コウノドリ2|7話の動画無料視聴はこちら【11/24放送見逃し配信】

  • この記事を書いた人:マスダ

2017年11月24日(金)22時00分より放送のドラマ『コウノドリ2』第7話の感想やあらすじをご紹介していきます。

放送前は第7話の期待度や気になる見どころ、放送後は感想や評価を順次アップしていきます。

リアルタイムでの放送を見逃してしまった…という方のために、見逃し動画を無料で見る方法もお届けしますので、ドラマ『コウノドリ2』視聴にお役立てください!

なお、こちらの記事はユーザーボイス記事となります。

ドラまる
ユーザーボイス記事って何?
ラマちゃん
DRAMAP読者さんからいただいた展開予想や感想をまとめた記事よ。

ドラマの解釈や楽しみ方は人それぞれ☆

読者さんの声をご紹介することで、新たな発見をしてもらえたら、うれしいわ!

スポンサーリンク

『コウノドリ2』見逃し動画をお得に見る方法は?

1週間以上経過した回を安全かつお得に見るおすすめのVOD(ビデオオンデマンド)サービスはU-NEXTです!

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『コウノドリ2』はポイントレンタル配信されているので、

登録時にもらえる600ポイントを使えば『コウノドリ2』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

『コウノドリ2』見逃し動画をお得に見る方法

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

ちなみに2015年放送の『コウノドリ1』は上記でご紹介したU-NEXTに加えて、Huluでも見放題配信されています。

ポイントレンタルなどの複雑な仕組みではなく、見放題扱いの作品というところがうれしいですね!

どちらのサービスも無料視聴期間が設定されており(Huluは2週間、U-NEXTは31日間)、期間内に解約をすれば料金は一切発生しません。

『コウノドリ』第1シーズンの内容を把握しつつ、第2シーズンも見るとより楽しめるのではないでしょうか?

ドラまる
U-NEXTとHuluどっちがおすすめかな?
ラマちゃん
『コウノドリ2』の見逃し配信もチェックしつつ、『コウノドリ1』を見たいという場合はU-NEXT一択!

ただ、Huluは日本テレビ系列のドラマや海外ドラマが充実というメリットがあったり、画面の使いやすさは人によって違うので、とりあえず2つの無料視聴を試してみて、使いやすい方を継続するという形もありかも。

その場合、無料期間中に見ない方は必ず解約してね!

U-NEXTで『コウノドリ1』を今すぐ視聴する方はこちら

Huluで『コウノドリ1』を今すぐ視聴する方はこちら

※紹介している情報は2017年11月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

※『コウノドリ2』最新話の見逃し動画は放送終了直後は配信がスタートしていない可能性がありますので、ご了承ください。

スポンサーリンク

2017年秋ドラマ『コウノドリ2』第7話のあらすじ

2017年11月24日(金)22時00分より放送のドラマ『コウノドリ2』第7話のあらすじをご紹介します。

突然、倒れた小松(吉田羊)。

心配するサクラ(綾野剛)と四宮(星野源)に、心配かけまいと努めて明るく「子宮筋腫があることはわかっていたけど、忙しくて検査に行けないでいた」と言う。

しかし、詳しい検査を行うと、子宮線筋症と卵巣チョコレート嚢胞だということが判明。

すでに症状が悪く、ガンになる可能性もあるため、子宮の全摘を薦めるのが本人の為だとサクラたちは考え、本人に伝える。

小松自身も全摘した方が良いとは分かっているが、踏み切れずにいた─。

そんな小松を支えるペルソナの仲間たち。

仲間が見守る中で、小松が出した結論は─

公式サイトより引用)

スポンサーリンク

2017年秋ドラマ『コウノドリ2』第7話 放送前の期待度まとめ

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『コウノドリ2』第7話の見どころや期待度をご紹介いたします。

みき
最後のシーン、助産師の小松さんに異変が起きました。

前回、サクラ先生、下屋先生、小松さんと3人で飲んでいるシーンで小松さんが「いつまでこうやっていられるんだろうね」と言っていた理由が分かりました。子宮の病気を患っているようです。

小松さんがいなくなったら、ペルソナの産科は回らなくなると思います。

小松さんのいなあ産科なんて考えられません。

サクラ先生たちが妊婦に寄り添う姿も印象的ですが、小松さんの厳しくもあり優しいあの雰囲気は、不安を抱える妊婦さんにとってはとても心強くなれると思います。

救命に行った下屋先生がどんな活躍をするのが、それとも足手まといになってしまうだけなのか、注目したいです。

ペンネーム:みき(30代・女性)

koro
今日の放送前半で小松さんの体調が悪いのかな?と感じていましたが、予告を見ると子宮全摘?と、相当病気が深刻そうで次回も見逃せない内容となっています。

毎回お産のシーンでは、小松さんの大きな明るい掛け声で見ている私もホッとします。

そんないつも元気で明るい小松さんが病気とは思いもしなかったのでとても驚きました。

命の誕生に立ち合う事が天職の小松さんは、きっと自分が動けなくなるギリギリまで、仕事を続けていくのではないか、と想像しますがもっと病状が重いと悲しいなと思います。

手術を受けて、元気になって助産師をずっと続けて欲しいです。

ペンネーム:koro(40代・女性)

さきママ
次回は、小松さんに病気が見つかるようなので、とても心配です。

また、母になる選択とならない選択という言葉が出てきていたので、恐らく小松さんは子宮の病気か何かだと思うのですが、そうだとしたら、女性にとってはとても辛い事だと思います。

小松さんがどのような選択をするのか、そして、その選択に対して仲間達がどのような支えをするのか、気になるところです。

また、救命に移った下屋先生のことも気になります。

移ったばかりで、慣れないことばかりの中、トラブルを起こさないか、落ち込むような出来事が起きないか、その辺りも楽しみというか気になります。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

てつや
救命へ移動した下屋は、かなり苦しむことになると予想します。

思っていたようにうまくいかず、自分が予想以上に何も出来ない不甲斐なさからを感じて、救命の大変さを実感するというようなシーンが出てくるのではないかと思います。

それによって、珍しく下屋が弱音を吐くといったシーンもあるのではないかと思います。

ですが、そこでコウノドリ先生や白川が下屋を励ますといったようなシーンもあると予想してますし、そんなシーンがあることを楽しみにしています。

また、7話では小松の病気についてどう描かれていくのかが気になります。

どうやらかなり深刻な病気みたいですので、見るのが楽しみでもあり、少し怖くもあります。

ペンネーム:てつや(20代・男性)

かわさん
いつも元気で周りを和ます助産師の小松に異変が起こり、子宮の病気で、将来の進行を考えると全摘出が良いことがわかる。

鴻鳥先生は、女性として辛い診断を、小松に伝えなくてはならなくなる。

小松は、全摘出せず、女性としての幸せをとるのか、全摘出して、自分の将来への不安を取り除くのかを悩むことになるのだろう。

小松は、まわりの子供を持つスタッフと会話したりしながら、決断をすることになる。

おそらく、助産師として、赤ちゃんの誕生の喜びを感じている小松は、仕事が続けられる、子宮全摘出を選び、子供を持つ幸せよりも、世の中のお母さんをサポートする側の人生を選択するのではないかと思われる。

次回は、その悩む小松の心の動きと、周りの仲間たちの暖かい支えがたのしみです。

また、救命救急科に移った下屋は、慣れない仕事の中でどうなるのかと、下屋の決断を見た白川も何か動き出す雰囲気であり、そこにも注目している。

ペンネーム:かわさん(50代・男性)

panda
助産婦、吉田羊演じる小松が子宮の病気になり、子宮を全摘出することを決めるというすごく奥深い内容で、いつも明るく医師にも妊婦さんにも愛されキャラの小松が病気をどんな風に受け止めて、悲しみ苦しむのか、小松のひとりの人間としての明るい人間性だけではなく、弱い部分も出てくると思うので、小松の心理的描写が楽しみです。

小松は助産婦であり、産婦人科に勤めていることから、子宮を取るというのは、どんなに女性として悲しいことか知っているから、人一倍悲しみ苦しむと予想します。

しかし、人一倍命の大切さも知っているので、助産婦として子宮全摘出することを前向きに決定し、強く生きていく彼女の姿勢が感動的に描かれると予想します。

ペンネーム:panda(30代・女性)

2017年秋ドラマ『コウノドリ2』第7話 放送後の感想や評価まとめ

ばにらていすと

『コウノドリ2』第7話のあらすじとネタバレ

今回のコウノドリの7話は、小松の選択の回ですね。

突然、倒れた小松(吉田羊)。心配するサクラ(綾野剛)と四宮(星野源)に、心配かけまいと努めて明るく「子宮筋腫があることはわかっていたけど、忙しくて検査に行けないでいた」と言いました。

まさか、小松が、病気になっているとは。

いつも、元気で前向きな小松留美子。

どんな選択をするのでしょうか。

コウノドリの7話は、小松の厳しい選択になってしまうようですが。

すでに症状が悪く、ガンになる可能性もあるため、子宮の全摘を薦めるのが本人の為だとサクラたちは考え、本人に伝える。

『コウノドリ2』第7話の感想

小松先生の体調が悪くなるなんて。子宮を全摘。

なかなか踏み切れないですよね。

ペルソナ病院の仲間たちっていいですよね。

こんなに絆が強い仲間って最高って感じがします。

ペルソナ総合医療センターの産婦人科には小松先生は必要です。

これからどうなってしまうのか気になります。

母になる人生と、母にならない人生について考えさせられます。

四宮と倉崎が口論になるようですが、倉崎が産科で働くことになって、どんどんシフトを入れてくださいと言ってたから。

働き方考えろってことですかね。

四宮と倉崎のクールな感じがなんか似てます。

ペンネーム:ばにらていすと(20代・男性)

たまたま

『コウノドリ2』第7話のあらすじとネタバレ

助産師として赤ちゃんの誕生を見守ってきた小松さんが子宮筋腺症を発症していることが発覚。

また、ペルソナに復帰した倉崎先生は、育児と仕事のワークライフバランスに悩みながらも産婦人科チームの協力により乗り越えていく。

小松さんの病気を気にして、鴻鳥先生、四宮先生は何とかできないか悩む日々ですが、少しでも支えになりたいと小松さんに治療を進める。

小松さんも自分の病気を受け止め子宮筋腺症の治療に踏み出す。

産婦人科医、みんなの思いが一つになっていく大切な回です。

お互いを思いやり、そして共に働く仲間として絆が深まり再認識させられるストーリーとなっています。

『コウノドリ2』第7話の感想

母になること、母にならないことの選択は女性にとってとても難しい問題です。

女性はまだまだ、結婚、妊娠、出産をすることが当たり前のような認識がありますが、その一方で女性特有の病気も増えており、妊娠したくてもわが子を授かれない女性がたくさんいます。

それにより不妊治療を望む患者さんも増えている現状です。

また、授かっても子育てをしていく環境は厳しいもので、両親が揃っていても産後うつ等、育児に支障をきたしますし、シングルマザーとして生きる道を選ぶこともまた厳しい道であると感じました。

一人での子育ては並大抵の努力ではできません。

命を育ててく育児の大変さを感じました。

ライフワークバランス、それは女性にとって重大な問題であると感じました。

毎回のドラマで感じることは、妊娠、出産は奇跡であると改めて思います。

私も妊娠、出産を経験しましたが、マニュアル通りではないと改めて感じました。

ペンネーム:たまたま(30代・女性)

さきママ

『コウノドリ2』第7話のあらすじとネタバレ

腹部の痛みを訴え倒れた小松。

サクラや四宮が診察した結果、子宮腺筋症と卵巣チョコレート嚢胞だということが判明する。

子宮摘出が最善だとサクラや四宮は判断するが、小松はすぐに決断を出せない。

同期会で子育てや妊娠をしている仲間を見る中で、『子供を産む人生と産まない人生の何が違うのか』を自問自答する。

苦しい決断を迫られている中でも、小松は悩みを抱える仲間達を優しく諭し元気付けていた。

逆に、そんな周囲の仲間達に、小松自身も元気や勇気を貰っていたのだった。

そして、小松は子宮摘出の決断をする。

小松を支えるために、それぞれの想いを抱えながらチームは最善を尽くすのだった。

『コウノドリ2』第7話の感想

今回、同じ女性として、小松さんの決断までに至る辛さは痛いほど分かりました。

女性にとって子宮を摘出するということは、本当に辛いことです。

特に小松さんは、赤ちゃんを取り上げるという仕事をしており、子供と近いところにいるので、余計に悩んだだろうなと思います。

更に、小松さんはご両親を亡くしており、そんな自分には子宮が最後の砦だったと話した瞬間、小松さんの寂しさがより感じられてドキッとしました。

そんな小松さんを、それぞれの想いで、時には不器用ながらも支え続けるチームの姿は、とても心を打つものでした。

ペルソナのチームワークに感動した回でした。
ペンネーム:さきママ(30代・女性)

チャタロウ

『コウノドリ2』第7話のあらすじとネタバレ

助産師の小松が子宮の病気で治療のために病院を休むことに。

以前より子宮筋腫を患っていた小松だが、最終検査から一年経ち、チョコレート嚢胞も患っていたことが発覚。

子宮筋腫も詳しく検査をするともっと深刻な病気であることが判った。

薬物治療だと、今後ガン化するおそれがぬぐいされないことから、悩んだ末に子宮の全摘出を選択する。

同期や職場の同僚たちの家族の話に触れ、自分の独り身の孤独さを痛感する小松だったが、職場の仲間に支えられ、自分は一人ではないと心を強く持ち、手術に臨む。

無事に復帰後、明るく振る舞う小松に鴻鳥たちはいつも通りの態度で接する。

一方で救命に異動した下屋は自分の無力さを痛感していた。

『コウノドリ2』第7話の感想

同じ女性として、小松の迷う気持ちが痛いほど分かり、今回も号泣してしまった。

麻酔をかけられる直前に小松が一度制止し、気持ちを整えていたのを見て、涙腺が崩壊した。

自分が辛いときでも同期のおめでたを喜び、誰にでも元気に優しく接する姿が痛々しかった。

鴻鳥の前でだけようやく本音をのぞかせて、ちゃんと泣くことができて良かったと思う。

四宮も今回は特別優しく感じた。

ジャムパンは食べられても、カップ焼きそばは大丈夫なのかと医者らしからぬ、でも二人ならではの差し入れの内容にちょっと心配になった。

次回、また新しい嵐の予感が。

それぞれの医師に試練が用意されているストーリー展開だと思う。

ペンネーム:チャタロウ(30代・女性)

miki

『コウノドリ2』第7話のあらすじとネタバレ

仕事中に突然倒れた助産師の小松さん。

以前から腹痛があり、子宮腺筋症と卵巣チョコレート嚢胞だと言うことが判る。

こうのとり先生は、子宮の全摘がいいと判断し、小松さんもその方がいいとは分かっているが、悩んでいた。

子宮を取ってしまうと赤ちゃんが産めなくなる。

ずっと独身でいることになるかもしれないという怖さもあったからだ。

そんなときに、産科のみなさんが自分のことのように考えてくれて、支えてくれる。

温かい仲間に囲まれ悩んだ結果、小松さんは子宮の全摘を決意した。

倉崎先生は、責任感が強く、自分のことは自分でという意思がありますが、コウノトリ先生や四宮先生、小松さんの言葉で、職場の仲間に頼ることも覚えた。

助け合いが出来る仲間は素敵ですね。

『コウノドリ2』第7話の感想

自分の病気を知っていながらも、がんばる小松さんはとても頼もしく、でもそれが職場の仲間はとても心配だったと思います。

いつも明るく振舞っているから、がんばりすぎないでという気持ちが強かったです。

コウノトリ先生は、大事な職場仲間の小松さんのことを真剣に考えた上で、子宮の全摘を薦めます。

小松さんもそれが一番だと分かっていますが、子宮を全摘したら子どもが産めなくなると言うのが引っかかっていて、それを思うと心が痛みます。

仲間を思う気持ちがすごく伝わって来て感動しました。

みんなのやさしさに触れた小松さん、決意できてよかったです。

子宮はなくなってしまいましたが、心配してくれて、頼りになる心強い仲間がいると言うことが判ってよかったですね。

ペンネーム:miki(30代・女性)

fxycs106

『コウノドリ2』第7話のあらすじとネタバレ

今回の話は助産師のコマツさんの子宮全摘のお話でした。

コマツさんはチョコレート嚢胞などを患っていたにも関わらず、今まで通りに働いていたため、7話冒頭で倒れてしまいます。

その後、鴻鳥先生と四宮先生から「このまま放っておくと子宮がんになる恐れがある」と宣告され、子宮全摘を勧められます。

コマツさんは女性である証がなくなる、そして、将来的に子どもが産めない体になるという人生の選択を迫られます。

結果的に、コマツさんは苦渋の決断として、子宮全摘を選びます。

コマツさんの「家族や恋人はいないけれど、支えてくれる仲間がいる」という言葉はとても心に響くものであり、またいつものコマツさんの日常が戻ってくるのでした。

『コウノドリ2』第7話の感想

女性である証の子宮が無くなってしまう決断をしたコマツさんの苦しみや葛藤がテレビを通して伝わって来ました。

そして、その決断を強いられる時はもしかしたら私自身の身にもふりかかってくる可能性があると思うと他人事のようには思えませんでした。

今回の話はコマツさんの決断がメインでしたが、私的には倉崎先生の働き方もとても心に刺さるものがありました。

「同僚に迷惑をかけず働きたい。でも、出来ない」という思いが働くお母さんたちには必ず心のどこかにあると思います。

幸い、倉崎先生は同僚の仲間たちによって救われましたが、現実には同僚の助けもなく、救われない人もいると思うと、悲しい世の中だなと思ってしまいました。

ペンネーム:fxycs106(20代・女性)

まる

『コウノドリ2』第7話のあらすじとネタバレ

体調不良が続いていた吉田羊さんを検査すると、子宮を全摘出したほうが良い状態だということがわかりました。

助産師という職業柄、自分のからだの異変には気づいていないことはなかったのですが、まだ結婚もしていないし、これから先、自分の子供が持てなくなるかと思うと、吉田羊さんはなかなか決断ができません。

綾野剛さんも、星野源さんも、吉田羊さんの気持ちは理解してくれますが、やはり子宮を全摘出しなければ、この先、仕事を続けていくことも難しいという診断です。

出産を控えた元同僚に会ったりすると、このまま子供を産めない人生のことをいろいろと考えてしまいます。

『コウノドリ2』第7話の感想

独身で未婚の吉田羊さんが、将来のことを考えて、子宮の全摘出に対して、すぐに決断できない気持ちがよくわかりました。

仕事では、たくさんの赤ちゃんを取り上げているので、もちろん、自分の赤ちゃんを産みたい、という気持ちはずっと待っていたと思いますが、子宮を全摘出してしまうと、その想いはかなわないことになるので、手術を受けたほうが良いことはわかっていても、なかなか決断ができなかったのだろうと思います。

たくさんの赤ちゃんに囲まれる仕事なので、これからもふとした時に寂しく感じることはあると思いますが、日本一の助産師として頑張っていってほしいなと思いました。

ペンネーム:まる(30代・女性)

かわさん

『コウノドリ2』第7話のあらすじとネタバレ

いつも元気な小松さんが、お腹が痛むと言って倒れる。

鴻鳥先生や四宮先生が心配する中、検査をすると、子宮と卵巣に病気があり、放っておくと、癌になるリスクがあることがわかる。

鴻鳥先生が、小松さんに、優しく、自身の身体を考えると、全摘出を勧めると伝える。悩む小松さん、そんな時、同期会の案内がきて、久しぶりに昔の仲間に会う。

子育て中の者や、妊娠した者など、小松さんは楽しく過ごす。

その帰り道、同僚の向井に会った小松さんは、子供がいる人生といない人生どちらが幸せかと問うが答えは出ない。

赤ちゃんが生まれすぐに復帰した倉崎に緊急オペが入る。

優しい小松さんは、赤ちゃんを迎えに行ってあげるといい、赤ちゃんを抱きながら、自分のこれからを考える。

鴻鳥先生が、悩む 小松さんをバーに誘い、小松さんのためにピアノを弾く、それを聞きながら小松さんは、手術を受けることを決意したことを鴻鳥先生に目に涙を溜めて伝えるのであった。

手術が無事終わった小松さんは、いつもの元気な小松さんに戻り、病院内を明るく、そして、お母さんを支えることを決意するのであった。

『コウノドリ2』第7話の感想

小松さんの女性として子供を持つ幸せに望みを持つのか、自分の身体を大切にするのか揺れ動く姿が、直接的な言葉はないが伝わってくるすごくいい演技でした。

同期会では、子供を持つ同期や妊娠して喜ぶ同期の雰囲気を一つずつ自分がこうだったらどうなるのだろうかを重ねあわせて見ていたのではと感じました。

また、同僚の子供と公園でいっしょに遊んだり、同僚の赤ちゃんを保育所に迎えに行き、赤ちゃんをだっこしながら、子供を持った時の幸せを一つずつ確認してみて、自分の考えを整理したのではと思いました。

もっとも感動したのは、鴻鳥先生のピアノを聞きながら、でも、背を向けながら、自分の決断を語ったシーンでした。

鴻鳥先生優しくてかっこよすぎです。

ペンネーム:かわさん(50代・男性)

まとめ

ドラまる
2017年秋ドラマ『コウノドリ2』第7話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
8話以降も随時最新情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コウノドリ2あらすじネタバレと感想まとめはこちら

『コウノドリ2』視聴率一覧はこちら

『コウノドリ2』見逃し動画をお得に見る方法

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

『コウノドリ1』全話をHuluで無料視聴する方はこちら

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA