コウノドリ2|5話動画見逃し無料視聴方法と感想【11/10放送】

  • この記事を書いた人:ナカムラ

2017年11月10日(金)22時00分より放送のドラマ『コウノドリ2』第5話の感想やあらすじをご紹介していきます。

放送前は第5話の期待度や気になる見どころ、放送後は感想や評価を順次アップしていきます。

リアルタイムでの放送を見逃してしまった…という方のために、見逃し動画を無料で見る方法もお届けしますので、ドラマ『コウノドリ2』視聴にお役立てください!

なお、こちらの記事はユーザーボイス記事となります。

ドラまる
ユーザーボイス記事って何?
ラマちゃん
DRAMAP読者さんからいただいた展開予想や感想をまとめた記事よ。

ドラマの解釈や楽しみ方は人それぞれ☆

読者さんの声をご紹介することで、新たな発見をしてもらえたら、うれしいわ!

スポンサーリンク

『コウノドリ2』見逃し動画をお得に見る方法は?

1週間以上経過した回を安全かつお得に見るおすすめのVOD(ビデオオンデマンド)サービスはU-NEXTです!

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『コウノドリ2』はポイントレンタル配信されているので、

登録時にもらえる600ポイントを使えば『コウノドリ2』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

『コウノドリ2』見逃し動画をお得に見る方法

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

ちなみに2015年放送の『コウノドリ1』は上記でご紹介したU-NEXTに加えて、Huluでも見放題配信されています。

ポイントレンタルなどの複雑な仕組みではなく、見放題扱いの作品というところがうれしいですね!

どちらのサービスも無料視聴期間が設定されており(Huluは2週間、U-NEXTは31日間)、期間内に解約をすれば料金は一切発生しません。

『コウノドリ』第1シーズンの内容を把握しつつ、第2シーズンも見るとより楽しめるのではないでしょうか?

ドラまる
U-NEXTとHuluどっちがおすすめかな?
ラマちゃん
『コウノドリ2』の見逃し配信もチェックしつつ、『コウノドリ1』を見たいという場合はU-NEXT一択!

ただ、Huluは日本テレビ系列のドラマや海外ドラマが充実というメリットがあったり、画面の使いやすさは人によって違うので、とりあえず2つの無料視聴を試してみて、使いやすい方を継続するという形もありかも。

その場合、無料期間中に見ない方は必ず解約してね!

U-NEXTで『コウノドリ1』を今すぐ視聴する方はこちら

Huluで『コウノドリ1』を今すぐ視聴する方はこちら

※紹介している情報は2017年11月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

※『コウノドリ2』最新話の見逃し動画は放送終了直後は配信がスタートしていない可能性がありますので、ご了承ください。

スポンサーリンク

2017年秋ドラマ『コウノドリ2』第5話のあらすじ

2017年11月10日(金)22時00分より放送のドラマ『コウノドリ2』第5話のあらすじをご紹介します。

サクラ(綾野剛)の元に診察に訪れた妊娠27週の妊婦、西山瑞希。

診断の結果、切迫早産の可能性があり急遽入院することに。

同じく切迫早産で入院している妊婦、七村ひかるの病室に小松(吉田羊)が瑞希を連れてくる。

同じ境遇の2人はすぐに意気投合し仲良くなるが、そんな中、瑞希の赤ちゃんに予測できなかった事態が…

白川(坂口健太郎)が見ているベビーは下屋(松岡茉優)が3日前に緊急帝王切開した超低出生体重児の翔太くん。

翔太くんは早期に手術の必要があるが、両親は帝王切開になった経緯に納得出来ず、今橋(大森南朋)に手術をしないと告げる。

赤ちゃんと一緒に生活していく家族のため、下屋はある行動を起こす─

公式サイトより引用)

スポンサーリンク

2017年秋ドラマ『コウノドリ2』第5話 放送前の期待度まとめ

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『コウノドリ2』第5話の見どころや期待度をご紹介いたします。

てつや
第5話では、長期入院の患者がテーマになるということですので、これまた辛い展開になりそうな予感がしますが、その分メッセージ性の強い回になりそうな気もしますので、そこは楽しみです。

切迫早産は、なんとなくその言葉を聞いたことがあるくらいで切迫早産についてよく知らないので、切迫早産がどういったものかについて知ることが出来そうという点も第5話の楽しみなポイントです。

また、西山とひかりがどう意気投合するかも楽しみにしています。

西山とひかりの意気投合が、第5話のテーマに繋がるのではないかと予想していますので、そのやり取りにも注目です。

ペンネーム:てつや(20代・男性)

ももちゃん
次回は、仲良くなったママさん達のお話で 2人は入院中?に仲良くなれたのに片方が死産(なのかな?)するお話だと予告で思いました。

私も現在 臨月なので、コウノドリは毎回泣きながら見ています。

そして毎回 「産まれてくるのは奇跡なんだ!」と感じるのですが 次回のお話は涙なしでは見られない気がします。

臨月だから!と言っても安心できないので、ドキドキしながら見ると思います。

次回からは、研修医のゴロウ君(宮沢氷魚)が新生児科にいくらしいので 下屋先生(松岡茉優)との掛け合いがなくなるのは寂しいな〜と感じます。

ペンネーム:ももちゃん(20代・女性)

たこりーな
今回の話で研修医の吾郎が研修期間が終わってしまいました。

このまま今回の話で消えるのか、これから新たな展開があり産科医になることになるのかそれが今回一番気になったところです。

また、コウノドリでは毎回の話に産婦人科の現状問題が必ず取り上げられています。

産婦人科で抱えている問題は他に何があるのか知りたいです。

そして次回予告では「予測できない事態」と述べられています。

サクラが謝る映像も流されていたので、一体何が起きたのか気になります。

この事件によってサクラの医師としての変化など今後の展開に変化があるかもしれないです。

ペンネーム:たこりーな(20代・女性)

そら
次回は、2人の妊婦さんが病院で友達となり違った運命に翻弄されていく物語です。

仲が良くなればお母さんとしても、安心です。

ですが2人が出会ったのは、病室だったのです。

2人の赤ちゃんの身に何か良くないことが起こります。2人の運命はどのような展開へとなるのか注目です。

楽しみなポイントとしては、4話で少しだけ成長が見られた研修医の赤西くんです。

四宮から期待されていたからこそ怒られたりしていたのだなとわかる内容になっていました。

次回からは赤西くんがNICUに移り研修の場所が変わるのでそこでの成長も見所であり注目したいポイントです。

ペンネーム:そら(20代・女性)

ai
切迫早産での長期入院。

妊娠27週で切迫早産と診断され、急遽入院することになります。

妊娠27週はまだまだ赤ちゃんが産まれてきては困る時期です。

十分にお腹の中で赤ちゃんを育てるため、安静にしないといけないのですが、これがまた大変なのです。

思い描いていた妊娠生活とはかけ離れた入院生活。

大部屋で、同じ境遇の妊婦さんに出会い、ともに励まし合い入院生活を送ります。

一方、下屋が帝王切開の手術をして生まれた超低出生体重児のご両親は、手術に納得していない様子。

赤ちゃんに手術が必要なのですが、拒んでいます。

さて、どうなることやら。

ペンネーム:ai(30代・女性)

NM
コウノドリ5話は、妊娠27週の妊婦さんが綾野剛さん演じるコウノトリ先生に「切迫早産です、入院しましょう」と、告げられます。

三人目の子供の出産する矢沢心さん演じる七村ひかりと同室になり、友情が芽生え始めて入院生活が明るく過ごせるようになります。

そこで何が起きるのかが楽しみです。

どんな風に、出産に繋がるのかが気になります。

一方、超低出生体重児の両親は、小腸閉鎖を引き起こした赤ちゃんへの、手術を望まない意志を示します。

何故、手術を望まないのかが気になります。

ちゃんと、手術をして、赤ちゃんが回復し家に早く帰れるようにしてあげてほしいです。

ペンネーム:NM(20代・女性)

ym0527
次回はママ友同士の出産のお話だそうなので、同じ月齢であってもそれぞれが抱える問題や悩みをどう乗り越えるのか、どんな家族のあり方が描かれるのかがとてもたのしみです!

出産は十人十色で一人一人違って当たり前であって、決して同じ妊婦、出産はない。

同じ月齢だから同じ発達と言うわけではない。正解もなければ模範解答もお手本もない出産という問題に対して、自分は自分でいい、比べるものではなく、比べても何もならない、とい事を具体的に前向きにたくさんの妊婦に伝えてくれるようなストーリーを期待します!

ハッピーエンドだけでないからこそコウノドリは人気なんだと思うので。

ペンネーム:ym0527(20代・女性)

みひ
4話で産科医の研修を終えた吾郎先生が新生児科でどのような気持ちで働くのか気になります。

四宮先生と同じ道を辿るのか…ぜひ産科医として戻ってきてほしいと思います。

ペンネーム:みひ(30代・女性)

2017年秋ドラマ『コウノドリ2』第5話 放送後の感想や評価まとめ

ももちゃん

『コウノドリ2』第5話のあらすじとネタバレ

今回は、28wで切迫早産の恐れがある患者さんのお話でした。

診察に来た時に子宮が開いて来てるので入院。同室になった患者さんとも仲良くなり、お互い励ましあっていました。

でも、30wに入った頃。エコー検診で赤ちゃんの心音が確認できないとの事。

1日待って四宮先生(星野源)とともに確認するもやっぱり確認は出来ませんでした。

翌日、バルーンを入れて陣痛を起こさせ出産することに。

死産でも、普通の出産と同じように陣痛からの出産になるのでお母さんにとってはとてもキツイものになりました。

赤ちゃんの死因は分からないまま、両親も解剖は望まず最後は3人の時間を過ごしました。

『コウノドリ2』第5話の感想

私も現在37wで、生産期に入り いつ産まれても大丈夫な時期になりました。

胎動が激しく、痛く感じる時もあるし 恥骨が痛むこともある。

夜中に足がつって苦しい時もあるけど、その1つ1つが当たり前じゃなくて 奇跡なんだ、と改めて思いました。

前回が余り…な回だったので 今回は本当にいいお話でした。

開始15分から最後まで泣きっぱなしで ティッシュを何枚使ったか分からない程です。

泣きながら 何度も何度もお腹をさすりながら胎動を確認しながら見ていました。

この回は、コウノドリでは1番考えさせられる回だったと思います。
ペンネーム:ももちゃん(20代・女性)

ギルちゃん

『コウノドリ2』第5話のあらすじとネタバレ

下屋先生が数日前に緊急帝王切開で未熟児で子供を産んだために子供に障害が残るかもしれず、それを受け入れられずに子供の手術を拒否しています。

それに悩む下野先生。

そして、コウノドリ先生の担当の西山さんは切迫早産の危険性の為に緊急入院。

共に切迫早産で緊急入院している同室のママと一緒に互いに励まし合いながら子供の誕生を心待ちにしています。

しかし、願いも虚しく西山さんの赤ちゃんはエコーにて心音が確認されず…。

原因不明の死産となってしまいます。

翌日には強制的に出産。コウノドリ先生は西山さんにしっかりと寄り添い、西山さんは徐々に死産の現実を受け入れていきます。

その様子を見た下野先生は自身が緊急帝王切開を行った家族に手紙を書き、自身なりの寄り添い方を見つけ出していきます。

『コウノドリ2』第5話の感想

今回は全てにおいて涙無くしては見ていられませんた。

切迫早産とはいえ入院して病院で安静にしていれば大丈夫だと思ってしまうもの。

それが原因も分からずに赤ちゃんの心音が止まってしまうことがあるなんて…。

しかも、死産の四分の一は原因不明だなんて、現実は残酷だと思います。

死産した子と向き合うにはどれほどの勇気が必要なんでしょうか…自分だったらきっと受け入れられない…。

しかも、周りには当然のように子供が生まれて幸せそうな様子でいるなんて耐えられないと思います。

何も知らずに赤ちゃんの様子を聞かれても気丈に振る舞う姿は見ていられませんでした。
ペンネーム:ギルちゃん(30代・女性)

miki

『コウノドリ2』第5話のあらすじとネタバレ

コウノトリ先生から突然、切迫早産で今から入院が必要との説明を受ける西山さん。

あまりにも突然で本人も自覚なしなので、驚いている様子。

大部屋に入り、七村さんと切迫早産仲間になり意気投合。

入院中、診察を受けた西山さんのお腹の赤ちゃん。

コウノトリ先生がエコーで確認するも、赤ちゃんの心拍が確認できず、お腹の中で亡くなってしまいます。

入院していたのになんで?

私が切迫早産だったから?

と、自分を責める西山さんにかける言葉がありません。

そして、西山さんは出産に挑みます。

頑張った先に赤ちゃんの元気な泣き声が聞こえるはずのLDR室なのに、赤ちゃんはなくなっているので泣きもしない。

なんとも悲しく耐えがたい出産でした。

『コウノドリ2』第5話の感想

自身も、切迫早産で3ヶ月の入院を経験しているので、他人事とは思えませんでした。

点滴と四六時中一緒。

それでも、赤ちゃんが一日でも長くお腹の中にいてくれるように耐えました。

そんなことを思い出しました。

入院中は、何かあったらすぐに看護士さんや先生がみてくれるという安心感がありましたが、今回は入院中でも予測できなかったまさかの赤ちゃんがお腹の中で死んでしまうということが起こり、本当にいたたまれない気持ちになりました。

そんな西山さんのことを考えると、点滴や入院くらい大したことないです。

西山さん、本当に残念で無念だったと思います。
ペンネーム:miki(30代・女性)

さきママ

『コウノドリ2』第5話のあらすじとネタバレ

切迫早産のため緊急入院した西山。

同室の七村とは意気投合し、無口ながらも優しく見守ってくれる旦那さんにも付き添ってもらいながら、明るく入院生活を送っていた。

しかしある日のエコー検診にて、お腹の中の赤ちゃんの心臓が止まっていることが判明する。

名前まで決めて出産を楽しみにしていた西山はショックを隠せない。

サクラも、原因が分からない中で、苦しい思いをしていた。

亡くなった赤ちゃんを出産した西山は、旦那さんや小松の優しい言葉で、生まれた赤ちゃんとの残された時間を大切にしようと思う。

そして、七村には真相を告げずに労いの言葉をかけて退院していく。

『コウノドリ2』第5話の感想

毎回のことですが、四宮先生の不器用な励ましが印象に残りました。

緊急帝王切開にて産まれた、低体重により手術が必要な赤ちゃんとその両親とのことで悩んでいた下屋先生に対して、慰めるわけではなく、叱咤するわけでもなく、ただ賞味期限切れのプリンを渡して、下屋先生に元気を取り戻して貰おうとしたところや、西山さんのことで落ち込んでいたサクラに声をかけて『明日は晴れそうだな』というたわいも無い会話をしてみたり、そんな不器用ながらも優しい四宮先生の行動に、見ているこちらとしては心が温かくなる感じがしました。

四宮先生の言動で救われている人は多いだろうと改めて感じた回でした。

ペンネーム:さきママ(20代・女性)

ファンディーナ

『コウノドリ2』第5話のあらすじとネタバレ

切迫早産になりかけて緊急入院することになった妊婦(瑞希)がいました。

相部屋になった妊婦(ひかる)と境遇が同じだった為二人は仲良くなりますが、そんな中瑞希の赤ちゃんが突然心拍が聞こえなくなり、子宮内で死亡しているこということが判明しました。

二人は別室となり、瑞希は陣痛誘発剤を使って陣痛を起こし赤ちゃんを出産することになります。

普通にお腹を痛めて、出産しますが赤ちゃんは青ざめていました。

助産師の小松から、「赤ちゃんはお母さんの戸籍に入れることができないので、なんでもやりたいことを今してあげてください。」と声をかけられます

。瑞希が退院手続きをしている中、出産が終わったと勘違いしているひかるに会います。

何も知らないひかるの発言に、瑞希は声を振り絞って「元気な赤ちゃんを産んでね」と声をかけて別れます。

その直後、ひかるは瑞希が死産だったことを知ることになります。

ひかるが無事出産を終え、退院したのち瑞希から、瑞希のお店で作ったプリンと「おめでとう」という手紙が届きました。

『コウノドリ2』第5話の感想

今回初めてドラマを見て、子宮内で赤ちゃんが死んでしまったとしても、普通の妊婦のように陣痛を起こして下から産むということを知りました。

出産している時や出産後に身体は出産したと思っておっぱいが張るけれど我が子にあげることができない気持ちなど、このお母さんの気持ちを考えたら、涙が止まりませんでした。

最後まで原因がわからないという点は最初は腑に落ちなかったけれど、実際はそういうことが多々あるんだろうと思い、そこがまたリアルでこのドラマが共感できる良いところだと思いました。

死産後、病室で仲良くなった妊婦に「元気な赤ちゃん産んでね」と声を振り絞って応援するところが感動しました。

ペンネーム:ファンディーナ(20代・女性)

kazu464

『コウノドリ2』第5話のあらすじとネタバレ

「コウノドリ」第5話 2017年11月10日放映

サクラの元に訪れた西山瑞希は切迫早産の可能性が有り急遽入院する事に成った。

ある日の診断の日、心音が聞こえないと言われる、直ぐに特別診療室?へ入る事に成る。

心音確認の為、四宮にも確認してもらうしかし心音が無かった。

直ぐ分娩が必要な事に成る、次の日分娩名前を「あかり」と決めていた。

助産婦の小松は今日だけは死産の「あかり」に何をしても良いよという。

夫は「あかり」を風呂へ入れようという、2人は幸せそうに「あかり」の体を洗ってやる。

次の日、正面玄関から退院、看護師達が死産の赤ん坊を正面玄関から?と言うが夫婦の希望だからとの答えで有った。

下谷が3日前緊急帝王切開した超低出生体重児の翔太君、内臓に疾患が有り直ぐ手術が必要で有った。

翔太君の両親(今橋)は緊急帝王切開の事を十分説明しなかったと手術を拒否していた。

下谷は謝り?の手紙を書く。

何日かおいて、今橋の奥さんが下谷に「手術の事を細かく教えて下さい」と言って訪ねて来る。

『コウノドリ2』第5話の感想

ブキッチョそうでヤクザみたいな瑞希の夫が「あかり」を風呂へ入れようと言う姿が、人は見た目では分からない雰囲気で印象的であった。

瑞希と同室に成っていた、ひかるが瑞希と会った時、無事出産と思って言って居る時と死産を知った途端豹変し嘆き悲しむ姿が哀れで有った。

下谷が3日前緊急帝王切開した超低出生体重児の翔太君の事で悩み、手紙書いている時、四宮が「僕だったら手紙を書かないな」という、しかし、手紙のお陰で今橋の奥さんが手術の方向へ…

手紙を書くのが良いのか?書かない方が良いのか?手紙の内容の問題だろうが、どちらの言い分も正解の様な気がした。
ペンネーム:kazu464(60代・男性)

かわさん

『コウノドリ2』第5話のあらすじとネタバレ

切迫流産で入院している七村さんの病室に、同じく切迫流産で西山さんが入院してくる。

仲良くなる二人だが、別の運命が待っている。

西山さんの赤ちゃんは、お腹の中で死産という悲しい運命が待っていた。

死産の原因が分からず悩む鴻鳥先生だか、分からず。

死んだ赤ちゃんを西山さんは普通のお産をして産むことに、悲しいシーンだか、いつものように、明るくはげまして、おめでとうと言い病院スタッフはお母さんに寄り添って行く。

その病院スタッフの優しい見守りもあり、西山さんは、死んだ赤ちゃんを、まるで生きて生まれた我が子のように、愛情を持って接しながら、だんだん、亡くなったことを受け止めて、退院して行く。

一方で、もう一人のお母さん七村さんは、西山さんの事実を知り悲しむが、陣痛が始まり、鴻鳥先生に、産んでいいですかと聞く、鴻鳥先生は、優しく励まし、無事に赤ちゃんが生まれる。

最後に、西山さんからおめでとうが届き、優しい雰囲気でドラマが終わる。

『コウノドリ2』第5話の感想

お腹の中で赤ちゃんが亡くなり、死んだ子を産むという悲しい話だか、鴻鳥先生や助産師の小松の優しさが非常に伝わり見ている方も優しい気持ちになる話でした。

特に、産んだあと赤ちゃんにしてあげたいことがあれば、何でもしてあげていいんだよという小松の言葉は、本当に優しさ溢れ印象的でした。

そして、強面顔で寡黙な西山さんの夫が、沐浴させたいと言い、悲しさの中でも、温かさが溢れるシーンで、感動的でした。

複線で流れていた早産で生まれた翔太くんの調子が悪く、両親は、諦めようとし、その緊急手術を判断した下屋は悩むが、鴻鳥先生のお母さんに寄り添う姿をを見て、下屋が、両親にお手紙を書き、両親が、手術に前向きになるシーンは、下屋の成長がうかがえ今後に期待できる展開だった。

ペンネーム:かわさん(20代・女性)

haru

『コウノドリ2』第5話のあらすじとネタバレ

切迫早産の可能性で突然2ヶ月以上の長い入院になった西山。同室部屋の七村とはとても気の合う入院仲間。

ある日エコー検査を受けた西山にさくら先生は異常を発見します。赤ちゃんの心拍がないのです。

赤ちゃんは胎内で死亡していました。

さくら先生は原因を探りますが全く理由もわからないまま死んでいる赤ちゃんを産むことになります。

また、下屋先生が以前緊急開産オペをした大森さんの赤ちゃんは早産の影響で動脈管開存症で手術が必要だが赤ちゃんの両親は障害が残る上現状を受けいられず手術を拒否している。

助けられる命を守るため白川と下屋が何ができるのか。

西山の死産を謝るこうのとり先生の姿を見て下屋は行動を起こす。

『コウノドリ2』第5話の感想

命の現場の厳しさを痛感した。病院の中でもおめでとうと言える産科だけに命が消えることがあまりにも辛すぎます。

自分と重ねると涙が止まらなく胸が締め付けられました。亡くなって生まれてきても抱きしめ沐浴を夫婦でさせてあげるシーンは現状を受け入れる事のできない母親にお別れの事実を知る大切な時間だったと思います。

助産師の小松はとても妊婦に寄り添いそして母親に寄り添い大切な仕事だと感じました。

こんな悲劇が産婦人科にあることわかっていましたが、周りから聞こえる赤ちゃんの泣き声、おめでとうの声がどんなに残酷なことか知りました。

そして自分の子が助かるかの性があるにもかかわらず受け入れられない母親の気持ちは当然のことだと私は責められませんでした。今後の為には親には時間がないといけないんです。

そのことをこのドラマを見て救われた方が沢山いると思います。
ペンネーム:haru(50代・女性)

まとめ

ドラまる
2017年秋ドラマ『コウノドリ2』第5話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
6話以降も随時最新情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コウノドリ2あらすじネタバレと感想まとめはこちら

『コウノドリ2』視聴率一覧はこちら

『コウノドリ2』見逃し動画をお得に見る方法

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

『コウノドリ1』全話をHuluで無料視聴する方はこちら

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA