【コウノドリ2】3話の見逃し動画配信を無料で見る方法!感想も

  • この記事を書いた人:DRAMAP編集部

2017年10月27日(金)22時00分より放送のドラマ『コウノドリ2』第3話の感想やあらすじをご紹介していきます。

放送前は第3話の期待度や気になる見どころ、放送後は感想や評価を順次アップしていきます。

リアルタイムでの放送を見逃してしまった…という方のために、見逃し動画を無料で見る方法もお届けしますので、ドラマ『コウノドリ2』視聴にお役立てください!

なお、こちらの記事はユーザーボイス記事となります。

ドラまる
ユーザーボイス記事って何?
ラマちゃん
DRAMAP読者さんからいただいた展開予想や感想をまとめた記事よ。

ドラマの解釈や楽しみ方は人それぞれ☆

読者さんの声をご紹介することで、新たな発見をしてもらえたら、うれしいわ!

スポンサーリンク

『コウノドリ2』見逃し動画をお得に見る方法は?

1週間以上経過した回を安全かつお得に見るおすすめのVOD(ビデオオンデマンド)サービスはU-NEXTです!

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『コウノドリ2』はポイントレンタル配信されているので、

登録時にもらえる600ポイントを使えば『コウノドリ2』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

『コウノドリ2』見逃し動画をお得に見る方法

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

ちなみに2015年放送の『コウノドリ1』は上記でご紹介したU-NEXTに加えて、Huluでも見放題配信されています。

ポイントレンタルなどの複雑な仕組みではなく、見放題扱いの作品というところがうれしいですね!

どちらのサービスも無料視聴期間が設定されており(Huluは2週間、U-NEXTは31日間)、期間内に解約をすれば料金は一切発生しません。

『コウノドリ』第1シーズンの内容を把握しつつ、第2シーズンも見るとより楽しめるのではないでしょうか?

ドラまる
U-NEXTとHuluどっちがおすすめかな?
ラマちゃん
『コウノドリ2』の見逃し配信もチェックしつつ、『コウノドリ1』を見たいという場合はU-NEXT一択!

ただ、Huluは日本テレビ系列のドラマや海外ドラマが充実というメリットがあったり、画面の使いやすさは人によって違うので、とりあえず2つの無料視聴を試してみて、使いやすい方を継続するという形もありかも。

その場合、無料期間中に見ない方は必ず解約してね!

U-NEXTで『コウノドリ1』を今すぐ視聴する方はこちら

Huluで『コウノドリ1』を今すぐ視聴する方はこちら

※紹介している情報は2017年10月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

※『コウノドリ2』最新話の見逃し動画は放送終了直後は配信がスタートしていない可能性がありますので、ご了承ください。

スポンサーリンク

2017年秋ドラマ『コウノドリ2』第3話のあらすじ

2017年10月27日(金)22時00分より放送のドラマ『コウノドリ2』第3話のあらすじをご紹介します。

サクラ(綾野剛)の健診を受ける妊娠36週の妊婦・山崎麗子(川栄李奈)。

素直な性格の麗子は、親や友人に言われた迷信をすぐに聞き入れてしまい、いつもサクラを困らせていた。この日、心臓病を抱える麗子に心臓への負担を考え、サクラは無痛分娩を提案するが、それに対しても麗子は周りの意見に左右されてしまい…

一方、無事に出産を終えたキャリアウーマンの妊婦、佐野彩加(高橋メアリージュン)は、生後2ヶ月半を迎える赤ちゃん・みなみの心室中隔欠損の診察の為、新生児科を訪れていた。診察している間も、みなみの顔を見ずに自分の仕事復帰の話をする彩加を見て白川(坂口健太郎)は違和感を感じていた。

さらに、サクラと小松(吉田羊)は偶然、診察のあとの彩加と出くわす。そこでも泣いているみなみをあやす事なく歩く彩加。その姿に、サクラはある妊婦の姿を重ね合わせていた。

そんな中、みなみを預ける保育園が見つからず、思いつめた彩加は、赤ちゃんを病院の受付に残したまま姿を消す───。

公式サイトより引用)

スポンサーリンク

2017年秋ドラマ『コウノドリ2』第3話 放送前の期待度まとめ

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『コウノドリ2』第3話の見どころや期待度をご紹介いたします。

まる
無事に出産はできたものの心臓の手術を行わなければいけない赤ちゃんと一緒に退院の日が迫っている高橋メアリージュンさんが、思い悩んでいる様子が、とても辛そうに見えます。

夫のナオトインティライミさんは、以前より理解を示してくれるようになったかと思っていましたが、やはり男性にはわかりづらいのかなとも思います。

そして、夫婦ともにヤンキー風の若い夫婦は、無痛分娩で出産する予定を変更しようとするのですが、「友達から聞いたから」とイマドキの若い子にありがちなのかもしれませんが、ネットなどの情報を鵜呑みにして、自分で考えることをしていないように見えます。

二組の夫婦がどうなるのか、楽しみです。

ペンネーム:まる(30代・女性)

かりんとう
心臓に病気を抱えた赤ちゃんを持つお母さんが心配です。

助産師さんには大丈夫、と強がっていますが本当は限界なんだろうと思います。

それが病院での自殺騒動になるのかなと思いました。

鴻鳥先生がどのようにそのお母さんを救って子供に愛情を注げるお母さんに成長させてくれるのか期待しています。

あとは、仕事一筋で復帰のことしか考えていないお母さんが改心し、子供の病気のことや子育てについてきちんと考えて、仕事優先ではなく子供、子育て優先のお母さんに最終回までになってほしいなと思って楽しみにしています。

耳の不自由な夫婦の元に生まれた赤ちゃんのその後も気になるのでちょこちょこ出して欲しいなと思います。

ペンネーム:かりんとう(20代・女性)

ももちゃん
高橋メアリージュンさんの産後うつのお話がとても心配です。

産後うつは誰にでも起こりうる事だし、旦那さんが手助けしてくれるか、頼れる人がいるかが重要だと思うし、産後うつになったら旦那さんが気にかけてくれたら 少しでも楽になれるのかな?と思います。

それと 今話題になっている無痛分娩のお話もあるので そこは興味深いです。

賛否両論ある出産方法だし、次の回を見てまた考えが変わったりするのかな?と思います。

無痛分娩は、自分が楽になる為だ!とか帝王切開は 母親の自覚が足りない!などの意見を見ると 出産に楽はないのでは?と思うのが私の考えなので、次の回が楽しみです。

ペンネーム:ももちゃん(20代・女性)

Neko
来週は、ビルの屋上からベビーカーに乗せた赤ん坊を置き去りにしながら、飛び降りをしようとしている母親のシーンから始まります。そしてそこに、「先生」が駆けてきて・・・

私は、次週は、寸でのところで飛び降りに間に合って、お母さんの命を助けられる回になるのではないか、と思っています。

幼い子供を置いて飛び降りようとする母親の心理は、たぶんギリギリのところまで追い込まれているのだと思います。

なので、母親がどういった心理状態なのか、どのようなストレスを抱えているのか、お母さんが抱える問題とは、そういった母親の心理面のサポートをする話がメインになっていくのではないかと思います。

ペンネーム:Neko(30代・女性)

なーちゃん
次回は、産後うつになっていた方の話なので気になります。

まだ、産後うつなど理解も少ない世の中なので、このドラマを見て理解してくれる方々が増えることを願ってます。

産後うつになっていた方が、飛び降りようとしてコウノドリ先生が助けに行くシーンで終わったのですが、本当に助かってほしいです。

産後うつは、私もなって精神科に通っているので気持ちがわかります。

来週は、涙が止まらないんだろうなと思っています。

私も同じで、産婦人科では大丈夫です、問題ないですと答えてきたので、産後うつになった方は産後うつとバレたくないんでしょうね。

ペンネーム:なーちゃん(20代・女性)

みーたん
第1話に出てきた妊婦さんが出産し、2話で登場したときに疲れている感じがしていた。

やっぱり育児ノイローゼなのかなと思った。

ノイローゼ気味のママと怒鳴ったりしてあまり育児に協力していない感じのパパ。

病院の屋上に立っていたけど、死なないで、ママとパパが一緒に育児をしてくれればいいなと思ってます。

そして、無痛分娩。最近ニュースでよく出て来る。

無痛分娩でもちゃんとした出産です。痛みがなくても出産はとてもすごいことです。

四ノ宮先生と女の人が今後どんな感じになっていくのかもとても気になります。

また、四ノ宮先生の私服もこれからたくさん出てくるのかなと思ってます。

ペンネーム:みーたん(30代・女性)

2017年秋ドラマ『コウノドリ2』第3話 放送後の感想や評価まとめ

えーりー

『コウノドリ2』のあらすじとネタバレ

第3話目は1話目で出産した方の産後うつと、心疾患を持病としてもっている若い女性の無痛分娩の話です。

産後うつは今、とても多い精神疾患で、なかなか気づかれない事も多いようです。

仕事のキャリアを守りたくて出産後にすぐ職場復帰することばかり考えてしまい、育児に集中できず、預ける保育園も見つからず、どんどん精神的に追い込まれていきます。

そしてついに命を断つことを考えてしまいますが四宮先生の説得で止める事ができました。

無痛分娩の夫婦は色んな迷信を吹き込まれたりしてしまい、自然分娩で産みたいと言い始めますが、先生の説得で無事無痛分娩で出産を終える事ができました。

『コウノドリ2』の感想

私自身も先日出産を終えたので、1話1話とても身近に感じています。

本当に出産には1人1人物語があり誰1人と同じ出産はないと思います。

産後うつは特に紙一重で、産前全く症状がなかった人でもかかる可能性があります。

そしてお母さん本人も自分は大丈夫と思い、自分が産後うつになるわけないと思っているとおもいます。

真面目な人ほど周りに頼ることが出来ずに、1人で抱えこんでしまう傾向があるかもしれません。また親や知り合いに言われる些細な言葉でも傷ついてしまうので産後はみなさん繊細になっている方が多いと思います。

自分自身も考えさせられる3話でした。

ペンネーム:えーりー(30代・女性)

まあこ

『コウノドリ2』のあらすじとネタバレ

心臓に病気を抱える36週で、出産間近の妊婦・山崎麗子(川栄李奈)に対して、サクラ(綾野剛)は、心臓への負担を考慮して、無痛分娩を勧める。

しかし、周りの意見に左右されやすい麗子は、無痛分娩に対してあまり良いイメージを持っていなく、「痛い思いをしてこその出産だ」という風潮に流されてしまっている。

一方で、1話目から登場している佐野彩加(高橋メアリージュン)は、早く仕事に復帰したいと話すばかりで、2ヶ月半になる娘のみなみが泣いていても世話をみようとしない。

そんな様子を見て、産後うつではないかと四宮(星野源)は異変を感じる。

彩香はみなみを残して場を去ってしまう。

『コウノドリ2』の感想

今までの、出産の感動を伝えるストーリーばかりではなく、産後に母が子どもと向き合っていかなければならないこと、赤ちゃんとお母さんの組み合わせがいくつもあるように、出産も人それぞれで、それにかける思いや、その後どのようにして母としてやっていくのか、ということを考えさせられる。

最近日本でもだいぶ普及してきた無痛分娩などがテーマになっていて、今の出産事情をよく理解している構成だな、と感じた。

また、産後誰もがなり得る産後うつについて、女性側の理解はあっても、知らない男性が多いと思うので、ドラマがきっかけで少しでも知っている人が増えたらいいと思った。

ペンネーム:まあこ(20代・女性)

トモママ

『コウノドリ2』のあらすじとネタバレ

今回のテーマは無痛分娩と産後うつ。

登場するのは心臓に病気があるため無痛分娩で出産することになった山崎麗子。

素直で明るい性格だが、素直がゆえに、周りの意見や迷信に振り回されてしまう。

火事を見たら赤ちゃんの顔に痣ができる、お腹が前にせり出していたら男の子、など妊娠にまつわる迷信は多くある。

数々の迷信や、周りの根拠のない意見を乗り越え、無事出産できるのか?!

もう一人は第1話から登場しているキャリアウーマンの佐野彩加。

早く仕事に戻りたいと焦る気持ちに反して、決まらない保育園、子どもの病気、自分の母親や会社の後輩から言葉、泣き止まない子ども。

診察中も赤ちゃんの顔を見ない彩加。そんな姿にある妊婦の姿を重ねるサクラ。

どんどん追い詰められていく彩加がとった行動は!?

『コウノドリ2』の感想

妊娠にまつわる迷信って本当にたくさんあります。

この医療が進歩した現代日本でまだそんなこというか?!って内容ですよ。

でもそれを自分の母親や身内が言ったりするんですよね。

振り回されてしまう麗子の気持ちもわかります。

彩加に関しては今回も四ノ宮先生の名言出ました。

「夫婦だからって二人で一つになんかなれない。人間は死ぬまで一人だよ。たとえ夫婦でも別々の人間だからこそお互いを尊重しあえる。それではじめて助け合えるんだ。」

ウンウンと頷きながら見てました。

今橋先生のセリフの「子どもにばかり目が行きがちですけど、お母さんはだれにも頑張ったねとほめてもらえない。」

という言葉。

本当にそうなんですよね。

育児頑張ってるお母さんのことももっと褒めて欲しい。

今回も子を持つ母親としてわかるーーーー!!って内容ばかりでした。

ペンネーム:トモママ(30代・女性)

mama

『コウノドリ2』のあらすじとネタバレ

第3話は前回の話から出てきている 心臓に疾患をもつ赤ちゃんの母の その後についてと、無痛分娩についてでした。

まずは、産後うつの事ですが、赤ちゃんがずっと泣いていても何もしない、母親が描かれてます。

自分はダメな母親で、誰からも必要とされない辛く産後うつになり、自殺を考えて、とゆーストーリーでした。

もう一つは、無痛分娩について。

妊婦の母に、心臓の病気があるため、無痛を進める先生に対して、周りの意見などに振り回され自然分娩で産みたいという、妊婦さんが 最後は 先生の言うとおり 無痛分娩で産むとゆー物語です。

『コウノドリ2』の感想

産後うつ。
わたしも、一人産んでまして、二人目を1月出産予定なのですが、産後うつ。

一人目を産んだ時になりかけました。

同じような感じで、産後 いきなり はじめての育児や、寝不足に悩まされ、産後の 抜け毛や、股の痛みに、精神的にボロボロでした。

コウノトリ先生が言うように、赤ちゃんが0歳、母も0歳それが大切だと思います。

できなくて、当たり前です。

母は、誰からも頑張ったねと言ってもらえないとゆー言葉がありましたが、その通りですね。

でも、赤ちゃんには、届いてます。

愛情が。

周りに頼りながら、育児していくべきだと思いました。

リアルな産後の状態などかかれていてとても、共感し、納得させられた話でした。

ペンネーム:mama(30代・女性)

タコリーナ

『コウノドリ2』のあらすじとネタバレ

第3話の話は「無痛分娩」と「産後うつ」の2本立てでした。

まず無痛分娩とはその名の通り、おなかの痛みを和らげて産む方法です。

今回の話では心臓の治療をしたあとの妊婦さんが登場して、心臓への負担を軽減するために無痛分娩で産むことをサクラが進めました。

しかし無痛分娩が本当に良い方法か最後の最後に妊婦の麗子さんが迷いました。

それは友人からのささやきであったり、いろんな意見に戸惑わされたからです。それを聞いてすかさずサクラが、友人のでたらめなうわさより医者の自分の意見を信じるようにと言って無痛分娩をすることになりました。

2つめの産後うつの話です。

前回の最後の方に少し予告じみたところが映っていました。

出産を終えた佐野さんは産後うつになっていました。本人は気づいていません。

助産師の小松は心配しました。そして佐野さんに連絡先を渡してしまったのです。それを見かけた部長の今橋は注意しました。

産後うつの可能性のある人をどうすべきか?深入りしすぎは問題。しかし何もしないと自殺に追い込まれるかもしれない。

産後うつの大変さと産後うつについて考えなければならない医師たちも大変さを表していました。

『コウノドリ2』の感想

今回は産後うつの話がとても衝撃的でした。

産後うつは発症していても、発症している証拠をしっかり示すことができません。

今回の話も母親の佐野さんは助産師など周りの人には「大丈夫」と言い通してきました。

産後うつの可能性を調べるアンケートでも発症を示す点数は満たしていませんでした。

しかし実際佐野さんは産後うつでした。佐野さん自身も気づいていませんでした。

医者たちも佐野さんを救いたいと思う気持ちがあるものの助けることができないという状況となっていました。

佐野さんもまたどうして自分がこんな状態になっているのか悩んでいる状態でした。

お互いに対処が大変だと思いました。

さらに産後うつは出産を終えるとホルモンバランスが崩れるので誰にでも起こりうるということがまた怖いと思いました。

ペンネーム:タコリーナ(20代・女性)

こうママ

『コウノドリ2』のあらすじとネタバレ

コウノドリ第3話では第1話から伏線で描かれていた、さくら先生がいつも気にしている手紙について話されることとなります。

さくら先生が手にしていた手紙は産後うつになり自殺をし亡くなってしまった母親からのものだったのでした。

出産を終え早く仕事復帰がしたかった高橋メアリージュンさん演じる佐野彩加さんは赤ちゃんに心室中隔欠損が見つかった事や保育園に空きが無い事などもあり予定していたように復帰がうまくいきません。佐野さんのご主人も仕事が忙しく出張ばかりでイクメンと職場で言われつつも子育てはお手伝い感覚で父親として主体的には動けていない様子。

周りからの些細な発言が発端となり佐野さんは自殺を図りますが産後うつでの自殺を繰り返したくないさくら先生達により佐野さんは助かる事ができるのでした。

『コウノドリ2』の感想

コウノドリ第三話は産後うつの母親の話と周りからの迷信に振り回される妊婦さんの話で、大変共感の強い回でした。

悪意なく吹き込まれる情報の厄介さにはみなわかってはいるのですが、その深刻さを深く考えていない人は多いと思います。

分かりやすく情報の厄介さと危険性について描かれていた今回の放送で情報リテラシーの大切さを再認識することができました。

第一話から放送されていた産後うつの佐野さんの様子に勝手に毎回心配していたのですが今回佐野さんが心療内科に通われる決断をされほっと安心しました。

最後に『みんな出産・育児を美化しすぎ』というソーシャルワーカーさんの発言に大納得な回でした。

ペンネーム:こうママ(30代・女性)

まとめ

ドラまる
2017年秋ドラマ『コウノドリ2』第3話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
4話以降も随時最新情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コウノドリ2あらすじネタバレと感想まとめはこちら

『コウノドリ2』視聴率一覧はこちら

『コウノドリ2』見逃し動画をお得に見る方法

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

『コウノドリ1』全話をHuluで無料視聴する方はこちら

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA