民衆の敵3話の見逃し動画をFODで無料視聴!感想も【月9ドラマ】

  • この記事を書いた人:ナカムラ

2017年11月6日(月)21時00分より放送のドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』第3話の感想やあらすじをご紹介していきます。

放送前は第3話の期待度や気になる見どころ、放送後は感想や評価を順次アップしていきます。

リアルタイムでの放送を見逃してしまった…という方のために、見逃し動画を無料で見る方法もお届けしますので、ドラマ『民衆の敵』視聴にお役立てください!

なお、こちらの記事はユーザーボイス記事となります。

ドラまる
ユーザーボイス記事って何?
ラマちゃん
DRAMAP読者さんからいただいた展開予想や感想をまとめた記事よ。

ドラマの解釈や楽しみ方は人それぞれ☆

読者さんの声をご紹介することで、新たな発見をしてもらえたら、うれしいわ!

スポンサーリンク

2017年秋ドラマ『民衆の敵』第3話のあらすじ

2017年11月6日(月)21時00分より放送のドラマ『民衆の敵』第3話のあらすじをご紹介します。

佐藤智子(篠原涼子)は希望通り、あおば市議会の教育こども委員会に所属した。自宅では辞書を片手に資料を読むのだが、会議に出てもみんなが何を話しているのか分からない。

そんな智子に小出未亜(前田敦子)が断った市民の陳情が持ち込まれる。

話を聞くだけでいいという議会事務局職員の安部(久保田悠来)の頼みに、智子は引き受けた。

陳情を持ち込んだのは富子(梅沢昌代)。

富子はかつての隣人、今井一馬(渋谷謙人)が誘拐犯人として逮捕されたが冤罪だというのだ。

富子の訴えに智子が動き出す。

まずは、事件を平田和美(石田ゆり子)に調べてもらった。和美は担当警察官から話を聞く。

事件の発端は、不審な男が少女を連れ歩いているとの通報だった。

警察の捜査で少女は小川かのん(白鳥玉季)と判明。

すぐにかのんの自宅に行くと彼女の母・裕子(安藤玉恵)が応対する。

かのんは帰宅していなかった。裕子はかのんに携帯電話を持たせていなかったので連絡が取れない。

裕子の携帯電話も未払いで止められていた。

そのため警察は付近の家をしらみつぶしに調べ始める。

すると、一馬のアパートでかのんが発見され、逮捕に至ったのだ。

智子は富子に一馬の冤罪を晴らすと約束してしまった。

事件に興味を持った和美も引き続き調べることを約束する。

智子は藤堂誠(高橋一生)にも相談。しかし、藤堂は弁護士を紹介しようかとは言うものの話に乗る様子はなかったが…。

公式サイトより引用)

スポンサーリンク

2017年秋ドラマ『民衆の敵』第3話 放送前の期待度まとめ

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『民衆の敵』第3話の見どころや期待度をご紹介いたします。

まる
庶民のために自分の正しいと思ったことを、次々とやっていくのが篠原涼子さんの役どころなのかと思っていたら、いきなりドラマのタイトルどおり『民衆の敵』になってしまうようで、何が起きるのだろう?と気になります。

篠原涼子さんは、市議会議員になりましたが、生活は正真正銘の庶民なので、多くの人の気持ちや生活実態は、ほかの議員よりは分かるはずだと思いますが、一度、市議会議員という立場になってしまうと、理想だけではやっていけない部分が増えてきてしまうのかなと思います。

でも、篠原涼子さんには、理想を実現していくような議員でいてほしいです。

ペンネーム:まる(50代・女性)

なつお
政治ドラマあるあるの陳情がまた登場する。

陳情を持ち込んだ女性のかつての隣人男性が誘拐犯で逮捕されたのだが、それは冤罪だと主張するのである。

事件を平田和美(石田ゆり子)に調べてもらう。

事件の発端は不審な男が少女を連れ歩いているという通報があったというのだ。

警察の捜査で少女の身元を判明するが、その少女の母親を訪ねると、母親は娘に携帯電話を持たせておらず、更に母親の携帯電話は料金未払いで止められていたという、なんとも意味不明な展開。

それによって、誘拐犯として逮捕された男の所に少女がいた、というのだ。

これだけ知ると政治ドラマの要素が無くなってきている。

明らかに『HERO』や『踊る大捜査線』っぽい匂いがする。

予告を観た限りでは、ようやく3話目にして篠原涼子の真剣さが出始めた。

その調子で頑張れ!と言いたい。

ペンネーム:なつお(30代・男性)

haru
犬崎議員が佐藤議員とどのように関わってくるのか、今後見方となるのか敵になるのかとても楽しみです。

また、だれもが仕方ないと思っていたことをはっきり違うといってくれる爽快感を3話でも楽しみにしています。

政治を知らない普通の主婦が政治家に利用され傷つきながらどのような展開を作ってくれるのかドラマの展開も楽しみにしています。

藤堂議員の心の闇も気になります。彼にとって佐藤議員は自由に動く天使のように見えるのでしょう。これからも佐藤議員の見方であってほしいと思います。

私は千葉市にすんでいるので個人的に撮影場所が近所というのもとても楽しみの一つです。

第3話が楽しみです。

ペンネーム:haru(50代・女性)

sugamo
結局、智子は犬崎の仲間になるようで、ならない、圧をかけられそうになったらそれを、市議会の中で発表してしまう。

ともかく型破りです。

あまり政治の世界を知らない、怖いもの知らずだからこそできることだと思います。

少なくとも市長はこれまでの、市議会のドンが牛耳る議会制度を変えたいと思っているので、味方にならなくても、フォローはしてくれそうな気がします。

そして親の関係で犬崎派にいる、藤堂もアシストしてくれそうです。

今回の議題であった公園を潰して迂回路を作る件も、いじめられた子供の逃げ道を作ったらどうかと言う案もなかなかいいのではと思いました。

怖いもの知らずだから出来る政治、次回は冤罪事件を扱うようですが、どんな風に解決するのか楽しみです。ます。

ペンネーム:sugamo(50代・女性)

れみ
市議会議員の選挙では敵だった古田新太も、篠原涼子に興味を持ち気に入ってくれたので、もっともっと篠原涼子ならではで、市民の見方になってほしいです。

ペンネーム:れみ(30代・女性)

スポンサーリンク

2017年秋ドラマ『民衆の敵』第3話 放送後の感想や評価まとめ

てつや

『民衆の敵』あらすじとネタバレ

無事に教育こども委員会に入ることができた智子。

富子のかつての隣人であった一馬が誘拐犯として逮捕されたがそれは冤罪だから一馬の無実を証明して欲しいという富子の頼みを引き受けた智子は、一馬が冤罪をかけられているという誘拐事件について和美に調べてもらうようお願いをします。

一馬が冤罪をかけられているという誘拐事件は、不審な男が少女を連れて歩いているという通報があったことから始まりました。

それを受けた警察の捜査により少女がかのんであることが判明します。

かのんの自宅に行ったものの、かのんはまだ帰宅しておらず携帯電話も持っていなかったことから連絡が取れない状態でした。

『民衆の敵』の感想

今回の第3話は、第1~2話よりもシリアスな感じで今までの印象が変わりました。

真実を明らかにすることが必ずしも幸せとは限らないとはよく耳にするテーマではあるものの、非常に難しい問題だと思います。ただ一馬が刑務所に入ってしまえばその間に万が一かのんに何かあった時に結局一馬はかのんを守ることが出来ないと考えると、やはり一馬が誘拐犯として捕まるというのが必ずしもいいとは言えないのかもしれないと感じました。

そして、智子がかずまにかのんと裕子の動画を見せたことで一馬もそのことに気付くことができたのではないかと思います。

ペンネーム:てつや(20代・男性)

まる

『民衆の敵』あらすじとネタバレ

母子家庭で暮らす女の子が誘拐されたということで、その犯人と見られる男が警察に連行されてしまいます。

その男の子祖母が、市議会議員の篠原涼子さんに「冤罪だから助けてほしい」と訴えます。

『冤罪』という言葉の意味も分からなかった篠原涼子さんですが、誘拐されたという母親に会ってみると、確かに、いま拘置所に入れられている男は誘拐はしていないのでは?と感じて、高橋一生さんと2人で色々と調査を始めます。

その途中では、新聞記者の石田ゆり子さんに情報をもらったり、拘置所に入れられた男が住む家の近所の人の助けを受けたりします。

『民衆の敵』の感想

普段の会話で使う話し言葉ではないものは、絶対、知っておくべきとまでは言いませんが、『食』の意味も知らなかった篠原涼子さんが、市民の望みを聞いて、実際にその『冤罪』を晴らして、みんなが幸せになれたので良かったと思います。

そう感じると同時に、市議会議員の仕事とは、こんなにも幅が広いものなのかと驚きました。新人の市議会議員で、ここまで市民のために動いてくれれば、市民としては、まあまあ満足と言えるのかなと思います。篠原涼子さんのように、なぜか周囲の人みんなが助けたくなるような人物になれると良いなと思います。
ペンネーム:まる(30代・女性)

『民衆の敵』あらすじとネタバレ

ある日、智子に市民の悩みを聞かされらところから始まります。

話を聞くだけなら自分もできると聞き引き受けます。

誘拐犯として捕まった子を冤罪として助けてほしいということでした。

かのんちゃんという子を助けていただけでした。そこで、智子は冤罪をはらすと約束して、事件に興味を持ったママ友達も協力してくれることになりました。

そして、この事件を調べていくうちに智子は様々な市民の問題に気づいていきました。

前回、揉めた議員とのちょっとした仕返しに腹を立てながらもその事件を解決するために情報を得ながら頑張っていくというストーリーでした。

『民衆の敵』の感想

最初に見たとき、いつもと始まり方が違う感じがして本当に民衆の敵かなと思ってしまいました。

でも、見ていくとこのようにつながっていくのかというのが分かり良かったです。

最初は、どうして刑事みたいなことを市議会議員がしているのかなとも思ったりもしたけれど地域の問題など様々な点を見つけて議員ぽくて良かったです。

このドラマをみていると今と昔では、考え方が違っていたり、こんな子がいるんだなと気付かされたりする部分もありました。

これからも市議会議員としてもっと活躍していってほしいなと思えるような終わり方で良かったです。

ペンネーム:ゆ(20代・女性)

もりん

『民衆の敵』あらすじとネタバレ

夜の11時をとっくに回った深夜のコンビ二にランドセルを背負った女の子を見かける今井一馬。

女の子が万引きしようとしているのを見てしまうが、女の子は見られたことに気づき商品を返して店を出る。

一馬は追いかけて女の子が万引きしようとした商品を買って手渡した。2人は一馬の家へ。

しばらくして一馬は誘拐犯として逮捕される。この一連の一馬の行動を通じて、シングル家庭の貧困の実態、地域の子供への関わりあいの変化、こどもを狙う犯罪などが浮き彫りになってきます。

誰も悪い人なんていなかった。

それなのに幸せになった人がいなかったのはなぜか。智子が行動を起こしてみんなを幸せに導きます。

『民衆の敵』の感想

地域の大人が子供を見守る、という事が自然にできる社会になればいいな、とは思うけれど、実際には難しいんだろうなぁというのが正直な感想です。

干渉してほしくない人も増えているだろうし、今現在でも純粋にこどもが心配で声かけをしている人もいるとは思いますが、それ以上にこどもを狙う犯罪が増えているような気がするからです。

そんなことを考えてしまう、意外とこのドラマはしっかりとした社会派ドラマとして役目を果たしつつあるのかなと社会への貢献に期待していまいます。

智子の頭の悪さはどうしようもないけれど、人の良さを生かして損得にとらわれずにやっていけたらいい国が作れるのかもしれません。
ペンネーム:もりん(30代・女性)

panda

『民衆の敵』あらすじとネタバレ

スーパーで万引きをしようとしていた少女と出会い、親しい間柄になった男性が誘拐されたとして逮捕されてしまいます。

佐藤は、男性の母親から息子の冤罪を晴らしてほしいと頼まれて、動き出す。

そこには、万引きして一度、警察にイエローカードとして取り押さえられた彼女の真相があり、次に万引きすると、レッドカードで児童施設に強制的に入らされる形になることを恐れて、男性が逮捕されても、罪を認める理由となっていることが分かった。

佐藤はこの事実を知り、冤罪を晴らすことに成功する。また、この件から、国民ひとりひとりを幸せにしていく形から市議会議員として始めると心に誓う。

『民衆の敵』の感想

篠原涼子さん演じる佐藤が今週も最後の最後でスカッとさせてくれました。

万引きをした男性が少女を守りたい一心で逮捕されても罪を主張し続ける思いに胸が締め付けられました。

全てを知って罪を被る男性、全てを受け止める男性が切なくもあり、でも男としては大人としてはカッコいいと思いました。

また、佐藤がその男性の心の内を分かってあげていて、心に寄り添う対応で思いやりを忘れない優しい姿に感動しました。

佐藤のように、国民と同じ視線で物事を見れる人はなかなかいないと思います。このドラマをみて日本の政治も良くなっていったらいいのになと思いました。

ペンネーム:panda(30代・女性)

そら

『民衆の敵』あらすじとネタバレ

市議会議員として勉強する毎日の佐藤智子は、とある女性から知り合いの息子・一馬が女児・かのんを誘拐したとして疑われていることを聞きます。

女性は、一馬はそんなことをするはずがない、冤罪だと訴えかけ、智子は藤堂と一緒に調査を始めることになります。

ママ友・和美らの助けを借りながらも調べを進めると、かのんの置かれた環境が関係していたのです。

一馬に会いに行った智子たちは、一馬に違和感を抱きます。

一馬はしきりに誘拐したと誘拐を認めるのです。

かのんは母子家庭で毎日食べるものもなく友達もなく過ごしていました。

あるときコンビニで出会った一馬と友達になり、毎日ゲームをして遊んでいましたが、かのんの家は申告で次に何か起きてしまうと児童相談所が家に来て施設に保護されてしまうとのことでした。

一馬は、かのんたちを必死に守っていたのです。

智子たちに説得されて、かのんたち親子は誘拐ではなかったと認め、一馬も保釈されたのでした。一馬は智子に余計なことをしたと訴え、智子は自分が正しかったのか迷います。

かのんたちにまた会いに行き、一馬にお礼の動画を届けます。

智子は、目の前の人を幸せにする!と宣言するのでした。

『民衆の敵』の感想

今まで政治のドラマはそんなには多くはなかったと思いますがが、今回は政治のドラマというよりは、人間ドラマ感がとても強かったように思います。

個人的には1,2話がとても面白かったので期待していたのですが、ちょっとまた路線が違ったように思いました。

まだ3話ですが、ダメな政治家に対して、悪いことは悪い!と言ってくれるようなスカッとするドラマなのかと思っていました。

2話まではそうでしたので3話は少し違ったかなと感じました。

しかし、少し口の悪い感じや深い愛情を持って他人と接する様子は、篠原涼子さんがとてもあっていて、おもしろいと思います。

ペンネーム:そら(20代・女性)

りん

『民衆の敵』あらすじとネタバレ

市議会議員としての自分の役割、そしてやるべき仕事が見つからずに不完全燃焼状態の智子は、ひょんなことから誘拐事件の冤罪で逮捕された青年・カズくんの無罪を晴らすべく奔走します。

実際には、少女の家庭は母子家庭で、母親は毎日の生活費を稼ぐために昼夜を問わず、パートをする日々。

空腹に耐えかねた少女はコンビニで万引きしたことがあり、次に何かあると母親の問題が露呈し、少女は施設に送られる可能性がある事を知った「カズくん」が、少女の面倒を見ていただけなのだが、事実を話してしまうと母子の生活が壊れてしまう可能性があったため、自らは黙して逮捕されたのです。

智子は、事実関係を突き止めて「カズくん」は釈放されました。それでも母子の身を案じる「カズくん」に、藤堂の計らいにより少女は施設に送られることなく、元気に暮らしていると伝えて安心させました。

『民衆の敵』の感想

何の知識もないまま、政治の世界へ飛び込んだ智子は、他の議員が忙しそうにしている中、自分は何をすればいいのか分からないでいました。

そこへ飛び込んできたのが、誘拐事件の冤罪です。

正直、私も市議会議員がいったいどんな仕事を日々しているのかは全く分かりませんが、誘拐事件の冤罪を晴らすべく奔走する智子に少なからず疑問を感じずにはいられませんでした。

それも、藤堂議員も一緒に…

ただ、市会議員としての仕事としてはともかく、冤罪が晴れて、更に母子共々、ハッピーエンドに落ち着いたことに関しては良かったなぁと思います。
ペンネーム:りん(40代・女性)

勇次

『民衆の敵』あらすじとネタバレ

佐藤議員(篠原涼子)のところに誘拐の冤罪を晴らしてほしいと懇願する市民がいます。

その誘拐事件を同僚の新人議員の藤堂(高橋一生)と二人で解明しようと四苦八苦します。

その冤罪は実は冤罪ではなく誘拐された少女を守るためのことであって結果的に誘拐となってしまったのである。

その誘拐を起こした青年の無実を証明するために佐藤は誘拐された少女の母親に誘拐はなかったという事実を話してほしいと頼みます。

母親の話もあり青年は無事に無実が証明されて釈放された。

しかしながら、根本的な問題が解決したわけではなかった。

釈放された青年に「あなたは何もわかっていない」って言われて本当の真実を突き詰めて行くのであった。

『民衆の敵』の感想

冤罪という暗い話題を取り上げたわりにはそれほど大きな衝撃もなく冤罪以上になんで冤罪が起きたのか?また、少女を誘拐しなきゃいけない青年の気持ちをメインにしたドラマ展開に仕上がってましたね。

冤罪を軽く表現しつつ尚且つ誘拐にシングルマザーに貧困と今現在の日本の議員に投げかけられている問題をよくこの一時間ドラマの中で表現して、結果的に誰も傷つかないエンディングでした。

確かに冤罪を取り上げてもこのドラマの主人公は女性市議会議員である。

なので刑事事件に裁判などにはある程度は口を出せるけど根本的に議員の仕事とは関係ない。

ですが、そこのところ上手く脚色して議員がメインになるようにドラマを仕上げてますね。

ペンネーム:勇次(50代・男性)

ドラマ『民衆の敵』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法は?

ドラマ『民衆の敵』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンド(FOD)は、現在31日間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『民衆の敵』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODに力を入れているので、最近のドラマでは

  • コード・ブルー 3rdシーズン
  • 僕たちがやりました
  • セシルのもくろみ
  • 刑事ゆがみ
  • ぼくは麻理のなか
  • パパ活
  • ウツボカズラの夢
  • さくらの親子丼

などが見放題で配信されています。

その他にも過去にフジテレビで放送されたドラマやバラエティ番組など、かなりの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

『民衆の敵』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FOD(フジテレビオンデマンド)の31日間無料キャンペーンに登録
  2. 『民衆の敵』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すれば有料扱いの作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2017年11月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

まとめ

ドラまる
2017年秋ドラマ『民衆の敵』第3話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
4話以降も情報をアップしていくので、引き続きよろしくね☆

『民衆の敵』あらすじネタバレと感想まとめはこちら

『民衆の敵』視聴率一覧はこちら

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA