コウノドリ2話の見逃し動画無料視聴方法!ドラマあらすじと感想も

  • この記事を書いた人:DRAMAP編集部

2017年10月20日(金)22時00分より放送のドラマ『コウノドリ2』第2話の感想やあらすじをご紹介していきます。

放送前は第2話の期待度や気になる見どころ、放送後は感想や評価を順次アップしていきます。

リアルタイムでの放送を見逃してしまった…という方のために、見逃し動画を無料で見る方法もお届けしますので、ドラマ『コウノドリ2』視聴にお役立てください!

なお、こちらの記事はユーザーボイス記事となります。

ドラまる
ユーザーボイス記事って何?
ラマちゃん
DRAMAP読者さんからいただいた展開予想や感想をまとめた記事よ。

ドラマの解釈や楽しみ方は人それぞれ☆

読者さんの声をご紹介することで、新たな発見をしてもらえたら、うれしいわ!

『コウノドリ2』見逃し動画をお得に見る方法

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

スポンサーリンク

2017年秋ドラマ『コウノドリ2』第2話のあらすじ

2017年10月20日(金)22時00分より放送のドラマ『コウノドリ2』第2話のあらすじをご紹介します。

ある日、診察に来た妊娠19週の妊婦・佐和子(土村芳)は、サクラ(綾野剛)に子宮頸部腺がんと診断される。

がんの進行が早く、まだ完全に佐和子のお腹の中で育っていない赤ちゃんをどの段階まで成長させるか、佐和子の治療をどこまで遅らせるのか、非常にシビアな決断が久保夫婦に迫る。

今回のがん手術で子宮が全摘出されると聞いた佐和子は、最初で最後のチャンスと知りどうしてもお腹の赤ちゃんを産みたい気持ちが高まる。

けれど、がんの進行は待ってくれない。産科医のサクラ、四宮(星野源)、下屋(松岡茉優)、新生児科の今橋(大森南朋)、白川(坂口健太郎)、それぞれの意見は対立し、緊張が走る。

果たして久保夫婦2人が出す決断とは──

公式サイトより引用)

スポンサーリンク

2017年秋ドラマ『コウノドリ2』第2話 放送前の期待度まとめ

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『コウノドリ2』第2話の見どころや期待度をご紹介いたします。

マザー4
『コウノドリ2』第2話は、子宮頸がんの検査に引っかかった妊婦さんのお話で、母体を優先させるか赤ちゃんを産んでから治療を始めるのかの選択を迫られる回だと思います。

出産まで治療ができないと、癌は進行してしまうし、中絶して手術したとしても今度は二度と赤ちゃんと会えなくなってしまうとても難しい選択だと思います。

一話の最後の方で研修医の赤西先生が加わり、漫画とは違い産科医になりたくないと言っていたのでこれからの動向がすごい気になります。

四宮先生にお久しぶりですと最後挨拶されてた患者さんも2話に出てくるのかどうかも予告では出てなかったように思ったので、どんな患者さんなのかとても楽しみです。

ペンネーム:マザー4(30代・女性)

てつや
『コウノドリ2』第2話では、子宮頸部腺がんということが判明した妊婦の佐和子の話が中心に描かれていくようですので、これまた重いテーマですが、失われてしまうかもしれない命とこれから産まれてくる命をどう救っていくかが楽しみなポイントです。

公式サイトのあらすじを読むと、佐和子(土村芳)の癌の進行が早いようですから、佐和子と赤ちゃんのどちらも救うために鴻鳥が葛藤しながら救う方法を模索する姿が丁寧に描かれていくのではないかと予想します。

そして、そんな厳しい現実を突き付けられた佐和子やそれを目の当たりにした鴻鳥ら産婦人科の医者達がどう受け止めるかにも注目したいです。

ペンネーム:てつや(20代・女性)

KURAO
『コウノドリ2』2話は、やはり普通に出産できる人ばかりではなく、問題を抱えた妊婦さんが現れます。

おなかの赤ちゃんは元気に育っているのに、お母さんの子宮に癌が見つかる。

想像もできない絶望と恐怖、不安…。

この妊娠が、最初で最後の出産のチャンス。

ですが、予告では赤ちゃんとお母さんの命をめぐり、コウノドリ先生と四宮先生の意見がぶつかります。

どちらの意見も正しいから、見ていて辛そうです。

癌に負けない、と強く伝えたお母さんの目は、自分も赤ちゃんも生きるという決意でしょうか。

ハッピーな笑顔で退院できるとよいなと思います。

そして、初登場、新人の赤西先生。

登場の仕方も、あいさつも悪くなかったのに、“ジュニア”なうえに、産科医になるつもりがない。

ガッカリしましたが、ここから、悲しみも奇跡も見て行く中で、変わっていってほしいです。

ペンネーム:KURAO(30代・女性)

リリィ
『コウノドリ2』第2話は子宮頸部線ガンであると申告を受ける妊婦さんの話です。

その妊婦さんは妊娠19週目で自分自身がガンだという残酷な申告を受けるのです。

子宮を摘出するか、お腹の中の赤ちゃんの成長をどこまで待つのかという酷な決断を迫られるというところで、彼女はどういった決断をするのか気になります。

きっと1番怖くて不安なのは妊婦さんです。だから、夫や産婦人科医の方々の接し方が結構大切になるのではないかと思います。

次の話は、赤ちゃんと母体の生死にも関わりかねないと思うのでとてもハラハラします。私はきっと赤ちゃんを産むことにすると予想します。

ペンネーム:リリィ(20代・女性)

ももちゃん
研修医の子(宮沢氷魚)くんが、産科にはなるつもりはない!と言っていましたが、鴻鳥先生(綾野剛)や四宮先生(星野源)を見て気持ちが変わって、産科になるために一生懸命になったらな〜と思いました。

耳の聞こえない夫婦の時に活躍していたから、産科にならないのは勿体無い!!

そして妊娠中にガンが見つかったお母さんのお話では、手術で早産でもいいので、母子ともに健康で無事に産まれてきてほしいと思いました。

四宮先生と研修医くんは、色々と衝突があるとは思いますが 何かといいパートナーにならないかな?と期待しています。

ペンネーム:ももちゃん(20代・女性)

ひよ
次回は子宮頸がんにかかった妊婦の出産が描かれるようです。

場合によっては母親の命にもかかわるし、子供にも影響することです。このドラマは、奇跡的にみんなが元気に助かりました。とはいかず、現実的なことが突き付けられるドラマなので、その点でもこの赤ちゃんが元気に生まれてくるのか、お母さんは助かるのか。

悲劇的なことになった時、サクラは、どうフォローするのかなどいろいろと見どころがたくさんあります。

そして、1話の最後にちょっと険悪な感じになった四宮先生と研修医の関係性も気になります。

このドラマは、産婦人科医だけでなく、子供が生まれてからの小児科医について描かれているので、それぞれの立場で話し合うシーンも見どころです。

ペンネーム:ひよ(50代・女性)

みかん
予告で、妊娠経過は順調の妊婦さんにガンが見つかっていたので、『コウノドリ2』第2話では、赤ちゃんの命か、母親の命かを考えさせられる内容になっていると思います。

母親は産みたいと言っていたので、出産を選択するのだと思いますが、その後の経過が気になります。

またベイビーのピアノも、今回久々に聞いて和みましたので、第2話でも素敵なピアノの音色を聞かせてほしいと思います。

研修医も産婦人科の医者になるつもりはないときっぱり言っていましたが、現場に立ち会って幸せな瞬間にたくさん出会うことで、少しずつ変わっていってほしいです。

ペンネーム:みかん(30代・女性)

CK
出産を機に、自分自身の子宮頚がんが発見されてしまうという妊婦さんが予告編に出ていました。

きっと、彼女は、自分の命を優先するのか、それとも赤ちゃんの命を優先するのかの選択を迫られるはずです。

つまり、赤ちゃんを諦めてがんの治療に専念するのか、それとも出産後までがんの治療を遅らせるのかという究極の選択です。

予告編を見る限りでは、おそらくこの妊婦さんは、母親として赤ちゃんの命を優先する事を選ぶでしょう。

でも、親や夫の感情も関係してくるので、この選択は様々な問題を引き起こすはずです。

『コウノドリ2』第2話は母親の強さを知る、目が離せないストーリー展開になる事間違いなしです。

ペンネーム:CK(30代・女性)

スポンサーリンク

2017年秋ドラマ『コウノドリ2』第2話 放送後の感想や評価まとめ

まる

『コウノドリ2』第2話のあらすじネタバレ

綾野剛さんが診察した妊婦さんを検査すると、子宮頸部腺がんが見つかりました。

この子宮頸部腺がんは、進行が早いため、赤ちゃんをお腹の中でいつまで成長させられるのか?

妊婦さんの子宮頸部腺がんの治療をどこまで遅らせることができるのか?ということについて、夫婦は厳しい選択を迫られます。

奥さんは「離婚しても良い」と言うし、旦那さんは「子供より、奥さんの身体のほうが大事」と言い、夫婦は相当、深く考えることになりました。

でも、どうしても、子供は産みたいという奥さんの気持ちを尊重して、夫婦と子供にとって最善の方法を模索します。

『コウノドリ2』第2話の感想

この数年は、若い女性でも、子宮がん検診や乳がん検診を受ける人が増えてきたとは思いますが、実際に、このように妊娠して、がんが見つかる、という妊婦さんが増えてきているのではないかと思います。

こんな時に、福士誠治さんのように、夫が一緒に将来のこともちゃんと考えて、支えてくれると心強いだろうなと思いました。とは言え、産むのは女性なので、どんな選択をしても、後悔しないと心に決めていたとしても、何かあるたびに(この選択で良かったのか?)と考えることがありそうで、自分ならどんな選択をするだろうと考えさせられました。

ペンネーム:まる(30代・女性)

かりんとう

『コウノドリ2』第2話のあらすじネタバレ

子宮頸がんが発覚した妊婦さん。

母体優先で子供を堕ろして治療に専念するか、治療を先伸ばしにして通常よりも早く子供を出産するかどちらにするか選択を迫られます。

ただし、子供を堕ろしても堕ろさなくても子宮全摘出はしなければなりません。

子宮を全て取るのであれは最初で最後の妊娠となるので子供を産みたい奥さんと、子供よりも奥さんの命が大事な旦那さんは悩みます。

そして、奥さんの治療のために鴻鳥は小児科医が勧める妊娠32週の出産ではなく28週での出産を勧めます。

28週で生まれた赤ちゃんの体重は1500g以下で障害が出る可能性もあると言われ悩む夫婦。

それでも鴻鳥を信じて28週での出産を決意します。

『コウノドリ2』第2話の感想

母親の命を優先するのか、子供を産むことを優先するのか、とても簡単には決められない問題だと思います。

子供なんて居なくてもいい、さわこ(奥さん)だけ居てくれればという旦那さんに思わずキュンとしてしまいました。

ですが、自分がもし子供を産むか自分の命を優先するか、そしてこの妊娠が最初で最後の妊娠だとしたら旦那さんが止めてでも産むだろうなと思います。

テーマが子宮頸がんがワクチンの話も出ていましたが、ワクチンには副作用もあるので受けるのはなかなか難しい、でも子宮頸がんになってこんな思いをする女性を減らしたい。

女性にとって大事な臓器だからこそすごく考えさせられた回でした。

ペンネーム:かりんとう(20代・女性)

ももちゃん

『コウノドリ2』第2話のあらすじネタバレ

今回は、お母さんに子宮ガンが見つかり、赤ちゃんを取るか、諦めるかの究極な選択をするお話でした。

お母さんは、子供を産んで自分は…。という選択。

お父さんは、妻が大事だから子供は諦めて子宮を全摘しても構わない。

という選択でした。コウノドリ先生達の話し合いで28週で帝王切開し、その後子宮を取る手術の提案が出されましたが、お母さんは28wでお腹の外に出す不安でいっぱいです。

でも26wで産まれた赤ちゃんとお母さんにあって勇気を貰い手術を決断。

無事成功し、赤ちゃんもお母さんも元気でした。28週という早期出産がいかに大変か、子宮の検査が必要かが分かる回でした。

『コウノドリ2』第2話の感想

私も現在、妊娠34週なので もし今、自分に病気が見つかり赤ちゃんを取るか、自分を取るかを選べと言われたら、すぐには決断出来ないし、悩みに悩んで 赤ちゃんを取るのかな?と思いました。

お腹の中の1週間は、とても大きいものなので出来るのであれば、自分の身を削っても赤ちゃんを最後まで育ててあげたい。と思いました。

でも26週で産まれた赤ちゃんを見た時に、あんなに小さいのに 頑張って生きて ミルクもたくさんのんで 凄いなんとも言えない感動に包まれました。

コウノドリは、他の医療ドラマと違って泣かせようとするのではなく自然に感情移入して、泣けるのでとても好きなドラマです。

ペンネーム:ももちゃん(20代・女性)

Neko

『コウノドリ2』第2話のあらすじネタバレ

妊娠した若い夫婦。妊娠19週で子宮頸管にガン細胞が見つかり…というところから話は始まります。

一度、手術で腫瘍を摘出しますが、思った以上に進行が早く、子宮全摘出をしなければならないという、これから妊娠を望む若い女性にとってはとても辛い選択を奥さんは迫られます。

「おかあさん」の命を優先するか、「こども(赤ちゃん)」の命を優先するか。選択を迫られる夫婦。

「俺は、子供を産んでもらうために君の結婚したんじゃない」「子供が産めるか産めないかで価値なんて決まらない」と言う夫に対し、離婚もやむを得ないと考える妻の気持ちが、見ていてとても辛くなる回でした。

『コウノドリ2』第2話の感想

なぜか強く感情移入をしてしまう、終始涙が止まらないお話でした。

自分の命よりも、お腹に宿った確かな命の存在、重みを感じ、赤ちゃんを第一優先に考えたいと思う奥さん。

赤ちゃんも大事だけれど、子供は欲しいけれど、それ以上に、奥さんのことが大切で、大事にしていて、愛しているのが伝わってくる旦那さんの言葉の数々。見ていて、自然と涙が溢れてきました。

一番はじめ、ガン細胞が見つかったと告知された場面は、「まさか、命を授かったこのタイミングの自分の身」にそのようなことが起こるとは思ってもみなかったのだろうと想像ができるあのワンシーンは、母親の気持ちが痛いほど伝わってきて悲しかったです。

どうすれば赤ちゃんも、お母さんも、健康な状態で出産させることができるか。

それを懸命に考える医療人たちの姿にも胸を打たれました。

ペンネーム:Neko(30代・女性)

なーちゃん

『コウノドリ2』第2話のあらすじネタバレ

子宮頸がんになった夫婦の話でした。

妊娠中に子宮頸がんが分かり、赤ちゃんを諦めて治療に専念するかの選択をまず決めなければいけませんでした。

奥さんの方は赤ちゃんを優先し、妊娠継続希望でしたが、ご主人は赤ちゃんを諦めて治療しようと言っていました。

子宮頸がんは、かなり進行しており、子宮全摘と言われました。

ご主人と奥さんは話し合い、赤ちゃんを産むことを決意したのですが、奥さんはまだ若いため子宮頸がんの進行が早いと言われ、赤ちゃんは28週で出産した方がいいとコウノドリ先生は言いました。

そこで、夫婦はまた悩みます。

結果的には28週で出産。

赤ちゃんは無事でした。
お母さんも子宮全摘し、ガンはなくなりました。

『コウノドリ2』第2話の感想

今若い方でも子宮頸がんになる確率はあるので、子宮頸がんの検査は定期的に行った方がいいと思いました。

夫婦が28週で産む事を決意したのは、すごいと思いました。

コウノドリ先生のお母さんは、コウノドリ先生を出産後、ガンで亡くなったので、コウノドリ先生が「28週を選択したのは、お母さんの手で育てて欲しいからです」と、言った時泣けました。

コウノドリ先生もお母さんに育てて欲しかった思いを、この夫婦に託したんだなと思うと辛い気持ちになりました。

ガンの進行は早かったのですが、無事ガンも完治したみたいで本当に良かったです。

ペンネーム:なーちゃん(20代・女性)

みーたん

『コウノドリ2』第2話のあらすじネタバレ

妊婦健診の際にある子宮頸がん検査でガンが発見されてしまい沢山の事に悩むご夫婦の話です。

ガンがわかり、どのくらいのガンか検査をしたところ、子宮全摘をしなければいけないとわかってしまう。

全摘ということは、最後の妊娠になってしまう。

産むか産まないかの選択をしなければいけない夫婦。

産むと決めたけれど何週までお腹の中で育てるか。

早く産んでしまうと大変なこともあるかもしれないと悩むママ。

2人で頑張って育てて行くと決めた。

そして、小さいけれど元気に産まれてきてくれた赤ちゃん。

ガンも悪くはなっていない。全てがいい方向に向かう。ハッピーエンドと言うはなし。

『コウノドリ2』第2話の感想

ガンはやっぱり怖いなと思いました。

そして、妊娠中の検査もやっぱり必要なんだと感じました。

私自身も2人のママです。

妊婦健診の際になんで必要なんだろと思いましたが、今回の話を観てとても大事なことだと思いました。

それにワクチンも大事なんだなと思う。

副作用とか色々言われているけれど、打てば少しでも可能性が低くなる。

赤ちゃんは小さく産まれても今の医学では助かる可能性が高いんだとも思いました。

ガンと言う悲しい内容の話でしたが、赤ちゃんも無事に産まれてガンもそこまで悪くないと言うハッピーエンドのような話でよかったなと感じました。

ペンネーム:みーたん(30代・女性)

『コウノドリ2』見逃し動画をお得に見る方法は?

1週間以上経過した回を安全かつお得に見るおすすめのVOD(ビデオオンデマンド)サービスはU-NEXTです!

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『コウノドリ2』はポイントレンタル配信されているので、

登録時にもらえる600ポイントを使えば『コウノドリ2』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

『コウノドリ2』見逃し動画をお得に見る方法

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

ちなみに2015年放送の『コウノドリ1』は上記でご紹介したU-NEXTに加えて、Huluでも見放題配信されています。

ポイントレンタルなどの複雑な仕組みではなく、見放題扱いの作品というところがうれしいですね!

どちらのサービスも無料視聴期間が設定されており(Huluは2週間、U-NEXTは31日間)、期間内に解約をすれば料金は一切発生しません。

『コウノドリ』第1シーズンの内容を把握しつつ、第2シーズンも見るとより楽しめるのではないでしょうか?

ドラまる
U-NEXTとHuluどっちがおすすめかな?
ラマちゃん
『コウノドリ2』の見逃し配信もチェックしつつ、『コウノドリ1』を見たいという場合はU-NEXT一択!

ただ、Huluは日本テレビ系列のドラマや海外ドラマが充実というメリットがあったり、画面の使いやすさは人によって違うので、とりあえず2つの無料視聴を試してみて、使いやすい方を継続するという形もありかも。

その場合、無料期間中に見ない方は必ず解約してね!

U-NEXTで『コウノドリ1』を今すぐ視聴する方はこちら

Huluで『コウノドリ1』を今すぐ視聴する方はこちら

※紹介している情報は2017年10月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

※第2話放送終了当日〜翌日はまだ配信がスタートしていない可能性がありますので、ご了承ください。

まとめ

2017年秋ドラマ『コウノドリ2』第2話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。

ドラまる
『コウノドリ2』第2話も考えさせられるテーマだねぇ。
ラマちゃん
ちなみに第2話の子宮頸がんの患者を演じるのは女優・土村芳さん。

2017年春ドラマ『恋がヘタでも生きてます』で注目された女優さんね!

関連記事:コウノドリ子宮頸がん妊婦女優は土村芳(久保佐和子)【2話ゲスト】

『コウノドリ2』1話(前回)のあらすじや感想はこちら

『コウノドリ2』視聴率一覧はこちら

『コウノドリ2』見逃し動画をU-NEXTで今すぐ見る方はこちら

『コウノドリ1』をHuluで無料視聴する方はこちら

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA