【コウノドリ2】8話ネタバレ感想。白川と四宮が病院を去る?ロケ地情報も

  • glass
  • この記事を書いた人:ぐらす

ドラマ『コウノドリ2』第8話が2017年12月1日(金)に放送されました。

ドラまる

『コウノドリ2』も最終回まであと少しになってきたね、寂しいなあ。

ラマちゃん

今回は四宮先生(星野源)と白川先生(坂口健太郎)のエピソードだね。

2人の歩んでいる医師としての人生になにか変化が起きるようよ。

こちらの記事では2017年秋ドラマ『コウノドリ2』第8話のネタバレと感想、第9話のあらすじをご紹介いたします。

スポンサーリンク

2017年秋ドラマ『コウノドリ2』第8話のネタバレありの感想は?

サクラ先生(綾野剛)の元へ相談しに来た四宮先生は、「大学で現場を2年以上離れて研究に専念しないかと誘われている」とのことでした。

「行くべき道を進めばいい」と答えるサクラ先生。

これからの人生で「いつか結婚する時が来るのかな」「余興でお嫁サンバを…」「俺は絶対踊らないぞ」のやりとりには笑ってしまいました。

前回も小松所助産師が2人に「だから彼女がいないのよ!」というと、「俺達の何を知っているんですか」と言ったりと、なんだか匂わせている?!

そして能登で産科医をしている四宮先生の父親が倒れたと連絡が来て急遽帰省をします。

ステージⅣの肺がんであるにも関わらず、治療に専念せず産科医の仕事を続けている父親(塩見三省)を説得しようとしますが、「この町に産科医がいなくなる」と聴く耳を持ちません。

四宮先生は「だったら生きろよ。まず父さんが生きることを考えるべきだろう。」と伝えます。

この「だったら生きろよ。」というセリフは、公式サイトの星野源さんのインタビューによると監督と話し合いこのセリフに変更したのだとか。

眼鏡の形も似たタイプのもので、頑固で淡々としているけれど仕事に熱い思いを持っているところも似ていましたね。

一方、風間真帆(芦名星)が出産した赤ちゃんは呼吸がうまくできずに新生児仮死状態に…白川先生の迅速な対応で命が助かります。

白川先生は新生児遷延性肺高血圧の疑いだと考え、風間夫妻に説明して治療を開始します。

新生児科の今橋先生(大森南朋)とサクラ先生は自信がついてきた白川先生の姿に頼りがいはあるけれど、行き過ぎないかと心配します。

風間真帆は自分を責め「赤ちゃんを見るたびに、心のなかで何度も謝っているんです、ごめんね…って」というと、サクラ先生は「たくさんの管は赤ちゃんが頑張っている証。引け目に思う必要はない。頑張り屋さんの赤ちゃんを引け目に思わず、誇りに思ってあげてください」と言うのでした。

治療の成果が出ず、毎日泊まり込みで対応している白川先生に「本当に肺高血圧症なんですか?」「今橋先生に相談したほうが…」と後輩や看護師は提言しますが「その必要はない」とはねのけてしまうのでした。

この町のお産を守ることが使命だと思っている。だから最後までやらせてくれ。」という父に「勝手にすればいいよ…病院、送っていくよ。」と言い、父の顔には笑みが。

四宮先生は父の意思を尊重することにしたのですね。

白川先生の担当している赤ちゃんの肺が白くなってしまい、看護師の報告を受けた今橋先生がエコーを確認し直すと「総肺静脈還流異常症」という生まれつきの心臓の病気であることがわかります。

白川先生の診断した肺には異常はなく、診断ミスだったのでした。

大学病院へ搬送して急いで手術が必要であることがわかり、風間夫妻のところへ説明に行くと「この人の判断が間違っていたんじゃないか。医療ミスだ」と真帆の夫は声を荒げます。

真帆は夫を止めて、白川先生に説明を求めますがしどろもどろに…代わりに今橋先生が重症の先天性疾患であること、大きい病院へ搬送して手術が必要であることなどを説明。

赤ちゃんを搬送するドクターカーに風間夫妻と乗ることを他の人に代わってもらおうとする白川先生を「赤ちゃんの担当医は白川先生。責任持って最後まで見届けなさい。自分の過ちから逃げるんじゃない」と一喝します。

普段全く怒らない穏やかな今橋先生の大きい声は、初めて聞きましたね…。

「薫、がんばっているね。すごいね、薫。」

ドクターカーの中で、不安な気持ちもある中、サクラ先生に言われたとおり一生懸命に赤ちゃんを応援し無事を願う母の気持ちが心を揺さぶるシーンでした。

待合室で下を向いている風間夫妻の表情を見て固まってしまう白川先生。

そこへペルソナの新生児科からかつてバーン・アウトして辞めてしまった新井先生にばったり会います。

今回の白川先生と同じミスをしてしまったことがあること、バーンアウト後は半年実家で静養、その間もずっとペルソナに残してきた赤ちゃんたちのことを考えていたこと、今は外来でNICUにいた子たちの成長をサポートしていることを話します。

少し笑顔になって帰っていった白川先生、実はサクラ先生が新井先生にフォローをお願いしていたのでした。

薫の手術は無事成功、風間夫婦も退院し病院を後にします。

「風間さん、力及ばず、申し訳ありませんでした」と深く頭を下げる白川先生に、「白川先生、お世話になりました。」と真帆は頭を下げ、夫は「行くぞ。」と何も言わず去っていきました。

「悔しいです」と泣く白川先生に「その気持ち、忘れないでね」と今橋先生は肩に手を置くのでした。

そして…白川先生は患者さんに寄り添う気持ちを忘れていた、今よりももっとたくさんの命を救いたいとペルソナを辞め、研修先が見つかり次第、小児循環器科に行くことになりました。

今回の『コウノドリ2』シリーズではそれぞれのスタッフが人生の岐路をどのように選択するのかを描かれています。

最後に「四宮先生のお父さんが病院へ運ばれた」と妹さんから電話がありました。

今度は四宮先生が大学での研究か、ペルソナの産科医か、父親が使命にしてきた能登の産科医を引き継ぐかと選択する立場になりそうです。

また、星野源さんはくも膜下出血、そして塩見三省さんは脳出血で生死を彷徨われ、療養の末また復帰されています。

能登の美味しいお魚と一緒に四宮先生に送った父からの「一日一生」という言葉の重み、「生きろよ」と言う言葉に変更した星野源さんの想い。

病気になる前よりは少しお痩せになられ声も小さくはなっていますが、「演じる」ということへの信念のようなものも塩見三省さんの演技から感じました。

そして、サクラ先生の「医者である前に一人の人間だ」という言葉、患者の立場だとなんだか特別な才能を持つ人間離れした遠い存在のように感じてしまいますが、将来の事に悩んだり、失敗して落ち込んだり葛藤し、また前を向いて日々患者さんのために奮闘しているのだ、と改めて感じる回でした。

スポンサーリンク

『コウノドリ2』第8話の視聴者の感想は?

ドラまる

『コウノドリ2』第8話の視聴者の感想を調べてみたよ。

前作で、結婚前にバーンアウトしてしまった新井先生、ペルソナを辞めて静養、復帰後に無事結婚されたんですね、良かったです!

新井先生ファンが多く、登場には喜びの声が大きかったです。

病気のことだけでなく、後半は病院の先生たちのこともよく分かるドラマになっていますね。

今橋先生、さすがセンター長です。

マネジメント、部下への指導についても勉強になりそうです。

奥さんがまだ登場していないのでこちらに期待♡

専門医の先生でも発見しづらい病気なのですね…。

そうですよね、ついかわいそう、申し訳ないと思ってしまうのが母心。

寄り添いつつ、赤ちゃんと一緒に前を向いていけるように声をかけたサクラ先生の言葉も暖かかったです。

「一日一生」とても深い言葉でしたね。

ロケ地・BABYの曲情報も発見!

Twitterでは『コウノドリ2』第8話のロケ地の情報も発見しました!

石川県でロケされていたんですね!

夕暮れの日本海、寒そうでしたがキレイでしたね。

白川先生がドクターカーに乗っていったのは北里大学でした。

ピアノを担当している清塚さんと、綾野剛さんで作曲されていました。

アンビエント、とは静かでシンプルな、美術館などで流れているような音楽のことだそうです。

スポンサーリンク

『コウノドリ2』見逃し動画をお得に見る方法は?

1週間以上経過した回を安全かつお得に見るおすすめのVOD(ビデオオンデマンド)サービスはU-NEXTです!

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『コウノドリ2』はポイントレンタル配信されているので、

登録時にもらえる600ポイントを使えば『コウノドリ2』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

『コウノドリ2』見逃し動画をお得に見る方法

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

ちなみに2015年放送の『コウノドリ1』は上記でご紹介したU-NEXTに加えて、Huluでも見放題配信されています。

ポイントレンタルなどの複雑な仕組みではなく、見放題扱いの作品というところがうれしいですね!

どちらのサービスも無料視聴期間が設定されており(Huluは2週間、U-NEXTは31日間)、期間内に解約をすれば料金は一切発生しません。

『コウノドリ』第1シーズンの内容を把握しつつ、第2シーズンも見るとより楽しめるのではないでしょうか?

ドラまる
U-NEXTとHuluどっちがおすすめかな?
ラマちゃん
『コウノドリ2』の見逃し配信もチェックしつつ、『コウノドリ1』を見たいという場合はU-NEXT一択!

ただ、Huluは日本テレビ系列のドラマや海外ドラマが充実というメリットがあったり、画面の使いやすさは人によって違うので、とりあえず2つの無料視聴を試してみて、使いやすい方を継続するという形もありかも。

その場合、無料期間中に見ない方は必ず解約してね!

U-NEXTで『コウノドリ1』を今すぐ視聴する方はこちら

Huluで『コウノドリ1』を今すぐ視聴する方はこちら

※紹介している情報は2017年12月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

※放送終了数日はまだ最新話の配信がスタートしていない可能性がありますので、ご了承ください。

2017年秋ドラマ『コウノドリ2』第9話のあらすじは?

不安そうに診察を受ける沙月。診断の結果、今回もエコーに映った胎児に心拍はなかった…。

3回目となった流産に不育症を自ら疑う沙月。現代医学でも、まだまだわからないことが多いこの病にサクラはどう向き合うのか。

一方、父・晃志郎(塩見三省)が再び倒れたと聞いた四宮(星野 源)。石川県能登に帰省した矢先、晃志郎が診察をしていた妊婦に早剥の疑いが。

一刻を争う事態の中、自らが執刀するしかないと言う晃志郎を見かねた四宮が、父に代わり緊急カイザーをする。

その頃、下屋(松岡茉優)は、救命の忙しない現場で患者の症状に対応できず、悔しい思いをしていた。

そんな中、36週の妊婦が緊急搬送される。下屋は産科時代の知識を活用し、緊急カイザーを提案するが…。

ペルソナ総合医療センターのサクラ、下屋、小松(吉田羊)、白川(坂口健太郎)、四宮、今橋(大森南朋)がそれぞれの思いを抱え、動き出す第9話─。

公式サイトより引用

まとめ

こちらの記事では2017年秋ドラマ『コウノドリ2』第8話のネタバレありの感想と第9話のあらすじをご紹介いたしました。

ドラまる

お医者さんも人生に悩んだり、葛藤したり後悔したりするんだなあ。

ラマちゃん

大変な仕事だから、少しでも働きやすい環境になってほしいね…!

それにしても新生児科の今橋先生は大丈夫かな??

前の方でちらって出ていた娘さんとの関係はこれから描かれるのかしら、奥さんはもしかして吉田沙保里さんかな…?

『コウノドリ2』見逃し動画をお得に見る方法

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

『コウノドリ1』全話をHuluで無料視聴する方はこちら

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA