ドラマ【ドクターX】9話ネタバレ感想。最終回あらすじも

  • この記事を書いた人:Keiji

最終段階へ突入しつつあるドラマ『ドクターX』。

内神田(草刈正雄)の息子は、大門(米倉涼子)に陶酔しており、父親は良く思っていない様子です。

大門を潰すために、神原名医紹介所ごと消してしまおうと企んでいるようですね。

さすがに拠点を潰されてしまうと手も足も出ませんが、そこにどう立ち向かうのかが見どころとなるでしょう。

スポンサーリンク

ドラマ『ドクターX』9話のネタバレと感想

今回の患者は、バレエに励む少女九重遥(井本彩花)となるようです。

選考会を控えた彼女は、足の重病をおして出る気でした。

母親との父親の仲も良くないようで、色々問題があるように感じます。

もちろん大門は、選考会に間に合うように治す方法を考えているのです。

神の技術をもってすれば、きっと治せるはず。今回もそんな期待がもてますね!

術前カンファレンスでは、またもや最善の方法を提案する大門。

患者自身の骨を使って治療するという方法のようです。

ここで思いつく方法を、実際に行った方はいるのでしょうか?病名は実在の難病だと思いますが、改善策までドラマのようにできるとはあまり思えません。

しかしそろそろ終盤なのですが、内神田の動きがあまり見られないのも気になります。

ただ、今回のオペで内神田はなにかしてくる様子を匂わせました。

神原名医紹介所もろとも潰すとは、いったいどんな方法なのでしょう。

そしてオペ直前で、協力してくれるはずだった関係者が次々と手のひらを返します。

もちろん内神田の圧力によるものなのでしょうが・・・。

大門は内神田のもとに直接乗り込みます。

内神田は、フリーランスをこの世から排除するつもりで圧力をかけたのです。

神原名医紹介所にも、取引停止勧告が送られてきます。

こちらから一切動くことができなくなり、オペを行うのも困難になってしまったのですが、これからどうなるのか。

ただ、大門はあきらめません。

九重遥の父親を頼り、骨を加工してくれる手段を見つけました!

それぞれがオペを成功させるために、最善を尽くします。そしてオペ当日。

なんとか機械は間に合い、オペをすることが可能になりました。

難易度が高いオペのようですが、彼女ならきっと成功するはず。

オペの様子を眺める内神田。そういえば、彼女のオペを間近で見るのは初めてかもしれません。

オペは順調にいかないところもありましたが、遥の父親と大門の技術でなんとか成功させます。

オペを見ていた内神田は、何を思うのでしょうか。

彼自身も、癌におかされすでに手遅れの状態のようです。しかし大門なら切れる。

神原(岸部一徳)はそう言い放ちました。

最後の患者は、内神田自身になりそうですね!

ある日買い物に出かける大門でしたが、突然倒れてしまいます!

まさか大門自身も病におかされているのでしょうか!?

スポンサーリンク

ドラマ『ドクターX』9話に対するネットの反応は?

いよいよこのドラマも、終盤の雰囲気が出てきました。

気になる終わり方をしたので、様々な反響があるのではないでしょうか。

みんないつの間にか大門のオペに魅了されているようですね。

彼らのなかにも、医者としての自覚があるようにも感じます。

これはすごく驚きました。

彼女は亡くなってしまうのか、それとも医者でいられなくなってしまうのか、いずれにせよかなり重い病気の予感がします。

スポンサーリンク

ドラマ『ドクターX 2017 第5シーズン』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法は?

『ドクターX 2017 第5シーズン』は放送終了後、1週間はTverで限定無料配信されますが、その後は削除されてしまいます。

1週間以上経過した回を安全かつお得に見るおすすめのVOD(ビデオオンデマンド)サービスはU-NEXTです!

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『ドクターX 2017 第5シーズン』はポイントレンタル配信されているので、

登録時にもらえる600ポイントを使えば『ドクターX 2017 第5シーズン』の見逃した回を無料で見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

『ドクターX 2017』見逃し動画を無料で見る方法

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

※紹介している情報は2017年12月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

最終話あらすじ

失敗することなく、目の前の命を救い続けてきた大門未知子(米倉涼子)が倒れた! 未知子の師匠である神原晶(岸部一徳)も、同志であるフリーランスの麻酔科医・城之内博美(内田有紀)もその身を案ずるが…。

その矢先、医療界のトップに君臨する「日本医師倶楽部」会長・内神田景信(草刈正雄)が食道がんを患い、「東帝大学病院」で手術を受けることになる。内神田の病状は深刻で、未知子以外の医者がオペを成功させることは不可能な状態だ。しかし、内神田は敵視する未知子の執刀を拒否。医局の面々も失敗を恐れ、二の足を踏むばかりで…。そこへ、あの未知子も腕を認める“腹腔鏡の魔術師”こと、外科医・加地秀樹(勝村政信)が出現! ある条件と引き換えに、執刀医に名乗りを上げるが…。

そんな中、「東帝大学病院」院長・蛭間重勝(西田敏行)はある思惑から、内神田の息子である新米外科医・西山直之(永山絢斗)を執刀医に指名。だが、未知子は「このオペは私じゃなきゃ無理」と断言する。そんな中、かつて類を見ない“絶体絶命の危機”が襲い掛かり…!

未曽有の窮地に立たされた、失敗しない外科医・未知子は内神田の命を救うことができるのか…!? そして、ほかでもない未知子自身の命は助かるのか…!? 大門未知子、“最後のオペ”がついに始まる――。

公式サイトより引用)

まとめ

大門を潰そうとしている内神田ですが、彼自身も病におかされているようですね。

これは最終的に大門が救うということでしょうか。

彼女が消えるときは、物語の最終回を意味してしまいます。

結末は比較的予想しやすいですが、その過程が見ものですね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA