ドラマ【民衆の敵】7話ネタバレと感想。8話あらすじも

  • この記事を書いた人:こう

ドラマ『民衆の敵』第7話が2017年12月4日(月)に放送されました。

ドラまる
第6話では、佐藤智子が市長に就任したけどこの先一体どうなっていくのかな?
ラマちゃん
人気市長になるみたいだけど、実はとんでもない危機が待ち受けているみたいだね!

こちらの記事では、2017年秋ドラマ『民衆の敵』第7話のネタバレと感想、第8話のあらすじをご紹介いたします。

スポンサーリンク

ドラマ『民衆の敵』第7話のあらすじネタバレ

市長になった佐藤智子(篠原涼子)は、福祉政策を進め市民からの好感度もあがり、ドキュメンタリー番組でも取り上げられるようになります。

政策は順調に進んでいたとみえましたが、犬崎(古田新太)は、前市長の河原田(余貴美子)が中止にしたニューポート開発を再開しようと特別委員会を設置します。

智子は、委員会が気になり秘書の富田恭一(渡辺いっけい)に出席を要望しますが、

「市長には、ほかに進めている政策があるから」と出席させてもらえませんでした。

平田和美(石田ゆり子)は、資料として市から渡された黒塗りだらけのニューポート開発委員会の議事録に不審感を抱いていましたが、智子との関係がギクシャクしていた為聞くことが出来ませんでした。

和美は犬崎に直接尋ねにいきますが、そのせいで犬崎に目をつけられてしまいます。

和美は、藤堂誠(高橋一生)にも交渉しますが、めぼしい情報は得られませんでした。

その頃、ニューポート開発反対の市民が反対運動を起こし座り込みをする事態となりました。

犬崎は、智子の秘書の富田に代執行令書を申請させ強制排除を指示します。

状況を何も知らない智子は、市民との懇談会を行っていましたが、強制排除は権力の乱用だと非難の声が上がり、外にはマスコミがつめかけます。

ニュースにより、強制排除の事実を知った智子は、犬崎、前田(大澄賢也)らに抗議しますが、

「あんたができないから、おれたちがかわりにやっている」と言われてしまいます。

智子は、「あんたたちグルだもんね」と犬崎や前田を責めますが、

「あなたも仲間ですよ」と言われます。

「あんたにはあんたの好きなようにやらせてるんだ。だからこの件には口出しするな」と犬崎は智子に念を押しました。

ピンチとなった智子は、議員控室にいき藤堂ら議員に助けを求めますが、秘書の富田に「議員の皆さんを巻き込まない為にも、自制するべきだ」と連れ戻されます。

心配した藤堂は、その後市長室を訪れます。

智子は「ニューポート建設はどうしたら止められるか」と藤堂に尋ねます。

藤堂は「市長として一度承認したことを覆すなどやってはいけない」と忠告します。

「だってあれは犬崎さんがやったこと」という智子に

「それじゃ通らない。市長として、あなたが犬崎たちに任せたんです。あなたのうしろで犬崎が何をしていようと市民にはあなたしか映らない。」と藤堂は言います。

「操り人形。こういうことか。」と自分の計画が甘かったことを反省する智子に

「でも、ただの操り人形じゃないでしょ。あなたが考えた福祉政策に市民は喜んでいる。いまの世の中、敵か味方か、そんな単純な話じゃないんです。それがわかっていたからこそあなたは犬崎という毒を飲んでまで自分のやりたいことをやる、そう決めたんでしょ」と藤堂は言います。

「あなたはニューポート建設には反対なんですか」と藤堂に聞かれ、

「そりゃ反対だよ、こんなやり方まちがってる」と智子は答えます。

「やり方がまちがってるだけで建設自体には反対じゃないなら、やりかたを正せばいいんじゃないですか。」と藤堂はアドバイスします。

自宅に帰っても悩み沈んだ顔をしていた智子に、夫の公平(田中圭)は和美のところに相談に行くよう促します。

智子は、自分の甘さを謝罪し、ニューポート建設について和美の力を借りたいと相談します。

そこで、裏をひっくり返す計画を思いつきます。

翌日、智子は秘書や副市長の目を盗み市長室を抜け出し、作戦を開始します。

ママ友たちの手を借りて、”ニューポートに関する代執行令書についての緊急記者会見”を行うと情報を流し、あおば台保育園で独断で会見を行います。

智子は、ニューポート建設に関する対応の甘さを謝罪し、もう一度検討し直すと会見しますが、記者からは犬崎に操られていたのではないかとヤジが飛びます。

智子は、「市長になることでお互いやりたい政策をやる」という犬崎との約束を告白し、それは職務放棄ではないかと批判を浴びる中、自分の権限を正しく使う為にも、後ろに誰かがいるこの状況がおかしいとし、副市長はじめ、秘書、全てのスタッフを解任すると発表します

スポンサーリンク

ドラマ『民衆の敵』第7話の感想

智子が市長になり、一体どんな事態になるか終始ハラハラしましたが、不利な状況でも困難に立ち向かい最後はクーデターを行うとは、今回も魅せてくれました。

最後はいつもモヤモヤをすっきりと解決してくれる佐藤智子。

いつも勇気を持ってはっきりと自分の意見を言う智子だからこそ、和美や藤堂などの心を動かしピンチの時も助けてくれるのだろうと思いました!

スポンサーリンク

ドラマ『民衆の敵』第7話ネットの反応や感想

今後が楽しみですね!

市長の仕事で忙しい智子を支える二人の優しさに涙ですね…

愛を感じます!

リコちゃんが出なくて残念でしたね…

前田敦子ちゃんのメイン回もあればいいですね!

ドラマ『民衆の敵』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法は?

ドラマ『民衆の敵』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンド(FOD)は、現在31日間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『民衆の敵』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODに力を入れているので、最近のドラマでは

  • コード・ブルー 3rdシーズン
  • 僕たちがやりました
  • セシルのもくろみ
  • 刑事ゆがみ
  • ぼくは麻理のなか
  • パパ活
  • ウツボカズラの夢
  • さくらの親子丼

などが見放題で配信されています。

その他にも過去にフジテレビで放送されたドラマやバラエティ番組など、かなりの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

『民衆の敵』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FOD(フジテレビオンデマンド)の31日間無料キャンペーンに登録
  2. 『民衆の敵』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すれば有料扱いの作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2017年12月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

ドラマ『民衆の敵』第8話のあらすじ

2017年12月11日(月)放送のドラマ『民衆の敵』のあらすじをご紹介します。

佐藤智子(篠原涼子)が犬崎和久(古田新太)に対しておこなったクーデターは大成功を収めたかに思えた。

智子への市民の人気も高まったからだ。智子は平田和美(石田ゆり子)協力のもと、自ら秘書選定などを進めるが、犬崎の壁は厚かった…。

それは市役所職員の仕事放棄から始まり、犬崎派の前田康(大澄賢也)は、智子が精神的に不安定だという風評を流して人気失墜を企てる。

犬崎は派閥の幹部らに、智子を落とすためにはもう一押しだと、げきを飛ばした。

そんな犬崎に、藤堂誠(高橋一生)が智子から副市長就任の打診があったと明かす。自分が副市長になれば、今の市政の混乱を解決できると犬崎に突きつける。

事務所を出た誠を小出未亜(前田敦子)が追いかけてきた。未亜は誠に「副市長になるのか」と聞くが「そのつもりはない」と答える。

さらに「市長の味方なのか?」との未亜の質問に、誠は「民衆の味方だ」と答えた。

市役所職員のボイコットに手詰まりを覚えた智子は新人議員研修室へ。

園田龍太郎(斎藤司)が「職員に土下座してみては?」などと智子に話していると、未亜が智子の『幸せになりましょう』との政策が、漠然としていてよく分からないと言い出す。

結局、全ての政策を犬崎に動いてもらっていたと思った智子は、地道に解決するしかないと部屋を出た。

そんな時、智子の夫・公平(田中圭)の不倫疑惑が報道される。その不倫相手は和美で…。

公式サイトより引用

まとめ

2017年秋ドラマ『民衆の敵』第7話のネタバレと感想、第8話のあらすじをご紹介いたしました。

ドラまる
市をよくするって大変なんだなあ
ラマちゃん
敵か味方か、そんな単純な話じゃないって藤堂さんも言ってたもんね!

今後も波乱が続くみたいだけど頑張ってほしいね!

『民衆の敵』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FOD(フジテレビオンデマンド)の31日間無料キャンペーンに登録
  2. 『民衆の敵』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すれば有料扱いの作品も無料で見られます!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA