【民衆の敵】1話動画を無料で見る方法。ドラマ見逃し配信情報

  • 編集長りとぽん
  • この記事を書いた人:編集長りとぽん

2017年10月23日(月)21時00分より放送のドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』第1話の感想やあらすじをご紹介していきます。

リアルタイムでの放送を見逃してしまった…という方のために、見逃し動画を無料で見る方法もお届けしますので、ドラマ『民衆の敵』視聴にお役立てください!

なお、こちらの記事はユーザーボイス記事となります。

ドラまる
ユーザーボイス記事って何?
ラマちゃん
DRAMAP読者さんからいただいた展開予想や感想をまとめた記事よ。

ドラマの解釈や楽しみ方は人それぞれ☆

読者さんの声をご紹介することで、新たな発見をしてもらえたら、うれしいわ!

スポンサーリンク

ドラマ『民衆の敵』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法は?

ドラマ『民衆の敵』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンド(FOD)は、現在31日間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『民衆の敵』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODに力を入れているので、最近のドラマでは

  • コード・ブルー 3rdシーズン
  • 僕たちがやりました
  • セシルのもくろみ
  • 刑事ゆがみ
  • ぼくは麻理のなか
  • パパ活
  • ウツボカズラの夢
  • さくらの親子丼

などが見放題で配信されています。

その他にも過去にフジテレビで放送されたドラマやバラエティ番組など、かなりの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

『民衆の敵』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FOD(フジテレビオンデマンド)の31日間無料キャンペーンに登録
  2. 『民衆の敵』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すれば有料扱いの作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2017年10月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

スポンサーリンク

2017年秋ドラマ『民衆の敵』第1話のあらすじと感想

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『民衆の敵』第1話のあらすじと感想をご紹介します。

水果

ドラマ『民衆の敵』第1話のあらすじネタバレ

中卒でコールセンターの仕事をする子持ち主婦の主人公と不安定な職の夫が共に無職となり職探し中に見つけた市議会議員職の記事。

時給950円だった主人公が市議会議員の年収950万にひきよせられる。応募者8割が通るという言葉に勇気をもらい立候補する。

しかし単なる主婦の主人公は演説場所を探すのも苦労するありさま。そんな時に若手サラブレッド候補者の華々しい経歴紹介を聞き疑問を感じ手に持つ拡声器で「そんな人にみんなの本当の生活苦がわかるのか」と問い自分が中卒で幸せな家族を持つも苦しい生活を伝える。

そして「みんな幸せになりたいんだ」と訴えサラブレッド候補者と候補者の聴衆から拍手を受ける。

それを見ていた主人公の子供と同じ保育所に通わせる新聞社勤務のママが支援したいと申し出ママ友応援団が広がる。

主人公と接戦争をする候補者に負け落選となるがその候補者が倒れ、繰り上げ当選となる。

今後大御所政治家や色々な議員との正義を通す戦いが期待される

ドラマ『民衆の敵』第1話の感想

立候補までの道のりや苦戦そして繰り広げでの当選など無理のないストーリー展開に気持ちよくみれました。

ただ幸せになりたいだからみんなで頑張ろうのメッセージはフツーの人達が日々思う気持ちを代弁してくれているようでこんな候補者が本当にいたらいいのにと思ってしまいました。

今後絡んでくるであろう候補者とのやりとりも1話に盛り込まれ、善悪わかりやすいキャラも出てきて今後きっと苦労しながら戦っていくんたろうなとワクワクしています。

又ささえる優秀なママ友がママになったがゆえに捨てざるをえなかったキャリアも現実味がありました。

ドラマでありながら現実の一端もキチンとあらわしてる物語にかなりのめりこんでみました。

主人公とママ友達の戦いを見守りたいです。

ペンネーム:水果(50代・女性)

民衆ママ

ドラマ『民衆の敵』第1話のあらすじネタバレ

篠原涼子さん演じる佐藤智子さんは中卒で早くから働いていました。

その後は結婚をし子供を授かり子供を保育園に預けている間、自分は安い時給でオペレーターの仕事をしながら生活し暮らしは出来ていました。

ただ安月給の為に最低限の生活必需品のみの生活で電動自転車ではなく普通の自転車、タンパク質はステーキではなく卵焼きという生活に自分や息子に不憫さを感じ不満を抱える日々でした。

そんな中で自分と同じように安い時給で働いている主婦から息子の勉強用に購入した防水タブレットが雨に濡れた為に壊れた事でのクレームの電話がオペレーター智子にありました。

客のクレームを聞いているうちに自分の心境と重なり共感してしまいマニュアル以外の応答をしてしまいます。

マニュアル外の応答をしてしまった為に仕事を首になり帰宅すると同じ日に夫も会社を辞めていた事実を知ります。

智子は職探しを始めるのですが市議会議員になれる確率が意外に高い事と高給である事を知り政治の事もよくわからずに市議会議員に立候補してしまいます。

智子は選挙活動に最初は難航するもののママ友達の共感をよび市議会議員に当選してしまうのでした。

ドラマ『民衆の敵』第1話の感想

民衆の敵は今旬俳優の高橋一生の濡れ場シーンを最初に登場させたりスカッとジャパンのボスママを思わせるMEGUMIが登場していたり、とフジテレビドラマらしいエンターテイメント性の高いドラマでした。ス

トーリーがスラスラと流れているのではなくアチラコチラに見どころを散りばめバラエティに富んだ派手な作りのおかげで内容にどっぷりと入りこむことはできませんでしたが、踊る大捜査線の青島刑事のような正論を熱く青臭く語る主人公智子に心を掴まれ、頑張れ!と気がつけば主人公智子を応援していました。

わかりやすく善悪が決められたドラマだったので観やすいと思うのですが政治のことをよくわかっていない人達がこのドラマを観て政治に対し知ったようなレッテル貼りをして政治に関心を持たなくならなければいいけどな。ということが少し気になりました。

ペンネーム:民衆ママ(30代・女性)

KOH

ドラマ『民衆の敵』第1話のあらすじネタバレ

佐藤智子(篠原涼子)と夫の公平(田中圭)は夫婦で仕事を首になり、次の仕事を探しますがあるのは時給の低い仕事ばかり。

そんな時にふとテレビで見た市議会議員が年収950万円であることを公平から聞きます。

智子がネットで調べると、市議会議員の当選率はなんと8割。

智子と公平は供託金の為に全財産の50万円を引き出し市議会議員の立候補を決意します。

智子は選挙活動を始めました。

最初は台本通りに話していた智子ですが、自分の言葉で伝えたいと思うようになります。

「幸せなふりはやめて幸せになりましょうよ」

ママ友の和美(石田ゆり子)はその言葉に胸を打たれ、智子の事を応援することに決めました。

他のママ友も協力してくれて順調に行くかに思われましたが、ネットで「無職なのに保育園に子供を預けている」と中傷され始めます。

あおば市では無職の世帯は子供を保育園に預けられなくなるのです。

磯部は智子の育児放棄のビラを配り、選挙演説で智子を陥れようとしていました。

智子は聴衆にまず保育園に子供を預けていたことを謝ります。

「でもそんなのおかしくないですか?突然クビになったら保育園を辞めさせなきゃいけないんですか?」

「おかしいルールは変えていくしか無いんです。私頑張りますから皆さん一緒に頑張りましょう」

その場の聴衆は拍手に変わりました。

投票日当日。

結果は落選してしまいましたが、磯部が健康上の理由で事態し智子は繰り上げ当選となりました。

そして智子はあおば市議会に初めて出席することになり、次回に続きます。

ドラマ『民衆の敵』第1話の感想

1話にして選挙活動する所から繰り上げ当選する所まで怒涛の展開でドラマに引き込まれました。

智子演じる篠原涼子の「そんなのおかしくないですか?」というセリフが毎回決め台詞になりそうですね。

無職の智子が子供を保育園に預けていることを中傷されていましたが、それがダメな自治体があるということを初めて知りました。

でもルールはルールで智子は子供を保育園を辞めさせ、その上で「おかしいルールは変えていくしか無いんです」と聴衆に訴える姿は、かっこよかったですね。

曲がったことが嫌いな智子のまっすぐな気持ちが伝わってきて頼もしく感じました。

磯部がたじろぐ姿もすっきりしましたね。

次回以降も子育てでのいろいろな不条理を変えていく展開になってほしいです。

市議会議員になった智子がどう奮闘するのか楽しみなドラマです。

ペンネーム:KOH(40代・男性)

まる

ドラマ『民衆の敵』第1話のあらすじネタバレ

篠原涼子さんと田中圭さん夫婦は、夫婦揃って仕事を辞めてしまい、子供には卵焼きをステーキと言わせなければいけないような生活をなんとかしよう!と思い立ったのが、市議会議員に立候補することでした。

篠原涼子さんが立候補して、田中圭さんがサポートしながら、まったくの手探り状態で選挙活動をして、最初は否定的だったママ友たちも応援してくれるようになり、みんなで開票結果を自宅で見ていると、やはり落選してしまったか…と、一度は落胆したものの健康上の理由で辞退した候補者がでたおかげで繰り上げ当選することができました。

ドラマ『民衆の敵』第1話の感想

国会議員ではなく、市議会議員ならば、あまり準備が必要ないのかな?と思いますが、これはドラマだから可能な展開なのではないかな?と思いました。

篠原涼子さんのように、威勢が良くて、きれいなら、無所属の新人でも当選することはあるのかもしれませんが、当選して「こらから勉強します」という感じなのは、演説を聞いていてもわかるはずなので、なかなか厳しい設定だなと正直感じてしまいました。

優しい夫の田中圭さんがいて、市議会議員には高橋一生さんや、千葉雄大さんがいるので、これから、この2人とからむシーンが増えるならいいか…という気がしました。

ペンネーム:まる(30代・女性)

てつや

ドラマ『民衆の敵』第1話のあらすじネタバレ

主人公・佐藤智子は、夫の公平と息子の俊平と暮らしていました。

ところが、ある日智子と公平ともに職を失ってしまいこれからどうするのか考えていた矢先、智子は市議会議員になれれば950万といいう高収入が期待できることを知ります。

また、智子たちが住んでいるあおば市の議員当選率は8割以上であり議員になることは現実的な選択肢であることを知った智子は、あおば市の市議会議員になることを決意します。

智子の演説に心を動かされたという俊平が通っている保育園のママ友である和美が智子が当選出来るように協力したいと申し出てきたことから、和美の協力のもと智子はママ友をターゲットに絞り演説をしていきます。

ドラマ『民衆の敵』第1話の感想

今回は智子が市議会議員になるまでの過程が丁寧に描かれていて、とてもわかりやすかったと思います。

智子が突拍子のない人間だという主人公の人物像を1話でここまで丁寧に描かれているドラマは最近あまりなかったような気がします。

よって、智子の人物像が1話ではっきり把握することが出来た点は個人的にポイントが高いです。

智子の演説は非常にシンプルでお世辞にも学歴が高そうとは言えない内容でしたが、それが市民の心に響いたというシーンがリアリティあってよかったと思います。

そして、智子が磯部と獲得投票数で勝利したわけではなく、磯部が辞退をしたことならの繰り上げ当選という展開もよかったです。

ペンネーム:てつや(20代・男性)

なつお

ドラマ『民衆の敵』第1話のあらすじネタバレ

主人公の篠原涼子演じる佐藤智子は、既婚者で子持ちの普段は時給950円で雇われており、電話オペレーターの仕事をしているが、普段から不条理な世の中に対して憤りを感じている主婦。

クレーム対応にはマニュアル通りの対応するように上司から命じられているにも関わらず、上司の命令を無視し、イレギュラー対応をし会社を解雇されてしまう。

夫の田中圭演じる佐藤公平も仕事が長続きしないろくでなしで仕事を辞め夫婦そろって無職になるという切羽詰まった状況に陥る。

新しく仕事を探すも、中々条件のいい仕事を見つける事が出来ず、そんな時、ホームページで市区町村議員の当選確率が80%超えである事を目にする。

そこで奮起した智子は議員に立候補する事を決意する。

そして、選挙活動をするも、中々場所が決まらず、他の候補者の街頭演説に邪魔されてしまう始末。

そんな折、友子の選挙を邪魔する候補者が登場する。

笹野隆史演じる磯部真蔵が「佐藤智子は夫婦共に無職の身で子供を保育園に通わせている最低母親だ」と罵倒する。

それに納得いかない智子は勝手に選挙カーに乗り込み、保育園に子供を通わせた事を認め、謝罪する。

ただ、親が無職である事を理由に保育園に通えない理不尽さを訴え、みんなでそんな不条理な世の中を変えて幸せをつかみましょう!と力説する。(他の候補者の選挙カーで)

そして、開票日が来る。他の候補者は現実にありそうなありきたりな演説をしていたのが、無難に評価され当選。

智子は、磯部が当選した事により、一度は落選になったが、磯部の体調不良により、繰り上げ当選となり、見事、市議会議員となった所で第1話終了。

ドラマ『民衆の敵』第1話の感想

篠原涼子は久々の月9出演で、実際も結婚してお子さんがいるが、今まではキャリアウーマンやラブストーリーのヒロインの役が多かったので、今回のような役は初めてで新鮮でした。

今までのロングヘアも出きる女って感じがして好きでしたが、今回の母親役の為に髪を短くしたのだろうが、結構可愛い。

確かに現実の世界でも理不尽な事が多すぎる。綺麗ごとばっかり言う政治家。口先の事だけで、実際は秘書に暴言を吐いたり、不倫したり、とそんな奴らが国民の税金で暮らしている事に最近は特に憤りを感じているので、思わず篠原涼子を応援したくなった。

ラストシーンで寝ている議員を叩いて起こすシーンがあったが、それが爽快でした。

現実の国会でも是非真似する議員が現れる事を期待しています。

「起きろ~」とそういう所で暴言を吐いてほしいです。

あと、選挙活動の仕方はドラマといえども、もうちょっとスタッフを集めてやって欲しかった。

石田ゆり子も初めてシングルマザーの役を演じたのが22年前の『人生は上々だ』というドラマで当時26歳で頑張ってました。

石田ゆり子のシングルマザーの役は何度も観ていますが、そういうのが似合う女優さんなんでしょうね。

このドラマの母親たちは皆、能力はあるのに子育てを優先しなければならない事を理由に左遷させられたり、仕事を辞めたり、と本当にやりたい事が出来ないお母さま方が多い。

現実の世界では母親でも管理職のポストが空いており、子育てしながら母である事を理由に適当に仕事をしている人もいるんです。

ペンネーム:なつお(30代・男性)

ノリカエ

ドラマ『民衆の敵』第1話のあらすじネタバレ

正義感が強すぎて、仕事が長続きしない智子が、ある日サイトでみた市議会議員の当選率の高さから市議会議員になってしまうという着目点の面白いドラマです。

今回は、思い立って、立候補するところから始まります。

はじめは夫と二人で地味に活動していました。街中では他の候補からも邪魔にされる中、サラブレット候補の前で演説をしてしまいます。

その演説にサラブレット候補の藤堂は、自分の演説をやめ、智子の演説を聞きます。そして演説が終わった後真っ先に拍手をして、演説を邪魔されても笑顔でお互い頑張りましょうと、塩を送ります。

そんな風に頑張っているうちに、ママ友がどんどん仲間に増えてきます。人気が上がると他の候補からの横やりも入ります。

無職の智子が子供を保育園に預けている、ずるい候補だと個人攻撃を選挙カーの上で繰り広げる中、選挙カーに乗り込んでいきます。

その候補も上から目線で言い訳をさせてくれますが、その時の智子の行動はまずは謝罪でした。

いきなり仕事がなくなったら、事情も関係なく子供は保育園をやめなきゃならない。

そんな不条理を訴えて、みんなの共感を得て、首の皮一枚と言う危うさで当選するところまでが第一話のお話です。

ドラマ『民衆の敵』第1話の感想

感想は、ドクターXも政治家のパロディが多かったですが、こちらもこれはあの議員だよねと思わせるような、役どころの人がたくさん出てきます。

特に市長役の余貴美子さんは、まさにあの知事だよねって思ってしまうくらいです。

現実の政治は、しがらみや利権が絡んでなかなか変わらないけれど、せめて物語の中くらい、スカッとしたいそう思ってみていました。

まず主人公がやってくれたのは寝ている議員をを起こす事、国会中継を見るたびに、こんな目立つ席で寝ていると思うような大臣やカメラが、周りをぐるっと回すと、お年寄りの議員ほど安らかにお眠りで、税金で何をしているんだって思っていたので、笑いながらも思いを代弁してくれていると、楽しくなりました。

ペンネーム:ノリカエ(40代・女性)

スポンサーリンク

まとめ

ドラまる
2017年秋ドラマ『民衆の敵』第2話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
3話以降も情報をアップしていくので、引き続きよろしくね☆

『民衆の敵』あらすじネタバレと感想まとめはこちら

『民衆の敵』視聴率一覧はこちら

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA