ドクターX2017第2話見逃し動画を無料で見る方法まとめ!

  • この記事を書いた人:DRAMAP編集部

2017年10月19日(木)21時00分より放送のドラマ『ドクターX 第5シリーズ(2017)』第2話の感想やあらすじをご紹介していきます。

リアルタイムでの放送を見逃してしまった…という方のために、見逃し動画を無料で見る方法もお届けしますので、ドラマ『ドクターX 第5シリーズ(2017)』視聴にお役立てください!

なお、こちらの記事はユーザーボイス記事となります。

ドラまる
ユーザーボイス記事って何?
ラマちゃん
DRAMAP読者さんからいただいた展開予想や感想をまとめた記事よ。

ドラマの解釈や楽しみ方は人それぞれ☆

読者さんの声をご紹介することで、新たな発見をしてもらえたら、うれしいわ!

スポンサーリンク

ドラマ『ドクターX 第5シリーズ(2017)』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法は?

『ドクターX 2017 第5シーズン』は放送終了後、1週間はTverで限定無料配信されますが、その後は削除されてしまいます。

1週間以上経過した回を安全かつお得に見るおすすめのVOD(ビデオオンデマンド)サービスはU-NEXTです!

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『ドクターX 2017 第5シーズン』はポイントレンタル配信されているので、

登録時にもらえる600ポイントを使えば『ドクターX 2017 第5シーズン』の見逃した回を無料で見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

『ドクターX』見逃し動画を無料で見る方法

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

※紹介している情報は2017年10月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

スポンサーリンク

2017年秋ドラマ『ドクターX 第5シリーズ(2017)』第2話 放送前の展開予想と見どころ紹介

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『ドクターX 第5シリーズ(2017)』第2話の見どころや期待度をご紹介いたします。

ココア
今回は若い医師が登場しています。いわゆるゆとり世代の医師です。

これまで「御意」の一言で付き従う医師たちとは違って、組織につき従うことなく、我が道を進みます。

院長回診すらすっぽかすという未知子に近い存在なのかと思います。が、未知子は冷淡そうに見えて人情家です。

ドライな若者と未知子がどう絡んでいくかが第2話の見どころだと思います。

そしてそんなドライなゆとり世代の野村周平演じる医師の母親が未知子のいる病院に患者としてやってきます。

母親にすらドライに対応する若き医師と未知子がどう絡んでいくかも楽しみです。

ペンネーム:ココア(50代・女性)

マッツ
次回楽しみなのは、若手医師が大門未知子の影響をどのように受けて成長していくのか、ということと、蛭間院長が3人の外科副部長に命じた「大門をつぶせ」をどのように実行していくのか、ということです。

特に気になるのはゆとり世代の若手医師たちで、第1話で大門の手術に圧倒されていたので、大門に密かに憧れを抱き、大門にとっていい見方になるのではないかと思います。

また大門に習い手術の腕を磨いて外科副部長たちを凌ぐ存在になっていってくれるといいなと想像しています。

次回展開があるのか定かではありませんが、日本医師倶楽部会長の内神田(草刈正雄)と蛭間の策略や、内神田と名医紹介所の神原(岸部一徳)との関係も注目したいところです。

ペンネーム:マッツ(30代・女性)

ももちゃん
新メンバーの野村周平くんが、大門美智子の事を自分と同じレベルに思っているか、舐めているような態度に予告では思いました。

予告でも「私失敗しないので」と真似をして居たので、その自信からオペをして失敗。

そして取り返しのつかないことになる前に、大門美智子に助けを求める。美智子が手術を成功させて、その手術を隣でみて改めて美智子が自分とは違い凄い医者だと尊敬する。というのが私の予想です。

2話からは原守と海老名教授の出番がもっと増える事をファンとしては願って居ます!

そして ちょい役でもいいので加地秀樹もだしてくれるとな〜。”

ペンネーム:ももちゃん(20代・女性)

まる
ほば島流しにあっていたような西田敏行さんが、再び大学病院に戻ってきて、また米倉涼子さんとのバトルが見られるようで楽しみです。

そして、新メンバーとして加わった野村周平さんが、早速、活躍するようで、どんな冷徹なドクターぶりを見せてくれるのか気になります。母親の中田喜子さんのがんの治療ができるのかどうか?手術の提案をしながら、なぜ手術を受けさせようとしないのか?

絶対に何か裏があるはずだと思うので、米倉涼子さんが、どうやって手術に持ち込み、どのタイミングで「私、失敗しないので」を聞けるのか、見逃せません。

ペンネーム:まる(30代・女性)

てつや
未知子とあえて契約をした蛭間の懇談が第2話では更に明らかになっていくと予想しています。

それがどう描いていくのか非常に楽しみです。また、未知子は第2話でも相変わらず普通では困難な手術をこなすと思われますが、その際に蛭間や猪又とかなり衝突するという展開になるのではないかと思います。

その衝突するシーンがとても楽しみです。

特に、第5シリーズから登場した猪又はなかなか癖のある強烈なキャラクターのような印象を受けましたから、第2話では未知子に反発する猪又とそれを更に歯向かう未知子というシーンが見れることを期待します。

ペンネーム:てつや(20代・男性)

ぴょんきち
伊東は母・不二子に恨みをもっていて、病気になっても自業自得だと思っている。

しかし、心の底では助けたいと思っているのではないかと思う。それで助ける方法を必死で考え術式を提案、執刀するのではないかと思う。ただ難しいので一人ではできず、大門も協力して手術をし大門の偉大さを痛感し、尊敬の眼差しになるのではないかと思う。

蛭間は大門を利用して、次々と難しい手術をやらせ、自分の株をあげていこうとしていると思う。

大門が一匹オオカミの状態だが、これから仲間達と打ち解けるときはくるのか気になるところ。

猪又は調子のいい姿ばかり目につくが腕前はどうなのか、かっこよく手術をしているシーンが見てみたい。

ペンネーム:ぴょんきち(30代・女性)

フルーリー
『ドクターX』は基本的には1話完結で毎回たくさんのゲストが様々な病気にかかり未知子が助けるのが大筋だと思います。

ただ今回は東帝大学病院のメンバーに少し大学病院カラーでないお医者さん達がいます。唯一無二を手を振ることもなくほとんど歌っていない若いドクター達。

彼らはレギュラーの登場人物のようなので彼らと昔からいる東帝大学病院のドクター達とも何か起こりそうですね。

でも対立ではないような気がします。若いドクター達にはしっかりとした信念もなく少し世間をバカにしているような感じです。

彼らの態度にイライラさせられてしまうのではないでしょうか。

だけど未知子の手術を見て志が変わって医者として成長していくようなそんな展開だと思います。”

ペンネーム:フルーリー(30代・女性)

りの
『ドクターX』第1シーズンでいまいちぱっとしなかった森本先生がシーズン5で復活したのに何か意味があるのか?神原名医紹介所で雀卓を囲んで城之内先生(内田有紀)や昌さん(岸辺一徳)達とオペ中とは違う気の抜けた様子の大門未知子も毎回のみどころなので楽しみたまにこれアドリブかな?と思うような表情をする時があるので視聴者としては実際どうなんだろう?と思いながら見るのも楽しみ。

アドリブといえば絶対外せないのが最後の「メロンです。請求書です。」の昌さんのセリフからはじまる院長室でのやりとりでしょう。

毎回そのシーズンに合わせて小ネタを挟んできたり、西田敏行のアドリブを絶妙に返す岸辺一徳の演技力。

今シーズンも楽しみなポイント。メロンの包みの色が変わったのは個人的にきになっているところ。。

ペンネーム:りの(40代・女性)

スポンサーリンク

2017年秋ドラマ『ドクターX 第5シリーズ(2017)』第2話放送後の感想や評価まとめ

まる

『ドクターX 第5シリーズ(2017)』のあらすじとネタバレ

病院内で倒れた女性は、野村周平さんの母親の中田喜子さんでした。

検査の結果、がんが見つかったので、カンファレンスで手術の術式を検討している時には、野村周平さんが有効な提案をします。

ところが、病状の説明を行なうと、患者の中田喜子さんは「手術は受けない」と拒否します。

その様子を見た米倉涼子さんは、何か怪しいと思いますが、手術を拒否する理由を聞き出したのは遠藤憲一さんでした。

息子が勤めている病院を信用していないというより、息子の技術を信用していないので、自分の手術で失敗させるわけにはいかないという親心からでした。

『ドクターX 第5シリーズ(2017)』の感想

今シリーズから、新メンバーとして入った野村周平さんが早くも準主役に登用されたのかと思ったら、第2話のラストで「医者をやめます」と言ったので、驚きました。

軟弱なゆとり世代の医者なのかと思いきや、遠藤憲一さんも見直したように、男のプライドを持った若い医者だったことがわかりました。

自力で受かったと思っていた医大も、実は母親がお金を払っていて裏口入学だったことがわかり、プライドが傷つけられたまま卒業して、米倉涼子さんに出会って、このままではいけないと悟ったのだろうと思います。

ラストで、ミュージシャンになると聞き、またその選択にも驚きました。

ペンネーム:りの(30代・女性)

ももちゃん

『ドクターX 第5シリーズ(2017)』のあらすじとネタバレ

新人医師の伊藤くん(野村周平)とお母さんがメインでした。

伊藤くんのお母さんの手術や、過保護過ぎる行動(医師たちを盗撮したりするなど)のお話しで、お母さんの手術を新人医師である伊藤くんがオペをしたら世間体にも話題にもなるし注目も浴びる。

という蛭間のよくある思いつきで主治医は伊藤くん。

でもいざオペを始めると止血が出来ない、焦ってしまう、でもでも と言い訳だらけで大口を叩く割には、何も出来ていませんでした。

オペは大門美智子(米倉涼子)の助けで成功。

伊藤くんは、美智子のオペを見て自分のダメさに気付き、記者会見で医師を辞める発言をしバンドマンへなる、という回でした。

『ドクターX 第5シリーズ(2017)』の感想

まず、感想として第1に出てくる言葉は「うーん。。」という言葉です。

前回までのシリーズだと、もう今日終わり?!と思うほど内容に引き込まれ、見てる視聴者を楽しませてくれましたが、今回のシリーズは、それが感じられません。

まだ2話しか始まってないからだと思いますが、引き込まれ要素はゼロに近いかな…と。

田中圭さんや鈴木さんの置いてけぼり感。

内田有紀さんも もう少しセリフが欲しい。

何かと新人にだけ話が持っていかれている気がして、長年のファンからしては少し物足りないです。

ただでさえ、加地先生が居ないのに原守までも出番がなかったら…。

ペンネーム:ももちゃん(20代・女性)

はるきゅん

『ドクターX 第5シリーズ(2017)』のあらすじとネタバレ

若手5人に焦点をおかれた回でした。

その中のひとり、野村周平がメインでした。

野村周平は医者をなめていました。そんな熱い気持ちもなくなんとなく過ごしていました。

そんな中、野村周平のお母さんが病気で倒れました。

そこで出頭医を希望したのが息子の野村周平でした。

だがここで自分の親を手術することへ対して恐怖心が芽生えた。

米倉涼子はその恐怖心に気づいていた。

野村周平はサポートを米倉涼子へお願いをした。

結局、野村周平の出るとこはなく米倉涼子があっという間に手術を終わらせ無力な自分に気づき医者を辞めることを決めた。

『ドクターX 第5シリーズ(2017)』の感想

若手を焦点においてのストーリーで、ゆとり世代という感じでやっていました。

こういう若手はほんとにいます。私自身もこういう若手を見てきました。

なので他人事では見れなかったです。

野村周平の医者へ対するなめてる態度、観ていて腹が立ちました。

けどお母さんを助けるとき、すごく動揺していた姿はは人間らしく見れた気がしました。

それをフォローする米倉涼子もかっこよく期待を裏切らないシーンでした。

そのあとの辞めるというシーンは正直驚きました。

野村周平レベルの俳優さんがこの第2話でいなくなるのはもったいないなと思いました。

ペンネーム:はるきゅん(30代・女性)

てつや

『ドクターX 第5シリーズ(2017)』のあらすじとネタバレ

未知子は東帝大の院内で、意識を失いかけている女性と遭遇しました。

その女性は東帝大の若手医師である伊東亮治の実の母親であり、翌日蛭間に挨拶をするために再び東帝大に現れた伊東の母は倒れてしまいます。

検査をした結果、伊東の母親は胆のうがんであることがわかり、事態は深刻な状況でしたが、話題性重視の蛭間は伊東に母親の執刀医となるように言いました。

最初は、蛭間の発言に辟易していた海老名や猪又でしたが、蛭間から命令だと言われた途端に手のひらを返すように賛同をします。

ところが、伊東の母親は手術を拒みます。

どうせ助からない命を息子に関わらせて汚点を残したくないと話す伊東の母親に未知子は息子を信用してないんだと言い放ちました。

『ドクターX 第5シリーズ(2017)』の感想

第2話は、蛭間の魅力が発揮された内容になっていたと思います。

伊東の母親が持ってきた現金を取り返すために海老名を行かせたのなんて、いかにも蛭間らしい行動でしたし、伊東の母親がお金を持ってきたことから伊東を特に目をかけるよう海老名に伝えるというシーンも蛭間節全開で思わず笑ってしまいました。

また、海老名が伊東の母親がしたことを黙秘することと手術の同意書にサインをさせることを交換条件にしたシーンが個人的にとても印象的でした。

このシーンは、ドクターXシリーズの中でも特にいいシーンだったと思いますし、この時の海老名は最高にかっこよかったです。

ペンネーム:てつや(20代・男性)

ラベンダー

『ドクターX 第5シリーズ(2017)』のあらすじとネタバレ

東帝大学病院の若き外科医の母親が医院長に会いにやってくる。

菓子折りの中にお菓子とお金を入れたものを持ってきて自分の息子に良くしてもらうことを頼みにきた。

院長は監査の男性がいるため、手前はその菓子折りを頂くことを断ったが、外科部長の海老名にに母親からその菓子折りをもらってくるように指示する。

その母親に会えたが、母親が血を口から流し、病院内のロビーで倒れた。手術をするように説得するが、なかなか同意してくれない。だが、海老名が説得し同意書を得ることができた。

その手術はその母親の息子が担当することになる。他の外科医たちもフォローし、フリーランスの大門未知子も一緒に手伝う。手術は成功し、東帝大学病院は若き外科医が手術したことにして記者会見を行う。

しかし、その外科医が自分だけで手術しなかったことを公表。

大門未知子の偉大さも発表。その後、若き外科医は医者をやめバンドをやることにした。

『ドクターX 第5シリーズ(2017)』の感想

第2話は、蛭間の魅力が発揮された内容になっていたと思います。

大学病院の息子の母親が出てきた時は、こういうことあるのかとちょっと思った。

菓子折りだけではなく、その菓子折りの中に大金も入っていることにびっくりした。

その後、母親は手術することになったが、自分の息子が手術することってどんな気分なのだろうとか、その息子はどんな気分。こういうケースってよくあることなのかなと考えたりするきっかけになった。

また、大門未知子たちがフォローに回るが、患者が危機に立ったとしても落ち着いて対処できることはさすが、「私、失敗しないので」というだけあってすごい精神力の持ち主だと思う。

最後の場面で大門交えた4人がマージャンをする場面がとても微笑ましくて感じた。

ペンネーム:ラベンダー(50代・女性)

カズ

『ドクターX 第5シリーズ(2017)』のあらすじとネタバレ

「東帝大学病院」で大門未知子が手術している様子を見学している若手医師4人中に伊藤亮治も居た。

ある個人医で亮治の母・不二子は容体が良くないので大きな病院で診て貰ってと言われる。

不二子は東帝大学病院を訪れる、目的は蛭間院長へ賄賂を渡すためであった。

不二子が病院へ入って2階へエスカレーターに乗る、帰る為、降りるエスカレーターに乗る未知子と出会わす。

そこで、不二子が倒れる、未知子が大丈夫か聞いても大丈夫と言って別れる。

日本医師倶楽部から派遣された新任経理担当と蛭間院長が話している所に不二子が入って来て蛭間院長に賄賂を渡そうするが新任経理担当にバレてしまう、蛭間院長は海老名部長にすぐ不二子に返してと言う。

蛯名部長は返す振りをして、また蛭間院長の所に持ってくる。

不二子が海老名部長と会っている時血を吐いて倒れてしまいすぐ入院となる。不二子は手術を勧めても絶対行わないと言い張るが、海老名部長が賄賂と盗撮(亮治を心配して撮ったもの)は犯罪であると脅して手術の許可を取る。

主治医は亮治、不二子の「進行胆のうがん肉腫」の手術法を的確に指摘した為である。

亮治は心臓を止めての手術が出来なくなり未知子が代わってすることに成り成功する。

『ドクターX 第5シリーズ(2017)』の感想

亮治は理論的には素晴らしい知識を持って居た、しかし、母親の手術で実践の怖さを知る。

世界でも例のない若さでの手術成功し記者会見で私は理論だけの人間でした、実際の手術は大門未知子が行いました、意地と決断は違う、私は絶対失敗しないので、私は今日医者を辞めます言う。

母親の子供の事を心配する姿と母親に関心を示さない子供の関係が描かれていた。

全く関心が無い訳では無く、亮治が三流の医科大学に入った時、不二子の実家の山を売って資金を出した事を知って一流の大学に入った事を述べていた。母と子供の二人の所帯、何も言わなくても心のどこかで通じ合っている姿が見えた。

ペンネーム:カズ(60代・女性)

まとめ

ドラまる
2017年秋ドラマ『ドクターX 第5シリーズ(2017)』第2話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
3話以降もあらすじネタバレや感想をご紹介していくので、チェックよろしく〜

『ドクターX 2017』あらすじネタバレと感想まとめはこちら

『ドクターX 2017』視聴率一覧はこちら

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA