スポンサーリンク

ドラマ『奥様は、取り扱い注意』10話のネットの感想や評価は?

予想をしていた人も多いかと思いますが、やはり明確に『公安』と明かされたことで、視聴者も盛り上がっていました!

薄々「そうじゃないかな?」と思いつつ……やっぱり明言化されると、「そうだったかー!」という気持ちになりますよね(笑)

さらに、勇輝の正体がわかってからの夫婦喧嘩が激しすぎると話題に。

特殊工作員VS公安のバトルシーンだけあって、かなり迫力がありましたね!

綾瀬はるかさんのアクションも西島秀俊さんのアクションもかなり見応えがありました!

アクションシーンと言えば、菜美VS横溝のシーンも圧巻でした!

視聴者も「格好いい!」「気持ちいい!」「すごい!」と感心していました。

最終回だけあってとても見ごたえのあるシーンでした。

また、勇輝の菜美へのベタ惚れぶりも視聴者をキュンキュンさせていました。

敵同士ながらも、本気で愛し合っていることが伝わってくるシーンでしたね!

改めて、勇輝はいい夫だなーと思いました。

家を追い出され、改めて結婚に向き合った京子の夫・渉(中尾明慶さん)に「いいヤツになった」「格好良いこと言ってる!」と褒める声が続々。

なかなか覚悟を背負って結婚できる人はいませんが、大概はそのままなあなあにしてしまうものです。

それを逃げずに受け止めた渉は、確実に「いい夫」に成長していますね!

これで二度と『残業』をしなければ言うことなしです(笑)

スポンサーリンク

『奥様は、取り扱い注意』映画化の情報はガセ?

物語が後半に差し掛かったころから、年末の総集編SPと映画化が決定という話題が広がっていた『奥様は、取り扱い注意』ですが、映画化は間違った情報の可能性が高そうです。

その理由はこちら。

脚本を担当されていた、金城一紀さんのツイートなのですが、ハッキリと「これにて終了です。」と書かれています。

日本テレビの『奥様は、取り扱い注意』の公式ホームページにも映画化についての情報は一切記載されていないことや、最終回放送終了時の映画についての告知が流れなかったことからも、映画化はガセ情報だったと思われます。

ドラマ『奥様は、取り扱い注意』見逃し動画を無料で見る方法は?

ドラマ『奥様は、取り扱い注意』は放送終了直後からHuluで見逃し動画配信がスタートします。

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 奥様は、取り扱い注意
  • 先に生まれただけの僕
  • 今からあなたを脅迫します
  • 過保護のカホコ
  • 脳にスマホが埋められた!
  • ウチの夫は仕事ができない
  • 愛してたって、秘密はある。
  • わにとかげぎす

などが見放題となっています。

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

※紹介している情報は2017年12月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

まとめ

『奥様は、取り扱い注意』最終回(第10話)のネタバレあり感想を紹介しました。

ドラまる
初っ端からのアクションにハラハラ! 菜美と勇輝がどうなっちゃうのか、気が気じゃなかったよ!
ラマちゃん
結局、この2人らしいところに落ち着いたという感じかも!?

勇輝の正体や、正体がわかりあった2人の関係など見所がたっぷりあった最終回でしたね!

スリルある格闘を終え、帰宅した妻に銃を突きつけたところで終わる……という、斬新ながらも金城一紀さんの作品らしいラストを迎えた『奥様は、取り扱い注意』。

結局この2人は、敵の立場にありながらも愛し合い続ける、というところに落ち着いたかな?と思います。

また、2018年夏の映画化を楽しみにしていましたが、一連の流れを見ると可能性は低そうな雰囲気です。

少し残念ですが、ドラマは全話Huluで配信されているので改めて初回から最終回まで見直そうと思います!

『奥様は、取り扱い注意』見逃し動画をHuluで無料視聴する

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • ラストシーンが意味不明な謎めいた終わり方であると受け止められていますが、
    普通に考えれば、跡をつけて来た追っ手を西島役が撃ったと云う風な解釈が適当
    でしょうし、万一そうでない場合は、玉山役と西島役は仲間であったと云うこと
    になる?のでしょう。(恐らくは前者でしょうが、視聴者が混乱して怒ったのも
    うなづけます。)
    更に深読みをすれば、悪役の玉山役やその組織が何なのかで論評は変わりますが、
    実は現実事件をモチーフとして都合良く処理すべく作られたストーリーであると
    思しき作品が昨今少なからず見受けられるように感じます。
    その場合は、西島役が綾瀬役に玩具の空砲でちょっと驚かせて、制作陣や放送局
    に問題があるとすべきケースも考え得りますね。本作品はまだマシな部類に入る
    でしょうが、酷く悪質な作品も存在するようです。拝

  • コメントお待ちしています!

    CAPTCHA