【奥様は取り扱い注意】4話の動画無料視聴方法まとめ!

  • この記事を書いた人:ナカムラ

ドラマ『奥様は、取り扱い注意』第4話(2017年10月25日(水)22時00分〜放送)の見逃し動画を無料で視聴する方法や、あらすじ&感想をご紹介していきます!

放送前は『奥様は、取り扱い注意』第4話の期待度や気になる見どころ、放送後は感想や評価を順次アップしていきます。

ドラまる
リアルタイムでの放送を見逃してしまった場合のお得な無料視聴方法もご紹介しているよ!

ドラマ『奥様は、取り扱い注意』の視聴にお役立てください!

なお、こちらの記事はDRAMAP読者さんからいただいた展開予想や感想をまとめた、ユーザーボイス記事となります。

ラマちゃん
様々な意見や解釈をお楽しみいただけたら、うれしいっ☆

Huluで『奥様は、取り扱い注意』全話を無料で見る

スポンサーリンク

ドラマ『奥様は、取り扱い注意』見逃し動画を無料で見る方法は?

ドラマ『奥様は、取り扱い注意』は放送終了直後からHuluで見逃し動画配信がスタートします。

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 奥様は、取り扱い注意
  • 先に生まれただけの僕
  • 今からあなたを脅迫します
  • 過保護のカホコ
  • 脳にスマホが埋められた!
  • ウチの夫は仕事ができない
  • 愛してたって、秘密はある。
  • わにとかげぎす

などが見放題となっています。

また、2017年夏ドラマで最も視聴者を釘付けにした作品『愛してたって、秘密はある。』の完結編『僕は誰だ?』も、もちろん無料で見られます!

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

Huluで『奥様は、取り扱い注意』全話を無料で見る

※紹介している情報は2017年10月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

スポンサーリンク

2017年秋ドラマ『奥様は、取り扱い注意』第4話のあらすじ

2017年10月25日(水)22時から放送のドラマ『奥様は取り扱い注意』第4話のあらすじを紹介します。

町内の豪邸に住む主婦・美佐子(星野真里)が開いている「読書会」に参加することになった菜美(綾瀬はるか)と優里(広末涼子)、京子(本田翼)。

美佐子の息子・悠斗の可愛らしさと聡明さに刺激を受けた菜美は、子どもが欲しいと勇輝(西島秀俊)に言いかけるが、はぐらかされてしまう。

数日後。

悠斗が誘拐される事件が発生!

犯人は翌日までに1億円支払うよう要求し、警察に通報したら息子を殺すと脅迫してきた。

「読書会」のために美佐子の家を訪れ、事情を聞いた菜美は、自分たちだけの手で事件を解決しようとする美佐子の夫・光雄(古屋隆太)の頑なさに違和感を抱く。

光雄が金策に奔走する中、悠斗の家庭教師・真純(佐野ひなこ)が美佐子の家に現れた。

その直後、犯人から身代金の受け渡しに真純を指定するメールが届く。

その文面にもおかしなものを感じた菜美は、美佐子の家に泊まり込むことに。

翌朝。

かき集めた7000万円で手を打ってくれるよう、犯人との交渉に挑む光雄。

しかし、悠斗を誘拐した大学生・秀人(柾木玲弥)が悠斗に顔を見られてしまったことから事態は急展開し始めて…。

果たして菜美は真犯人を突き止め、悠斗を取り戻すことができるのか?

そして真犯人が悠斗を誘拐した本当の目的とは…!?

公式サイトより引用

スポンサーリンク

2017年秋ドラマ『奥様は、取り扱い注意』第4話 放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『奥様は、取り扱い注意』第4話の見どころや期待度をご紹介いたします。

てつや
『奥様は、取り扱い注意』第4話では、誘拐事件が発生するとのことですから、これまた第1~3話までとはまた異なるテイストになる予感がするので、果たしてどんな風に物語が描かれていくのか楽しみです。

また、誘拐事件ということは恐らく誘拐犯が存在するということになると思われますが、ただの身代金要求とかが目的ではなく、誘拐された悠斗の家族に関係する人物が犯人ではないかと予想します。

そして、その犯人を菜美がどう処理していくのかが楽しみです。

第3話ではただ悪人を成敗するだけでなく加害者側も救うというパターンも出てきましたから、第4話の誘拐犯がどうなるかにも期待します。

ペンネーム:てつや(20代・男性)

べたさん
『奥様は、取り扱い注意』は毎週なにかしら夫婦間のSEXネタを持ってくるんだけど、結婚して間もないのにSEXレスの夫婦ってそんなに多いんだろうか…。

視聴者は主に主婦層だと思うけどそこまで夫との営みを盛んにしようと思っている人っているんだろうか、と三回目になって疑問になってきた。

今後も毎回菜美が夫を誘うような表現が出てくるのだろうが、主婦層にそれがどれくらい受けるのかは疑問である。

ストーリー自体は遠山の金さん状態で菜美が陰で動いてくれて解決してくれるのはすっきりする。

でも結局解決するのに暴力に訴えているし、人間の性根を変えるっていう根本の解決にはなっていないよね。

問題を解決するには暴力しかないのか…という点で今後の展開に期待…。

ペンネーム:べたさん(40代・女性)

ぷちとまと
ご近所で仲良くしている主婦2人のエピソードが動きそうな第3話でのラストシーン。

姑問題と旦那が妻の働くことや子育てに関しての意見の違いなど、今まさに夫婦の間で問題となっているような例だと思いました。展開が早く観てみたいです。

『奥様は、取り扱い注意』は、主人公と旦那さんの夫婦関係も良好であるのが毎回観ていて幸せになります。

こんな旦那さんがいたらなーという。

そしてこの旦那さんは主人公の過去について本当は知っているのか知らなくて疑問に思いながらも可愛い妻だと思っているのか気になるところです。

綾瀬はるかさんと西島秀俊さんの演じる夫婦像をもっとたくさん観たいです。

ペンネーム:ぷちとまと(20代・女性)

みっちゃん
次回の予告は子供が誘拐されるというストーリーみたいなのでこちらも今の社会を象徴するようなお話だなと思いました。

自分も同じくらいの子供を持つ親なのでお話の中で気を付けるべきところやどのような行動をとるのがよいのか、どのような行動をしない方がよいのかなどその辺も含めて見れるといいなと思います。

『奥様は、取り扱い注意』は、どのお話も現在の日本にあるえる話ばかりなので毎回楽しみしています。

綾瀬はるかと西島さんの中のよい感じなどとてもすきです。

私は西島さんの大ファンなのでそれも含めてとてもいい旦那さんだなと思いながら西島さんと綾瀬さんのラブラブぶりもかなり注目しています。

ペンネーム:みっちゃん(20代・女性)

2017年秋ドラマ『奥様は、取り扱い注意』第4話放送後の感想や評価まとめ

てつや

『奥様は、取り扱い注意』のあらすじとネタバレ

菜美、優里、京子は豪邸に住んでいる主婦・美佐子がやっている読書会に参加をするようになりました。

読書会に参加をするために美佐子の家に訪れた菜美はそこで美佐子の息子である悠斗と会い、その愛くるしさに子供が欲しいと思うようになります。

そんな矢先、悠斗が学校へ登校している際に何者かに誘拐されてしまいます。いつも通り、読書会に参加をするために美佐子の家に訪れた菜美たちですが、体調不良を理由にその日の読書会を中止にして欲しいと言われてしまいます。

しかし、美佐子の異変に気付いた菜美は、もう一度美佐子の家のインターフォンを押して、美佐子の家に上がらせてもらい悠斗が誘拐されたことを聞きます。

『奥様は、取り扱い注意』の感想

家庭教師の女・真純が身代金の受け渡し役になったことから怪しい気はしましたし、旦那の光雄が何かを隠していることもなんとなく予想がつきましたが、緊迫感のある演出で最後までとても緊張感を保ちながら観ることが出来ました。

しかし、光雄が何かを隠していることや家庭教師の女・真純が怪しいことをはやい段階から気付いていた菜美は何者かと改めて感じました。

回を重ねるごとに菜美の推理力も上がってきていて、今回の第4話は探偵ドラマのようだと感じました。

また、菜美がどんな人物なのか改めてわかったことも改めて謎になった部分もあった回だと思います。
ペンネーム:てつや(20代・男性)

はるきゅん

『奥様は、取り扱い注意』のあらすじとネタバレ

ご近所さん、西条さんの家へいつものメンバーとその他で本を読んだ感想を発表し合うシーンから始まった。

西条さんの家には子供が1人おりある日息子が黒い車に連れ去られた。

誘拐事件が起こった。

事件の日にメンバーが西条さんの家へ行くが体調悪いといい追い返される。

けど綾瀬はるかは異変に気付き家へ無理矢理入ることに。西条さんは泣き崩れ誘拐のことを打ち明けた。

犯人から身代金一億円の要求があり警察へ言えば息子は殺されるという八方塞がり。

そんな犯人は若者3人。

豪邸の地下に息子がいた。全く何もできない状況で綾瀬はるかはさいじょうさんの家へ泊まり明け方に家庭教師のケータイへ犯人から電話あった。

共犯者いや、誘拐犯であり旦那の愛人であった。

この誘拐は旦那と愛人関係のもつれで起こったこと。

ここで綾瀬はるかが動く。

昔の仲間のとこへ行き行き協力要請し犯人の住処までたどり着く。

見事に息子を助け警察へ通報。

しばらくして読書会再開。旦那とは別れた。

『奥様は、取り扱い注意』の感想

毎週このドラマには私のストレス発散させてもらってます。

今回も綾瀬はるかのあまり上手ではないんですが軽やかな格闘姿、悪者を退治する姿は同じ女性として見ていて爽快です。

けど今回は不倫からの誘拐事件ということでとてもいやな内容でした。

ここで子供が犠牲になることもおかしな話です。

いつも犠牲になるのは子供です。

何も悪くない、何もしていない子供。

腹が立ちました、最後、綾瀬はるかが愛人の子へ対し「いつかこの子にも傷を癒すような人が現れたら…」と言っていましたが個人的に何を言ってんだ?とそんな甘いこと言えるのはさすがドラマです。

ペンネーム:はるきゅん(30代・女性)

まる

『奥様は、取り扱い注意』のあらすじとネタバレ

綾瀬はるかさんは、仲良し主婦の広末涼子さんと本田翼さんと一緒に、近所の主婦が集まる読書会に出席することを新しい趣味にしています。

先生役は、星野真里さんで、かわいい小学生の息子がいます。

読書会が予定されていた日に、いつものように星野真里さんの家を訪ねると、インターホン越しに話す様子が普段と違ったので、綾瀬はるかさん、広末涼子さん、本田翼さんの3人は何かあったに違いない、と感づき、平静を装って家の中に入ると、息子が誘拐されたと聞きます。

身代金を要求されていますが、父親は警察に通報することはなく、非常事態にも関わらず、一年半前から家庭教師をしたいる佐野ひなこさんが家に上がり込んでいることに綾瀬はるかさんは違和感を覚えます。

『奥様は、取り扱い注意』の感想

第4話では、ドラマのラストのほうで、男の子を誘拐した三人組を相手に、綾瀬はるかさんのアクションシーンはありましたが、西島秀俊さんと夫婦が仲良くするのかな?と想像できるようなシーンはなく、ちょっと物足りない感じがしました。

ストーリー展開も、近所の主婦が困っていて、それを綾瀬はるかさんが、昔とった杵柄的にアクションを駆使せて、主婦を困らせている相手をやりこめる、という流れができているので、何が起きても大丈夫だという安心感はありますが、意外性がなく、ワクワク感が、だんだんなくなってきました。

もっと、綾瀬はるかさんと西島秀俊さんの2人のシーンが見たいなと思います。

ペンネーム:まる(30代・女性)

ミチコ

『奥様は、取り扱い注意』のあらすじとネタバレ

菜美(綾瀬はるか)が読書会で訪れたお宅の家で誘拐事件が起きました。

母親の美佐子(星野真里)は警察に連絡しようとしますが主人の光雄(古屋隆太)は警察には通報せずにお金で解決すると言い張ります。

菜美はいったん帰宅しましたがどうしても気になり美佐子の家に戻ります。

しばらくして家庭教師の真純(佐野ひなこ)が美佐子の家にやって来ました。

誘拐犯から連絡が入り1億円を真純に持って来させるようにと指示が出ました。

真純は嫌々ながら身代金の運び役を承諾しました。

真純が美佐子の家に現れてからの主人の光雄の様子が気になる菜美は真純の行動を監視していました。

真純の様子がおかしいと気づいた菜美はじっとしていられず犯人のアジトに乗り込みました。

菜美の活躍で事件は解決。

子どもは無事に美佐子のもとに戻りました。

『奥様は、取り扱い注意』の感想

菜美(綾瀬はるか)が強い、そしてカッコイイ。

とことん強いと気持ちが良いです。

いくらなんでも愛人が子どもを誘拐するなんてひどい話だと思いました。

いったい真純は何がしたかったのでしょうか、身代金の7000万円も仲間に全て渡すと言っていたのでお金が欲しいというわけではないようでした。

子どもの母親である美佐子(星野真里)の悲しむ顔が見たかっただけでしょうか。

いちばん悪いのは、ほぼ犯人は愛人の真純だと気づきながら身代金で片付けようとした美佐子の夫です。

しかも子どもが誘拐されているのに仕事に行っちゃう父親ってなんだよと腹が立ちました。

ペンネーム:ミチコ(40代・女性)

マヌカハニー

『奥様は、取り扱い注意』のあらすじとネタバレ

4話では、綾瀬はるかちゃん演じる菜美と仲良しの主婦仲間の京子と優里がセレブ奥様たちの読書会に参加するところから始まります。

読書会を催しているのはセレブママの美佐子さんです。

美佐子さんの家には可愛くて行基の良い小学生のおぼっちゃまの悠斗君がいます。

その優斗君が誘拐されてしまうというのが今回のメインストーリーです。

誘拐犯はまだ学生の若者3人で、こちらもセレブのおうちに住んでおり、家族の旅行中に気軽に誘拐をして、大金を手に入れて遊ぼうとしているどうしようもないボンボンたちです。

そして誘拐の主犯格はなんと、悠斗くんの家庭教師の女性です。

でも、この家庭教師の女性はお金が目的だったのではなくて、悠斗君パパの愛人であり、自分は子供を望まれていないのに、家庭には子供がいるという事実をやっかんで誘拐を計画したのでした。

もちろん、最悪の事態になるまえに、菜美がテクノロジーと腕力で事態を修正し、誘拐事件は解決します。

『奥様は、取り扱い注意』の感想

4話で楽しかったのは、やっぱり、綾瀬はるかちゃんがかっこよくへなちょこ大学生をやっつけるところです。

甘やかされて育ったであろう、お坊ちゃまの心無い犯罪が暴かれて本当に、よかったなあと思いました。

今回残念だったのは、悠斗君ママに菜美が実はすごい人だとわかってもらえなかったことです。

ただ、悠斗君は菜美が自分を助けた人だと分かったというような目の演技をしていたので、なかなかすごい子役さんだなあと感心しました。

多分、悠斗君は菜美のことがちょっとわかったんだと思うと私の心も満足しました。

最後に、美佐子さんと浮気をしていただんなさんは離婚したということでしたが、相変わらず、セレブな家で読書会を開催できるのは、ちょっと現実離れしているかもしれないと思いました。

ペンネーム:マヌカハニー(40代・女性)

TOM

『奥様は、取り扱い注意』のあらすじとネタバレ

菜美たち3人は美佐子(星野真里)たち主婦友と読書会に参加することにしました。

ある日読書会に参加すると美佐子の様子がおかしい事に気づき、美佐子を説得して家に入れてもらいます。

すると美佐子は息子の悠斗が誘拐されたと真っ青な顔をしていました。

しばらくして家庭教師の真純が家を訪れました。

真純に事情を説明していると、犯人から「今家に入って行った女に身代金1億円を持たせろ」と要求しました。

犯人たち3人組は悠斗を監禁していましたが、悠斗の目隠しがずれ顔を見られてしまいました。

真純に一本の電話がかかってきて家の外で電話で話していました。

実は真純はその犯人と通じていて、中の様子を監視していたのです。

菜美は夫が何かを隠している様子に気付いていました。

そして誘拐事件の最中に真純が外で電話に出たことで確信します。

夫と真純が愛人関係にあり、夫は薄々誘拐の原因に気付いているが確信を持てないでいると。

菜美はかつての仕事仲間に犯人たちの家を突き止めてもらい、その家に乗り込みました。

3人を倒し、縛り上げると、匿名で警察に電話をして警察に悠斗を助けさせました。

その後夫と別れた美佐子は立ち直り、菜美たちと一緒にまた楽しく読書会を開きました。

ペンネーム:TOM(40代・男性)

まとめ

2017年秋ドラマ『奥様は、取り扱い注意』第4話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。

ドラまる
『奥様は、取り扱い注意』を無料で見るのにおすすめのVODはHuluなんだね!
ラマちゃん
動画配信(ビデオオンデマンド)サービスが色々と増えていて分かりにくいけど、『奥様は、取り扱い注意』に限らず日本テレビ系列のドラマを見るならHulu一択よ!

『奥様は、取り扱い注意』あらすじとネタバレまとめ

ドラマ『奥様は、取り扱い注意』視聴率一覧

Huluで『奥様は、取り扱い注意』全話を無料で見る

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA