コウノドリ2|8話の動画無料視聴はこちら【12/1放送見逃し配信】

  • この記事を書いた人:マスダ

2017年12月1日(金)22時00分より放送のドラマ『コウノドリ2』第8話の感想やあらすじをご紹介していきます。

放送前は第8話の期待度や気になる見どころ、放送後は感想や評価を順次アップしていきます。

リアルタイムでの放送を見逃してしまった…という方のために、見逃し動画を無料で見る方法もお届けしますので、ドラマ『コウノドリ2』視聴にお役立てください!

なお、こちらの記事はユーザーボイス記事となります。

ドラまる
ユーザーボイス記事って何?
ラマちゃん
DRAMAP読者さんからいただいた展開予想や感想をまとめた記事よ。

ドラマの解釈や楽しみ方は人それぞれ☆

読者さんの声をご紹介することで、新たな発見をしてもらえたら、うれしいわ!

スポンサーリンク

『コウノドリ2』見逃し動画をお得に見る方法は?

1週間以上経過した回を安全かつお得に見るおすすめのVOD(ビデオオンデマンド)サービスはU-NEXTです!

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『コウノドリ2』はポイントレンタル配信されているので、

登録時にもらえる600ポイントを使えば『コウノドリ2』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

『コウノドリ2』見逃し動画をお得に見る方法

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

ちなみに2015年放送の『コウノドリ1』は上記でご紹介したU-NEXTに加えて、Huluでも見放題配信されています。

ポイントレンタルなどの複雑な仕組みではなく、見放題扱いの作品というところがうれしいですね!

どちらのサービスも無料視聴期間が設定されており(Huluは2週間、U-NEXTは31日間)、期間内に解約をすれば料金は一切発生しません。

『コウノドリ』第1シーズンの内容を把握しつつ、第2シーズンも見るとより楽しめるのではないでしょうか?

ドラまる
U-NEXTとHuluどっちがおすすめかな?
ラマちゃん
『コウノドリ2』の見逃し配信もチェックしつつ、『コウノドリ1』を見たいという場合はU-NEXT一択!

ただ、Huluは日本テレビ系列のドラマや海外ドラマが充実というメリットがあったり、画面の使いやすさは人によって違うので、とりあえず2つの無料視聴を試してみて、使いやすい方を継続するという形もありかも。

その場合、無料期間中に見ない方は必ず解約してね!

U-NEXTで『コウノドリ1』を今すぐ視聴する方はこちら

Huluで『コウノドリ1』を今すぐ視聴する方はこちら

※紹介している情報は2017年11月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

※『コウノドリ2』最新話の見逃し動画は放送終了直後は配信がスタートしていない可能性がありますので、ご了承ください。

スポンサーリンク

2017年秋ドラマ『コウノドリ2』第8話のあらすじ

2017年12月1日(金)22時00分より放送のドラマ『コウノドリ2』第8話のあらすじをご紹介します。

ペルソナで、吸引分娩での出産を控えている風間真帆(芦名 星)。

サクラ(綾野剛)や小松(吉田羊)と共に、新生児科医として白川(坂口健太郎)が寄り添っていた。

最近、新生児科医として経験が増えてきている白川は、同期の下屋(松岡茉優)に、全ての赤ちゃんを救うためにも、医者としてもっと上を目指すべきだと熱く語る。

しかし、そんな白川の最近の様子を見て今橋(大森南朋)は、自信がつき始めたことで周りが見えなくなってしまわないかと心配をしていた。

そんな矢先に、白川に重大な出来事が起こる。

ある日、四宮(星野 源)の妹の夏実(相楽 樹)から四宮の実家がある石川県の能登の町で、唯一の産科医として働いている四宮の父(塩見三省)が倒れたという連絡が来る。

急遽地元に帰ることになる四宮だが─。

公式サイトより引用)

スポンサーリンク

2017年秋ドラマ『コウノドリ2』第8話 放送前の期待度まとめ

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『コウノドリ2』第8話の見どころや期待度をご紹介いたします。

ばにらていすと
小松先生は術後、仕事復帰するのかしないのかきになりますね。

ペルソナにとっては復帰してほしいところですが、そこに応えられるかが楽しみですね。

戻ってきてほしいと思います。

新たな先生、倉崎の仕事ぶりも一つの見どころでもありますね。

過去どんな助産師だったのか、四宮とサクラは一緒に仕事をしていたみたいですが。

いろいろ問題も出てきそうですが、そこの展開も注目です。

松岡の救急への異動もあったので、そこでの展開も気になりますね。

壁にぶち当たると思いますが、なんとかやり遂げてほしいもの。

思い白いところが満載な8話になると思います。

ペンネーム:ばにらていすと(20代・男性)

たまたま
ペルソナ総合医療センターは、毎回様々な症状の患者さんがやってきます。

妊婦さんの退院後の様子も非常に楽しみです。

産後うつになった佐野さんのその後も気になります。

育児に前向きに過ごせていることを期待したいです。

『医師として大切はことは?』との展開になってきました。

ドラマもいよいよクライマックスを迎えます。

四宮先生の運命は?他の病院からの引き抜きか?実家の産婦人科に戻るのか?父との関係は?

救命救急医療センターに勉強にいった下屋先生の成長は?

新生児科で自信が出てきた白川先生の運命は?

研修医のこれからは?乞うご期待です。

ペンネーム:たまたま(30代・女性)

さきママ

なにやら、様々な場所で不穏な様子が伺えて、心配しています。

一番心配なのは白川先生です。

あれほど周囲を思いやっていた白川先生が、学会で注目されたくらいから、少し間違った方向に進んでいる気がしました。

看護師に指導ではなくただ叱っていると捉えられるキツイ発言をしたり、上司である今橋先生の助言をまともに聞こうとしなかったり、それこそ、今回のテーマであったチームワークを、どこか力を持って制しようとしているように見えました。

今橋先生の言っていたように、次回白川先生は何かしらの失敗を犯してしまうような気がしてモヤモヤしています。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

チャタロウ

白川に嵐の予感。今橋に忠告されたのが響いていない模様。

学会での発表で少し天狗になっているのか、高圧的な態度をとり始めた彼に、取り返しのつかない問題が勃発するような気がする。

白川はどのように対面し、乗り越えていくのか。

四宮のプライベートでも異変が起きている模様。

実家の父が病に侵されているのでは。

産婦人科医の跡取りである四宮はどのような決断を下すのか。

初代ジュニアの行く末はいかに。

患者に対する医療の方針では普段やりあっている四宮と鴻鳥だが、いざ困った時には相談を持ちかけるなんて、四宮はきちんと鴻鳥を認めているのだなと思う。

ペンネーム:チャタロウ(30代・女性)

miki

白川先生の言動が気になった今橋先生。

白川先生に、注意喚起を促すために過去の自分の失敗を伝えようとしましたが、白川先生は耳を貸しませんでした。

そんな白川先生が、赤ちゃんの処置で医療ミスを起こしてしまう。

周りからの信頼もついてきた白川先生、今後どうなってしまうのでしょう。

以前一緒に働いていた新井先生と会い、相談する場面も。

一方、四宮先生は何か相談事があり、サクラの元を訪れます。

信頼しているコウノトリ先生に相談することと思うと、重大な事なのでしょうか。

そんな四宮先生に、妹から連絡が入り、急遽石川へ帰ることになります。

ペンネーム:miki(30代・女性)

fxycs106

次回のお話は白川先生の判断ミスが医療ミスに繋がっていくという展開になると思います。

今回の話の最後の方で今橋先生に注意されているシーンがありましたが、それが現実になってしまいそうです。

話冒頭でも白川先生が奢り高くなってしまっている場面が描かれていました。

また、四宮先生の実家が抱える問題も出てきそうですね。

前シーズンの時に新生児科で働いていた新井先生も登場するみたいなので、どのように関わっていくのかが楽しみです。

もちろん、救命科へと転科した下屋先生の活躍っぷりも今回は失敗ばかりだったので、次回に期待です。

ペンネーム:fxycs106(20代・女性)

まる

第7話で、坂口健太郎さんが、看護師に対してきつい口調で注意をしていたところを、大森南朋さんが見ていて心配して声をかけましたが、その心配が実際の形となって出てしまうと思います。

だんだん仕事に慣れてきて、自分のやり方にもある程度、自信がついてきて、思い込みなどから、普段なら気づくはずのことに気づけなくなったりして、ミスが起きてしまうのではないかと思います。

これは、医師としての通過点でもあると思うので、救命救急にうつった松岡茉優さんと励ましあって乗り切ってくれたら良いなと思います。

そして、謙虚さも失わないでいてほしいと思います。

ペンネーム:まる(30代・女性)

かわさん

今話の最後に、鴻鳥先生がピアノを演奏したあと、四宮先生が、何か相談したいと言った内容が気になります。

どうも、他の病院にヘッドハンティングを受けているようなシーンも見られ、病院を辞めてしまうのか、鴻鳥先生と四宮先生のやりとりは絶妙で面白いだけにそうだとすると残念である。

それだけでなく、四宮先生のお父さんの問題も浮上してきて、四宮先生の動向に、次話は注目したい。

もう一つの注目点は、下屋に続き、白川にも転機がおきそうだ。

今話でも、医師として自信をつけて、今橋先生の忠告を無視するようなシーンもあり、その自信が空回りして、何か重大なミスを起こしてしまうのではないかと思われる。

次々起こる人間味あふれるドラマ展開に来週も考えさせられそうで楽しみです。

ペンネーム:かわさん(50代・男性)

2017年秋ドラマ『コウノドリ2』第8話 放送後の感想や評価まとめ

TOM

『コウノドリ2』第8話のあらすじとネタバレ

四宮は父・晃志郎が倒れ、急遽実家に帰ることになりました。

でも実家で晃志郎は変わらず診察を続けていて、「何しに来たんだ。帰れ」と言われてしまいます。

ペルソナでは吸引分娩で出産をした風間真帆(芦名星)を、白川が担当することになりました。

白川は赤ちゃんが自分で呼吸ができない新生児遷延性肺高血圧症と診断しました。

白川は自身ありげに対応しますが今橋やサクラは周りが見えなくなっていると話します。

晃志郎はステージ4の肺がんでした。

四宮は治療に専念するように言いますが、晃志郎は町に唯一の病院を閉めるわけにはいかないと話を聴きません。

白川は処置によって赤ちゃんの容態が改善しない中、今橋やサクラにも相談せず1人で何とかしようとしていました。

でも今橋がもう一度エコーをしてみると心臓の血液の一部が肺に流れている状態でした。

赤ちゃんは別の病院に搬送されることになりました。

白川は搬送を別の医師に真帆に付きそうようにお願いしていましたが、今橋は叱りつけ「自分の過ちから逃げるんじゃない」と白川が真帆に付きそうよう指示しました。

搬送先の病院で白川はペルソナで以前働いていた新井と会いました。

新井は白川を叱咤激励して、白川は落ち込んでいた気持ちが救われました。

白川はペルソナを辞め循環器新生児科へ移ることを決断しました。

下屋は白川に「上を目指すってことだね」と聞くと「いや先を目指すんだ、患者に寄り添うために」と言いました。

四宮はペルソナ戻っていましたが、実家の妹から連絡が入りました。

晃志郎が倒れ病院に搬送されていました。

『コウノドリ2』第8話の感想

今回は白川がまた一つ成長出来たお話でした。

自分が犯した診断ミスで危うく赤ちゃんを危険な目にさらしてしまうという、医師としてはこれほど怖いことは経験出来なかったと思います。

自信のあった自分が打ちのめされ、逃げようとしていた白川に今橋が「自分の過ちから逃げるんじゃない」と叱りつけたのも、自分の実力を見つめ直すには必要なことだったと思います。

白川が流した悔し涙はきっとこれからの白川の成長の糧になると思います。

ペルソナを辞める決断にはびっくりしましたが、医師としての決断はこういうタイミングでしか出来ないこともあると思います。

もう一段成長するために白川には頑張ってほしいですね。

四宮の父・晃志郎のことも気になりますね。

余命いくばくも無い状態で町に産科医がいなくなるということは、四宮にとっても決断が迫られるのかもしれませんね。

次回、四宮がどんな決断をするのか注目したいと思います。

ペンネーム:TOM(40代・男性)

まる

『コウノドリ2』第8話のあらすじとネタバレ

坂口健太郎さんが担当した赤ちゃんの病気の原因を、周囲の忠告も聞かずに決めつけて治療を続けていたため、その見立てが見当違いであったことがわかり、坂口健太郎さんは、医師としての自信を失ってしまいます。

それまで、順調に医師として自信わつけてきていた坂口健太郎さんは、すっかり自信をなくしてしまい、患者と向き合うのもつらくなってしまいます。

それを見抜いた上司の大森南朋さんは気づき、あえて大勢のスタッフのも前できつめに注意します。

そして、坂口健太郎さんは医師としての能力を高めるために、病院を辞める決断をします。

『コウノドリ2』第8話の感想

少し慣れてきたころに、仕事への慣れから、周囲の人の忠告に耳を傾けず、独断で診断し、治療方針を決めてしまいましたが、一向に改善しませんでした。

案の定、その治療は的外れで、母親よりも父親に強く責められてしまいます。

すっかり自身がなくなり、にげだしたくなるような気分ではなかったかと思います。

その上、めずらしく大森南朋さんが、強い口調て叱ったのも印象的でした。

仕事に慣れてきて、ある程度魔、自信がついてくると、あんな風になりがちだろうと思います。

辞める決断をしたので、これから思い込みではなく、患者をよく見る医者になって欲しいと思います。
ペンネーム:まる(30代・女性)

れれたん

『コウノドリ2』第8話のあらすじとネタバレ

今回のテーマは医療ミスでした。

仕事に慣れてきた矢先は自信がついてくると同時に慢心も出てきてしまいます。

白川先生は今回、ミスを犯してしまいます。

ミスを犯してしまった患者さんとどう触れ合うべきか悩みます。

それと同時に自分がいかに無力だったのか思い知らされる展開になりました。

自分の仕事について悩み、もがき苦しみながらも先を見据えてがんばっていく事を決意します。

進むべき道は人それぞれです。

今回の白川先生の決断は大きな転機になりました。

迷いながらも突き進む白川先生の一方で、四宮先生の父親がガンにおかされていると知り、四宮先生にもピンチが訪れました。

『コウノドリ2』第8話の感想

人は生きていれば間違いは犯してしまうし、間違いを起こさない人間なんていません。

それはわかっていても、それが人の生死に関わる問題ならば話しは別です。

白川先生はミスを犯してしまいました。

白川先生の気持ちやつらさもすごくわかって胸が痛くなりました。

それと同時に、患者さんご夫婦の辛さや不安もよくわかりました。

それだけに、一言では語り尽くせない悲しみがドラマを観ていて絶えず襲ってきました。

すごく難しい問題ですが、医療現場に携わる人は毎日こんな大変な環境で働いてるんだな…と思ってしまいました。

この作品は毎回考えさせられるテーマばかりです。

ペンネーム:れれたん(30代・女性)

さきママ

『コウノドリ2』第8話のあらすじとネタバレ

四宮の父親が倒れたと連絡が入る。

急いで実家に帰省した四宮だったが、父親は変わらず妊婦の診察を行っていた。

検査入院を拒む父親だったが、倒れた原因がガンだと判明し、四宮は『生きるため』に治療をしてくれと強く説得する。

そんな中、白川はある赤ちゃんの診断を見誤り、赤ちゃんを危険な目に合わせてしまう。

自分の力を過信しすぎていたことを思い知らされた白川は、その現実から目を背けようとする。

そんな時、以前同じNICUで働いていた新井と再会する。

新井が辞めていった後の生活や気持ちを聞いているうちに、白川は自分の進むべき道を見つけ始める。

『コウノドリ2』第8話の感想

これまで、白川先生の言動には不安を抱いていましたが、ついにやってしまったなと思いました。

誤診してしまった赤ちゃんの両親にもまともに説明が出来ない白川先生に、両親が不信感を強めるのも分かりました。

しかし、ただ怒りを感じている父親とは違って、母親は赤ちゃんを懸命に診ていた白川先生を目撃していたためか、まだ少し許す心を持っている感じがして、それがまた白川先生には辛そうだなと感じました。

そして、白川先生が辞めていく決断をしたことには驚きました。

それでも、ただ逃げるだけではなく、自分の進むべき道を見つけたようだったので、上手くいけば良いなと思っています。
ペンネーム:さきママ(30代・女性)

かいゆ

『コウノドリ2』第8話のあらすじとネタバレ

四宮先生が鴻鳥先生に相談する所から始まります。

研究職の誘いがあると打ち明ける最中に、実家から連絡があります。

四宮先生の父親がステージ4のガンであると。

ペルソナでは新生児科の白川先生が医療ミスを起こしてしまいました。

幸い裁判沙汰にはならなかったけれど、白川先生はかなりのショックを受けていました。

ミスを起こした赤ちゃんが搬送された病院には、以前出演していた山口紗弥加さんが演じる医者が出てきました。

ミスをしてペルソナを去った先生でした。

その後は白川は新生児科を去ることとなり、違う道を進むことになりました。

『コウノドリ2』第8話の感想

四宮先生が相談しにベイビーのところにやってきたのはちょっと驚きました。

この2人の関係性は素敵だなと思いました。

ペルソナでは白川先生がミスを犯してしまいました。

前回から伏線がはられていたので何となく予想は出来ました。

自分を過信した結果でした。

コウノドリを見ていると、ものすごく現実的で大きな病院では日常にこのような出来事が起こっているんだなと実感します。

身近な産科での幸せな光景だけではなく、医療ミスや赤ちゃんの障害のことなど胸が詰まる思いがします。

単なるドラマではなく、考えさせられることが多い内容が詰まっています。
ペンネーム:かいゆ(40代・女性)

むう

『コウノドリ2』第8話のあらすじとネタバレ

産科医である四宮先生の父が倒れたと連絡があり、四宮先生は実家の能登へ向かう。

父は町に一人しかいない産科医で、大丈夫だとそのまま医師の仕事を続けると伝える。

頑固な父の姿に四宮先生はペルソナに戻る。

また、ペルソナでは、最近自信を持ちすぎていた白川先生が出産後仮死状態になった新生児の治療にあたるが、一命は取り留めたものの、診断を誤ってしまい新生児を危機にさらしてしまう。

大学病院に搬送され、心臓手術を受け、成功。白川先生は自分の失敗を悔しいと涙を流し、ペルソナを辞めて小児循環器科で経験を積みたいと決心する。

そんな白川先生を今橋先生は応援し、送り出すと決める。四宮先生の妹から、父が倒れたと連絡が入り・・・

『コウノドリ2』第8話の感想

新生児の話は自分だったらと思うと、とても胸が苦しくなりました。

最近白川先生が自信があるあまりに、周りの人たち(医師、看護師)への態度が相手への思いやりに欠ける行動だったので、今回の失敗は少し予想できていました。

生まれつきの重い心臓病・・・。判断が難しいものの最初に気がつくべきであった。

とにかく赤ちゃんが無事でよかったです。

また、白川先生の今後の活躍が楽しみです。

今回の反省をばねに最強の新生児科医になると思います。

番組の最後にペルソナに連絡の来た四宮先生のお父さんの体調が心配です。

四宮先生はペルソナを辞めてしまうのでしょうか。
ペンネーム:むう(30代・女性)

名無しさん

『コウノドリ2』第8話のあらすじとネタバレ

吸引分娩で生まれた赤ちゃんになった白川先生。

最近の白川先生は自信がつき始め、周りが見えなくなってきてる感じでみんなが心配しているところ、赤ちゃんは思うように良くならず、結果的に他病院での手術をすることに。

赤ちゃんの親はつらい想いをしたが、無事に手術が成功。

白川先生は自分を責め逃げかけるが上司の言葉で逃げず、向き合うことになり、このことで、自分が過信していたことに気づき、悔しい想いをしたことで、自分の先の進む道を見つけた。

四宮先生は、大学の研究室へ行くことを悩んでいたやさき父親が倒れたと妹から聞かされ、地元へ。

父親は、肺がんで治療が必要だが、現役で仕事をやり抜きたいと言う気持ちを打ち明ける。

四宮先生はその言葉で治療を受けて欲しいが父親の強い想いを受け止めた。

そして、帰ってきたが、白川先生は病院をやめることを知り、人手がないとわかった上で自分の道を迷っている。

『コウノドリ2』第8話の感想

白川先生がちょっと、自信がつき始め、周りから少しばかり浮いて見えて、何か起きるとは思っていたがついに起きてしまったって感じ。

でも、自分の進むべき道を見つけれたので良かった。

それに、周りの人の優しさ理想的でした。

あとは、四宮先生がどうするのかなぁ。

悩みをサクラ先生にするなんてビックリした。

なんか四宮先生って自分で決めそうな感じがしたので。

その上、父親が肺がんとしり、悩みが増えた。どうするんだろう。

大学へ?そのまま、サクラ先生やみんなと一緒に続ける?それとも父親のいる病院に行って父親の意志を継ぐのかな?どうなってしまうのでしょうかね。
ペンネーム:名無しさん(40代・女性)

よね

『コウノドリ2』第8話のあらすじとネタバレ

白川先生の成長の回。

新生児の肺に疾患があると診断し、治療を施していたが、本当の疾患は肺ではなく心臓にあった。

しかし、白川先生は自分を過信していたこともあり、それを見つける事が出来なかった。

その結果、新生児が危険に晒される事となってしまった。

赤ちゃんの両親から、医療ミスだと怒鳴られ、両親と向き合う事からも逃げようとしたが、今橋先生から『最後まで見届けなさい』と言われ、搬送先の病院への付き添いを決意する。

大きな病院で手術した事で、赤ちゃんは一命を取り留めたが、この経験を反省し、先へすすむべく、白川先生はペルソナを辞め、新生児循環医療を学ぶことを決意する。

一方で、四宮先生は父親が倒れた連絡を受け、実家に帰る。そこで父親がステージ4の肺がんであることを知る。

父親は田舎町の唯一の産科医。

町の妊婦が、その町で出産できなくなることを避けたいあまり、治療に専念しようとしない。

父親と意見を交わす中で、四宮先生もその想いに共感する部分と、頑固な父親が譲らないことを悟り、ペルソナに帰ってくる。

そんな矢先に、父親が倒れた一報が入る。

『コウノドリ2』第8話の感想

妊婦・産婦・新生児中心の内容から、そこに努める先生方の生き方にますますフォーカスが向いてきました。

それぞれの先生方の生き方に応援もしたくなりますが、人員不足に悩む産科・新生児科の将来も心配になりました。

自分の失敗にどう向き合うか、誰かに責められること、自分を責める事で慰められる甘えと、そこに潰れず先へ進もうとする先生方の姿に、自分は本気で自分の生き方を考えて生きているのか考えさせられた回でした。

また、搬送先の病院でかつての同僚と話をするシーン、それを鴻鳥先生へ報告するシーンに、一緒にいなくとも強い絆と信頼で結ばれている人間模様に羨ましさと憧れを感じました。

また、物語の中心人物の1人である四宮先生のこの先も非常に気になる回でした。
ペンネーム:よね(30代・女性)

まとめ

ドラまる
2017年秋ドラマ『コウノドリ2』第8話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
9話以降も随時最新情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コウノドリ2あらすじネタバレと感想まとめはこちら

『コウノドリ2』視聴率一覧はこちら

『コウノドリ2』見逃し動画をお得に見る方法

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

『コウノドリ1』全話をHuluで無料視聴する方はこちら

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA