ドラマ【奥様は取り扱い注意】6話の動画無料視聴はこちら。感想も

  • この記事を書いた人:ナカムラ

ドラマ『奥様は、取り扱い注意』第6話(2017年11月8日(水)22時00分〜放送)の見逃し動画を無料で視聴する方法や、あらすじ&感想をご紹介していきます!

放送前は『奥様は、取り扱い注意』第6話の期待度や気になる見どころ、放送後は感想や評価を順次アップしていきます。

ドラまる
リアルタイムでの放送を見逃してしまった場合のお得な無料視聴方法もご紹介しているよ!

ドラマ『奥様は、取り扱い注意』の視聴にお役立てください!

なお、こちらの記事はDRAMAP読者さんからいただいた展開予想や感想をまとめた、ユーザーボイス記事となります。

ラマちゃん
様々な意見や解釈をお楽しみいただけたら、うれしいっ☆

スポンサーリンク

ドラマ『奥様は、取り扱い注意』見逃し動画を無料で見る方法は?

ドラマ『奥様は、取り扱い注意』は放送終了直後からHuluで見逃し動画配信がスタートします。

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 奥様は、取り扱い注意
  • 先に生まれただけの僕
  • 今からあなたを脅迫します
  • 過保護のカホコ
  • 脳にスマホが埋められた!
  • ウチの夫は仕事ができない
  • 愛してたって、秘密はある。
  • わにとかげぎす

などが見放題となっています。

また、2017年夏ドラマで最も視聴者を釘付けにした作品『愛してたって、秘密はある。』の完結編『僕は誰だ?』も、もちろん無料で見られます!

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

※紹介している情報は2017年11月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

スポンサーリンク

2017年秋ドラマ『奥様は、取り扱い注意』第6話のあらすじ

2017年11月8日(水)22時から放送のドラマ『奥様は取り扱い注意』第6話のあらすじを紹介します。

菜美(綾瀬はるか)と優里(広末涼子)は、抜群の生け花のセンスを持つ姑を見返したいという京子(本田翼)に付き合って、フラワーアレンジメント教室に通い始めた。

花を相手に京子が悪戦苦闘する一方、不器用ながら女性らしいセンスを発揮し始める菜美。そんな中、教室で知り合った冴月(酒井美紀)から菜美は町の広報誌の取材を申し込まれる。

取材当日、菜美は約束の時間通りに冴月の家へ。

するとそこに、冴月の友達・靖子(芦名星)と千尋(原田佳奈)がやってきた。

帰宅が遅れると冴月から連絡を受けた2人に言われるままに菜美が冴月の家に足を踏み入れると…なんとリビングに冴月の夫・達郎の死体が!!現場の状況から、菜美は何者かが達郎を計画的に殺害し、自分をアリバイ作りに利用したと直感する。

翌日から“第一発見者=容疑者の一人”として捜査に協力することになった菜美は、勇輝(西島秀俊)と共に警察へ。

当初、事件は開業医の達郎の資産を狙った強盗殺人かと思われていたが、冴月に愛人がいた可能性が発覚し、マスコミは事件を痴情のもつれによる殺人だと報道。

菜美は冴月以外に殺人犯がいると確信し、冴月のアリバイも成立したのだが、ウワサがウワサを呼んで街には殺伐とした雰囲気が漂い始めた…。

大好きな街がこれ以上騒がしくなるのは我慢できない!!持ち前の観察力で“真犯人”の目星を付けた菜美は、自らの手で事件を解決しようとするのだが…!?

公式サイトより引用

スポンサーリンク

2017年秋ドラマ『奥様は、取り扱い注意』第6話 放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『奥様は、取り扱い注意』第6話の見どころや期待度をご紹介いたします。

TOM
優里と京子の夫婦問題も少しずつ動き出して、改善の方向に向かっていって欲しいですね。

京子と渉は子作りに一歩前進したので良かったのですが、優里と啓輔はお互いの思いがすれ違っていて悲しいです。

啓輔も優里を守りたいという気持ちがあるのはわかったんですが、優里が啓輔の愛情を感じられずにいるのがもどかしいです。

優里と水泳教室であった昔の友人は、実は犯罪のために優里に近づいてきていたんですね。

啓輔との仲で悩む優里は友人の誘いに乗ってしまうんでしょうか。

次回はさらに優里が深刻なことに巻き込まれそうですね。

菜美が助けてくれることに期待します。

そして気になるのは、菜美の「この少し後に起こるある事件が私たちの友情を揺さぶることになる」というナレーションです。

優里の友人が起こす事件のことなのかそれともまだ先に事件があるのか気になりますね。

菜美たち3人の友情がいつまでも続いて欲しいです。

ペンネーム:TOM(40代・男性)

まる
広末涼子さんを合コンに誘っていたのには、理由があったんだと、これまでと全く違って暗い闇のような展開になりそうで驚きました。

確かに、綾瀬はるかさんや広末涼子さん、本田翼さんが住んでいるのは、高級住宅地なので、お金目当てで犯罪が起きそうな気はします。

せっかく、広末涼子さんは乳がんの疑いがないとわかったのに、どんな犯罪に巻き込まれてしまうのだろうと心配です。

綾瀬はるかさんが、昔取った杵柄で、もうアブナイにおいを察知しているようなので、広末涼子さんのことを守ってくれると良いなと思いますが、友情のピークは過ぎたようなので、それも心配です。

ペンネーム:まる(30代・女性)

れれたん
主婦として生きて、平凡かつ、幸せな日常をおくっていた主人公の菜美ですがいろいろと窮地に立たされそうな予感がします。

ご近所で殺人事件が起きてしまうという展開になってしまうようですが、菜美の前から平和な日常がなくなってしまいそうです。

悪の手が菜美のすぐ側まで近寄ってきてしまいそうなので怖いです。

そんな大変な状況に追いやられた菜美がどんな風に乗り越えていくのかがみどころです。

元女スパイの菜美がどんどん危ない橋を渡ってしまいそうで不安です。

菜美には家庭を守りつつ幸せになってもらいたいので応援していきたいです。

ペンネーム:れれたん(30代・女性)

だっしー
合コンの誘いをしてきたママ友を操る怪しい男性。ノルマを課せられきっと他にもターゲットはいるはず。

そんな中殺人事件。菜美は犯人の目星は付いていると言っていたが一体誰なのか…全くの関係ない人ではないはず。

むしろこの自分達の生活エリア内な気がする。決して非日常的とは思えない。

むしろ身近にすら感じる。まだ菜美の過去を知らない2人。近所だから長年の友人とは違うけど、旦那にすら言えない秘密。

日常生活の中での出来事なので、怪しまれぬよう、バレぬ様にしている菜美がどの様にして今後起きる事件を解決していくのか気になる。

ペンネーム:だっしー(30代・女性)

kazu464
菜美と優里は京子の誘いに乗ってフラワーアレンジメント教室へ通い始める。

ここで会った、冴月から菜美は広報紙の取材を申し込まれる。

取材当日、冴月の家へ伺うと冴月の友達2人が居て冴月は遅れると言う。

3人は、冴月の家のリビングで冴月の夫・達郎の死体を見つける。

菜美は計画的に殺害しアリバイを作っていると思う。

第一発見者の菜美は夫と共に警察に行く、冴月に愛人が居て痴情のもつれの殺人と噂が流れたが、菜美は冴月のアリバイを成立させる。

街中この事件の噂で殺伐としてくる。菜美は真犯人の目星をつけ自らの手で解決することを考える。

しかし、実行しようとした時に障害が起こる。

ペンネーム:kazu464(60代・男性)

はるきゅん

第5話の終わりに、乳がんの検査結果が異常なしを報告する場面で綾瀬はるかの声でこれから3人の仲を引き裂くような出来事が起こるというナレーションを聞き、それからの広末涼子が友達のコンパ話に乗り危ない人との繋がりがありそうなのでここで何かが起こりそうな予感です。

もしかしたら、綾瀬はるかの正体がばれるのかそれとも広末涼子が悪いグループへ行き3人の仲が崩れていってしまうのか、どっちにしろ3人にとってよくない流れかと思います。

けど来週はそれだけじゃなく、近所で殺人があり三人それぞれ事情聴取の姿があったのでその辺も気になります。

ペンネーム:はるきゅん(30代・女性)

みぃも
広末涼子さんが演じるゆりさんが合コンに誘われ、仕事をするしないで夫と上手くいってないこともあり、気持ちが揺れ動くのではないかと思います。

それによって3人の奥様の友情にも亀裂が入り、みんなバラバラになっていくのかなぁと思い寂しいと思いました。

予告では綾瀬はるかさんが演じるなみさんが容疑者?ともなっていたり殺人事件?が起こっているみたいで何が何だか全く状況がわからないでした。

玉山鉄二さんがキーポイントとしか予想ができなかったです。しかし、それが楽しみで次回もすごく楽しみになりました。必ず見ようと思いました。

ペンネーム:みぃも(20代・女性)

NN
広末涼子さんが、乳がんかもしれないと言い、結果が出る日に綾瀬はるかさんと本田翼さんが付き添いで付いていきます。

結果は、大丈夫だったので、綾瀬はるかさんと本田翼さんは本当の家族のように喜んでいました。

広末涼子さんが家に帰り、旦那さんにその事を報告します。

そして、人生1度きりだから働きに出たいと言いますが、結局広末涼子さんの旦那さんは俺だけのものと思っているようで結果はダメでした。

そんな時、広末涼子さんの携帯がなり合コンの誘いがあります。

合コンに誘ってきた相手は初めて見るのでよく分からないですが、危ない人たちと絡んでいるようなので、次回がどうなるか、ドキドキします。

ペンネーム:NN(30代・女性)

2017年秋ドラマ『奥様は、取り扱い注意』第6話放送後の感想や評価まとめ

はるきゅん

『奥様は、取り扱い注意』7話のあらすじとネタバレ

今度は3人でフラワーアレンジメント教室へ。

そこで出会ったのが吉岡さつきさんという主婦。

夜さつきと家で会うことになり帰りが遅いからと先に家へ入ることに。

そこへさつきの旦那がナイフで刺され倒れていた。綾瀬はるかは1度家へ戻り翌日事情聴取を受ける。

1週間経っても犯人は見つからず、ワイドショーではさつきが犯人扱いされる。

綾瀬はるかはさつきと話をすることになる。そのあと、さつきの友達二人とも話すことになる。

ほぼ事情聴取みたいな風景。間違いなくさつきと友達2人は何かを隠してる様子。

綾瀬はるかは犯人の目星は付いていた。これ以上大好きな街をめちゃくちゃにされたくないため動き出すことに。

綾瀬はるかの家へさつきら3人呼び出し動機を聞くことになった。

さつきの旦那は友達2人を襲った。そのことをずっと心に残っていた。

さつきも二人の意見に賛同し計画を立てた。3人は自首をせず街を出ていった。

綾瀬はるかは少し悲しみを引きずり今回は終わっていった。

『奥様は、取り扱い注意』7話の感想

今回はもどかしい終わり方だなと思いました。

殺人は絶体ダメなことですが、殺人以上のことを殺された男はしたわけです。

同じ女として殺されて当たり前と感じました。

けど、綾瀬はるかの言う通り同じ街に殺人犯が3人いることは落ち着かないし嫌なこと。

というのはわかります。

そして、まさかの自首をせず街を出ていく終わり方。

なんだか、殺人を許したのかな?というような内容でした。

なのでとてももどかしくやるせない気分になりました。

いつもの綾瀬はるかの格闘シーンで成敗する姿を見たかったのですが今回ばかりは格闘は心の中でしていたような感じでした。

ペンネーム:はるきゅん(30代・女性)

TOM

『奥様は、取り扱い注意』7話のあらすじとネタバレ

菜美たち3人はフラワーアレンジメント教室に通い始めました。

そこで知り合った冴月(酒井美紀)は町の広報誌で菜美たちを取材したいとお願いしました。

菜美たち3人が冴月の家に訪れると、冴月の友達の靖子(芦田星)と千尋(原田佳奈)が家の前にいました。

そこに冴月から少し遅れると電話がかかってきます。

鍵の場所を教えてもらったという靖子たちと一緒に家に入ると、冴月の夫達郎が殺されていました。

菜美はその事件が靖子と千尋が自分たちをアリバイ作りに利用し、そこにいなかった冴月も共犯だと直感します。

菜美は証拠品を見つけ、それを元に靖子、千尋、冴月に問い詰めると靖子が動機を話し始めました。

学生の頃、靖子は達郎に乱暴され何も言えずに生きてきました。

その後偶然冴月と知り合ってその夫が達郎であることに驚きました。

でも達郎は靖子のことを覚えていませんでした。

靖子はその偶然に達郎を殺害することを計画しました。

冴月も靖子からその事を聞き、達郎の異常さに気づき計画に協力したと告白しました。

菜美は警察には告発しないかわりに自首するかこの街から出ていくかを決めてと伝えます。

3人は街を出ていきました。

事件は菜美が証拠品を処分したことで迷宮入りすることになったのです。

『奥様は、取り扱い注意』7話の感想

毎回いろんな教室に習いに行きますが今回はフラワーアレンジメント教室でしたね。

菜美がアレンジメントのセンスがいまいちなのが可愛いエピソードでした。

教室で知り合った冴月たちのアリバイに利用されるという刑事モノ顔負けの展開が面白かったです。

今回はアクションはありませんでしたが、千尋の家から証拠品を盗み出す時、千尋の目をかいくぐって脱出するシーンが見ものでした。

最後に子供に見られて「真似しちゃダメよ」と言うシーンは可愛かったですね。

家の屋根の上や塀の細い所をバランス良く歩くシーンをノースタントでやってしまう綾瀬はるかは格好良かったですね。

菜美は工作員としての格好良さと主婦としての可愛さが同居していてとても魅力的です。

犯行の理由を告発はせず、自首か街を出ていくかを選択させるという最後も良かったと思います。

今回も綾瀬はるかのカッコ可愛いシーンが満載のお話でした。

ペンネーム:TOM(40代・男性)

みっちー

『奥様は、取り扱い注意』7話のあらすじとネタバレ

菜美(綾瀬はるか)はフラワーアレンジメント教室で仲良くなった吉岡冴月さん(酒井美紀)のお宅に訪問することになりました。しかしそこで胸にナイフが刺さり倒れている男性を発見します。

男性は吉岡さんのご主人でした。

菜美は警察に第一発見者として事情聴取を受けました。

警察は強盗による殺人として捜査を始めました。

しかし菜美の元特殊工作員としての勘が働き吉岡宅に一緒に訪れていた靖子さん(芦名星)と千尋さん(原田佳奈)を調べることにしました。

千尋の家に侵入した菜美は花を持ち帰るためのフラワーバックがあやしいと思い自宅に持ち帰りました。

後日、吉岡冴月と靖子と千尋を自宅に招いた菜美、 なぜご主人を殺す必要があったのか理由を聞かせて欲しいと3人に静かに聞きました。

5年前、靖子と千尋は吉岡の性犯罪の被害にあっていました。

理由を聞いた菜美は警察に通報はしませんでした。彼女たちに自首をすすめ、それが出来ないなら街から出て行くように言いました。

『奥様は、取り扱い注意』7話の感想

犯罪者と結婚していたなんて冴月(酒井美紀)の気持ちは複雑だったろうと思いました。

まさか自分の旦那が犯罪者なんて信じられなかっただろうと思いました。

菜美(綾瀬はるか)があまりにもひょいひょいと壁を登ったり降りたりするので、なんて身軽なんだろうと思いました。

千尋(原田佳奈)の家に忍び込む時の菜美の服装もかわいかったです。

最後に菜美の気持ちが落ち込んでいる様子を見て旦那様の勇輝(西島秀俊)がそっと肩を抱いてくれるシーンはこんな優しい旦那様が羨ましいと思いました。

警察に通報しないという菜美の判断は正しかったのかどうか分かりませんが犯罪を犯してしまった彼女たちは苦しんでいくだろうと思いました。

ペンネーム:みっちー(40代・女性)

りっちゃん

『奥様は、取り扱い注意』7話のあらすじとネタバレ

初めの小さなストーリーは子供の綾瀬はるかが友達を助け、地元の悪い奴らを倒し、この町では狭すぎると保護者にお金をもらった所。

本題は、ご近所で起こった殺人事件。

歯医者をやっているイケメン旦那と奥さんのお話。

綾瀬はるかがその家に伺う日にその時間はおきました。

家の前には奥さんの友達2人。待ち合わせ時間に留守にしていた奥さん。

その友達たちが家の鍵の場所を知っているというので家に入るとイケメン旦那が殺されていた。

第一発見者として巻き込まれる綾瀬はるか。

奥さん、友人2人を疑い初め、証拠を見つけ出した。

そして自首するよう伝えたが、自首はせず、3人は町から姿を消しました。

前回の終わりとは無関係の回でした。

『奥様は、取り扱い注意』7話の感想

前回の終わりは、広末涼子が旦那に愛想をつかし、ご近所さんに誘われた合コンにいきたい!と連絡をする所でした。

そこから話が広がっていくのかと思ったら違いました!
あと5話では、綾瀬はるか、広末涼子、本田翼がだんだん仲が悪くなっていくのかと、想像させられましたが、6話に関してそういう状態の映像はありませんでした。

そういったところの5話との繋がりがもう少しあればいろいろ考えさせられてたのしいかなおもいます。

6話の中身に関しては、予測できるような犯人だった為、機体通りというか、なーんだ。というような内容だったと私は思います。
ペンネーム:りっちゃん(20代・女性)

スナックス

『奥様は、取り扱い注意』7話のあらすじとネタバレ

6話では、綾瀬はるかちゃん演じる菜美と仲良し二人主婦がフラワーアレンジメントに通います。

フラワーアレンジメントには、ご近所のセレブママたちも来ていました。

ご近所のセレブママ冴月に町内会報の記事を書くためということで、菜美が時間指定されて夜に家に呼ばれます。

菜美が家に行くとフラワーアレンジメント教室の生徒である冴月の友人主婦二人も来ており、肝心の冴月は車が渋滞しているために約束の時間に遅れると連絡があります。

そこで、菜美たち3人が合いカギで家に入ると冴月のだんなさんが殺害されていました。

菜美はすぐに状況と3人の主婦の様子から犯人は殺人現場の目撃者である主婦二人と冴月であることがわかります。

その後3人を問い詰めると冴月のだんなさんは、過去に性犯罪を繰り返したいたことが判明します。

冴月の友人主婦二人はその時の被害者であり、恨みで殺人を犯したのでした。

冴月はだんなさんの過去にショックを受け、女性二人に協力することにしたのでした。

菜美は3人に自首を促しますが、自首をするか、この街から出ていくかどちらかを自分たちで決めて欲しいと言いました。

3人は自首はせず、街を去ることを選択しました。

『奥様は、取り扱い注意』7話の感想

今回楽しかったのは、はるかちゃん演じる菜美が殺人事件の証拠を探しに家探しするシーンです。

その家の主婦がいる時だったので、塀によじ登ったり、屋根を伝ったり、塀の上を華麗にジャンプしたりなどのシーンがスパイのようで面白かったです。

そして、残念だったのは、今回ははるかちゃんが悪者をバッタバタとやっつけるアクションシーンがなかったことです。

はるかちゃんがアクションシーンの後に見せる満足そうな嬉しそうな表情が大好きです。

それから、犯罪を犯した主婦に街を出て行って欲しいとはるかちゃんが言うのですが、私はこの犯罪を犯した主婦たちは被害者であり、気の毒な人なので、街にとどまってもいいのではないかなあと思いました。

このような犯罪は心の殺人なので、殺人被害者の男にはこれっぽっちの同情もありませんでした。

ペンネーム:スナックス(40代・女性)

クモ

『奥様は、取り扱い注意』7話のあらすじとネタバレ

フラワーアレンジメントに通う、同じ町の主婦が起こした殺人事件。

勘の鋭い菜美はすぐに誰の仕業かを見抜きます。

被害者は冴月の旦那、歯科医師の達郎。

直接手を下したのは、冴月の主婦友達の千尋と靖子。

大胆にもこの2人、ハンマーで襲い、胸にナイフを刺すという行動。

主婦がこんなことしてる、と思うとぞっとします。

その犯行理由は、学生時代に冴月の旦那に襲われたということ。

当の本人、達郎は覚えはまったくない様子。

ドラマでも女性を見る目つきは、演技とはいえ、「最低」です。

ほんと、女性の敵って感じでした。

それに同調した冴月。

一度愛した男性に直接手は下せない、だけど、被害者が沢山いると思うとやるべきことだった、と殺人を援護する側に。

結局、菜美の自首を促す甲斐もむなしく、3人は街から消えました、というのが6話の内容です。

それにしてもいつも、展開の早い内容です。

今回は菜美が事件の鍵を握るフラワーバックを証拠として家に盗みに侵入するシーンが見どころです。

菜美の身のこなし、すごくきれいでした。

『奥様は、取り扱い注意』7話の感想

いつものラスト5分、菜美のご主人役、西島秀俊さんとの絡むシーンがとてつもなくたまらない、毎週楽しみにしています。

過激なシーンではないのですが、菜美がうっとりした表情でご主人の肩にもたれかかり落ちるという内容ですが、今回はキスシーンなし。

ええー!残念っていうのが本音です。

そして「ただの女なのだ」というセリフ。

どんなに無敵な菜美であっても、愛するご主人さまの前では、ただの夢見る少女に過ぎないのでしょうね。

ご主人、ひょっとして工作員って可能性もあるのに、何も疑いもしない菜美。

最終話にむかってどんな夫婦展開になるのか楽しみです。
ペンネーム:クモ(30代・女性)

まとめ

2017年秋ドラマ『奥様は、取り扱い注意』第6話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。

ドラまる
『奥様は、取り扱い注意』を無料で見るのにおすすめのVODはHuluなんだね!
ラマちゃん
動画配信(ビデオオンデマンド)サービスが色々と増えていて分かりにくいけど、『奥様は、取り扱い注意』に限らず日本テレビ系列のドラマを見るならHulu一択よ!

『奥様は、取り扱い注意』あらすじとネタバレまとめ

ドラマ『奥様は、取り扱い注意』視聴率一覧

『奥様は、取り扱い注意』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA