【今からあなたを脅迫します】8話ネタバレと感想。千川完二の悲しい過去とは?

  • この記事を書いた人:零詩

2017年秋ドラマ『今からあなたを脅迫します』8話が放映されましたね。

物語は佳境に入り、千川完二がずっと追い求めていた真実にようやく手が届きそうなところまでたどり着きました。

自分の恋人は事故死ではなく他殺である―千川がそう確信したのは何故なのかが、ゆっくりと解き明かされていきます。

それでは、『今からあなたを脅迫します』8話のネタバレと感想をご紹介いたします。

スポンサーリンク

『今からあなたを脅迫します』8話のあらすじネタバレ

蔵井が感電死したレストランで、店主を問い詰めていた千川完二(ディーン・フジオカ)は、背後からある人物の奇襲に会います。

その人物は、なんと澪(武井咲)の主治医である高ノ森(笠原秀行)でした

傷を負いながらも、何とかその場を逃げ出した千川が向かった先は、亡き恋人来栖稚奈(松下奈緒)のアトリエでした。

そこで千川は意識を失ってしまいます。

スナオの正体と来栖稚奈

その頃、澪に自分の素性を告白したスナオ(間宮祥太朗)は、脅迫屋のアジトに向かい、自分が来栖稚奈の弟であること、千川の存在を姉から聞いて知っており、4年前の姉の死因に不審を覚えていた彼は、新渡戸を脅迫した時の公開動画を手がかりに千川を探し当てたと告白します。

そして、スナオは千川と稚奈の過去を語り始めるのでした。

二人の出会いと来栖稚奈の死の真相

千川と稚奈が出会ったのは、4年前―。

脅迫屋の仕事で傷を負い、行き倒れになっていた千川を稚奈が見つけ、自分のアトリエに匿います。

稚奈は幼いころに施設に預けられ、親兄弟と離れて暮らさなければならないという、不運な幼少期を過ごした女性でした。

それでも夢をしっかり持ち、ようやく自分のオリジナルTシャツのアトリエを持つことが出来た、芯の強い女性でした。 

稚奈の性格は、明るくまっすぐで、「犯罪者でも傷ついている人を放っておくことはできない」と、千川に告げます。

そんな稚奈の純粋で無垢な姿に、千川は心を解きほぐされ、少しずつ自分の身の上を明かしていきます。

そんなある日。

個人のアトリエで、”デザインが若干個性的である”ということもあって、なかなか売れ行きの伸びない店に、高校生3人が客としてやってきました。

自分の作品が売れたことに喜んでいた稚奈ですが、売り上げが合いません。

あることに気付いた千川は、稚奈の店を出て行きます。

千川は、彼らの居場所を突き止め、万引きをした証拠を見つけます。

その後、彼らは謝罪に訪れるのですが、「脅迫した」ことに強い嫌悪感を表した稚奈は、完二を責めてしまいます。

「君のためにやった」という完二の言葉も稚奈には届かず、ケンカになってしまって、完二はアトリエを飛び出してしまいます。

その後、稚奈は完二を探しに出かけます。 その姿を影から見つめる完二。

不意に降り始める雪に、完二は稚奈の前に姿を現します。

二人はお互いの存在の大切さを再確認し、稚奈のアトリエに帰ってゆくのでした。

それからの稚奈は、完二の仕事に出来るだけ理解を示そうと努力します。

そして、稚奈は「人を傷つける脅迫はしないで」と、完二に伝えます。

やがて、二人でいることが自然に思えるようになって来たある日のこと。

稚奈の店が地上げ屋がやって来ました。

聞けば、辺り一帯が地上げ屋の被害にあっているとのこと。

千川は、脅迫でカタを付けようと持ちかけますが、稚奈は他に頼れる人がいるから、と断ります。

その”頼れる人”こそが「雨垂れの会」代表の富永(真野響子)でした。

稚奈は、幼い頃にその施設に入所していました。

そこで二人は、幼いころの思い出を懐かしく語り合い、富永は稚奈に、「力になる」と約束してくれたのでした。

しかし、その数日後、稚奈は地上げ屋が事故死を遂げた新聞記事を見つけます。

妙な不安を覚えた稚奈は、富永のもとを訪ねます。

そこで彼女が知った真実―。

稚奈は富永のことを心に秘め、千川をモデルにしたTシャツを完成させます。
 
「千川完二、今からお前を脅迫する。今度の日曜日、このTシャツを来て一緒に町を歩きなさい。

さもないと、私が悲しくなる・・・・・なぜなら、私の誕生日だから」

千川をモデルにしたそのTシャツは、やはり微妙なもので、千川は着るのを渋りましたが、稚奈と出かける約束はします。 

そして、稚奈の誕生日に悲劇は起こります。

急な脅迫の依頼が入った完二は朝から出かけなければなりませんでした。

何でも、相手のいるところまで出向かなければならず、稚奈はがっかりしますが、待ち合わせを楽しみに送り出します。 

そして、完二の車の中には、こっそり稚奈の新作Tシャツが・・・・・

しかし、依頼者は現れず完二は待ちぼうけをくらいます。 

そして、約束通りTシャツを来て待ち合わせの場所へ向かいますが、稚奈までもが待てど暮らせど姿を見せません。

そこに入った一本の電話。

発信者は稚奈でしたが、それは警察からの電話でした。

「スズメバチに刺されたことによるショック死だと思われます」

警察が完二に告げたのは、にわかには信じられない言葉でした。

「来栖さんは以前にもスズメバチに刺されたことがあるようで、2度刺されると死に至ることがあるそうです。

机の上に柑橘系の花のオルゴールがあったので、その匂いに誘われたのでしょう」

見覚えのないオルゴール・・・・・・このオルゴールは、完二からのプレゼントではありませんでした。

完二は稚奈の遺体の傍らで泣き崩れます。 

複雑に絡み合うそれぞれの思いとその行く末

澪は完二を探して、ようやく稚奈のアトリエにたどり着きます。

澪の目の前にいたのは、頭から血を流し床に倒れる完二でした。

千川のただならぬ様子に、どうしてよいか分からず救急車を呼ぼうとする澪を制する完二―仕方なく澪は、出来る限りの看病をします。

ここは、千川と来栖稚奈の思い出の詰まった場所―そう考えると、澪は複雑な気持ちになるのでした。

そして、千川が目を覚まします。 そこにスナオが現れ、自分が「来栖稚奈の弟」であり、ずっと千川を探していたことを告白します。

千川は、澪におはぎを作ってくるよう頼み、人払いをします。

そしてスナオは、「僕に3分間ください」と、千川と対峙します。
 

スナオは、「自分が姉の死に不審を抱いていること」、「なぜ、あの時、姉の傍にいてくれなかったのか」、「千川も姉の死に不信感を持っている
のではないか」という思いをぶつけます。

そして―

 「千川さんは、復讐するつもりですね」

家に帰って、千川の言いつけ通り、”こしあん”と”つぶあん”のおはぎを作る澪のもとへ轟雄三郎(近藤正臣)が訪ねてきます。

千川に頼まれていたものを持ってきた、と言うのですが、自分で渡すことは出来ないと言います。

それは「雨垂れの会」の深層部まで入れるメンバーズカードでした。

轟は、澪に千川に関わらないように言いますが、それと同時にカードを澪に託してしまいます。

「あの男は憎しみを糧に生きておる。 お前にはとても止められん」

その言葉を聞いた澪は、居ても立ってもいられず、千川のもとへと向かいます。

スナオを気絶させた千川は、稚奈のアトリエを後にします。

外には雪がちらつき、完二が過去に思いを馳せていると、轟からの預かり物を持った澪が現れます。

 「復讐なんてやめてください」

しかし、千川には澪の声は届きません。

今すぐにでも、どこかへ行ってしまいそうな千川に澪がかけた言葉は―

「今からあなたを脅迫します。 行かないで下さい、さもないと・・・・」
「私が悲しくなります」

そしてその頃、「雨垂れの会」では、ひそやかに千川完二の指名手配が始まっていました。

スポンサーリンク

『今からあなたを脅迫します』8話の感想

やっぱり、スナオは来栖稚奈の関係者だったんですね―それも実の弟・・・。

「運命の人」と称して、澪に近づいたのは、かつて姉の恋人であった千川に近づくためだったんですね。

何だか、澪に近づく男性は某かの裏がある人が多い気がして、少し澪が可哀想な気もしますが、物語の特性上、仕方がないのでしょうね。

そして今回は、千川完二と来栖稚奈の思い出が詰まった回でした。

「犯罪者でも傷ついている人を放っておくことはできない」

「人を傷つける脅迫はしないで」

複雑な生い立ちにもかかわらず、純粋で人を疑うことを嫌い、真っ直ぐな女性であった来栖稚奈の言葉。

―この辺りのやりとりは、澪とのそれを思い出しますが、なんだろう、澪は稚奈には敵わないんだろうなあ・・・・という感が拭い切れません。

一緒にいる姿、本当に自然に見えました。

それと、言葉尻をダジャレで返すのが稚奈発祥だったとは、ちょっとした驚きです。

それを未だに使っている完二の気持ち、なんだか切なくなってきます。

この回では、4年前の完二と稚奈の関係が描かれているのですが、その中でも完二やスナオが、稚奈の死因に疑問を覚える要素がたくさん出てきます。

稚奈の「日は浅いのに信じられる人もいれば、長くいたのに信じられなくなる人もいる」

この言葉を聞いたから、スナオは姉の死に疑問を抱いたのかもしれませんね。

「日は浅いのに、”この人なら大丈夫”と信じられる人」であった完二との約束。

それは、稚奈の誕生日に、稚奈が完二をモデルにデザインしたキツネのTシャツを着て街を歩くこと。

表面上は渋って見せながらも、こっそり稚奈のTシャツを車に忍ばせているあたり、本当に稚奈が好きだったんでしょうね―本物の天邪鬼です。 

そんな稚奈を不運な事故で亡くすなんて、完二には思いもよらなかったことでしょう。

しかも、スズメバチって、信じられるはずがありません。

見覚えのないオルゴールまでもが現れて、疑う要素満載です。

でも、稚奈はもう何も語れない・・・・・泣き崩れるしかありません。

(ええ、このシーンは私も号泣しましたとも)

きっと、稚奈が亡くなってから完二の心には何かが引っかかっていたのでしょうね。

でも、それを思い出さないように封印して来たのに、どことなく考え方やモノの見方が稚奈に似た澪に出会い、振り回されている内に、思いがけず真相にたどり着き、くすぶっていた心に火がついてしまったのだと思います。

さらにトドメをさしたのが、稚奈の実弟であるスナオの言葉。

「なぜ、あの日姉と一緒にいてくれなかったんですか」

完二だって一緒に居たかったはずだし、出来なかったことを責められても困るでしょうが、弟の切実な思いだって負けません。

この二人は、もしかしたら本当に兄妹になれたかもしれないのに・・・・・。

澪は澪で、「君の作ったおはぎが食べたい」なんて見えすいた言葉にほだされて、おはぎを作ってるし、本当に好きな人の言うことって逆らえないものなんですね。

そこに現れたおじいちゃん、あるものを千川完二に頼まれていますが・・・・・

―おじいちゃん、なぜそれを澪に見せる? 

思わず、ツッコミを入れてしまいました。

澪を危険な目に合わせたくないなら、それ見せちゃだめでしょう・・・・。

それとも、千川のように人好きのする男にはみんな弱いのでしょうか。

孫娘が大事なら、メンバーズカード託しちゃだめでしょう・・・・。

予想通りの行動で澪は千川のもとへ向かうのですが、二人が出会うのは、ケンカしてアトリエを飛び出した完二が稚奈を見つけた場所―。

稚奈のアトリエでスナオと話していたことを考えれば必然なのでしょうが、ここに亡き恋人からのメッセージを感じるのは私だけではないと思います。

そして、奇しくも、かつての恋人と同じ言葉で千川を脅迫した澪の思いを、完二はどう受け止めるのか・・・・・・

スポンサーリンク

『今からあなたを脅迫します』8話ネットの反応や感想

続いて、『今からあなたを脅迫します』の皆さんの感想を、少しのぞいてみましょう。

まさか、あの寒ーいダジャレにこんな素敵なストーリーが織り交ぜられたなんて、切なすぎますよね・・・・・・本当に、ズルいと思います。

本当にディーンさんは、表情の使い分けが上手いですよね。

心の中では、少なからず澪を憎からず思っていることが伝わってきました。

この物語のスパイスにもなっている脅迫屋一味ですが、栃乙女さんの活躍も地味にすごいですよね。

彼女のほっこりとした雰囲気も、この物語のアクセントになっていると思います。

そして、今回の要は松下奈緒さん、さすがの存在感ですね。

もう次週は最終回・・・脅迫屋が見られなくなるのは、寂しい限りです。

『今からあなたを脅迫します』8話のあらすじ

2017年12月17日(日)放送のドラマ『今からあなたを脅迫します』最終回(第9話)のあらすじを紹介します。

澪(武井咲)は轟(近藤正臣)から預かっていた「雨垂れの会」の最深部に潜入できるカードを千川(ディーン・フジオカ)に渡してしまったことで、殺された恋人・稚奈(松下奈緒)の復讐に向かう千川の背中を押してしまった自分を責める。

一方、雨垂れの会では、会の裏の顔に気づいた千川の存在を消すため、代表の富永(真野響子)の指示で会員総出の千川捜索網が敷かれていた。

千川の身を案じたスナオ(間宮祥太朗)と目黒(三宅弘城)は復讐を止めるため、クリスマスパーティーに出席する富永のいる雨垂れの会本部へ…。

そして、アパートに訪れた栃乙女(島崎遥香)から「千川を人殺しにしたくない」と言われた澪は、改めて千川を止める決意をする。

その頃、クリスマスパーティーの開かれている雨垂れの会では、コントロール室に忍び込んだ千川がアラートを誤作動させ、会場の混乱に乗じて富永を撃とうと計画していた。

混乱の中、会場で千川を見つけたスナオと目黒だったが、その指はすでに引き金にかかっていて…。

その時、突如催眠スプレーがかけられ千川が気絶。

なんと、そこに立っていたのは栃乙女からもらった催眠スプレーを手にした澪だった。

アジトで目を覚ました千川に、澪は人を傷つけない脅迫をして欲しいと説得。

千川にはその姿がかつての稚奈と重なって見える。

さらに澪は「亡くなった稚奈のために富永に罪を認めさせて欲しい」と自ら脅迫を依頼し、千川を慕う仲間たちも加わって千川は新たな決意を胸に富永に立ち向かうことに。

クリスマスパーティーを再開した雨垂れの会では、千川の動きを警戒した富永が厳重な警備の敷かれた本部奥に姿を隠し、潜入は困難を極めていた。

クリスマスの着ぐるみに正体を隠してパーティー会場から潜入を試みた一同は二手に分かれ、千川とスナオは富永の部屋を目指す。

しかし、二人の前に高ノ森(笠原秀幸)と李(後藤亜実)が立ちふさがる…。

その頃、皆の無事を祈りながらアジトに残った澪は嫌な予感がしていて…。

4年越しの思いを抱え、恋人の仇・富永と向かい合った千川が計画した脅迫は、予想を裏切る衝撃的な結末となる…!!??

公式サイトより引用

ドラマ『今からあなたを脅迫します』見逃し動画無料視聴のオススメはHulu!

ドラマ『今からあなたを脅迫します』は放送終了直後からHuluで見逃し動画配信がスタートします。

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • トドメの接吻
  • anone
  • もみ消して冬
  • 奥様は、取り扱い注意
  • 先に生まれただけの僕
  • 今からあなたを脅迫します
  • 過保護のカホコ
  • ウチの夫は仕事ができない
  • 愛してたって、秘密はある。

などが見放題となっています。

また、2018年冬ドラマ『トドメの接吻』のスピンオフドラマとしてHuluで限定配信されている『トドメのパラレル』が見られるのもうれしいポイントですね!

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

『今からあなたを脅迫します』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※紹介している情報は2017年11月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

まとめ

とうとう、復讐へと向かう完二ですが、稚奈は復讐を望んでいないと思います。

でも、千川は復讐に向かわなければあの日の自分を許すことが出来ないんですよね。

次週には復讐劇が始まると思いますが、雨垂れの会代表の悪事がどう暴かれていくのか、そして、それを暴いたことによって困る人たちはどんな立場の人なのかにも注目したいと思います。

澪の祖父、轟も某かの関係がありそうで・・・・・
 
富永が呟いていた、「まだよ、まだ足りない」にはどんな意味が込められているのか・・・・・乞うご期待! ですね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA