ドクターX2017|9話動画無料視聴はこちら【12/7放送見逃し配信】

  • この記事を書いた人:マスダ

2017年12月7日(木)21時00分より放送のドラマ『ドクターX 第5シリーズ(2017)』第9話の感想やあらすじをご紹介していきます。

リアルタイムでの放送を見逃してしまった…という方のために、見逃し動画を無料で見る方法もお届けしますので、ドラマ『ドクターX 第5シリーズ(2017)』視聴にお役立てください!

なお、こちらの記事はユーザーボイス記事となります。

ドラまる
ユーザーボイス記事って何?
ラマちゃん
DRAMAP読者さんからいただいた展開予想や感想をまとめた記事よ。

ドラマの解釈や楽しみ方は人それぞれ☆

読者さんの声をご紹介することで、新たな発見をしてもらえたら、うれしいわ!

スポンサーリンク

ドラマ『ドクターX 第5シリーズ(2017)』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法は?

『ドクターX 2017 第5シーズン』は放送終了後、1週間はTverで限定無料配信されますが、その後は削除されてしまいます。

1週間以上経過した回を安全かつお得に見るおすすめのVOD(ビデオオンデマンド)サービスはU-NEXTです!

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『ドクターX 2017 第5シーズン』はポイントレンタル配信されているので、

登録時にもらえる600ポイントを使えば『ドクターX 2017 第5シーズン』の見逃した回を無料で見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

『ドクターX』見逃し動画を無料で見る方法

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

※紹介している情報は2017年11月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

スポンサーリンク

『ドクターX 第5シリーズ(2017)』第9話あらすじ

2017年12月7日(木)21時00分より放送のドラマ『ドクターX 第5シリーズ(2017)』第9話のあらすじをご紹介します。

フリーランスの麻酔科医・城之内博美(内田有紀)の娘も通っていたバレエ教室の生徒・九重遥(井本彩花)が、祖父・九重節郎(大友康平)とともに「東帝大学病院」を訪れた。

バレエの選考会を目前に控える中、足の痛みがおさまらず、検査を受けにきたという。

幸いにも大事には至らない炎症だと判明するが、大門未知子(米倉涼子)は放置すれば運動能力に支障をきたす舟状骨骨折である可能性を示唆。

遥をよく知る博美は心配し、母・九重比佐子(原沙知絵)に再検査を受けるよう連絡する。

だがその直後、なぜか比佐子は節郎と一緒に来院した遥を責め…!?

後日、「東帝大学病院」の整形外科医・木元(きたろう)が遥を再検査すると、やはり舟状骨骨折であったことが発覚する。

完治させるには、2回の手術と半年もの時間を要するため、選考会は諦めざるを得ない状況…。

遥は残酷な現実に、ひどくショックを受ける。

その矢先、未知子がたった1回の手術で、選考会までに完治できる術式を提案する。

だが、この無謀ともいえるオペを実現させようとする未知子の前に、簡単には乗り越えられない“高い壁”が立ちはだかり…。

一方、「日本医師倶楽部」会長・内神田景信(草刈正雄)は未知子を日本の医学界から排除すべく、本格的に暗躍し始める。

そんな中、目の前の患者を救うべく、まい進し続ける未知子。

ところが、“想像を絶するような窮地”にやがて立たされることになり…!

公式サイトより引用)

スポンサーリンク

2017年秋ドラマ『ドクターX 第5シリーズ(2017)』第9話 放送前の展開予想と見どころ紹介

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『ドクターX 第5シリーズ(2017)』第9話の見どころや期待度をご紹介いたします。

TOM
9話ではバレエ教室に通う少女・遥が原因不明の足の痛みを救うストーリーのようです。

最初は炎症だと言われますが、未知子は舟状骨骨折の可能性を指摘します。

再検査ではやはり未知子の見立て通りで、完治させるには半年の時間を要し、選考会には間に合わないと言われ、遥はショックを受けてしまいます。

ここで未知子は起死回生の術式を提案するようですね。

しかしそこには簡単に乗り越えられない「高い壁」が立ちはだかるようです。

壁とはやはり内神田のことなのでしょうか。

未知子がその壁をどうやって乗り越えて遥の手術を成功させるのかが見どころですね。

バレエに夢を抱いている少女の願いを未知子は救うことが出来るのでしょうか。

次回も未知子の失敗しないオペを楽しみに待ちたいと思います。

ペンネーム:TOM(40代・男性)

まる
またまた、米倉涼子さんと草刈正雄さんが激突するようで、楽しみです。

でも、いつも「私、失敗しないので!」というセリフで、かっこよく決めている米倉涼子さんが、病院の床に倒れているので、どうしたのか?と、とても気になります。

意識はあるように見えましたが、最近は、大動脈破裂などで突然、亡くなってしまう若い人もふえているので、まさかとは思いますが、心配です。

勤務医ではなく、フリーランスの医者として働いているし、「いたしません」と医師免許が必要ない仕事は断っていても、ストレスにさらされているのかなと思います。

医師として成長した永山絢斗さんが救ってくれると良いなと思います。
ペンネーム:まる(30代・女性)

第501黒猫航空団
ゲストはバレエ教室の女生徒、九重 遥役の井本彩花さんという事で、とても可愛らしくてその演技が一番の見どころで楽しみです。

足の痛みを訴えて東帝大学病院を訪れ、ただの炎症と診断されるが、大門未知子はそのままだと運動能力に支障をきたす骨折だと、またもや本当の症状を見破っていた。

完治には時間が掛かるので選考会は諦めざるを得ない状況だが、未知子は無謀だが選考会までに完治できるオペを提案する。

しかし日本医師倶楽部の内神田会長の魔の手が再び大門未知子に襲いかかり、あの手この手で暗躍するだろう。

更にフリーランスの外科医たちを潰そうと目論む会長は、未知子らが所属する神原名医紹介所にも取引中止を宣告し、紹介所には未だかつて無い閉鎖の危機が訪れる。

その大門未知子にも異変が……?

ドクターX一体どうなってしまうのか……遂に最終章に突入してクライマックスを迎えます。
ペンネーム:第501黒猫航空団(40代・男性)

kazu464
城之内の娘が通っていたバレエ教室の生徒・遥を祖父が連れて「東帝大学病院」に来る。

遥は炎症だと判明、しかし、未知子は運動能力に支障をきたす舟状骨骨折である可能性が有ると言う。

後日、「東帝大学病院」の整形外科医・木元が診断、舟状骨骨折である事が分かった。

舟状骨骨折を完治させるには2回の手術が必要半年の時間を要すると言う。

遥のバレエの選考会まで間に合わないと言う状態で有った。

未知子は1回の手術で選考会まで間に合わせる無謀ともいえる手術方法を提案する。

しかし、内神田会長は未知子を日本の医学界から排除しようとしていた。

内神田会長は暴力団の親分に外科手術が出来なくなる様に未知子の両手が利か無くして呉れと頼む・・・

暴力団に襲われ両手が利かなくなった未知子は・・・

ペンネーム:kazu464(60代・男性)

勇次
予告編見た限り、大門未知子が倒れているシーンがありましたが大したことないような感じでしたね。

ですが、そこはドラマなのでひょっとして一発大逆転の大門未知子が倒れて入院して手術っていうことになって、誰が手術するのか、なんて展開もあり得ますね。

確かに大門未知子の周りの連中はみんな倒れて大門未知子に手術して助かっています。

ですので、今回も最終回に向けてそのような展開があるかもしれません。

もう一つの展開予想はドラマ第一話で大地真央演じる東帝大学病院院長が院長を辞めさせられてから復活するっていうドラマ展開です。

あれだけの大女優を第一話だけで出番終了はかわいいそうです。

何かあるのかもしれませんね。

いよいよ、最終回までのカウントダウンが切られましたね、どんな結末が待っているのか今から楽しみです。

ペンネーム:勇次(50代・男性)

はるきゅん
次回、ついに最終章。正直、こんなに面白いドラマ終わりなんてなければいいのにと思いますし、終わりなんていらないと強く思います。

そんな最終章、なんだか大門未知子が相当やばそうな感じでした。

ついに内神田会長を完全に敵に回したような内容です。

フリーランスとの契約を解除と出入り禁止を求めていたような感じでした。

それよりも!大門未知子が意識を失い倒れていたことです。まさか、あの最強大門未知子が命を落とすのか!救える人、腕がいい人なんていなさそうなので手術する人がいそうな感じがありません。

大門未知子の医者生命が危うくなると思います。
ペンネーム:はるきゅん(30代・女性)

2017年秋ドラマ『ドクターX 第5シリーズ(2017)』第9話放送後の感想や評価まとめ

fluer

2017年秋ドラマ『ドクターX 第5シリーズ(2017)』第9話のあらすじとネタバレ

バレーリーナを夢見る少女。

しかし、足を骨折し夢を断念…という状況に陥る。

その際、大門未知子が「少女の骨を使ったネジ」を提案する。

そのネジを作るのは、小さな町工場の職人。

疎遠だった少女の祖父だった…

大門はその祖父を説得し、手術に立ち会い孫の骨ネジを制作することを懇願する。

少女の手術を通して母や祖父との絆を取り戻す話

その裏では日本医師倶楽部会長・内神田が大門を医学界から除名しようと企てていた。

内神田の策略に翻弄され、それでも果敢に対抗していく大門。

いつもの「私、失敗しないので」この言葉でこのドラマの全てが完璧に収まる

2017年秋ドラマ『ドクターX 第5シリーズ(2017)』第9話の感想

今回、キーとなる少女は「井本彩花」

国民的美少女に選ばれ、実際にバレエをやっていたということでスタイルもいい。

見た目が剛力彩芽に似ているなと思ったら「オスカープロモーション」…

米倉涼子と同じ事務所でもあった。

見た目は華やかだが、演技が…

セリフが棒読みだったときには事務所の力を感じた。

でも、きっとこれから活躍する女優さんになるであろう。

草刈正雄、岸部一徳、米倉涼子の演技は見ていて引き込まれる。

いつものように米倉涼子のサバサバとした言動は、自分たちが日ごろの生活で実行できないことを代弁しているようである。

ペンネーム:fluer(40代・女性)

花散里

2017年秋ドラマ『ドクターX 第5シリーズ(2017)』第9話のあらすじとネタバレ

バレリーナを目指す少女・九重遙が足の痛みを訴え、東帝大学病院を受診する。

診断は舟状骨骨折で、手術の必要がある。

従来の金属製のネジで骨を固定する方法では完治まで時間がかかり、少女が目標としていたバレエの選考会に間に合わない。

そこで大門未知子は患者自身の骨をネジに加工して使用する術式を提案。

骨の加工は非常に高度な技術を必要とするが、少女の祖父が腕利きの金属加工職人であったため、その祖父の協力を得て、未知子は手術を成功させる。

一方、日本医師倶楽部の内神田景信は、未知子の日本医療界からの追放と神原名医紹介所の閉鎖を画策するも、内神田はステージ4の食道ガンにその身を侵されていた。

そして、未知子も、ショッピング中に倒れてしまう。

2017年秋ドラマ『ドクターX 第5シリーズ(2017)』第9話の感想

大門未知子なら、手術を必ず成功させると信じていても、ハラハラさせられました。

今回のシーズンは、未知子の組織に縛られない姿勢に影響を受ける若手医師についても描かれていて、「上の圧力に屈し、手術をせずに忘年会をしていることが、医師として正しいのか?」と問うシーンは、よく言った!と拍手したくなりました。

原守が日々、うっぷんを溜めていることもわかったので、少しは労ってあげてほしいですね。

最後に、バレリーナを目指す少女は選考会で落選してしまったけれど、自分なりに大好きなバレエと向き合い、踊っていくというラストにもほっこりしました。

ペンネーム:花散里(30代・女性)

TOM

2017年秋ドラマ『ドクターX 第5シリーズ(2017)』第9話のあらすじとネタバレ

博美のママ友の娘・九重遥は足の痛みで東帝大を訪れていました。

未知子は遥が足を再検査をしてみると舟状骨骨折であることがわかります。

他の病院に行こうとしていた九重親子でしたが、未知子は1回で治す術式を提案します。

自骨でアーモンド位の大きさのネジを作り固定するというものです。

しかしこのネジを作ろうとする所からなぜか全て断られてしまいます。

妨害は内神田によるものでした。

しかも内神田は神原に対し取引停止命令を出し、神原と未知子を陥れようとしていました。

骨ネジを作る方法を探していた未知子は遥の祖父・節郎にネジを作る工作機械を作って欲しいと頼み、節郎も遥のためにと機械を完成させました。

そしてオペの日、節郎が機械を完成させ、オペが始まりました。

未知子と節郎の強力のおかげで骨ネジは完成し、オペも成功しました。

遥は選考会には不合格でしたが、ずっとバレエを続けていく決心をするのでした。

2017年秋ドラマ『ドクターX 第5シリーズ(2017)』第9話の感想

内神田の妨害が本格化してきましたね。

妨害のせいで骨ネジを作れない事態に置かれてしまいましたが、今回は節郎のおかげで妨害を乗り切ることが出来ました。

遥を思う節郎の願いが遥のオペを成功させたのだと思います。

プリマドンナの夢はどうなるかはわかりませんが、遥が夢を持っていきようとする気持ちになれたのは良かったですね。

比佐子にも過去の事を謝り、3人で遥の夢を支えていこうとする姿に胸を打たれました。

ドラマ全体としては今後しばらく内神田と神原、未知子が対決する所が描かれていくのでしょうね。

内神田は未知子のオペを全否定していましたが、今後内神田のがんはどうなるのでしょうか。

神原、未知子と内神田がわかりあえる日が来ると良いのですが、最後まで目が離せませんね。

ドラマも佳境に入り、神原も巻き込む内神田との対決に注目したいと思います。

ペンネーム:TOM(40代・男性)

まる

2017年秋ドラマ『ドクターX 第5シリーズ(2017)』第9話のあらすじとネタバレ

バレリーナを目指している女子高校生が、足の骨を骨折していることがわかりました。

選考会を控えているため、最初に提案された手術では間に合いません。

それで、米倉涼子さんは、女子高校生自身の骨を骨ネジとして使う手術方法を考え出しました。

その骨ネジを作ることができる医師が見つからず、町工場を営んでいた女子高校生の祖父に手術内で使える工具を作ってもらえるように依頼します。

かつて、娘が芸術の道で生計を立てていこうとしたことを、やめさせた経験をもつため、孫の夢を叶えるためになんとか手術を成功させたいと一念発起します。

2017年秋ドラマ『ドクターX 第5シリーズ(2017)』第9話の感想

いよいよ、米倉涼子さんと、草刈正雄さんの対決が本格化してきたなと思いました。

そして、その対決は、米倉涼子さんが所属している岸部一徳さんの医師紹介所と関係していたんだなと分かりました。

草刈正雄さんは、自分でも手術が難しい状態のがんだとわかっているし、その手術を成功させられるのは、米倉涼子さんくらいしかいない、とわかっているのに、往生際が悪いというか、医師としての最後のプライドなのかもしれませんが、息子である永山絢斗さんの成長を見届けたいなら、なんとしても生きられる道を模索すべきだろうと思いました。

ペンネーム:まる(30代・女性)

ワスレナグサ

2017年秋ドラマ『ドクターX 第5シリーズ(2017)』第9話のあらすじとネタバレ

今回の患者はバレリーナをやっている少女です。

足の骨を骨折しますが、選考会があるので早く治して欲しい!という依頼でした。

大門さんは昔、外国ですることができなかった『骨ネジ』を使用した手術を計画します。

が、内神田会長の逆鱗に触れている大門は骨ネジを作ってくれる協力者に圧力をかけられ、協力者を失ってしまう。

そこで大門さんが考えたのは患者の祖父に骨ネジを作ってもらうことでした。

不仲だった母と祖父も今回の手術で仲直りをし、患者はバレエの選考会に無事、出場することができました。

今まではこれで終わりでしたが、今回は大門さんが不意に倒れるシーンで終わっています。

2017年秋ドラマ『ドクターX 第5シリーズ(2017)』第9話の感想

今回は重病を治す訳ではないため、あまり期待はしていませんでした。

が、見てみてるとストーリーがやはり面白い!おじいちゃんが孫を想う気持ちに心を打たれたのです。

また、私は今回の患者と同じ骨折をしたことがあります。

そのときは金属ネジを入れたため、二度手術をしなければいけませんでした。

大門さんは流石だなぁとしみじみわかりますね。

また、『君みたいなフリーランスには切らせたくない』とう台詞から内神田会長がステージ4の食道ガンだというのがわかり、複雑な心境になりました。

9話の最後に大門さんは倒れています。次回に期待ですね♪”

ペンネーム:ワスレナグサ(50代・女性)

姉さん

2017年秋ドラマ『ドクターX 第5シリーズ(2017)』第9話のあらすじとネタバレ

毎回波乱を巻き起こす大門だが、今回は夢を追うプリマの卵を救う。

足の骨折がみつかり、通常のオペでは直すためにビスをいれ、その後金属のビスを今度は抜くオペと二度行う。

ただそれでは近日行われるコンテストに参加できない。

少女の夢にチャレンジさせるため、大門は上の圧力によりもう無理かと思われた少女自信の骨をとりだし、その場でビスにし埋め込むという手術に向かう。

その骨のビスを創るのは少女の祖父。大門はその少女を通して、とつも長い時間ねじれてしまっていた少女の祖父と母親との関係をも変えていくオペも大門は行ったのです。

2017年秋ドラマ『ドクターX 第5シリーズ(2017)』第9話の感想

プリマドンナを目指す少女の本当の容態をいち早く見抜いた大門。

またもしオペしたとしても通常のオペでは近日行われるコンテストにでられない。

その少女に自分の骨をとりだしその場でビスにして足に埋め込むといった特別なオペを提案する。

そしてそのビスをオペ室で作ることを任されたのは、少女の祖父であった。

昔少女の母親のピアノの夢を辞めさせ、結婚も辞めさせと全て反対してきたことを悔いる祖父とそれを憎む母親。

しかしそのオペを通して少女だけではなく、その人間関係も回復させたのはあっぱれである。

医師会の会長である内神田も大門のことは認めているのではないだろうか。

ただ何が理由があり、大門を排除してるのではないかなと思われる。

毎回ではあるがすっきりとした終わりかたであった。

ペンネーム:姉さん(40代・女性)

まとめ

ドラまる
2017年秋ドラマ『ドクターX 第5シリーズ(2017)』第9話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
10話以降もあらすじネタバレや感想をご紹介していくので、チェックよろしく〜

『ドクターX 2017』あらすじネタバレと感想まとめはこちら

『ドクターX 2017』視聴率一覧はこちら

『ドクターX』見逃し動画を無料で見る方法

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA